App Layering

アップグレード

使用している他のソフトウェアパッケージとの互換性など、最新の修正と機能については、App Layering のアップグレードを最新の状態に保つことをお勧めします。アップグレードプロセスは部分的に自動化されており、アプライアンスは定期的に最新のパッケージをチェックします。これは、新しいパッケージをダウンロードし、検証し、ファイルを抽出します。ユーザーは次回ログイン時にメッセージを受信し、適切な権限を持つ管理者がアップグレードを開始できます。

App Layeringアプライアンスのアップグレードに加えて、次のアップグレードも期待しています。

  • App Layeringエージェント(Hypervisor およびProvisioning サーバーにインストールされている場合)。
  • 公開されたレイヤードイメージ(イメージを使用してサーバをProvisioning する必要があります)

この記事では、関連する各アップグレードを完了する方法について説明します。

アップグレードの前に

アップグレードする前に、次の操作を行います。

  • ネットワークファイル共有が構成されていることを確認します。
  • アプライアンスをバックアップします。
  • サポートされているアップグレードパスを確認します(19.1 より前のバージョンのみ)

ネットワークファイル共有が構成されていることを確認する

共有を確認するには、アプライアンスにログオンし、[ システム] > [ネットワークファイル共有] に移動します。ファイル共有を設定したら、アプライアンスをアップグレードできます。

アプライアンスのバックアップ

アプライアンスのスナップショットまたはチェックポイントを作成します。

サポートされているアップグレードパスを確認する

古いバージョンの製品からアップグレードする場合は、次のアップグレードパスを使用して、インストールされているバージョンを最新の状態にしてください。バージョン番号をクリックすると、そのバージョンの [ダウンロード] ページに移動します。

バージョンからアップグレード バージョンへ
4.1 4.15
4.7 4.15
4.15 19.1
19.1 19.7
19.7 20.1
20.1 20.8
20.8 20.11
20.11 21.4
21.4 21.7
21.7 21.12

アプライアンスのアップグレード

App Layeringのアップグレードは部分的に自動化されています。アプライアンスは、適切な権限やその他の要件が満たされている限り、定期的にアップグレードをチェックし、最新のアップグレードをダウンロードします。

Upgrade フォルダーには、アプライアンスのアップグレード、エージェントのアップグレード、および OS レイヤーで使用するツールのフォルダーが含まれます。

アップグレードが見つかった場合の動作

自動チェック中にアップグレードが見つかった場合、利用可能な最新の圧縮フォルダがアプライアンスにダウンロードされます。アプライアンスはダウンロードを検証し、バックグラウンドでファイルを抽出します。

一方、すべてのユーザーは、次回のログイン時に次のいずれかのメッセージを受け取ります。

  • アップグレードの開始: App Layering アプライアンスのソフトウェアアップグレードを実行します(管理者のみ)。
  • 閉じる: メッセージを閉じるので、後で [ユーザー] タブ > [アプライアンスのアップグレード] を使用して手動でアップグレードを開始できます

アプライアンスが確認する対象の詳細については、「 アップグレードチェックの仕組み」を参照してください。

アップグレードを開始できる人

アップグレードを開始できるのは、管理者だけです。

ファイアウォールでアップグレードパッケージの自動ダウンロードが妨げられる場合

ファイアウォールの要件で自動ダウンロードできない場合は、Citrixダウンロードサイトからアップグレードパッケージをダウンロードします。アプライアンスがアクセスできるネットワークファイル共有にパッケージをコピーします。

  1. .zip ファイルに移動し、ファイルを展開します。
  2. 管理コンソールにログオンし、 ユーザーを選択しアプライアンスのアップグレードをクリックします
  3. アップグレードパスを確認し、[ Upgrade] をクリックします。アップグレードプロセスが開始され、ブラウザに [ステータス] ページが開きます。
  4. アップグレードが完了すると、ステータスが [ アップグレードステータス:完了] に変わります。Web ページを更新して、管理コンソールに戻ります。
  5. 管理コンソールの [ About ] リンクをクリックしてバージョン番号を確認し、アップグレードが成功したことを確認します。

App Layering 18.12 以前からアップグレードする場合(VMware vSphere のみ)

リリース 18.12 では、[ テスト ] ボタンと [保存] ボタンで VMware vSphere 権限がチェックされます。パスとは、アプライアンスに仮想マシンの作成、編集、削除の権限があることを意味します。

リリース 18.12 以前からアップグレードする場合は、必要な権限をさらにいくつか設定してください。別のロールを作成し、vCenter レベルで権限を割り当てます。

別のロールの作成

仮想マシン > インベントリ > 削除権限は vCenter レベルで割り当てる必要があるため、別のロールを作成する必要があります。

  1. vSphere Client で、[ ホーム] > [管理] > [ロール] に移動します。
  2. [ 役割の追加] をクリックし、名前を入力します (例: CalAdmin-vmRemove)。
  3. 仮想マシン > インベントリ > 削除のみを追加しますそれ以外はすべて読み取り専用のままにすることができます
  4. vSphere Client で、[ ホーム] > [インベントリ] > [ホストとクラスタ] に移動します。
  5. [ vCenter 権限 ] タブを選択して右クリックし、[ 権限の追加 ] (または既存のアカウントの権限の変更) を選択します。

    注意:

    アカウントが、以前に設定したデータセンターの権限を所有しているアカウントであることを確認します。

  6. 定義した新しい CalAdmin-vmRemove ロールを選択します。[子オブジェクトに伝播] チェックボックスがオンになっていることを確認し、[OK] をクリックします。

    注意:

    セキュリティポリシーで許可されている場合は、すべての権限を vCenter レベルで設定できます。

vCenter 権限の有効化

vSphere へのアプライアンスのインストール記事に記載されている権限を有効にします

次の設定を無効にします

参考までに、次の設定を必ず無効にしてください。

  • vApp
    • アプリケーション構成
  • 仮想マシン
    • Configuration
      • 詳細設定
      • 変更の追跡
      • 管理者
      • ゲスト情報をリセット
      • スワップの配置
    • インタラクト
      • 回答の質問
      • コンソール対話
      • 一時停止
    • Inventory
      • 登録
      • 登録解除
    • プロビジョニング
      • カスタマイズ
      • テンプレートのデプロイ
      • テンプレートとしてマーク
    • State
      • スナップショットの削除

App Layeringエージェントをアップグレードする(インストールされている場合)

次に、App Layeringエージェントをアップグレードします。このコンポーネントは、アプライアンスまたはパッケージングマシンで PowerShell コマンドをローカルで実行できるようにします。エージェントが環境に存在する場合は、次の場所にインストールされていることが期待できます。

  • App Layering レイヤーがレイヤーの作成または画像の公開に使用する Hyper-V サーバー。
  • 階層化されたイメージを公開するCitrix Provisioningサーバー。
  • コネクタ構成で PowerShell スクリプトを実行するサーバー。既存のコネクタ設定を表示するには、管理コンソールを開き、[ システム] > [コネクタ] を選択します。

これらの場所にあるApp Layeringエージェントをアップグレードするには、次の手順に従います。

  1. エージェントアップグレードファイルを、エージェントがインストールされているサーバにコピーします。
  2. エージェントのアップグレードファイルをダブルクリックして、エージェントをアップグレードする手順に従います。

公開したレイヤー画像をアップグレードする

App Layering のアップグレードには、「新機能」に記載されているドライバーの更新、 新機能、バグ修正が含まれます。アプライアンスをアップグレードしたら、公開イメージをアップグレードします。

公開イメージをアップグレードするには、各イメージテンプレートを選択して設定を確認し、 それを使用してレイヤードイメージの新しいバージョンを公開します 。新しいイメージを使用して、システムをプロビジョニングします。

パブリッシュされたレイヤードイメージにアップグレードを適用するには:

  1. レイヤー管理コンソールにログインします。
  2. [イメージ] タブを選択します。画像テンプレートが表示されます。
  3. テンプレートの設定を確認または更新する場合は、イメージテンプレートを選択し、[ テンプレートの編集] をクリックします。設定を編集し、[ テンプレートを保存して公開] をクリックします。
  4. イメージテンプレートを編集する必要がない場合は 、テンプレートを選択し、[ レイヤードイメージを公開] をクリックします。
  5. 公開後、新しいレイヤー化されたイメージを使用してシステムをプロビジョニングします。

背景:アップグレードチェックの仕組み

App Layeringアプライアンスがアップグレードをチェックすると、次のようになります。

  • アップデートが利用できない場合: 何も起こりません。次のスケジュールされた間隔で別のチェックが行われます。
  • アップデートは利用可能だが、ネットワークファイル共有が構成されていない場合: アップグレードが利用可能であることを示すメッセージがユーザーに表示されます。ネットワークファイル共有の構成を完了するように求められます。
  • アップデートが利用可能な場合: 「アップグレードメディアのダウンロード」のジョブが開始されます。進行状況は、次のタスクで確認できます。
    • アップグレードメディアをローカルストレージにダウンロードします。
    • 正常にダウンロードされたアップグレードパッケージのチェックサムが正しいことを確認します。
    • ダウンロードしたアップグレードパッケージを、構成されたネットワークファイル共有に抽出します。ダウンロードはアプライアンスのファイル共有に抽出されます。 場所: ネットワークファイル共有*AppLayeringVersion* 例:\ MyServer\ AppLayeringFileShare\ 4.0.8
      • 抽出が成功すると、次にユーザーがログインしたときに、アップグレードが利用可能であることが通知されます。
      • このプロセス中に管理者が介入する必要があるエラーが発生した場合、ジョブはエラーで失敗します。例:
        • ローカルストレージの領域が不足しています。
        • ネットワークファイル共有の領域が不足しています。
        • 無効なファイルが見つかりました。

        注:

        ジョブが失敗すると、問題が解決したかどうかに関係なく、次のチェック間隔でジョブが再試行されます。

  • 以前にダウンロードしたアップデートをインストールする前に別のアップデートが見つかった場合 -新しいアップグレードがダウンロードされ、正常に完了すると、「アップグレード可能」になります。
  • あるアップグレードがダウンロードされ、別のアップグレードが使用可能になった場合 -実行中のダウンロードは中止され、新しいダウンロードが開始されます。進行中のダウンロードに関連するすべてのファイルが削除されます。

オプション:利用可能なアップグレードを手動で確認する方法

自動アップグレードチェックでは、常に最新バージョンを取得しますが、手動で更新をチェックできます。

更新を手動で確認するには、次の手順に従います。

  1. 管理コンソールにログインします。
  2. ユーザー 」タブをクリックし、「 アプライアンスのアップグレード 」アクションをクリックします。 最新バージョンが [ Upgrade Disk ] フィールドに表示されます。

管理者としてデスクトップにログインしていて、アップグレードバッジが表示されている場合:

  1. [アップグレードの開始] をクリックします。ダウンロード情報が [ Upgrade Disk ] フィールドに表示されます。
  2. 管理者は、 別のアップグレードディスクを選択できます

前のセクション「 アプライアンスのアップグレード」の詳細な手順を使用します。