SQL Server Always On複数サブネットフェールオーバーの有効化

Citrix Provisioningは、マルチサブネット環境でのSQL Server Always Onフェールオーバーをサポートします。Citrix Provisioningサーバーには、SQLサーバーのネイティブクライアントが必要です。この要件により、データベースアクセスはODBCポートを介して行われます。

MultiSubnetFailoverを有効化する場合、Provisioningサーバーが、フェールオーバークラスターインスタンスを含むAlways On可用性グループリスナーに接続していることを確認します。

ヒント:

SQL Server Native Clientは、Citrix Provisioningインストーラーの一部です。この機能を使用するのに追加のインストール手順は不要です。

Citrix Provisioning構成ウィザードの [データベースサーバー] ページにある [SQLのMultiSubnetFailoverの有効化] フィールドを使用してAlways Onフェールオーバーを有効化します。他のCitrix Virtual Apps and Desktopsコンポーネントと設定が競合する可能性を回避するには、構成ウィザードのみを使用してこの機能を有効にしてください。

注:

詳しくは、「SQL Server 2012および2014のSQL Always On機能」を参照してください。

マルチサブネット環境でSQL Server AlwaysOnを有効化するには

  1. Citrix Provisioning構成ウィザードを開始してから、[データベースサーバー] 画面にアクセスします。
  2. [データベースサーバー] 画面で、次の操作をします:
    • [サーバー名] フィールドで、Always On可用性グループのリスナーを指定します。
    • インスタンス名を指定します。
    • オプションで、TCPポート番号を指定します。
  3. [SQL Server Always On用にMultiSubnetFailoverを有効化する] チェックボックスをオンにします。
  4. [Next] をクリックして、構成ウィザードを続行します。

構成ウィザードのイメージ

SQL Server Always On複数サブネットフェールオーバーの有効化