Citrix Provisioning

既知の問題と考慮事項

このCitrix Provisioningリリースでは、次の新しい問題と考慮事項があります:

  • Boot Device Managerを使用して起動デバイスを構成するとき、次の場合には [ログインサーバーを指定する] ページを超えて続行することはできません:

    1. [DNSを使用してサーバーを検索する] を選択する。
    2. [ターゲットデバイスはUEFIファームウェアです] チェックボックスを選択する。
    3. [サーバーFQDN] フィールドに15文字より多いFQDNを入力する。
    4. [ターゲットデバイスはUEFIファームウェアです] チェックボックスをオフにする。
    5. [サーバーの静的IPアドレスを使用する] を選択する。

    FQDNフィールドを削除するか、文字数を15文字未満に減らすと、次のページに進むことができます。 [PVS-9954]

  • GCP環境では、Citrix Virtual Apps and Desktopsインストールウィザードで、Citrix ProvisioningストアのWriteCacheディレクトリにあるサーバー側の書き込みキャッシュファイルを削除できません。書き込みキャッシュファイルは、VMを最初に起動したときに書き込みキャッシュをフォーマットするために使用されます。したがって、プロビジョニングでディスクスペースの浪費を回避できない場合でも、ファイルを削除する必要があります。この問題を解決するには、次のいずれか、または両方の手順を実行します:

    • スレッドの数が20の値であることを確認する。次のいずれかを実行します:
      • レジストリ設定キーに値を設定する。
         Computer\HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\ProvisioningServices\VdiWizard\MAX_VM_CREATE_THREADS_PER_HYPERVISOR
         <!--NeedCopy-->
      
      • レジストリ設定キーを削除する。
    • ストアが標準永続ディスクではなくSSD永続ディスク上にあることを確認します。[PVS-9870]

以前に報告された問題

  • Citrix Provisioningは、Windows Server 2022のBIOSブートをサポートしていません。[PVS-9079]

  • ホストとしてのWindows 2022には制限事項があります。SCVMM 2019を使用するHyper-Vは、ホストとしてWindows Server 2022をサポートしません。Windows Server 2022をハイパーバイザーとして使用している場合、Citrix Virtual Apps and Desktopsセットアップウィザードと仮想マシンのストリーミングウィザードでターゲットを作成できません。

  • Azureおよびオンプレミス環境のCitrix Provisioningで空のコレクションを削除しようとすると、Citrix ProvisioningコンソールにAzure VMの削除画面が表示されます。[PVS-9746]

  • Citrix Provisioningは、Azureターゲットデバイスでの高速ネットワークをサポートしていません。[PVS-8871]

  • Windows 2022 HyperV Gen 1 (BIOS) 仮想マシンは、ターゲットとしてサポートされていません。[PVS-9079]

  • 2109以前のリリースでは、OSでファイアウォールが有効になっている場合は、Linuxターゲットデバイスにストリーム配信する際、ターゲットデバイスでUDPポート6901~6902と6910~6930を手動で開ける必要があります。[PVS-9162]

  • Citrix Virtual Desktopsセットアップウィザードはターゲットを作成し、ターゲットを起動してキャッシュドライブをフォーマットします。このプロセスは迅速に行われます。VDAは正しくシャットダウンされない状態になることがあります。このプロセスが発生するのは、Citrix Provisioning Servicesおよびプロビジョニングされたデバイスサービスが同時にキャッシュドライブのフォーマットを完了してからターゲットをシャットダウンしている間に、VDAが初期化を行っているためです。この問題を解決するには、次の手順に従います。

  1. 仮想ディスクのレジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\ProvisioningServicesで、RebootDelaySecという名前のDWORDを作成します。
  2. RebootDelaySecに値を割り当てます。これにより、シャットダウンの時間が秒単位で設定された値だけ遅延します。[HDX-14474]
  • ストリーム配信仮想マシンセットアップウィザードでXenServerホストに仮想マシンを作成して1つのvCPUを指定した場合、その仮想マシンは1つのvCPUと「2コア、1ソケット」のトポロジで作成されます。この方法で作成すると仮想マシンを起動できなくなり、XenCenterで次のエラーメッセージが表示されます。「’VCPU_max must be a multiple of this field’の値がフィールドplatforms: cores-per-socketに対して無効です。」結果として、トポロジとvCPU構成が適合しないため、XenCenterはVMを起動できません。[PVS-1126]
既知の問題と考慮事項

この記事の概要