App Layering

ユーザーとグループ

App Layering アプライアンスを初めてインストールして管理コンソールにログオンすると、開始に使用できる組み込みの管理者アカウントがあります。この管理者には、すべてのApp Layering 操作を実行する権限があります。名前、パスワード、連絡先情報など、このユーザーのプロパティを編集できます。アプライアンスのインストールと構成の一環として、この組み込み管理者アカウントのパスワードを必ず変更してください。

ローカルユーザーとグループ

OS レイヤーは、追加したローカルユーザーまたはグループを保持しますが、アプリレイヤー、プラットフォームレイヤー、ユーザーレイヤー、および Elastic レイヤーは保持しません。たとえば、アプリレイヤー、プラットフォームレイヤー、またはユーザーレイヤーにアプリケーションをインストールするときに追加または変更したユーザーおよびグループは保持されません。アプリケーションをインストールする前に、ローカルユーザーまたは管理者を OS レイヤーに追加するか、OS レイヤーにアプリケーションをインストールすることを検討してください。

AD ユーザーとグループ

組み込みの管理者アカウント以外では、すべてのユーザーとグループは、実際には、1 つ以上のディレクトリジャンクションを介してインポートされた AD ユーザーとグループです。ディレクトリジャンクションを作成したら、各ユーザに役割を割り当てることができます。ユーザーに割り当てられたロールは、[ユーザーの詳細] で確認できます。構成の詳細については、「 ディレクトリサービスへの接続」をご参照ください。

役割

重要:

従来のコンソールで構成可能だったロール管理オプションは、新しい UI では使用できません。新しいロールベースのアクセス制御は、将来のリリースで追加される可能性があります。サポートされる唯一のロールは管理者ロールです。詳細については、Citrix 担当者にお問い合わせください。

ロールは、ユーザーが管理できるApp Layering モジュールを決定します。ディレクトリサービスのユーザーとグループに役割を割り当てると、そのユーザーは、ディレクトリサービスの資格情報を使用して管理コンソールにログインできます。

ユーザーとグループ