新機能

シトリックスは、Citrix DaaS for Azureをご使用のお客様に、新機能と製品の更新をいち早くお届けするよう取り組んでいます。新しいリリースでは、より便利な機能をご利用いただけます。今すぐ更新してください。お客様管理者には、このプロセスは透過的です。

Citrix 準備イメージの更新

Citrix が準備したイメージには 、最新のCitrix Virtual Delivery Agent(VDA)がインストールされています。通常、新しいVDAバージョンは毎年数回リリースされ、使用可能なCitrix 準備イメージは自動的に最新のVDAで更新されます。VDAの最新バージョンの新機能および拡張機能の詳しくは、以下を参照してください。

2022年5月

  • これで、Azure Active Directory に参加しているマシンのカタログを作成できます。この機能はプレビュー段階です。「 カタログの作成」を参照してください。
  • Citrix Service Providerは、Citrix DaaS for Azureサービスを顧客から削除できるようになりました。「サービスの削除」を参照してください。

2022年4月

  • Citrix Hypervisor、Microsoft SCVMM、VMware vSphere、PrismCentral、およびNutanix AHVのホスト接続の作成が可能になりました。そのため、Azure に加えてオンプレミスのハイパーバイザーを使用できるようになりました。

  • 製品名がCitrix Virtual Apps and Desktops Standard for AzureからCitrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azureに変更されました。すべてのCitrix DaaS(旧称Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス)オファリングのブランド変更について詳しくは、Citrix DaaSの「新機能 」を参照してください。名称変更について詳しくは、 ブログでの発表を参照してください。

2022年1月

  • カタログを作成すると、マシンを標準の SSD ストレージに保存できるようになりました。以前は、標準ディスク (HDD) とプレミアム SSD のみがサポートされていました。

  • VDAワークロードをホストするための新しいリージョン(ブラジル南部、インド中部、日本東部、米国中南部、英国南部)のサポート。

  • Citrix Managed Azure および BYO Azure でホストされている永続デスクトップで、スナップショットと復元を使用できるようになりました。「 VDAのスナップショットと復元」を参照してください。

  • ホストされているVDAからのすべてのアウトバウンドトラフィックの静的パブリックIPアドレスを使用できるようになりました。IP アドレスを取得するように Azure NAT ゲートウェイを構成できます。パブリック静的 IP アドレスの作成を参照してください

  • Azure VPN はテクニカルプレビューで利用できます。Azure VPN を使用すると、Citrix マネージド Azure をオンプレミスのデータセンターに直接接続できます。Azure VPN テクニカルプレビューを参照してください

  • Citrix で準備されたイメージには、新しい Linux イメージを使用できます。

2021年11月

2021年10月

2021年9月

2021年7月

  • Web Studio 管理インターフェイスが「フル構成」に改名。

2021年6月

2021年5月

2022年4月

  • 製品名がCitrix Virtual Apps and Desktops Standard for AzureからCitrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azureに変更されました。

2021年1月

2020年10月

2020年9月

2020年8月

2020年7月

2020年6月

2020年5月

2020年3月

2020年2月

  • Citrixライセンス使用状況の情報を表示するには、「Citrix Managed Desktopsサービスのライセンスとアクティブな使用状況を監視する」のガイダンスに従ってください。
  • Red Hat Enterprise Linux または Ubuntu マシンを含むカタログのサポートをプレビューします。この機能は、顧客管理のAzureサブスクリプションを使用する場合にのみ有効で、Citrix Linux VDA を含むインポートされたイメージが必要です。
  • これで、すべてのマルチセッションマシンに対して、垂直または水平負荷分散を構成できます。(以前は、すべてのマシンが水平負荷分散を使用していました)。このグローバル選択は、展開内のすべてのカタログに適用されます。「負荷分散」を参照してください。
  • グローバル管理者でない場合、Azure サブスクリプションを追加できるようになりました。
  • Citrix 準備イメージが、Office 365 ProPlus と Windows 10 エンタープライズ仮想デスクトップ(マルチセッション)で利用可能になりました。

2020年1月

  • VNet ピア接続でカスタムルートのサポートを追加します。
  • ポートとルール情報を強化するためのセキュリティ記事が更新されました。

2019年11月

  • SD-WAN 接続のサポートをプレビューします。

2019年10月

2019年9月

  • デフォルトでは、マシンはCitrix Managed Azureサブスクリプションで作成されます。これで、独自のカスタマー管理の Azure サブスクリプションでカタログとイメージを作成することもできます。
新機能