Profile Management

既知の問題

このリリースの既知の問題は次のとおりです:

  • 完全プロファイルコンテナまたはOneDriveコンテナを有効にすると、ユーザーがマシンにログオンしたときに次のメッセージが表示される:
    • コンテナが有効になる前にユーザーがOneDriveフォルダーを使用しています
    • コンテナを有効にした後、ユーザーがマシンにログオンするのはこれが初めてです

      移行の問題

    この問題を解決するには、[再試行]をクリックします。その後、OneDriveフォルダーがコンテナに正常に移行されます。[UPM-4166]

  • 以下の状況でユーザーがフォルダーをごみ箱に移動すると、「フォルダーへのアクセスが拒否されました」というメッセージが表示される:

    • 一部プロファイルコンテナまたはOneDriveコンテナが有効になった状態で、いずれかのコンテナからフォルダーの削除をしようとしたとき。
    • 完全プロファイルコンテナが有効になった状態で、ユーザープロファイルフォルダーではなく、プロファイルと同じディスク上にあるフォルダーを削除しようとしたとき。

      フォルダーへのアクセスが拒否されました

    この問題を回避するには、代わりに完全な削除を実行します:

    • フォルダーを選択し、Shift + Deleteを押して完全に削除します。
    • [ごみ箱のプロパティ] を、[ファイルをごみ箱に移動しない]に設定します。削除と同時にファイルを消す[UPM-4165]

      ごみ箱のプロパティ

  • VDAのインストール後、マシンを再起動するよう求められます。ただし、マシンを再起動した後、Profile Managementサービスが開始しないことがあります。この問題が発生すると、イベントログにEvent 7000に関する次のメッセージが表示されます: 「The ctxProfile service failed to start due to the following error: The service did not respond to the start or control request in a timely fashion.」この問題を回避するには、次のレジストリキーの値を増やします(例:300,000):
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\
    • 値の名前:ServicesPipeTimeout
    • 種類:REG_DWORD
    • 値:300000 [UPM-1454]
  • [スタート]メニューの一部のセクションが表示されない場合があります。この問題を回避するには、コマンドプロンプトからgpupdate /forceコマンドを実行します。[UPM-1933]
既知の問題

この記事の概要