Citrix Provisioning

既知の問題と考慮事項

このCitrix Provisioningリリースでは、次の新しい問題と考慮事項があります:

  • Citrix Provisioningバージョン2308から2311へのアップグレードは、Azureではサポートされていません。アップグレードしようとすると、Citrix Provisioningコンソールとサーバーは破損した状態のままになり、MSIZapなどのツールを使用してのみクリーンアップできます。[PVS-12137]
  • ファームがCitrix Virtual Apps and Desktopsサイトに参加している場合、構成ウィザードは、ユーザーが選択されたDelivery Controllerに対して十分な権限を持っているかどうかを適切に検証しない可能性があります。終了手順中にのみ、権限に関するエラーが発生する場合があります。したがって、Citrix Virtual Apps and Desktopsサイトでマシンカタログ管理者以上の権限を持っていることを常に確認してください。[PVS-12155]
  • IPv6ベースのストリーミングを使用する場合、ストリーミングされたターゲットはDHCPから2つのIPv6アドレスを取得し、そのうちの1つのアドレスがWindowsで静的に割り当てられたアドレスとして表示されます。ネットワーク上でIPv6自動構成が有効になっている場合は、自動構成されたアドレスも表示されます。この自動構成アドレスは、Windowsで静的に割り当てられたアドレスとしても表示されます。これらに加えて、ストリーミングされたターゲットにはWindowsのリンクローカルアドレスも割り当てられます。[PVS-11858]
  • 構成ウィザードを実行して新しいファームを作成するときに、dbcreator権限を持たないデータベース管理者の資格情報を指定すると、理由を説明するメッセージが表示されずに、別の資格情報の入力を求めるプロンプトが繰り返し表示されます。この状態を終了するには、必要な資格情報を入力するか、[データベース管理者の資格情報] ダイアログで [キャンセル] をクリックします。[PVS-12032]
  • [ファームプロパティ] ダイアログボックスの [オプション] タブの [自動追加] フィールドは、UIに表示されていても、UEFIを使用して起動するように構成されたターゲットでは機能しません。[PVS-12392]

以前に報告された問題

  • Microsoftの2022年1月の更新プログラムをインストールした後、Stream ServiceとSOAPサービスがクラッシュし、起動しません。問題を解決するには、[イベントビューアー]>[アプリケーション] でイベントログを確認してください。ログにフォレストの信頼関係情報が記載されている場合は、次のいずれかを実行します:

    • OS、Citrix Provisioningのバージョン、および.NET Frameworkのバージョンに基づいてMicrosoftの修正プログラムを適用します。詳しくは、CTX338544を参照してください。
    • Citrix ProvisioningサーバーでHKLM\Software\Citrix\ProvisioningServicesにあるSkipForestLevelTrustsというDWORDレジストリ値を1に設定して、SOAPサーバーを再起動します。この回避策により、Citrix Provisioningは複数のフォレスト展開環境のサポートを停止します。

    [PVS-11591]

  • Citrix ProvisioningコンソールでBDMアップデートを実行すると、「アクティブなデバイス上でタスクを実行できません。タスクを実行する前にデバイスをシャットダウンしてください。」という間違ったメッセージが、ハイパーバイザーにアクセスできない場合に表示されます。[PVS-11587]

  • Citrix Provisioningコンソールで [自動追加] 機能が有効になっている場合、Citrix Virtual Apps and DesktopsインストールウィザードがNutanixでBIOSターゲットのプロビジョニングに失敗することがあります。[PVS-11745]

  • Azure 2112以降のCitrix Provisioningでは、仮想マシンをシャットダウンした後でも、一部の仮想マシンがvDiskロックの解除に失敗します。[PVS-10372]

  • 起動デバイスマネージャーを使用して起動デバイスを構成するとき、次の場合には [ログインサーバーを指定する] ページを超えて続行することはできません:

    1. [DNSを使用してサーバーを検索する] を選択する。
    2. [ターゲットデバイスはUEFIファームウェアです] チェックボックスを選択する。
    3. [サーバーFQDN] フィールドに15文字より多いFQDNを入力する。
    4. [ターゲットデバイスはUEFIファームウェアです] チェックボックスをオフにする。
    5. [サーバーの静的IPアドレスを使用する] を選択する。

    FQDNフィールドを削除するか、文字数を15文字未満に減らすと、次のページに進むことができます。 [PVS-9954]

  • GCP環境では、Citrix Virtual Apps and Desktopsインストールウィザードで、Citrix ProvisioningストアのWriteCacheディレクトリにあるサーバー側の書き込みキャッシュファイルを削除できません。書き込みキャッシュファイルは、VMを最初に起動したときに書き込みキャッシュをフォーマットするために使用されます。したがって、プロビジョニングでディスクスペースの浪費を回避できない場合でも、ファイルを削除する必要があります。この問題を解決するには、次のいずれか、または両方の手順を実行します:

    • スレッドの数が20の値であることを確認する。次のいずれかを行います:
      • レジストリ設定キーに値を設定する。
         Computer\HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\ProvisioningServices\VdiWizard\MAX_VM_CREATE_THREADS_PER_HYPERVISOR
         <!--NeedCopy-->
      
      • レジストリ設定キーを削除する。
    • 書き込みキャッシュファイルに使用されたストアが標準ディスクではなくSSD永続ディスク上にあることを確認します。[PVS-9870]
  • ホストとしてのWindows 2022には制限事項があります。SCVMM 2019を使用するHyper-Vは、ホストとしてWindows Server 2022をサポートしません。Windows Server 2022をハイパーバイザーとして使用している場合、Citrix Virtual Apps and Desktopsインストールウィザードと仮想マシンのストリーミングウィザードでターゲットを作成できません。

  • Citrix Virtual Desktopsインストールウィザードはターゲットを作成し、ターゲットを起動してキャッシュドライブをフォーマットします。このプロセスは迅速に行われます。VDAは正しくシャットダウンされない状態になることがあります。このプロセスが発生するのは、Citrix Provisioning Servicesおよびプロビジョニングされたデバイスサービスが同時にキャッシュドライブのフォーマットを完了してからターゲットをシャットダウンしている間に、VDAが初期化を行っているためです。この問題を解決するには、次の手順を実行します:

    1. 仮想ディスクのレジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\ProvisioningServicesで、RebootDelaySecという名前のDWORDを作成します。
    2. RebootDelaySecに値を割り当てます。これにより、シャットダウンの時間が秒単位で設定された値だけ遅延します。[HDX-14474]
  • ストリーム配信仮想マシンインストールウィザードでXenServerホストに仮想マシンを作成して1つのvCPUを指定した場合、その仮想マシンは1つのvCPUと「2コア、1ソケット」のトポロジで作成されます。この方法で作成すると仮想マシンを起動できなくなり、XenCenterで次のエラーメッセージが表示されます。「’VCPU_max must be a multiple of this field’の値がフィールドplatforms: cores-per-socketに対して無効です。」結果として、トポロジとvCPU構成が適合しないため、XenCenterはVMを起動できません。[PVS-1126]

既知の問題と考慮事項

この記事の概要