Citrix Provisioning

解決された問題

Citrix Provisioning 2203では、次の問題が解決されています:

  • ストリームプロセス(StreamProcess.exe)が予期せず終了する場合があります。[CVADHELP-18580]

  • ストリームプロセスが停止します。この問題は、SNMPサーバーが、データを含まない要求パケットをストリームプロセスポートにランダムに送信する環境で発生します。[CVADHELP-18600]

  • Citrix CloudでCitrix Provisioningデバイスのエクスポートウィザードを使用して既存の物理マシンカタログに仮想デバイスを追加すると、次のエラーメッセージが表示されて失敗する場合があります:

    No devices found to export

    [CVADHELP-18972]

  • VHDXのビットマップルックアップが正しくない可能性があり、差分VHDXの破損を引き起こす可能性があります。[CVADHELP-19217]

  • 異なるサブネット内のノードでSQL Server可用性グループを使用する場合、サーバーを再起動するか、Stream Serviceを再起動した後、Citrix Provisioningサーバーがデータベースとの接続を確立できない場合があります。[CVADHELP-19294]

  • Citrix Virtual Apps and Desktopsインストールウィザードを使用してAzureから仮想マシンを作成すると、ウィザードは仮想マシンの作成に失敗し、次のエラーメッセージが表示されます:

    DiskString must match one of the names of the Disks that are returned. If Disks returns 0 items, then DiskString cannot be set

    [CVADHELP-19492]

  • 構成ウィザードを(/aパラメーターを使用して)サイレントで実行すると、Active Directoryコンピューターアカウントのパスワードが更新されるまでの日数を、ウィザードで適切に構成できません。デフォルト値を引き続き使用します。この問題は、構成ウィザードを対話形式で実行している場合には発生しません。[PVS-9460]

  • 構成ウィザードを(/aパラメーターを使用して)サイレントで実行すると、サービスプリンシパル認証に必要なすべての資格情報が適用されず、テナントIDが提供されなかったことを示すエラーが発生します。ユーザーが割り当てた管理対象ID認証でも同様の問題が発生し、 クライアントIDが提供されなかったことを示すエラーが発生します。他の認証モードは影響を受けません。[PVS-9511]

  • Azure SQL DatabaseまたはAzure SQL Managed Instanceを使用してAzure Cloudでワークロードをプロビジョニングする場合、構成ウィザードを実行して [既存のファームに参加] オプションを使用すると、参加するデータベースの選択で問題が発生することがあります。[PVS-9498]

  • この修正により、PowerShell SDKインストーラーにPVSutility.dllが追加され、Citrix Provisioningバージョン7.15を使用している場合にCitrix Cloud Delivery Controller用のリモートPowerShell SDKを使用してデバイスをDelivery Controllerにエクスポートする際の障害が修正されます。Citrix Provisioningバージョン1912以降では、Citrix Provisioningデバイスのエクスポートウィザードを使用して、Citrix Provisioningファームに既存のデバイスを追加してください。[PVS-9599]

解決された問題