既知の問題

この リリースの既知の問題は次のとおりです:

  • [Outlookで検索インデックスの移動を有効にする]機能には、次の2つのサブ機能があります:Microsoft Outlookオフラインフォルダーファイル(.ost)ローミングおよび検索データベースローミング。Windows Server 2019およびWindows 10バージョン1809で、検索インデックスデータベースローミングが機能しません。 [UPM-1403]

  • VDAのインストール後、マシンを再起動するよう求められます。ただし、マシンを再起動した後、Profile Managementサービスが開始しないことがあります。この問題が発生すると、イベントログにEvent 7000に関する次のメッセージが表示されます: 「The ctxProfile service failed to start due to the following error: The service did not respond to the start or control request in a timely fashion.」この問題を回避するには、次のレジストリキーの値を増やします(例:300,000):
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\
    • 名前:ServicePipeTimeout
    • 種類:REG_DWORD
    • 値:300000 [UPM-1454]
  • Virtual DesktopsのWindows Server 2019およびWindows 10 Enterprise上で、マシンからログオフして再度ログオンすると、[スタート]メニューにピン留めされたアプリケーションが消えていることがあります。 [UPM-1562]
バージョン

既知の問題

この記事の概要