Citrix Virtual Apps and Desktops

Citrix Virtual Apps and Desktops 7 2106

このリリースについて

このCitrix Virtual Apps and Desktopsリリースには、新しいバージョンのWindows Virtual Delivery Agent(VDA)といくつかのコアコンポーネントの新しいバージョンが含まれています。次の操作を実行できます:

  • サイトをインストールまたはアップグレードする

    このリリースのISOを使用して、コアコンポーネントとVDAをインストールまたはアップグレードします。最新のバージョンをインストールまたはアップグレードすることで、最新の機能を使用できます。

  • 既存のサイトでVDAをインストールまたはアップグレードする

    環境でコアコンポーネントをアップグレードする準備が整っていない場合でも、新しいVDAをインストール(またはアップグレード)することで、最新のHDX機能を使用できます。VDAのみをアップグレードすると、強化された機能を実稼働環境以外の環境でテストするのに役立ちます。

    VDAをバージョン7.9以降からこのバージョンにアップグレードした後は、マシンカタログの機能レベルを更新する必要はありません。7.9(またはそれ以降) の値はデフォルトの機能レベルのままであり、このリリースでも有効です。詳しくは、「VDAバージョンと機能レベル」を参照してください。

インストールとアップグレードの手順については、以下を参照してください:

Citrix Virtual Apps and Desktops 7 2106

VDAのインストールとアップグレード:Workspace Environment Management(WEM)

VDAインストーラーの [WEMエージェント] ページが更新されました。この新しいWEMページで、まずWEM展開がオンプレミスかクラウド(サービス)かを指定します。次に、WEMインフラストラクチャサーバー(WEMオンプレミスの場合)のアドレス、またはCloud Connector(WEMサービスの場合)を指定します。詳しくは、「手順7. Workspace Environment Management」を参照してください。

シングルセッションVDAのインストールとアップグレード:インストールとアップグレードの失敗時の復元

シングルセッションVDAをインストールまたはアップグレードするときに、失敗時の復元機能を有効にできます。この機能を有効にすると、VDAのインストールまたはアップグレードが失敗した場合、マシンは復元ポイントに戻ります。詳しくは、「インストールまたはアップグレードの失敗時の復元」を参照してください。

VDAのインストール:サポートされていないオプション

Windows VDAをインストールする際のinstall_mcsio_driverコマンドラインオプションはサポートされなくなりました。MCSIOドライバーをインストールするには、/includeadditional "Citrix MCS IODriver"コマンドラインオプションを使用するか、VDAインストーラーのグラフィカルインターフェイスの [追加コンポーネント] ページでMCSIOエントリを選択します。

メンテナンスモードでマシンから切断した後のセッションの再接続

以前は、プールされた(ランダムな)シングルセッションデスクトップ(VDI)ユーザーがメンテナンスモードでマシンから切断された場合、プール内のどのマシンへのセッションの再接続も許可されていませんでした。マルチセッションおよび静的シングルセッションマシンの場合は、その状況で常にセッションの再接続が許可されていました。

現在、PowerShellを使用して、メンテナンスモードのマシンで切断が発生した後にセッションの再接続を許可するかどうかをデリバリーグループレベルで制御できるようになりました。これは、グループ内のすべてのVDA(シングルセッションおよびマルチセッション)に適用されます。

詳しくは、「メンテナンスモードでマシンから切断されたときのセッションの再接続の制御」を参照してください。

Virtual Delivery Agent(VDA)2106

WindowsシングルセッションOSおよびマルチセッションOS VDAのバージョン2106には、次の拡張機能が含まれています。これらのアイテムは、この記事の前半で示したVDAのインストールおよびアップグレードのアイテムに追加されています。

双方向URLサポートの更新 - プレビュー

Google ChromeとMicrosoft EdgeにURLの双方向リダイレクトのサポートが追加されました。

WebブラウザーのURLの双方向リダイレクトには、Citrix Virtual Apps and Desktopsバージョン2106以降、Citrix Workspaceアプリ2106以降、およびBrowser Redirection Extensionバージョン5.0が必要です。

詳しくは、「双方向のコンテンツリダイレクトのポリシー設定」を参照してください。

WindowsマルチセッションOSのVDAで[常にパスワードの入力を求める]設定を有効または無効にする

WindowsマルチセッションOSマシンでレジストリキーを設定することで、Microsoft社の [常にパスワードの入力を求める] ポリシー設定を制御できるようになりました。詳しくは、レジストリを介して管理される機能の一覧にある「VDAへの自動ログオンの構成」を参照してください。

Webブラウザーコンテンツリダイレクトの統合Windows認証サポート

Webブラウザーコンテンツリダイレクト機能により、ドメインに参加していないクライアントから、VDAと同じドメイン内の統合Windows認証(Integrated Windows Authentication:IWA)を使用する構成のWebサーバーへ、シングルサインオンできるようになりました。この機能強化により、Webブラウザーコンテンツリダイレクトでは、IWA Webサーバーへの認証にドメインユーザー名とパスワードを使用します。詳しくは、「統合Windows認証によるシングルサインオン」を参照してください。

ランデブー接続のプロキシ認証サポート

NegotiateおよびKerberosを使用したマシンベースの認証プロトコル、またはNTLMネットワーク認証プロトコルを使用して、HTTPプロキシを介したランデブー接続を確立できるようになりました。詳しくは、「プロキシに関する考慮事項」を参照してください。

リモートPCアクセス切断セッションタイマー

リモートPCアクセスを使用して、セッションの有効期限が切れた後にユーザーをログオフするタイマーを構成できるようになりました。ユーザーセッションが一定期間切断されたままになると、タイマーがそのユーザーをログオフし、別のユーザーが同じ物理PCにリモートアクセスできるようにします。このタイマーを有効にするには、[リモートPCアクセス切断セッションタイマー]および [切断セッションタイマーの間隔] のポリシー設定を構成する必要があります。詳しくは、セッション制限ポリシーの「リモートPCアクセス切断セッションタイマー」を参照してください。

Citrixライセンスサーバー11.17.2

Citrixライセンスサーバー 11.17.2には、新機能解決された問題、および既知の問題があります。

関連コンポーネント

関連コンポーネントのドキュメントについては、以下を参照してください:

詳細情報

  • 廃止および削除される項目の情報については、「廃止」を参照してください。
  • 2018年に導入された製品名およびバージョン番号の変更について詳しくは、「新しい名前と番号」を参照してください。
Citrix Virtual Apps and Desktops 7 2106