Citrix Provisioning

解決された問題

Citrix Provisioning 2106には、次の解決された問題が含まれています:

  • ボリュームの検出中に、イメージ作成ウィザードが「ターゲットディスクで!d!のうち!d!ボリュームを検出できません。」というエラーで失敗します。 [CVADHELP-17404]

  • UEFIターゲットデバイスがフェールオーバーしてCitrix Provisioningサーバーに接続すると、Auto Rebalanceは機能しなくなります [CVADHELP-16929]

  • ストアのデフォルトパスが空白の場合、Citrix Provisioningコンソールがフリーズします。 [CVADHELP-17125]

  • Citrix Provisioningでイメージをマージすると、Windows APIエラー「0xe000057-parameter is incorrect(パラメーターが間違っています」が発生します。 [CVADHELP-16921]

  • vDiskで非同期IOが有効になっている場合、ターゲットフェールオーバーはランダムに失敗します。ターゲットがハングし、応答しなくなります。 [CVADHELP-16717]

  • 1912 CU1にアップグレードした後、ターゲットデバイスは、ライセンスがないため猶予期間に入ったことを示すメッセージを表示します。デバイスは、再起動が必要になるまで数日間実行され続けます。 [CVADHELP-17157]

  • 1912 CU2にアップグレードした後、TFTPコントロールパネルはTFTPサービスを再起動しません。2つのNICを備えたシステムにCitrix Provisioningサーバーをインストールし、構成ウィザードを使用してTFTPサービスを他のNICにバインドし、TFTPサービスを再起動すると、サービスの開始に失敗します。 [CVADHELP-16888]

  • 1912 LTSRリリースを使用すると、Citrix Provisioning仮想ディスクはサーバーへの接続を失います。 [CVADHELP-16457]

  • 1912リリースでは、大規模なVmware展開のデバイスのエクスポートウィザードが、Citrix Cloudにエクスポートできるターゲットデバイスをフィルタリングするのに時間がかかります。 [CVADHELP-16996]

  • Citrix Provisioning LTSR 1912 CU1サーバーでは、CPU消費量が90%以上です。 [CVADHELP-16495]

解決された問題