Citrix Provisioning

既知の問題

このリリースのCitrix Provisioningには、新しい問題はありません。

以前に報告された問題

以下の問題は、以前のCitrix Provisioningリリースで報告されており、最新リリースにも適用されます:

  • MCSIO v1のCtxMcsWbc.sysドライバーが原因でシステムがクラッシュします。この問題を解決するには、CitrixではStudioからドライバーを無効にすることをお勧めします。 [PMCS-2941]

注:

この問題は、MCSIO v1でのみ発生します。CtxMcsWbc.sysドライバーは、このバージョンのCitrix Provisioningで置き換えられました。

  • バージョン2006より前のVDAを使用する環境で仮想ディスクに非同期I/Oを選択すると、VDAメタデータの永続性が失われます。これには、Delivery Controllerの更新も含まれます。 [PMCS-11355]

  • 以前のバージョンのCitrix App Layeringを起動すると、公開イメージがクラッシュすることがあります。この問題は、 Citrix Hypervisorを使用している環境で発生します。[UNI-79222]

  • Citrix Virtual Desktopsセットアップウィザードはターゲットを作成し、ターゲットを起動してキャッシュドライブをフォーマットします。このプロセスは迅速に行われます。VDAは正しくシャットダウンされない状態になることがあります。このプロセスが発生するのは、Citrix Provisioning Servicesおよびプロビジョニングされたデバイスサービスが同時にキャッシュドライブのフォーマットを完了してからターゲットをシャットダウンしている間に、VDAが初期化を行っているためです。この問題を解決するには、次の手順に従います。

  1. 仮想ディスクのレジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\ProvisioningServicesで、RebootDelaySecという名前のDWORDを作成します。
  2. 10進数値を使用してdelay-to-shutdownを秒単位で設定します。 [HDX -14474]
  • App Layeringを使用してCitrix Provisioningディスクストアに公開したVHDXファイルをインポートした場合、無効なディスクが使用されていると誤って報告されることがあります。これは、公開されたファイルの名前に埋め込まれた日時形式に余分なピリオド文字が含まれている場合に発生します。この問題は、ファイル名を変更して、 .VHDXファイルの拡張子の末尾にピリオドが1つだけ含まれるようにすることで解決できます。そうすることで、プロビジョニングされたディスクストアにディスクファイルが正常にインポートされます。 [UNI-75902]

  • ストリーム配信仮想マシンセットアップウィザードでXenServerホストに仮想マシンを作成して1つのvCPUを指定した場合、その仮想マシンは1つのvCPUと「2コア、1ソケット」のトポロジで作成されます。この方法で作成すると仮想マシンを起動できなくなり、XenCenterで次のエラーメッセージが表示されます。「’VCPU_max must be a multiple of this field’の値がフィールドplatforms:cores-per-socketに対して無効です。」結果として、トポロジとvCPU構成が適合しないため、XenCenterは仮想マシンを起動できません。 [PVS-1126]

  • Citrix Virtual Desktopsセットアップウィザードを使用するとき、7_20のVDAレベルがあってもデフォルトのVDAレベルは7_9になります。この動作はStudioのMachine Creationウィザードと同じです。また、Citrix Virtual DesktopsセットアップウィザードのVDAレベル7_20は、Studioバージョン1811のVDAレベルと同じです。

  • UEFIターゲットデバイスでは、[起動メニューにローカルハードディスクを一覧表示する]オプションはサポートされていません。起動メニューでこのオプションを選択している場合、UEFIターゲットデバイスのハードディスクは起動しません。代わりに、タイムアウト後にもう一度起動メニューが表示されます。

  • バージョン7.17からこのバージョンのCitrix Provisioningにアップグレードする前に、Provisioning Servicesサーバー、コンソール、ターゲットデバイス上のCDFを手動でアンインストールする必要があります。

Citrix Cloud

Citrix Cloud機能を使用する場合、以下の点を考慮してください。

  • リモートのPowerShell SDKをProvisioning Servicesサーバーにインストールするには、サーバーから5つのCitrix Virtual Apps and DesktopsスナップインをアンインストールしたあとでSDKをインストールする必要があります。

  • コンソールをリモートPowerShell SDKとともにインストールし、プロビジョニングに使用すると、オンプレミスのCitrix Virtual Apps and Desktopsで機能しなくなります。

  • Citrix Virtual Desktopsセットアップウィザードで、Citrix Virtual Apps and Desktopsのコントローラーアドレスの入力を求められた場合、Citrix Cloud ConnectorのIPアドレスを入力します。

  • Provisioningコンソールでは、Citrix Virtual Desktopsセットアップウィザードを使用して連続して2回接続することはできません。ウィザードがCloud Delivery Controllerに接続しようとする場合、接続が成功かまたは失敗かにかかわらず、Provisioningコンソールを終了して閉じる必要があります。

既知の問題