Citrix Provisioning

新機能

2311の新機能

Citrix Provisioningのこのリリースには、以下のセクションで説明されている機能強化が含まれています。過去のリリースの複数の問題に対する修正と、新しい問題が含まれています。

重要:

最新のProvisioningの機能を使用できるように、最新のCitrixライセンスサーバーを使用してください。

Citrix Provisioningを最新バージョンにアップグレードする場合は、最新のライセンスサーバーバージョンが必要です。

詳しくは、「ライセンス」を参照してください。

Citrix HypervisorがXenServerに名称変更

最新のリブランディング戦略によって、Citrix HypervisorのすべてのインスタンスをXenServerに更新しました。

Citrix Provisioning のイメージ ポータビリティ サービスの自動化

Image Portability Service を使用すると、ストリーミング中に実行できないいくつかの一般的な Citrix Provisioning 操作を自動化できます。詳細については、 「Citrix Provisioning (PVS) の Image Portability Service Automation」を参照してください。Image Portability Service を使用したワークロードの移行の詳細については、 「Image Portability Service を使用したリソース ロケーション間でのワークロードの移行」を参照してください。

Support for creating Citrix Provisioning catalogs in Citrix Studio

Citrix Provisioningカタログを作成するには、Citrix Virtual Apps and Desktopsインストールウィザードを使用する必要がありました。この機能により、Citrix Studio(完全構成インターフェイス(Citrix DaaS用)およびWeb Studio(オンプレミスのCitrix Virtual Apps and Desktops展開用))およびPowerShellを使用してCitrix Provisioningカタログを作成できるようになりました。

この機能の導入には、次のような利点があります:

  • MCSとCitrix Provisioningカタログの両方を管理できる単一の統合コンソール。
  • ID管理ソリューション、オンデマンドプロビジョニングなどのCitrix Provisioningカタログの新機能を利用できる。

現在、この機能はAzureワークロードでのみ使用できます。

詳しくは、「Citrix StudioでのCitrix Provisioningカタログの作成」を参照してください。

IPv6ベースのストリーミングのサポート

Citrix Provisioningは、IPv6経由でのUEFIベースのターゲットのストリーミングのみをサポートするようになりました。この実装は、IPv6を使用するようにCitrix Provisioningサーバーを構成できることを意味します。次に、IPv6を使用してストリーミングするターゲットを作成します。IPv6サポートはBDM(ISOおよびハードディスク)のみに対応していることに注意してください。

この機能は次のハイパーバイザーに適用できます:

  • VMware 7.x
  • VMware 8.x
  • Hyper-V
  • Azure

詳しくは、次のトピックを参照してください:

BDMアップデート中のCitrix Provisioningサーバー情報の提供をサポート

BDMアップデートを実行する場合、以前のバージョンでは、Citrix Provisioningサーバー情報がBIOSブートストラップファイルから読み取られていました。This bootstrap file relied on the BIOS, which is not supported any longer, and has other limitations, such as, it doesn’t support the DNS name of servers.

この機能では、BDMアップデートを実行するときにCitrix Provisioningサーバー情報を提供する必要があります。したがって、この実装により、BIOSサポートが削除された場合でもBDMを更新できます。You can enter either a DNS name that is set up as an alias for all login servers or select individual servers.

Microsoft OLE DB Driver 19.3以降のサポート

Citrix Provisioning now supports Microsoft OLE DB Driver 19.3 or later versions to meet security compliance and performance requirements.

ファームの読み取り専用管理者の役割をサポート

管理者の役割と責任を管理するプロセスを簡素化するために、Citrix Provisioningはユーザーのグループへのファームの読み取り専用アクセスをサポートするようになりました。詳しくは、「管理者の役割」を参照してください。

顧客管理のDelivery Controllerへのファームの参加をサポート

Citrix Provisioningを使用すると、ファームをCitrix Virtual Apps and Desktopsサイト(顧客管理のDelivery Controller)に参加できるようになりました。If you choose to join your farm to a Citrix Virtual Apps and Desktops site, then you can also provision Citrix Provisioning targets using the Citrix Virtual Apps and Desktops Web Studio. ただし、現在、プロビジョニングを実行できるのはAzureワークロードに対してのみです。ファームの参加について詳しくは、「ファーム」を参照してください。

ハイブリッドAzure AD参加済みカタログの作成をサポート

Citrix Provisioningは、ハイブリッドAzure AD参加済みカタログの作成をサポートするようになりました。イメージ作成ウィザードを実行してvDiskを作成するときに、ハイブリッドAzure AD参加済みカタログを作成する場合は、[最適化設定の編集] ダイアログボックスの [ハイブリッドAzure AD参加の準備をする] を選択します。詳しくは、「ハイブリッドAzure AD参加済みカタログの作成」を参照してください。

VMware vSAN 8.0のサポート

Citrix Provisioning 2308以降は、VMware vSAN 8.0をサポートします。Citrix Provisioning展開で、既存のvSAN環境をvSAN 8.0にアップグレードできます。

APIを使用した信頼されていないドメインでのターゲットデバイスのプロビジョニングをサポート

Previously, you provisioned target devices in untrusted domains using only Citrix Virtual Apps and Desktops Setup Wizard or Streamed VM Setup Wizard. この機能によって、Citrix Provisioning API PowerShellコマンドを使用して、信頼されていないドメインでターゲットデバイスをプロビジョニングできます。このためには、パラメーターDomainCredentialsをプロビジョニングコマンドStart-PvsProvisionMachinesおよびStart-PvsProvisionXdMachinesに追加します。詳しくは、「API PowerShellコマンドを使用した信頼されていないドメインでのターゲットデバイスのプロビジョニング」を参照してください。

新機能

この記事の概要