新機能

1903の新機能

Linux VDAのバージョン1903には、次の新機能と強化された機能があります。

Ubuntu 18.04のサポート

このリリース以降、サポートされるディストリビューションにUbuntu 18.04が追加されます。詳しくは、「簡単インストール」や「Linux Virtual Delivery Agent for Ubuntuのインストール」を参照してください。

高速スマートカードのサポート

この機能はLinux VDAではデフォルトで有効になっています。高速スマートカードは、既存のHDX PC/SCベースのスマートカードリダイレクトの改良版です。遅延が大きいWAN環境でスマートカードを使用する場合のパフォーマンスが向上しています。詳しくは、スマートカードを使用したパススルー認証を参照してください。

Citrix DirectorでLinuxセッションのICA RTTメトリックを利用可能

ICA往復時間(RTT)は、キーを押してからエンドポイントに応答が表示されるまでの経過時間です。LinuxセッションのICA RTTメトリックを取得するには、Citrix Directorでセッションを検索し、[セッション詳細] ビューを確認します(以下のスクリーンショットを参照)。

[セッション詳細]ビューの画像

この機能を使用するには、以下を実行する必要があります。

  • Citrix Director 1903以降を使用する。
  • Citrix Studioで[ICA往復測定] および [ICA往復測定間隔] ポリシーを作成する。詳しくは、Studioで新しいポリシーを作成するを参照してください。