Citrix Cloud

Citrix DaaS Standard for Azureのライセンスと使用状況の監視

ライセンスモデル

Citrix Cloudは、ユーザー/デバイスまたは同時使用のライセンスモデルを使用するCitrix DaaS Standard for Azureのライセンスを管理するのに役立ちます。この記事では、ユーザー/デバイスモデルのみのライセンス割り当ての管理について説明します。

Citrix DaaS Standard for Azureの同時使用ライセンスの割り当てを管理する操作は、Citrix DaaSの同時使用ライセンスを管理する場合の操作と同じです。この操作について詳しくは、「Citrix DaaSのライセンスとピーク時の使用状況の監視(同時使用)」を参照してください。

Citrix Azure Consumption Fund

ご使用のサービス環境で使用するCitrix Azure Consumption Fundを購入した場合、Citrix管理リソースの消費レポートについて詳しくは、「Citrix DaaSのCitrix Managed Azureリソースの消費の監視」を参照してください。

ライセンス割り当て

ユーザー/デバイスライセンスモデルの場合、Citrix Cloudでは、一意のユーザーまたはデバイスによるデスクトップの初回起動時にライセンスが割り当てられます。

同時使用ライセンスモデルの場合、Citrix Cloudでは、デバイスにあるアプリまたはデスクトップをユーザーが起動したときにライセンスが割り当てられます。Citrix Cloudが使用中の同時使用ライセンスの数を評価する方法について詳しくは、「Citrix DaaSのライセンスとピーク時の使用状況の監視(同時使用)」を参照してください。

ライセンスの概要

ライセンスの概要ビュー

ライセンスの概要では、次の情報を一目で確認できます:

  • 購入済みライセンス合計に対する割り当て済み(使用済み)ライセンスの割合。割合が100%に近づくにつれて、表示は緑色から黄色に変わります。割合が100%を超えると、表示が赤になります。
  • 購入したライセンスに対する割り当てられたライセンスの比率、および使用可能なライセンスの残りの数。

使用状況の傾向とライセンスアクティビティ

[使用状況の詳細の表示] をクリックして、使用状況レポートおよび傾向の詳細と、Citrix DaaS Standard for Azureライセンスを消費しているユーザー一覧を表示できます。

ライセンスの概要ビューと[詳細の表示]の強調表示

[使用状況の傾向] セクションでは、この内訳がグラフで表示されます。

ライセンス割り当ての傾向のグラフ

特定の月のバーをポイントすると、次の情報が表示されます:

  • ライセンス合計: 合計したクラウドサービス使用権のために購入済みのライセンス合計数。
  • 以前に割り当て済み: 先月割り当てられたライセンスの数。たとえば、7月にクラウドサービスに初めてアクセスするユーザーにライセンスが割り当てられたとします。このライセンスは、7月に「新しく割り当て済み」としてカウントされます。8月には、「以前に割り当て済み」としてカウントされます。
  • 新しく割り当て済み: 各月に割り当てられた新しいライセンスの数。たとえば、7月にクラウドサービスに初めてアクセスするユーザーにライセンスが割り当てられたとします。このライセンスは、7月に「新しく割り当て済み」としてカウントされます。

ライセンスアクティビティ

割り当て済みユーザー一覧

[ライセンスアクティビティ] セクションでは、ライセンスを割り当てた個々のユーザーの一覧とユーザーにライセンスが割り当てられた日付が表示されます。

一覧をフィルタリングして、解放対象のライセンスのみを表示することもできます。本記事の「割り当て済みライセンスを解放するには」を参照してください。

割り当て済みライセンスを解放する

このセクションでは、Citrix DaaS Standard for Azureのユーザー/デバイスライセンスの解放について説明します。同時使用ライセンスは、ユーザーがサインアウトするか、セッションから切断すると自動的に解放されます。同時使用ライセンスの割り当てについて詳しくは、「Citrix DaaSのライセンスとピーク時の使用状況の監視(同時使用)」を参照してください。

ライセンスが解放されると、それに応じて残りのライセンス数が増加し、割り当て済みライセンス数が減少します。ライセンスが解放された後、ユーザーはクラウドサービスにログインして使用することによって、別のライセンスを取得できます。

年単位サービスサブスクリプション: 年単位サブスクリプションがある場合は、過去30日間にアプリまたはデスクトップを起動していないユーザーのライセンスを解放できます。ライセンスは複数を一括で解放するか、個別に解放できます。

月単位サービスサブスクリプション: 月単位サブスクリプションがある場合は、非アクティブ期間に関係なく、各月の1日にライセンスを解放できます。

解放可能ライセンスの表示

[ライセンスアクティビティ] セクションに表示される一覧には、一度に最大100個の割り当て済みライセンスが表示されます。100個を超えるライセンスがある場合は、ページコントロールで一覧を移動します。

ページコントロールが強調表示された[ライセンスアクティビティ]セクション

解放可能ライセンスをすばやく見つけるには、[ライセンスを解放] ボタンの横にある [解放可能ライセンスのみを表示] を選択します。この操作により、まだ解放対象ではない割り当て済みライセンスが非表示になります。

[解放可能ライセンスを表示]が強調表示された[ライセンスアクティビティ]セクション

解放可能ライセンスの選択

各ライセンスの横にある濃い灰色のチェックボックスを選択して、解放するライセンスを選択します。一覧からライセンスを選択すると、[ライセンスを解放] がアクティブになります。

1回の操作ですべての解放可能ライセンスを選択することもできます。解放可能ライセンスが100個以下の場合は、一覧のヘッダー行にある [ユーザー名] の横にあるチェックボックスを選択することで、すべての解放可能ライセンスを選択できます。

100個を超える解放可能ライセンスがある場合:

  1. 一覧のヘッダー行にある [ユーザー名] の横にあるチェックボックスを選択して、そのページに表示されているすべての解放可能ライセンスを選択します。
  2. [すべての解放可能ライセンスを選択] をクリックします。 [すべての解放可能ライセンスを選択]が強調表示された[ライセンスアクティビティ]一覧
  3. 一覧のすべてのページで選択したすべてのライセンスをクリアするには、[選択内容のクリア] をクリックします。 [選択内容のクリア]が強調表示された[ライセンスアクティビティ]一覧

割り当て済みライセンスを解放するには

  1. 必要に応じて、[解放可能ライセンスを表示] を選択して、解放対象のライセンスを持つユーザーのみを表示します。
  2. 管理するユーザーを選択してから、[ライセンスを解放] を選択します。
  3. 選択したユーザーを確認してから、[ライセンスを解放] を選択します。
Citrix DaaS Standard for Azureのライセンスと使用状況の監視