App Layering

Citrix App Layering

Citrix App Layeringにより、Windowsアプリケーションやイメージの管理にかかる時間が大幅に短縮されます。Hypervisor やプロビジョニングサービスに関係なく、App Layeringサービスでは次のことを実行できます。

  • OS、プラットフォームツール、アプリを別々のレイヤーにインストールします。
  • 主要なOSバージョンごとに1つのOSレイヤーを維持します。OS の更新では、レイヤーにバージョンを追加します。その後、必要に応じて、イメージテンプレートごとに特定のバージョンのレイヤを選択できます。既存のアプリとプラットフォームレイヤーは、各 OS アップデートで引き続き実行されます。
  • ユーザが必要とするレイヤの一意の組み合わせごとにイメージテンプレートを作成します。
  • テンプレートを使用して、必要な数のシステムをプロビジョニングします。
  • ユーザーがログインするときに、オンデマンド配信用に特定のアプリレイヤーを弾力的に割り当てます。

レイヤーとテンプレートを使用すると、維持するイメージの数を大幅に減らすことができます。App Layeringソリューションは、プールされたデスクトップとセッションホストの両方で機能します。

アプリケーション管理のシンプルさへようこそ

App Layeringは、OSとアプリケーションの管理をインフラストラクチャから分離します。各アプリと OS パッチを 1 回インストールし、関連付けられたテンプレートを更新し、イメージを再デプロイできます。

階層化されたイメージは、任意の環境で使用できるオープン標準仮想ディスクとして公開できます。

主要なWindowsバージョンごとに1つの汎用OSレイヤーを維持し、各アプリケーションごとに1つのレイヤーを維持することができます。ソフトウェアの更新は、各レイヤーの新しいバージョンになります。次に、各イメージテンプレートで使用する特定のレイヤバージョンを選択します。

あらゆる環境におけるサーバとデスクトップのプロビジョニング

App Layering を使用すると、任意の Windows アプリを仮想ディスクとしてパッケージ化できます。これらのアプリは、プールされたデスクトップおよびセッションホストに配信できます。App Layering では、次のことが行えます。

  • Windows OS を 1 つのレイヤーにインストールし、生成したいイメージの数だけ使用します。アプリ、Hypervisor、その他のプラットフォームソフトウェアについても同様です。
  • レイヤーの組み合わせを選択して、デスクトップまたはセッションホストとして展開可能なレイヤー化されたイメージを作成します。
  • これらのレイヤー化されたイメージを仮想マシンデスクトップおよびセッションホストに展開し、ユーザーがアプリケーションを使用できるようにします。

1 つのイメージ更新で、1 つのサーバーファーム全体またはデスクトップサイロにアプリの更新プログラムまたは OS パッチを配信できます。

ニーズに基づいてアプリケーションを提供

次の場合に、ニーズに基づいてアプリケーションを提供できます。

  • 基本イメージには、すべてのユーザーが必要とするアプリケーションが含まれます。
  • Elastic レイヤー機能を使用して、特定のアプリレイヤーを「オンデマンド」で配信します。

ベースイメージ: ベースイメージは、ベアボーンイメージテンプレートから生成するイメージです。これには、 すべてのユーザーが受け取るソフトウェアのみが含まれます 。「オンデマンドのレイヤー」である Elastic Layerを使用して、より特殊なアプリを配信できます。「

Elastic Layers、「オンデマンドレイヤー:」 画像で Elastic レイヤーを有効にすると、ベースイメージに含まれていないアプリレイヤーをそのコンピューター上のユーザーに割り当てることができます。ユーザーは、ログイン時にアプリを受け取ります。基本イメージがより一般的であるほど、維持する一意のイメージは少なくなります。

ユーザー (パーソナライゼーション) のデータと設定

ユーザー (パーソナライゼーション) レイヤーは 、ユーザーの次のものを含む書き込み可能なレイヤーです。

  • ローカルに保存されたデータとプロファイルの変更。
  • ローカルにインストールされたアプリとプラグイン。

永続的でプールされていないデスクトップイメージで User Layer を有効にすることで、ユーザーに永続的なエクスペリエンスを提供できます。ユーザーは、ローカルデータと設定のレイヤーを受け取ります。その後、 同時ユーザーの最大数に基づいて 、インフラストラクチャのサイズを設定できます。

インフラストラクチャへの簡単な追加

Citrix App Layering展開の中心となるのは、App Layeringアプライアンス上で動作するエンタープライズレイヤーマネージャー(ELM)テクノロジーです。アプライアンスは、App Layering管理コンソールをホストします。

管理コンソールでは、次のことができます。

  • レイヤーを作成および管理します。
  • イメージテンプレートを作成し、イメージを公開します。
  • ベースイメージの一部として、またはエラスティックレイヤー機能を使用してレイヤーをユーザーに割り当てます。

OSと互換性のあるアプリケーションをほぼすべてレイヤー化できます。各アプリレイヤーには、1 つ以上のアプリ (できれば同じアップグレードスケジュールにあるアプリ) を含めることができます。アプリをアップグレードするには、次の操作を行います。

  • 新しいバージョンのアプリレイヤーにアップデートをインストールします。
  • 適用可能なイメージテンプレートを新しいレイヤバージョンで更新します。
  • イメージを再公開し、システムを再プロビジョニングします。

プラットフォーム層は、Hypervisor、Provisioning、接続ブローカーソフトウェアを分離します。プラットフォームごとに固有のプラットフォームレイヤーを使用して、同じ OS レイヤーとアプリレイヤーを提供します。

コネクタの構成

アプライアンスは、コネクタ構成を使用して、仮想環境内の特定の場所にアクセスします。App Layeringは、定義された場所を使用して次のことを行います。

  • OSレイヤー用のOSをインポートします。
  • レイヤーの作成中にレイヤーをパッケージ化します。
  • レイヤー化されたイメージを特定の場所に公開します。

互換性

互換性の詳細については、を参照してください システム要件