App Layering

MS Azure または Azure Government

App Layering サービスをインストールするには、Azure (または Azure Government) リソースマネージャーを使用して、アプライアンスを仮想マシンにデプロイします。

  • 要件。-アプライアンスをインストールする必要がある Azure (または Azure Government) リソースがあることを確認します。
  • Azure (または Azure Government) にApp Layering アプライアンスをインストールします。-アプライアンスをインストールするには、インストールパッケージをダウンロードし、アプライアンスを展開します。
  • 次のステップ -App Layering エージェントをインストールし、App Layering サービスを構成するための手順へのリンクです。

:Azure 仮想ネットワークへの接続をまだセットアップしていない場合は、詳細については、「Azure または Azure [Government](https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-government/) の使用を開始する 」を参照してください。

Azure と Azure Government でアプライアンスをインストールする手順は、実行するインストールスクリプト以外は同じです。(スクリプトは、以下のインストールパッケージに記載されています)。

要件

Azure または Azure Government でApp Layering をインストールする前に、次のことを確認してください。

  • Azure アカウントとサブスクリプション

    App Layering アプライアンスをデプロイして構成するには、Azure サブスクリプションへの管理者アクセス権を持つアカウントの資格情報が必要です。詳細については、 Microsoft Azure サインインページを参照してください

  • Azure (または Azure ガバメント) の仮想ネットワーク

    Azure (または Azure Government) でのデプロイは、ポイントツーサイトまたはサイトツーサイトの仮想ネットワークで動作できます。アプライアンスとそのネットワーク・ファイル共有にはネットワーク接続が必要です。ただし、アプライアンスは、公開するレイヤー化されたイメージへのネットワーク接続を必要としません。アプライアンスの管理コンソールにアクセスするには、企業ネットワークと Azure (または Azure Government) ネットワーク間のサイト間接続をお勧めします。詳細については、 Microsoft Azure 仮想ネットワークのページを参照してください:Azure 仮想ネットワークへの接続をまだセットアップしていない場合は、詳細については、「 Azure の使用を開始する 」を参照してください。

  • ネットワークファイル共有 (Azure または Azure Government の詳細)

    Azure (または Azure Government) のファイル共有サーバーのパフォーマンスはオンプレミスのファイル共有よりも優れています。Azure (または Azure Government) ファイル共有機能はサポートされていませんが、既存のネットワークファイル共有を使用するか、Azure (または Azure Government) 環境でファイル共有を作成できます。 重要: プレミアムストレージの使用をお勧めします。

  • Azure (または Azure ガバメント) リソースマネージャー

    App Layering は、Azure のリソース管理 (ARM) モデルと連動します。Azure のクラシックデプロイモデルはサポートされません。App Layering が連携する仮想ネットワーク、ファイル共有、OS マシンなどのすべてのリソースは、Azure Resource Manager で作成する必要があります。詳細については、 Azure Resource Manager の概要ページを参照してください

  • Azure PowerShell v6

    Azure にアプライアンスをインストールするために使用する Windows システムに Azure Powershell v6 をインストールする必要があります。

App Layering アプライアンスのインストール

App Layering アプライアンスを Azure または Azure Government にデプロイするには、次の手順に従います。

  1. インストールパッケージの内容を確認します。
  2. インストールスクリプトに含まれる内容について説明します。
  3. アプライアンスをデプロイします。

インストールパッケージ

インストールパッケージの名前は citrix_app_layering_azure_yyです。mb、ここで:

yy は年です m ( またはmm) は月です b はビルドです

ファイル 説明
Azure_yymb.zip アプライアンス VM の VHD ファイル
AzureElmDeploymentv7.ps1 Azure Government のインストールスクリプト
citrix_app_layering_agent_installer.exe App Layering エージェントインストーラ
citrix_app_layering_os_machine_tools.exe OSマシンツール
DeployAzurermvm.template.json App Layering テンプレート

インストールスクリプト

インストールパッケージに含まれるインストールスクリプトは、次のことを行います。

  • 指定した Azure の場所に、含まれている VHD をコピーします。
  • VHD を使用して Azure に仮想マシンを作成します。
  • リポジトリディスクをアタッチします。
  • Azure アプライアンスを起動します。

スクリプトを実行すると、次のようになります。

  • 重要:この情報は後で必要になるため、選択したリソースグループの場所をメモしておいてください。リソースグループの詳細については、「 Azure Portal を使用した Azure リソースの管理」を参照してください。
  • 仮想マシンのサイズを選択するときは、4 つの CPU と 14 GB 以上のメモリ (スクリプトのデフォルト) を持つマシンを選択することを強くお勧めします。
  • 新しい仮想マシンに指定する名前は、Azure の命名規則に準拠している必要があります。
  • HTTP ポート 80 にアクセスできる仮想ネットワークを選択します(パブリック IP は無効にできます)。

Azure または Azure Governmentにアプライアンスをデプロイする

App Layering ZIPのダウンロードには、非圧縮時に31GBの容量が必要です。

  1. ダウンロードパッケージ、citrix_app_layering_azure_yy.mm.zip を抽出します。含まれているファイルは、上記のとおりです。
  2. ローカルドライブ上のフォルダーに ZIP ファイルを展開します。
  3. Azure PowerShell ウィンドウを開きます。
  4. インストール・スクリプト(インストール・パッケージに含まれる)を実行し、プロンプトに応答します。スクリプトの実行:
    • VHD をお好みの Azure の場所にコピーし、リポジトリディスクをアタッチします。
    • アプライアンスを起動します。
    • スクリプトが失敗した場合は、値をチェックして、環境に適した値であることを確認します。

アプライアンスに初めてログオンするときに、App Layering管理者パスワードを変更する必要があります。詳細については、「 管理パスワードの変更」を参照してください。

ご使用の環境で App Layering エージェントが必要な場合は、必ずインストールしてください。詳しくは、次のセクションを参照してください。

次の手順

アプライアンスがインストールされ、IPアドレスが希望通りに構成されたら、App Layeringエージェントをインストールし、App Layeringサービスを構成できます。

MS Azure または Azure Government