Jira の構成

Citrix Gateway SaaSアプリケーション

Jira for SSOを構成すると、管理者はNetScalerを使用してユーザーを管理できます。ユーザーは、エンタープライズ資格情報を使用して Jira に安全にログオンできます。 SAML を介して SSO の Jiraを設定するには、次の手順を実行します。

  1. ブラウザで、組織の Atlassian クラウド URL を入力し、Enter キーを押します。

  2. Atlassian アカウントにログオンします。

    ログオンページ

  3. ホームページの左下隅にある省略記号アイコンをクリックします。

    ジラのホームページ

  4. [ サイト管理] をクリックします。

    サイト管理

  5. [管理] ページの [組織とセキュリティ] セクションで、SAML 認証を構成する組織名をクリックします。

    SAML認証の構成

  6. [ 詳細 ] をクリックし、ドメインを確認します。

    SAML 詳細

    ドメインを確認するには、次の手順に従います。

    1. 左下隅にある [ アプリの切り替え ] アイコンをクリックします。

    クリックしてアプリを切り替える

    1. [ サイト管理] をクリックします。

    サイト管理オプション

    1. 組織名をクリックします。

    組織名

    1. [ ドメイン] をクリックします。

    ドメインを選択

    1. DNS または HTTPS を使用してドメインを検証できます。ドメインを確認する手順の詳細情報を表示するには、右側のウィンドウの [ドメイン] セクションで、[ドメイン検証の詳細] リンクをクリックします。

    ドメインを確認する方法

    1. 手順を完了したら、[ ドメインの確認] をクリックします。

    ドメインの確認

    1. [検証済みドメイン] セクションの [ステータス] 列に [ 検証済み] と表示されます

    ドメイン検証済みステータス

  7. [ SAML シングルサインオン] をクリックします。

  8. 右ペインの [SAML 構成] で、[ SAML 設定の追加] をクリックします。

    SAML 設定の追加

  9. [ SAML 構成の追加 ] 領域で、次の情報を指定します。

    • ID プロバイダエンティティ ID-一意の発行者 ID を入力します。たとえば、次のようになります:yourcompany_NS_Jira

    • ID プロバイダー SSO URL-IdP URL を入力します。

      :Citrix Cloudウィザード([Citrix Gatewayサービス]>[Web/SaaSアプリケーションの追加]>[シングルサインオン]>[ログインURL])からURLをコピーできます。

      シングルサインオン URL

    • パブリック x509 証明書 — SAML IdP 署名証明書をコピーして貼り付けます。

      1. Citrix Cloudウィザード([CitrixGatewayサービス]>[Web/SaaSアプリケーションの追加]>[シングルサインオン]>[証明書])から証明書をダウンロードします

        サンプル証明書

      2. —BEGIN Certificate— と —End Certificate— の間にテキストをコピーします

      3. テキストエディタにテキストを貼り付け、 your company name.pem などの適切な形式でファイルを保存します。

  10. [ 構成の保存]をクリックします。

構成の保存

Jira の構成