App Layering

既知の問題

このリリースでは、新しい問題は確認されていません。

App Layering アップグレード

  • App Layering 2005 アップグレードパッケージは、古いアプライアンスで自動的にダウンロードできないほど大きなサイズです。バージョン 2001 以前を実行している場合は、 ダウンロードサイトからパッケージを手動でダウンロードします

  • Secure HTTP(HTTPS)の管理コンソールからアップグレードを実行することをお勧めします。HTTP でアップグレードすると、ブラウザにメッセージが表示されません。その場合は、20分後にブラウザを更新します。更新しても、更新しないというメッセージにもかかわらず、問題は発生しません。アップグレードがまだ実行されている場合は、「サービス利用不可」というエラーが表示されます。」メッセージを無視し、ログインページが表示されるまで数分おきにブラウザを更新し続けることは安全です。

  • Network File Share の異なるフォルダーに同じ名前の 2 つのアップグレードパッケージがある場合、それらのパッケージの 1 つを選択すると、両方のパッケージが選択されます。両方のパッケージが同じバージョンであれば、アップグレードは成功します。バージョンが異なる場合は、小さい方のバージョン番号が選択されます。これは、エンタープライズレイヤマネージャ (ELM) バージョン 22.2 で発生します。

App Layering アプライアンスと管理コンソール

  • 新しい UI では、プラットフォームタイプは編集できません。[プラットフォームタイプの編集] は、古い UI でも正常に機能します。(UNI-86856)
  • App Layering アプライアンスをインストールする場合は、デフォルトの CPU 設定である 4 つの CPUを使用する必要があります
  • 複雑な Active Directory 環境でロールを使用し、ログインが遅い場合は、すべてのロールをグループではなく明示的なユーザーに割り当てます。

App Layering キュメントリンク

管理コンソールのドキュメントリンクは、Internet Explorer 11 で空白ページとして開きます。この問題を回避するには、リンクを別のブラウザに貼り付けます。ドキュメントが正しく表示されます。

App Layering エージェント

デフォルトでは、Citrix App Layering エージェントはHyper-Vサーバーのローカルシステムアカウントで実行されますアカウントをローカルシステム以外に変更すると、エージェントはアプライアンスとの間でディスクを転送できません。

App Layering OSマシンツール

  • (リリース 19.5 のみ) 19.3 (またはそれ以前) からリリース 19.5 (またはそれ以降) にアップグレードした後、Office 2019 を使用するように必ず KMS Office ライセンス認証を更新してください。OSイメージをレイヤリング用に準備するときは、新しいApp Layering OSマシンツールをダウンロードして実行します。

  • (リリース 19.1 のみ) OS イメージを階層化用に準備するときは、デスクトップの起動時に必ず KMS Office ライセンス認証がトリガーされるようにしてください。このリリースのみ、 リリース 18.12から App Layering OS マシンツールをダウンロードして実行します。

Elastic Layering

  • Microsoft Office は、ライセンスが Windows ストアと統合されている方法により、 弾力的に階層化できません 。Office アプリレイヤーは、レイヤー化されたイメージに含める必要があります。
  • エラスティックレイヤでイメージを有効にすると、ユーザーは Windows エクスプローラで他のセッションのファイルやディレクトリを表示できる場合があります。他のセッションで探索されたディレクトリは、そのディレクトリをブラウズする権限を持つすべてのセッションで参照できるフォルダを作成することがあります。
  • Windows Server 2008 または Windows 7 でエラスティックレイヤー割り当てを使用する場合は、セクターサイズが 512 のファイル共有を作成します。この問題および関連するオペレーティングシステムの更新プログラムの詳細については、以下を参照してください。
  • Elastic Layering が有効になっている Windows 10 でユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) ブリッジアプリの小さなセットを起動すると、アプリの起動に失敗することがあります。(ALHELP-15, UNI-71062)
  • ArcMap 10.7 をエラスティックレイヤーとして配信する場合、アプリの起動に最大 60 秒かかります。通常、基本イメージの一部として配信される場合は 3 秒かかります。開始時間を最適化するには、アプリレイヤーにバージョンを追加します。レイヤーの新しいバージョンでは、レジストリの「ミスキャッシュ」最適化設定を 100 (10 進数) 以上に増やし、最大 250 にします。Unifltr サービスキーの下に DWORD 値を作成し、値が 16 進数ではなく 10 進数であることを確認します。(ALHELP-387, UNI-74957)

     HKLM\System\CurrentControlSet\Services\Unifltr\MaxMissCacheEntries [DWORD] 100.
     <!--NeedCopy-->
    

ユーザーレイヤー

  • アップグレード後にサインインすると、 Windows 初回サインイン画面が開始されます 。4.10 以降にアップグレードした後にサインインすると、通常の Windows 初回サインインでは 、ユーザーレイヤーが OS バージョンで最新の状態になります。このプロセスでは、ユーザレイヤファイルが保持されます。

  • プロビジョニングされたデスクトップでユーザーレイヤーを有効にすると、システム起動時にMSIインストーラの実行がブロックされます 。レイヤーサービスは、MSIファイルの実行時にすでに実行されている必要があります。Layering サービスは、ユーザーがログインしたときに実行されます。MSIが実行しようとすると、次のエラーが発生します。

    The Windows Installer service depends on the Citrix App Layering Guest Service service which failed to start with the following error: The service cannot start, either because it is disabled or because it has no enabled devices associated with it.

Windows 10 サポート

  • Windows 10、バージョン20H2のアップグレード。以前のリリースから Windows 10 20H2 に OS レイヤーをアップグレードする場合は、ビルド 19042.630 またはそれ以降に直接アップグレードします。2020 年 11 月 16 日以前にリリースされた Windows 10 20H2 のビルドからアップグレードすると、一貫性のないイメージ展開が発生する可能性があります。たとえば、[ オフラインでジェネラライズ ] を選択したテンプレートを使用してイメージをパブリッシュすると、パブリッシュされたイメージが正しく動作しないことがあります。
  • 新しい Windows 10 メジャーリリースに移動する場合、アップグレードには追加の手順が必要です 。アップグレード時に、Windows 10 は OS レイヤーバージョンと同じディスクに回復ボリュームを作成できます。OS レイヤーのバージョンを確定する前に、必ずこのボリュームを削除してください。そうしないと、復元ボリュームが原因でデスクトップが正常に起動しなくなる可能性があります。詳細については、「 Windows 10 v2004、20H2、21H1、21H2-Citrix 既知の問題9」を参照してください。
  • Windows 10 1909 OS レイヤーにApp Layering Optimizations.cmdスクリプトを生成して適用した場合、[ スタート ] メニューの [ 検索 ] オプションが期待どおりに機能しないことがあります。この問題を回避するには、OS レイヤーにバージョンを追加し、プログラムc:\windows\setup\scripts\Optimize.htaを実行します。新しいレイヤバージョンに適用する新しいOptimizations.cmdスクリプトを作成するには、[ タブレット入力サービスを無効にする] (セクション 6、オプション M) の選択を解除し、 [ ファイルを保存] を選択します。OS レイヤーを完了する前に、 Powershell Set-Service TabletInputService -startuptype manual コマンドを実行して、サービスを無効にした以前のOptimizations.cmdの効果を元に戻します。

コネクタ

  • Windows ミニブートディスクオプションを使用する場合、任意のアプリレイヤーに対して最大 4 つの前提条件レイヤーを指定できます。インストール中に他のアプリケーションが 4 つ以上存在する必要がある場合は、1 つのレイヤーに複数のアプリケーションをインストールします。(UNI-69524)
  • Windows 7 64 ビットでレイヤー (アプリ、OS、またはプラットフォーム) を作成するときに、コネクタ構成で [ オフロード] [コンポジション ] を選択すると、レイヤーへのバージョンの追加で問題が発生する可能性があります。エラーが発生し、パッケージングマシンは作成されません。コネクタ構成で [オフロード合成] が選択されていない場合 、パッケージングマシンが作成されます。(UNI-82545)
  • Azure から 503 エラー、「サーバービジーの問題」を受信しました。このエラーが繰り返し表示される場合は、 CTX310868の手順に従ってください。この問題は散発的に発生し、その解決策がテストされています。(ALHELP-1383)

Citrix Provisioning

  • イメージテンプレートを作成する場合、ターゲットデバイスのハードウェア設定は、Windowsオペレーティングシステムおよびプラットフォームレイヤーの設定と一致する必要があります。ターゲットデバイスのハードウェア設定が、オペレーティングシステムおよびプラットフォーム層のハードウェア設定(特にCPUの数など)と一致していることを確認します。設定が一致しない場合、公開イメージを開始するときに、再起動が必要なメッセージが表示されることがあります。(UNI-50799)
  • Provisioning Servicesを使用する場合は、 プラットフォームレイヤーではなく 、OSレイヤーでIPv6を無効にする必要があります。(UNI-53600)
  • App LayeringからPVSディスクストアに公開されたVHDXファイルをインポートすると、無効なディスクメッセージが表示されることがあります。パブリッシュされたファイル名の日付と時刻のピリオド (.) 文字を変更することで、エラーを解消します。有効なファイル名には、VHDXファイル名の拡張子にピリオドが1つだけ含まれます。(UNI-75902)
  • コネクタ設定で [ 合成をオフロード ] が選択されている場合:
    • Citrix Provisioning ストアのパスにスペースが含まれているかどうかの検証に失敗します。名前を有効にするには、スペースを %20 に置き換えます。(UNI-84868)
    • ファイル共有パスが円記号 (\) で終わると、パブリッシュジョブは失敗します。(UNI-85045)
    • ドメインユーザーがファイル共有パスに対する読み取りおよび書き込み権限を持っていない場合、パブリッシュジョブは ComponentActivator エラーメッセージで失敗します。(UNI-85020)
  • オフロードコンポジット構成に Hyper-V コネクタを選択し、OS レイヤーが Gen 2 の場合、OS レイヤーの別のバージョンを作成し、その OS バージョンからプラットフォームレイヤーを作成する必要があります。そうしないと、ターゲットは起動しません。(UNI-85044)
  • コネクタ構成の[合成ファイル共有パス]を設定すると、合成エンジンとCitrix Provisioning Store間の接続が検証されません。ストアパスがファイル共有パスにマップされていない場合は、次のようなエラーが表示されます。

    • エラー:「予期しないシステムエラーが発生しました。操作をやり直すか、テクニカルサポートに連絡してください。例外メッセージ:レスポンスステータスコードは成功を示していません:404 (Not Found)。[例外の詳細] (UNI-85045), (UNI-85020)

Citrix Hypervisor

  • Citrix Hypervisorで使用するオペレーティングシステムイメージを準備するときは、コンソールアクセスを許可するためにポート5900を開く必要があります。(UNI-50846)
  • Citrix App Layeringコネクタの構成は、常にマスターノードを指すように設定します。(UNI-52454)
  • 前提条件レイヤー:
    • 起動時にマシンがハングし、前提条件となるレイヤーが選択されている場合、レイヤーディスクの 1 つが接続されていない可能性があります。CitrixゲストツールがOSレイヤーまたはプラットフォームレイヤーに含まれていることを確認します。
    • 前提条件レイヤーを使用してOSレイヤーまたはプラットフォームレイヤーを作成する場合は、Citrix Toolsが必要です。ツールがなければ、パッケージングマシンが故障し、ブルースクリーンが表示されます。Citrix Hypervisor は、 DVDドライブの後に接続されているデバイスを認識できません 。DVDドライブは常に3番目のスロットにあります。 (UNI-67741)

Citrix Virtual Apps and Desktops(CVAD)

  • CVAD をバージョン 7.15 CU4 に更新する場合、.NET Framework 4.7.1 をプラットフォーム層ではなく、新しいバージョンの OS 層にインストールする必要があります。.NET Framework 4.7.1 をOSレイヤーにインストールすると、すべてのアプリケーションレイヤー、プラットフォームレイヤー、およびイメージが正しく動作することが保証されます。最新の Windows 更新プログラムには、更新プログラムの一部として.NET Framework 4.7.1 が既に含まれています。(ALHELP-588、UNI-75108)

Google Cloud

  • 別のプラットフォームからレイヤーをインポートする場合は、OS レイヤーにバージョンを追加し、以降から新しい Layer バージョンを使用するように切り替える必要があります。そうしないと、パッケージングマシンとパブリッシュイメージはブルースクリーンで失敗する可能性があります。

  • Google Cloud Connector の設定。「資格情報の確認」は、サービスアカウントのユーザーロールを確認します。Google Cloud コネクタの設定サービスアカウント JSON キーファイルで指定されたサービスアカウントが選択したインスタンステンプレートに関連付けられているサービスアカウントと異なる場合、設定のサービスアカウントに Service Account User が必要です。役割。そうでない場合は、そのコネクタ構成を使用してマシンを展開するときにエラーが発生します。(UNI-82082)

Nutanix Acropolis

  • アプリレイヤーの作成中の次のメッセージは、アプリレイヤーの設定でプラットフォームレイヤーが指定されていることを示しています。アプリレイヤーのパフォーマンス向上キャッシュ機能では、プラットフォーム Layer を使用しないでください。(UNI-67742)

    image

VMware vSphere

  • OS レイヤーの作成ウィザードを使用して OS レイヤーを作成する場合、統合拡張ファームウェアインターフェイス (UEFI) 仮想マシンが一覧表示されます。ただし、ウィザードを使用して UEFI マシンを作成することはできません。代わりに、新しいImportOsLayer.ps1スクリプトを使用して OS を新しい OS レイヤーマシンにインポートします
  • vSphere コネクタ構成を VMware Cloud および vSAN 7.0 Update 2(またはそれ以降)のデータストアで使用する場合は、[ オフロード合成 ] を選択する必要があります。(UNI-85216)

VMware Horizon View

  • Elastic Layer は、フローティングデスクトッププールでのみサポートされています。(UNI-53442)
  • VMware バージョン 6.7 で Windows 10 または Windows Server 2016 仮想マシンを作成する場合、マシンのブートオプションは既定で統合拡張ファームウェアインターフェイス (UEFI) になります。App Layering は UEFI 仮想マシンをサポートしていません。代わりに BIOS 設定を使用してください。(UNI-69435)
  • VMware 仮想ボリューム (VVol) は、App Layering ではサポートされていません。(UNI-62302)

Microsoft Azure

  • App Layering は、Azure ファイルストレージをサポートしていません。Azure の記憶域の場合は、SMB ファイル共有またはネットワークファイル共有を作成します。(UNI-42272)
  • 管理ディスクは OS のインポートでのみサポートされます。アプリレイヤーをパッケージ化してイメージを公開すると、管理対象外のディスクのみが生成されます。Azure で仮想マシンを作成するときは、[ 管理対象ディスクなし] を選択します。

Microsoft Hyper-V

  • Offload 合成用に Hyper-V コネクタ構成を選択し、OS レイヤーが Gen 2 の場合、レイヤーには元のレイヤー以外に少なくとも 1 つのバージョンが必要です。また、Citrix Provisioning ターゲットデバイスソフトウェアがインストールされるプラットフォームレイヤーは、新しいOSレイヤーバージョンを使用して作成する必要があります。(UNI-85044)
  • Hyper-Vコネクタ構成が第2世代(UEFI)およびVHDXでのオフロード合成に設定されている場合、Citrix Provisioning コネクタ構成でディスク形式としてVHDを選択することはできますが、この構成はサポートされていません。
  • Hyper-V で Elastic レイヤリングを構成する場合は、 管理対象外の RDS プール (UNI-53545) を使用する必要があります
  • アプリレイヤーの作成時に、アプリレイヤーの設定でプラットフォームレイヤーが指定されている場合、エラーが発生します。App Layeringのキャッシュ機能でプラットフォームレイヤーを使用しないでください。(UNI-71868、UNI-67743)

    image

  • Hyper-V Server 2019 で OS レイヤーを作成すると、次のエラーが発生する可能性があります。

    ‘VHDの作成に失敗しました。コネクタ構成で指定されている共有に十分なスペースがあることを確認してください。’

    このエラーは、PowerShell New-VHD コマンドレットに問題があることが原因です。私たちは、Microsoftからの修正のために目を離しています. その間、このエラーに対して次の回避策を使用してください。

    1. Gold VM にチェックポイントがないことを確認します。
    2. Gold VM ディスクが、コネクタ構成で構成されているディレクトリパスと同じであることを確認します。例: ローカルパスは D:\Brock
      Gold VM ディスクは D:\Brock\WIn10Gold\Win10GoldDisk.vhdx

関連情報