デバイスコレクション

デバイスコレクションプロパティは次のタブに含まれています。

  • 全般
  • セキュリティ
  • 自動追加

[全般]タブ

フィールド 説明
名前 デバイスコレクションの名前です。
説明 デバイスコレクションの説明です。
ターゲットデバイステンプレート 既存のターゲットデバイスの設定をテンプレートとして使用し、このコレクションに追加するすべてのターゲットデバイスに適用するには、ボックスの一覧からデバイスを選択して [OK] をクリックします。

[セキュリティ]タブ

フィールド 説明
デバイス管理者のグループ [追加]または[削除]をクリックして、このコレクションのデバイス管理者を割り当てたり、割り当てを解除したりします。デバイス管理者は特権を持つすべてのデバイスコレクションに対してタスクを実行できます。
デバイスオペレーターのグループ [追加]または[削除]をクリックして、このコレクションのデバイスオペレーターを割り当てたり、割り当てを解除したりします。デバイスオペレーターには、次の特権があります:ターゲットデバイスの起動と再起動、ターゲットデバイスのシャットダウン、ターゲットデバイスプロパティの表示、割り当てられたターゲットデバイスのvDiskプロパティの表示。

[自動追加]タブ

フィールド 説明
ターゲットデバイステンプレート テンプレートが選択済みの場合はテンプレートの名前が、未選択の場合は「」と表示されます。ボックスの一覧を使用して、このコレクションに新しく追加するデバイスのデバイステンプレートを選択します。選択したデバイスのプロパティを表示するには、[**プロパティ**]をクリックします。読み取り専用のダイアログボックスが開きます。デバイステンプレートなし>
このコレクションに追加するすべてのデバイスの特定に役立つ、静的なプレフィックスを入力します。たとえば、「Tokyo」と入力して東京に配置したデバイスを示します。プレフィックスはサフィックスと組み合わせて使用できますが、サフィックスを指定する場合は必須ではありません。プレフィックス、番号の桁数、およびサフィックスを合わせて、最大で15文字のデバイス名を付けられます。たとえば、次のデバイス名は有効とみなされます:Tokyo000Floor2(プレフィックス、増分番号の桁数、サフィックスの指定あり。最大の15文字に達している)、Tokyo000(サフィックスなし)、000Floor2(プレフィックスなし)プレフィックスの末尾に数字は使用できません。プレフィックスとサフィックスの組み合わせは、各コレクションで固有のものにする必要があります。
桁数 このコレクションに追加するデバイスに関連付ける、増分番号の桁数を入力します。この番号はデバイスを追加するたびに増加します。たとえば、番号の桁数を「3」に設定すると、Citrix Provisioningによって、最初のデバイスには「001」が割り当てられ、番号が「999」に達すると番号の割り当て、つまりデバイスの追加を停止します。指定した桁数と同じになるように番号の前に自動的に0を追加するには、[0で埋める]チェックボックスをオンにします。たとえば、番号の桁数が3である場合は、最初のターゲットデバイスには「001」という番号が割り当てられます。指定した桁数と同じになるように番号の前に自動的に0を追加するには、[0で埋める]チェックボックスをオンにします。たとえば、番号の桁数を「4」に設定すると、最初のターゲットデバイスには「0001」という番号が割り当てられます。番号の桁数は3から9の間で指定する必要があります。
サフィックス このコレクションに追加するすべてのデバイスの特定に役立つ、静的なサフィックスを入力します。たとえば、Tokyo001Floor2とすると、そのデバイスが設置されている階がわかりやすくなります。サフィックスはプレフィックスと組み合わせて使用できますが、プレフィックスを指定する場合は必須ではありません。プレフィックス、番号の桁数、およびサフィックスを合わせて、最大で15文字のデバイス名を付けられます。数字をサフィックスの冒頭に使用することはできません。プレフィックスとサフィックスの組み合わせは、各コレクションで固有のものにする必要があります。
最終増分番号 このコレクション内でデバイスに最後に割り当てられた増分番号を示します。この番号は「0」にリセットできますが、同じプレフィックス/サフィックスの組み合わせに対する最も大きい番号より小さい数にはできません。

デバイスコレクションの作成

新しいデバイスコレクションを作成するには

  1. コンソールで新しいコレクションを追加する[デバイスコレクション]フォルダーを右クリックし、[デバイスコレクションの作成]を選択します。[デバイスコレクションプロパティ]ダイアログボックスが開きます。
  2. [全般]タブの[名前]ボックスにこの新しいデバイスコレクションの名前を、[説明]ボックスにこのコレクションの説明を入力し、[セキュリティ]タブをクリックします。
  3. [デバイス管理者のグループ]ボックスの下の[追加]をクリックします。[セキュリティグループの追加]ダイアログボックスが開きます。
  4. グループにデバイス管理者の役割を割り当てるには、適切なドメイン/グループ名のチェックボックスをオンにして[OK]をクリックします。
  5. オプションで手順2.と3.を繰り返し、引き続きデバイス管理者としてグループを割り当てます。
  6. [デバイスオペレーターのグループ]ボックスの下の[追加]をクリックします。[セキュリティグループの追加]ダイアログボックスが開きます。
  7. グループにデバイスオペレーターの役割を割り当てるには、適切なドメイン/グループ名のチェックボックスをオンにして[OK]をクリックします。
  8. オプションで手順2.と3.を繰り返し、引き続きデバイスオペレーターとしてグループを割り当てます。
  9. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

デバイスコレクションの削除

デバイスコレクションを削除すると、コレクション内のターゲットデバイスメンバーのレコードがすべて削除されます。レコードは、手作業で追加するか自動追加機能を使用して再作成できます。

ヒント

ターゲットデバイスを削除すると、そのデバイスが関連付けられていたビューからも削除されます。

同じサイト内であれば、ドラッグアンドドロップでコレクションからコレクションへとターゲットデバイスを移動した後で、移動元のコレクションを削除することができます。デバイスコレクションを別のサイトに移動する必要があったり、サイトが廃止されたりした場合は、エクスポートとインポートの機能を使用して別のサイトのコレクションにデバイスをインポートした後で、エクスポート元のコレクションを削除することができます。

デバイスコレクションを削除するには:

  1. コンソールツリーで削除するコレクションを右クリックし、[削除]を選択します。確認のメッセージが表示されます。
  2. [OK]をクリックしてコレクションを削除します。コレクションがコンソールツリーに表示されなくなります。