SANポリシーについて

仮想ディスクモードが [ハードディスクへのオーバーフローありでデバイスRAMにキャッシュする] に設定されている場合、Citrix Provisioningクライアントは起動時に常にサーバー側キャッシュにフェールオーバーします。

ヒント:

[vDiskプロパティ] ウィンドウの [キャッシュの種類] フィールドからオプションが1つ削除されました。リストからオプション [デバイスハードディスクにキャッシュする] がなくなりました。ASLRをサポートしていないためです。このフィールドに代わるのが、[ハードディスク上のオーバーフローがあるデバイスRAMにキャッシュする] です。詳しくは、「廃止された機能」を参照してください。

起動時のサーバー側キャッシュへのフェールオーバーの解決

  1. プライベート仮想ディスクモードで起動したプロビジョニングターゲットデバイスまたは保守仮想ディスクバージョンで、管理者権限でコマンドプロンプトを開きます。

  2. 次のコマンドを使用して、DiskPartユーティリティを実行します:

    diskpart

  3. SANポリシーを検証するには、次のコマンドを実行します:

    Diskpart > san

    SANポリシーは、PVSターゲットデバイスのためにすべてオンラインとして構成されます。この設定により、[ハードディスクのオーバーフローありデバイスRAMにキャッシュ] モードの間にPVSターゲットデバイスが正しく機能できるようになります。

  4. SANポリシーを変更するには、次のコマンドを実行します:

    Diskpart > san policy=OnlineAll

  5. ターゲットデバイスをシャットダウンして、仮想ディスクモードを標準イメージに変更するか、保守バージョンからテストバージョンまたは実稼働バージョンに昇格させます。

注:

書き込みキャッシュドライブは、SANポリシーが原因でオフラインのままになります。起動中、ターゲットデバイスは、書き込みキャッシュドライブが書き込みキャッシュとして使用できないと判断します。その結果、サーバー側キャッシュにフェールオーバーします。

重要な注意事項

マシンテンプレートを作成するときは、ハードディスクドライブの構造が類似していることを確認してください。マシンテンプレートは、プライベートイメージモードの仮想ディスクから起動する必要があります。次に例を示します:

  • 書き込みキャッシュを備えた仮想マシンをPXE起動するには、1つのハードディスクドライブを持つ仮想マシンを作成します。
  • 起動デバイスマネージャー(BDM)を使用して書き込みキャッシュを備えた仮想マシンを起動するには、2つのハードディスクドライブを持つ仮想マシンを作成します。
  • 起動デバイスマネージャー(BDM)を使用してPersonal vDiskと書き込みキャッシュを備えた仮想マシンを起動するには、3つのハードディスクドライブを持つ仮想マシンを作成します。