Citrix Virtual Apps and Desktops

Citrix Virtual Apps and Desktops 7 2206

このリリースについて

このCitrix Virtual Apps and Desktopsリリースには、新しいバージョンのWindows Virtual Delivery Agent(VDA)といくつかのコアコンポーネントの新しいバージョンが含まれています。次の操作を実行できます:

  • サイトのインストールまたはアップグレード:このリリースのISOを使用して、コアコンポーネントとVDAをインストールまたはアップグレードします。最新のバージョンをインストールまたはアップグレードすることで、最新の機能を使用できます。

  • 既存のサイトでVDAをインストールまたはアップグレードする:環境でコアコンポーネントをアップグレードする準備が整っていない場合でも、新しいVDAをインストール(またはアップグレード)することで、最新のHDX機能を使用できます。VDAのみをアップグレードすると、強化された機能を実稼働環境以外の環境でテストするのに役立ちます。

    VDAをバージョン7.9以降からこのバージョンにアップグレードした後は、マシンカタログの機能レベルを更新する必要はありません。7.9(またはそれ以降) の値はデフォルトの機能レベルのままであり、このリリースでも有効です。詳しくは、「VDAバージョンと機能レベル」を参照してください。

インストールとアップグレードの手順については、以下を参照してください:

Citrix Virtual Apps and Desktops 7 2206

インストールとアップグレード:Microsoft Visual C++の前提条件

Delivery Controller、VDA、またはユニバーサルプリントサーバーをインストールする場合、CitrixインストーラーはMicrosoft Visual C++ 2015~2019再頒布可能パッケージを自動的にインストールします。

  • マシンに以前のバージョンのランタイム(2015-2017など)がインストールされている場合、Citrixインストーラーはそれをアップグレードします。
  • マシンに2015より前のバージョンが含まれている場合、Citrixは新しいバージョンを並行してインストールします。

VDAのインストールとアップグレード:Rendezvousプロキシの構成

ご使用の環境においてCitrix GatewayサービスでRendezvousプロトコルを使用する予定であり、ネットワークに発信接続用の非透過プロキシがある場合、完全版VDAインストーラーでは、追加コンポーネントの[ランデブープロキシの構成]を指定できます。HTTPプロキシのみがサポートされています。

インストール情報については、「VDAのインストール」と「VDAをインストールするためのコマンドラインオプション」を参照してください。機能について詳しくは、「Rendezvousプロトコル」を参照してください。

VDAのインストールとアップグレード:機能

VDAインストーラーは、さらに2つのアイテムをサポートするようになりました。グラフィカルインターフェイスでは、どちらのアイテムも [機能] ページにあります。

  • セッション共有を使用。セッション共有に必要なポートをWindowsファイアウォールで開きます。コマンドラインから、/enable_ss_portsを使用します。
  • このVDAはクラウドの仮想マシンにインストールされていますか: Citrixがオンプレミスおよびクラウド環境のVDA展開に最適なリソースの割り当てを確保するのに役立ちます。コマンドラインから、xendesktopcloudを使用します。

インストール情報については、「VDAのインストール」と「VDAをインストールするためのコマンドラインオプション」を参照してください。

Virtual Delivery Agent(VDA)2206

Windows Mediaリダイレクトでのマルチメディア会議の依存関係を削除しました

以前は、[マルチメディア会議]設定は、[Windows Mediaリダイレクト][許可] に設定されている場合にのみ有効でした。このリリース以降、最適化されたWebカメラリダイレクトテクノロジの使用を許可または禁止するために、[マルチメディア会議] 設定を有効または無効にできます。[Windows Mediaリダイレクト] 設定での依存関係はありません。

VDAからクライアントへのカスタムプロトコルリダイレクト

コンテンツの双方向リダイレクトは、Citrix VDAからクライアントへのカスタムプロトコルのリダイレクトをサポートします。HTTPおよびHTTPS以外のプロトコルがサポートされています。詳しくは、「VDAからクライアントへのカスタムプロトコルリダイレクト」を参照してください。

Citrix VDAセッションからクライアントへのワイルドカードリダイレクト

コンテンツの双方向リダイレクトでは、リダイレクトされるURLを定義するときにワイルドカードを使用できます。詳しくは、「Citrix VDAからクライアントへのワイルドカードリダイレクト」を参照してください。

カナダの多言語標準Unicodeキーボードレイアウトのサポート

Windows VDAのキーボード機能拡張により、Windows VDAに接続されたCWA HMTL5クライアントを使用して、カナダの多言語標準キーボードレイアウトから入力できます。クライアントキーボードレイアウトとVDAキーボードレイアウトはFRA CMSに設定する必要があります。

モニターごとの仮想ディスプレイレイアウト

マルチモニターサポートにより、仮想ディスプレイの設定ユーティリティが強化され、各セッションモニターで独立した仮想ディスプレイレイアウトが可能になります。ユーザーエクスペリエンスを向上させるために、UIの変更とともに新しいプレビュー機能が追加されています。

マルチセッションVDAのタイマー設定

マルチセッションマシンのセッションタイマー、アイドルタイマー、および切断タイマーを構成するための新しいユーザー設定を利用できます。

仮想チャネル許可リスト

許可リストに仮想チャネルを追加するときに、プロセスパスでワイルドカードを使用できるようになりました。詳しくは、「仮想チャネルのセキュリティ」ドキュメントを参照してください。

Citrix Studio

マシンカタログを作成するときにドメインを検索する機能

多数のドメインを列挙すると、特に到達できないドメインがある場合、時間が長くかかる可能性があります。このリリース以降、次のシナリオで完全一致を使用してドメインを検索できます:

  • MCSを使用して仮想マシンを作成する場合は、マシンのActive Directoryアカウントを作成します。
  • リモートPCアクセスカタログを作成する場合は、組織単位を追加します。
  • Citrix Provisioningを使用して仮想マシンを作成する場合は、デバイスコレクションのドメインを追加します。

この機能を使用すると、目的のドメインをすばやく選択できるため、すべてのドメインを参照する際の待ち時間を短縮できます。詳しくは、「マシンカタログの作成」を参照してください。

Machine Creation Services(MCS)

Azureのトラステッド起動のサポート

トラステッド起動が有効になっているイメージを選択する場合は、[セキュリティの種類]としてトラステッド起動が選択されているマシンプロファイルを使用する必要があります。次に、[マシンプロファイル]の値を指定することにより、SecureBootとvTPMを有効または無効にできます。

MCSによって作成されたAmazon Web Services(AWS)リソースを識別する機能

provschemeID」というタグを使用して、ProvSchemeに関連付けられているイメージ、IDディスク、OSディスク、NIC、仮想マシンなどのMCSによって作成されたすべてのAWSリソースを識別できるようになりました。詳しくは、「リソースの特定」を参照してください。

Azure環境でマシンプロファイルのプロパティ値を使用する機能

マシンプロファイルを使用してAzureカタログを作成すると、カスタムプロパティで値が明示的に定義されていない場合、マシンプロファイルとして使用されるARMテンプレート仕様または仮想マシンのいずれかからプロパティ値が設定されるようになりました。この機能の影響を受けるプロパティは次のとおりです:

  • アベイラビリティゾーン
  • 専用ホストグループID
  • ディスク暗号化セットID
  • OSの種類
  • ライセンスの種類
  • サービスオファリング
  • ストレージの種類

一部のプロパティがマシンプロファイルで欠落していて、カスタムプロパティで定義されていないとき、該当する場合はプロパティのデフォルト値が常に適用されます。詳しくは、「Azure Resource Managerイメージを使用してマシンカタログを作成する」を参照してください。

SCVMMを介したAzure Stack HCIプロビジョニングのサポート

MCSは、Microsoft System Center Virtual Machine Manager(SCVMM)を介したAzure Stack HCIプロビジョニングをサポートするようになりました。SCVMMなどの既存のツールを使用して、AzureスタックHCIクラスターを管理できます。詳しくは、「SCVMMを介したAzure Stack HCIプロビジョニング」を参照してください。

Azure環境でMCSプロビジョニングされたマシンを更新するためのサポート

Set-ProvSchemeはテンプレート(プロビジョニングスキーム)を変更し、既存のマシンには影響しません。Request-ProvVMUpdateコマンドを使用して、現在のプロビジョニングスキームを既存のマシン、あるいはマシンのセットに適用できるようになりました。現在、この機能でサポートされているプロパティ更新はServiceOfferingです。詳しくは、「プロビジョニングされたマシンを現在のプロビジョニングスキームの状態に更新する」を参照してください。

VMwareストレージプロファイルのサポート

vSANデータストアでマスターイメージを使用してカタログを作成する場合、RAID-1またはRAID-5情報などのストレージポリシーを、作成されたターゲットデバイスにマスターイメージからコピーできるようになりました。既存のカタログの場合、カタログを更新してもストレージポリシーは変更されません。

すべてのセッションをドレインした後に電源管理されていないマシンの再起動をサポート

すべてのセッションがマシンからドレインされた後、電源管理されていないマシンの再起動スケジュールを作成できるようになりました。「再起動スケジュールの作成」での手順に従って、電源管理されていないマシンを含むデリバリーグループの再起動スケジュールを作成します。[すべてのセッションのドレイン後にすべてのマシンを再起動する] を再起動の間隔として選択します。

SCVMM 2022のサポート

Citrix Virtual Apps and DesktopsおよびCitrix DaaSは、MicrosoftのSystem Center Virtual Machine Manager(SCVMM)2022をサポートするようになりました。SCVMMは、仮想マシンの展開に必要なリソースの保守を含むさまざまなサービスを提供します。SCVMM 2022でサポートされる新機能について詳しくは、System Center Virtual Machine Managerの新機能を参照してください。

Azure環境でのイメージ準備中のページファイル設定

ページファイルの場所は、MCSがイメージ準備中にProvScheme作成と同時に決定するようになったため、混同される可能性がなくなりました。この計算は特定のルールに基づいています。エフェメラルOSディスク(EOS)やMCSIOなどの機能には、それぞれ想定するページファイルの場所があり、相互に排他的です。イメージの準備がプロビジョニングスキームの作成から切り離されている場合も、ページファイルの場所はMCSによって正しく決定されます。詳しくは、「ページファイルの場所」を参照してください。

Azure環境でのページファイル設定の更新のサポート

Azure環境でカタログを作成するときに、PoSHコマンドを使用して、場所やサイズなどのページファイル設定を指定できるようになりました。このアクションにより、MCSによって決定された値は上書きされます。ページファイルの更新は、New-ProvSchemeコマンドを実行し、次のカスタムプロパティを含めることで行うことができます:

  • PageFileDiskDriveLetterOverride:ページファイルの場所ディスクのドライブ文字
  • InitialPageFileSizeInMB:初期ページファイルサイズ(MB)
  • MaxPageFileSizeInMB:最大ページファイルサイズ(MB)

詳しくは、「ページファイル設定の更新」を参照してください。

Citrix Virtual Apps and Desktops 7 2206