Citrix Virtual Apps and Desktops

コマンドラインを使用したインストール

重要:

アップグレードをする予定で、現在のバージョンでPersonal vDiskまたはAppDiskソフトウェアを使用またはインストールしている場合は、「 PvD、AppDisk、およびサポートされていないホストの削除 」を参照してください。

はじめに

この記事は、Windowsオペレーティングシステムがインストールされたマシンへのコンポーネントのインストールに適用されます。LinuxオペレーティングシステムのVDAについては、「Linux Virtual Delivery Agent」を参照してください。

このアーティクルでは、製品のインストールコマンドの実行方法を説明します。インストールを始める前に、「インストールの準備」を読んでください。そのアーティクルには、利用できるインストーラーの説明があります。

コマンドの実行状態を確認して値を返すには、マシンの管理者であるか [管理者として実行] を使用する必要があります。詳しくは、Microsoft社のコマンドに関するドキュメントを参照してください。

インストールコマンドを直接使用するだけでなく、製品ISOイメージにあるサンプルスクリプトを使用してActive DirectoryでマシンのVDAをインストール、アップグレード、または削除できます。詳しくは、「スクリプトを使用したVDAのインストール」を参照してください。

このバージョンのCitrix Virtual Apps and DesktopsでサポートしていないバージョンのWindows OSにVDAをインストールまたはアップグレードしようとすると、メッセージが表示され、オプションに関する情報が示されます。「以前のオペレーティングシステム」を参照してください。

Citrixがコンポーネントのインストールの結果を報告する方法については、「Citrixインストールリターンコード」を参照してください。

全製品インストーラーの使用

全製品インストーラーのコマンドラインインターフェイスへのアクセス:

  1. Citrixから製品パッケージをダウンロードします。ダウンロードサイトにアクセスするには、Citrixアカウントの資格情報が必要です。
  2. ファイルを解凍します。必要な場合は、ISOファイルからDVDを作成します。
  3. ローカルの管理者アカウントを使って、インストール先のサーバーにログオンします。
  4. DVDをドライブに挿入するか、ISOファイルをマウントします。
  5. 製品メディアの\x64\XenDesktop Setupディレクトリから適切なコマンドを実行します。

    コンポーネントをインストールするには:コアコンポーネントのインストールに使用されるコマンドラインオプション」セクションに記載されているオプションを指定して、 XenDesktopServerSetup.exeを実行します。

    VDAをインストールするには: XenDesktopVDASetup.exeを実行します。これには、「VDAのインストールに使用されるコマンドラインオプション」に記載されているオプションを使用します。

    StoreFrontをインストールするには: インストールメディアのx64 > StoreFrontフォルダーでCitrixStoreFront-x64.exeを実行します。

    ユニバーサルプリントサーバーをインストールするには:ユニバーサルプリントサーバーをインストールするためのコマンドラインオプション」のガイダンスに従ってください。

    Federated Authentication Serviceをインストールするには: Citrixではグラフィカルインターフェイスを使用することをお勧めします

    Sesssion Recordingをインストールするには: Session Recordingのガイダンスに従ってください。

コアコンポーネントのインストールに使用されるコマンドラインオプション

次のオプションは、XenDesktopServerSetup.exeコマンドを使用してコアコンポーネントをインストールするときに有効です。オプションについて詳しくは、「コアコンポーネントのインストール」を参照してください。

  • /components component [,*component*] …

    インストールまたは削除するコンポーネントをコンマ区切りのリストで指定します。以下の値を指定します:

    • CONTROLLER:Controller
    • DESKTOPSTUDIO:Studio
    • DESKTOPDIRECTOR:Director
    • LICENSESERVER:Citrixライセンスサーバー

    このオプションを指定しない場合、すべてのコンポーネントがインストール(または、/removeオプションも指定されている場合は削除)されます。

    (2003より前のリリースでは、有効な値にSTOREFRONTが含まれています。バージョン2003以降では、「全製品インストーラーの使用」に記載されているStoreFront専用インストールコマンドを使用します )。

  • /configure_firewall

    Windowsファイアウォールサービスが実行されている場合に(ファイアウォールが無効になっていても)、インストールされるコンポーネントで使用されるポートが開放されます。サードパーティ製のファイアウォールを使用している場合は、適切なポートを手動で開く必要があります。

  • /disableexperiencemetrics

    インストール、アップグレード、または削除中に収集される分析のCitrixへの自動アップロードが阻止されます。

  • /excludefeature”[,”feature”]

    二重引用符で囲まれた機能、サービス、またはテクノロジをインストールしません。複数の機能、サービス、またはテクノロジを指定する場合は、カンマで区切って、それぞれを直線の二重引用符で囲みます。以下の値を指定します:

    • "Local Host Cache Storage (LocalDB)":ローカルホストキャッシュに使用されるデータベースのインストールが阻止されますこのオプションは、サイトデータベースとして使うためにSQL Server Expressがインストールされているかには影響しません。
  • /help または /h

    コマンドのヘルプを表示します。

  • /ignore_hw_check_failure

    ハードウェアチェックが失敗した場合でも(RAMの不足などが原因で)、Delivery Controllerのインストールやアップグレードは続行できます。詳しくは、「ハードウェアチェック」を参照してください。

  • /ignore_site_test_failure

    Controllerのアップグレード中にのみ有効です。通常、サイトテストの失敗は無視され、アップグレードが進行します。省略された場合(またはfalseに設定されている場合)、サイトテストに失敗するとアップグレードを実行せずにインストーラーが失敗します。デフォルト値:false

    アップグレード中、サポートされていないSQL Serverバージョンが検出されると、このオプションは無視されます。詳しくは、「SQL Serverのバージョンチェック」を参照してください。

  • /installdir directory

    コンポーネントのインストール先として既存の空ディレクトリを指定します。デフォルト値:c:\Program Files\Citrix

  • /logpath path

    ログファイルのパスを指定します。既存のフォルダーを指定する必要があります。インストーラーによって作成されません。デフォルト値:TEMP%\Citrix\XenDesktop Installer

  • /no_remote_assistance

    Directorをインストールする場合にのみ有効です。Windowsリモートアシスタンス機能を使用するシャドウ機能を無効化します。

  • /noreboot

    インストール後の再起動を無効にします。(ほとんどのコアコンポーネントでは、デフォルトで再起動が無効になっています)。

  • /noresume

    デフォルトでは、インストール中にマシンの再起動が必要になった場合、再起動が完了すると自動的にインストーラーが再開します。デフォルトを上書きするには、/noresumeを指定します。これは、メディアを再マウントする必要がある場合、または自動インストール中に情報をキャプチャする必要がある場合に役立ちます。

  • /nosql

    Controllerのインストール先サーバーにMicrosoft SQL Server Expressをインストールしない場合に指定します。このオプションを指定しない場合、SQL Server Expressがサイトデータベースとして使用するためにインストールされます。

    このオプションは、ローカルホストキャッシュに使用されるSQL Server Express LocalDBのインストールには影響しません。

  • /quiet または /passive

    ユーザーインターフェイスを表示せずにインストールを実行します。インストールプロセスは、Windowsタスクマネージャーにのみ表示されます。このオプションを指定しない場合、インストールウィザードが表示されます。

  • /remove

    /componentsオプションで指定したコアコンポーネントを削除します。

  • /removeall

    インストール済みのすべてのコアコンポーネントを削除します。

  • /sendexperiencemetrics

    Citrix Insight Servicesへのインストール、アップグレード、または削除中に収集される分析が自動的に送信されます。これが省略される場合(または/disableexperiencemetricsが指定される場合)、分析はローカルで収集されますが、自動的には送信されません。

  • /tempdir directory

    インストール時に一時ファイルを作成するディレクトリを指定します。デフォルト値:c:\Windows\Temp

  • /xenapp

    Citrix Virtual Appsをインストールします。このオプションを指定しない場合、Citrix Virtual Apps and Desktopsがインストールされます。

コアコンポーネントのインストールの例

次のコマンドを実行すると、Delivery Controller、Studio、Citrixライセンスサーバー、およびSQL Server Expressがサーバー上にインストールされます。コンポーネントの通信で使用されるファイアウォールポートは自動的に開放されます。

\x64\XenDesktop Setup\XenDesktopServerSetup.exe /components controller,desktopstudio,licenseserver /configure_firewall

次のコマンドを実行すると、Citrix Virtual Apps、Controller、Studio、およびSQL Server Expressがサーバー上にインストールされます。コンポーネントの通信で使用されるファイアウォールポートは自動的に開放されます。

\x64\XenDesktop Setup\\XenDesktopServerSetup.exe /xenapp /components controller,desktopstudio /configure_firewall

スタンドアロンVDAインストーラーの使用

ダウンロードサイトにアクセスするには、Citrixアカウントの資格情報が必要です。インストールは、管理者権限(または [管理者として実行])で実行する必要があります。

  1. Citrixから適切なパッケージをダウンロードします:
    • マルチセッションOS Virtual Delivery Agent:VDAServerSetup.exe
    • シングルセッションOS Virtual Delivery Agent:VDAWorkstationSetup.exe
    • シングルセッションOS Core Services Virtual Delivery Agent:VDAWorkstationCoreSetup.exe
  2. まず、パッケージから既存のディレクトリにファイルを抽出して、インストールコマンドを実行するか、または通常どおりにパッケージを実行します。

    インストール前にファイルを展開するには、絶対パスを指定して/extractを実行します(例:.\VDAWorkstationCoreSetup.exe /extract %temp%\CitrixVDAInstallMedia)。ディレクトリはあらかじめ存在する必要があります。存在しない場合、抽出に失敗します。次に、別のコマンドで、この記事に記載されている有効なオプションを使用して、適切なコマンドを実行します。

    • VDAServerSetup_XXXX.exeについては、<extract folder>\Extract\Image-Full\x64\XenDesktop Setup\XenDesktopVDASetup.exeを実行します。

    • VDAWorkstationCoreSetup_XXXX.exeについては、<extract folder>\Extract\Image-Full\x64\XenDesktop Setup\XenDesktopRemotePCSetup.exeを実行します。

    • VDAWorkstationSetup_XXXX.exeについては、<extract folder>\Extract\Image-Full\x64\XenDesktop Setup\XenDesktopVDASetup.exeを実行します。

    ダウンロードした対象名のパッケージを実行します:VDAServerSetup.exeVDAWorkstationSetup.exe、またはVDAWorkstationCoreSetup.exe。この記事で説明する有効なオプションを使用してください。

全製品インストーラーに慣れている場合:

  • スタンドアロンのVDAServerSetup.exeまたはVDAWorkstationSetup.exeは名前以外、XenDesktopVdaSetup.exeコマンドと同じですので、同様に実行してください。

  • VDAWorkstationCoreSetup.exeインストーラーは、他のインストーラーで利用できるオプションのサブセットをサポートしているので異なります。

VDAのインストールに使用されるコマンドラインオプション

次のオプションは、次の各コマンド(インストーラー)の1つ以上で使用できます:VDAServerSetup_xxxx.exeVDAWorkstationSetup_xxxx.exeVDAWorkstationCoreSetup_xxxx.exe

オプションについて詳しくは、「VDAのインストール」を参照してください。

  • /components component[,component]

    インストールまたは削除するコンポーネントをコンマ区切りのリストで指定します。以下の値を指定します:

    • VDA:Virtual Delivery Agent
    • PLUGINS:Windows向けCitrix Workspaceアプリ

    VDAおよびWindows向けCitrix Workspaceアプリをインストールするには、「/components vda,plugins」と指定します。

    このオプションを指定しない場合、VDAのみがインストールされます(Citrix Workspaceアプリはインストールされません)。

    このオプションは、VDAWorkstationCoreSetup_xxxx.exeインストーラーを使用している場合無効です。このインストーラーでは、Citrix Workspaceアプリをインストールできません。

  • /controllerscontroller [controller]”

    VDAが通信するControllerのFQDNを、直線の二重引用符で囲んだスペース区切りのリストで指定します。/site_guid/controllersの両方を指定しないでください。

  • /disableexperiencemetrics

    インストール、アップグレード、または削除中に収集される分析のCitrixへの自動アップロードが阻止されます。

  • /enable_hdx_ports

    Windowsファイアウォールサービスが実行されている場合に(ファイアウォールが無効になっていても)、VDAおよび有効な機能(Windowsリモートアシスタンスは除く)で必要なポートが開放されます。Windows以外のファイアウォールを使用している場合は、手作業でファイアウォールを構成する必要があります。ポートについて詳しくは、「ネットワークポート」を参照してください。

    HDXアダプティブトランスポートが使用するUDPポートを解放するには、この/enable_hdx_portsに加えて、/enable_hdx_udp_portsを指定します。

  • /enable_hdx_udp_ports

    Windowsファイアウォールサービスが検出された場合に(ファイアウォールが無効になっていても)、HDXアダプティブトランスポートに使用するポートがWindowsファイアウォールで開放されます。Windows以外のファイアウォールを使用している場合は、手作業でファイアウォールを構成する必要があります。ポートについて詳しくは、「ネットワークポート」を参照してください。

    VDAが使用する追加のポートを解放するには、この/enable_hdx_udp_portsに加えて、/enable_hdx_portsを指定します。

  • /enable_real_time_transport

    オーディオパケットでUDPを使用してパフォーマンスを向上させる機能(RealTime Audio Transport)を有効または無効にします。この機能を有効にすると、オーディオパフォーマンスを向上させることができます。Windowsファイアウォールサービスが検出されたときにUDPポートが開放されるようにするには、/enable_hdx_portsを指定してください。

  • /enable_remote_assistance

    Directorで使用するWindowsリモートアシスタンスのシャドウ機能を有効にします。このオプションを指定すると、Windowsリモートアシスタンスによってファイアウォールで動的ポートが解放されます。

  • /enablerestoreまたは/enablerestorecleanup

    (シングルセッションVDAにのみ有効)これにより、VDAのインストールまたはアップグレードが失敗した場合に、復元ポイントへの自動復帰が有効になります。

    インストールまたはアップグレードが正常に完了した場合:

    • /enablerestorecleanupは、復元ポイントを削除するようインストーラーに指示します。
    • /enablerestoreは、復元ポイントが使用されなかった場合でも、その復元ポイントを保持するようインストーラーに指示します。

    詳しくは、「インストールまたはアップグレードの失敗時の復元」を参照してください。

  • /enable_ss_ports

    Windowsファイアウォールサービスが検出された場合に(ファイアウォールが無効になっていても)、画面共有に必要なポートがWindowsウォールで開放されます。Windows以外のファイアウォールを使用している場合は、手作業でファイアウォールを構成する必要があります。

  • /excludecomponent”[,”component”]

    二重引用符で囲まれた、オプションコンポーネントをインストールしません。複数のコンポーネントを指定する場合は、カンマで区切って、それぞれ直線の二重引用符で囲みます。たとえば、MCSが管理していないイメージ上でVDAをインストールまたはアップグレードする場合、Machine Identity Serviceコンポーネントは必要ありません。有効な値は次のとおりです:

    マルチセッションOS シングルセッションOS シングルセッションOS Core Services
    Citrix Authentication Identity Assertion VDA Plug-in Citrix Authentication Identity Assertion VDA Plug-in Citrix Authentication Identity Assertion VDA Plug-in
    Citrix Backup and Restore Citrix Backup and Restore Citrix Browser Content Redirection
    Citrix Browser Content Redirection Citrix Browser Content Redirection Citrix Personalization for App-V - VDA
    Citrix MCS IODriver Citrix MCS IODriver Citrix Telemetry Service
    Citrix Personalization for App-V - VDA Citrix Personalization for App-V - VDA Citrix Universal Print Client
    Citrix Profile Management Citrix Profile Management Citrix Vda Log Capture Service
    Citrix Profile Management WMI Plug-in Citrix Profile Management WMI Plug-in CSE Component
    Citrix Rendezvous V2 Citrix Rendezvous V2 Director VDA Plug-in
    Citrix Supportability Tools Citrix Supportability Tools Machine Management Provider
    Citrix Telemetry Service Citrix Telemetry Service VDA Monitor Plug-in
    Citrix Universal Print Client Citrix Universal Print Client VDA WMI Proxy Plug-in
    Citrix Vda Log Capture Service Citrix Vda Log Capture Service  
    Citrix VDA Upgrade Agent Citrix VDA Upgrade Agent  
    Citrix WEM Agent Citrix WEM Agent  
    CSE Component CSE Component  
    Director VDA Plug-in Director VDA Plug-in  
    Machine Identity Service Machine Identity Service  
    Machine Management Provider Machine Management Provider  
    VDA Monitor Plug-in User Personalization Layer  
    VDA WMI Proxy Plug-in VDA Monitor Plug-in  
      VDA WMI Proxy Plug-in  

    インストール(/exclude "Citrix Profile Management")からCitrix Profile Managementを除くと、Citrix Directorを使ったVDAの監視やトラブルシューティングに影響があります。[ユーザーの詳細] ページの[個人設定]パネル、および [エンドポイント] ページの[ログオン処理時間]パネルに不具合が発生します。[ダッシュボード] ページと [傾向] ページでは、Profile Managementがインストールされているマシンについてのデータしか[平均ログオン処理時間]パネルに表示されません。

    サードパーティのユーザープロファイル管理ソリューションを使用している場合でも、Citrix Profile Management Serviceをインストールして実行することをCitrixではお勧めします。Citrix Profile Management Serviceの有効化は、必須ではありません。

    /excludeおよび/includeadditionalの両方に同じコンポーネント名を指定した場合、そのコンポーネントはインストールされません。

    このオプションは、VDAWorkstationCoreSetup.exeインストーラーを使用している場合無効です。そのインストーラーは、これらの項目の多くを自動的に除外します。

  • /h または /help

    コマンドのヘルプを表示します。

  • /includeadditionalcomponent”[,”component”]

    インストールするオプションコンポーネントを1つ以上、それぞれ直線の二重引用符で囲みコンマ区切りで指定します。このオプションを使用すると、リモートPCアクセス展開を作成する場合に、デフォルトでは含まれない他のコンポーネントをインストールできます。有効な値は次のとおりです:

    マルチセッションOS シングルセッションOS
    Citrix Backup and Restore Citrix Backup and Restore
    Citrix MCS IODriver Citrix MCS IODriver
    Citrix Personalization for App-V - VDA Citrix Personalization for App-V - VDA
    Citrix Profile Management Citrix Profile Management
    Citrix Profile Management WMI Plug-in Citrix Profile Management WMI Plug-in
    Citrix Rendezvous V2 Citrix Rendezvous V2
    Citrix Supportability Tools Citrix Supportability Tools
    Citrix VDA Upgrade Agent Citrix VDA Upgrade Agent
    Citrix WEM Agent Citrix WEM Agent
    Machine Identity Service Machine Identity Service
      User Personalization Layer

    /excludeおよび/includeadditionalの両方に同じコンポーネント名を指定した場合、そのコンポーネントはインストールされません。

  • /installdir directory

    コンポーネントのインストール先として既存の空ディレクトリを指定します。デフォルト値:c:\Program Files\Citrix

  • /install_mcsio_driver

    使用しないでください。代わりに、/includeadditional "Citrix MCS IODriver"または/exclude "Citrix MCS IODriver"を使用してください。

  • /logpath path

    ログファイルのパスを指定します。既存のフォルダーを指定する必要があります。インストーラーによって作成されません。Default = 「%TEMP%\Citrix\XenDesktop Installer」

    このオプションはグラフィカルインターフェイスでは使用できません。

  • /masterimage

    仮想マシン上にVDAをインストールする場合にのみ有効です。他のマシンの作成に使用するイメージとしてVDAを設定します。このオプションは/mastermcsimageと同等です。

    このオプションは、VDAWorkstationCoreSetup_xxxx.exeインストーラーを使用している場合無効です。

  • /mastermcsimage

    インストールするマシンを、Machine Creation Servicesで使用するイメージに指定します。このオプションは/masterimageと同等です。

  • /masterpvsimage

    インストールするマシンを、Citrix Provisioningまたはサードパーティのプロビジョニングツール(Microsoft System Center Configuration Managerなど)でVMのプロビジョニングに使用するイメージに指定します。

  • /no_mediafoundation_ack

    MicrosoftのMedia Foundationがインストールされていなければ、複数のHDXマルチメディア機能はインストールされず、動作しないものがあることを認識します。このオプションが省略されていて、Media Foundationがインストールされていない場合、VDAインストールは失敗します。サポートされているほとんどのWindowsのエディションには、Nエディションの例外を除けば、Media Foundationが既にインストールされています。

  • /nodesktopexperience

    拡張デスクトップエクスペリエンス機能は使用できなくなりました。このオプション(およびポリシー設定)は、指定しても無視されます。

    マルチセッションOS対応VDAをインストールする場合にのみ有効です。デスクトップエクスペリエンス拡張機能を無効にします。この機能の有効/無効は、Citrixポリシー設定の [拡張デスクトップエクスペリエンス] でも制御できます。

  • /noreboot

    インストール後の再起動を無効にします。VDAは、再起動後にのみ使用できます。

  • /noresume

    デフォルトでは、インストール中にマシンの再起動が必要になった場合、再起動が完了すると自動的にインストーラーが再開します。デフォルトを上書きするには、/noresumeを指定します。これは、メディアを再マウントする必要がある場合、または自動インストール中に情報をキャプチャする必要がある場合に役立ちます。

  • /portnumber port

    /reconfigオプションを指定する場合にのみ有効です。Virtual Delivery AgentとController間の通信で使用されるポート番号を変更します。変更前のポートは無効になります(ポート80を除く)。

  • /proxyconfigアドレスまたはPACファイルパス

    コマンドに/includeadditional “Citrix Rendezvous V2”が含まれている場合にのみ有効です。Rendezvousプロトコルで使用するためのプロキシのアドレス、またはPACファイルパス。機能について詳しくは、「Rendezvousプロトコル」を参照してください。

    • プロキシアドレスの形式:http://<url-or-ip>:<port>
    • PACファイルの形式:http://<url-or-ip>:<port>/<path>/<filename>.pac
  • /quiet または /passive

    ユーザーインターフェイスを表示せずにインストールを実行します。インストールおよび構成プロセスは、Windowsタスクマネージャーにのみ表示されます。このオプションを指定しない場合、インストールウィザードが表示されます。

  • /reconfigure

    インストール済みのVirtual Delivery Agent設定をカスタマイズします。/portnumber/controllers、または/enable_hdx_portsオプションと一緒に使用します。/quietオプションを指定しない場合は、VDAをカスタマイズするためのグラフィカルインターフェイスが開きます。

  • /remotepc

    リモートPCアクセス展開(シングルセッションOS)または仲介接続(マルチセッションOS)でのみ有効です。追加コンポーネントのインストールを除外します(/excludeおよび/includeadditionalオプションのあるコンポーネントの一覧を参照してください)。

    このオプションは、VDAWorkstationCoreSetup.exeインストーラーを使用している場合無効です。このインストーラーは、上記のコンポーネントのインストールを自動的に除外します。

    /remotepcは、この/servervdiオプションに対応していません。

  • /remove

    /componentsオプションで指定したコンポーネントを削除します。

  • /remove_appdisk_ack

    AppDisks VDAプラグインがインストールされている場合、それをアンインストールする権限をVDAインストーラーに与えます。

  • /remove_pvd_ack

    Personal vDiskがインストールされている場合、それをアンインストールする権限をVDAインストーラーに与えます。

  • /removeall

    VDAを削除します。Citrix Workspaceアプリは削除されません(インストールされている場合)。

  • /sendexperiencemetrics

    Citrix Insight Servicesへのインストール、アップグレード、または削除中に収集される分析が自動的に送信されます。これが省略される場合(または/disableexperiencemetricsが指定される場合)、分析はローカルで収集されますが、自動的には送信されません。

  • /servervdi

    サポートされるWindowsマルチセッションマシンにシングルセッションOS対応VDAをインストールします。WindowsマルチセッションマシンにマルチセッションOS対応VDAをインストールするときにこのオプションを省略します。

    このオプションを使用する前に、「サーバーVDI」を参照してください。

    このオプションは、全製品VDAインストーラーでのみ使用します。

  • /site_guid guid

    サイトのActive Directory組織単位(OU)のグローバル一意識別子(GUID)を指定します。Active Directory OUベースのController検出を使用する場合、GUIDにより仮想デスクトップとサイトが関連付けられます(デフォルトの検出方法である自動更新を使用することをお勧めします)。サイトGUIDは、Studioに表示されるサイトプロパティです。/site_guid/controllersの両方を指定しないでください。

  • /tempdir directory

    インストール時に一時ファイルを作成するディレクトリを指定しますデフォルト値:c:\Windows\Temp

    このオプションはグラフィカルインターフェイスでは使用できません。

  • /virtualmachine

    仮想マシン上にVDAをインストールする場合にのみ有効です。インストーラーによる物理マシンの検出を上書きして、BIOS情報を仮想マシンに渡して物理マシンとして振る舞うようにします。

    このオプションはグラフィカルインターフェイスでは使用できません。

  • /wem_add_firewall_rules

    WEMエージェントのファイアウォールルールを追加します。

  • /wem_agent_cache_location

    別のWEMエージェントのキャッシュの場所です。

  • /wem_agent_port

    WEMエージェントがWEMインフラストラクチャサーバーとの通信に使用するポートです。

  • /wem_cached_data_sync_port

    WEMエージェントがキャッシュをWEMインフラストラクチャサーバーと同期するために使用するポートです。

  • /wem_cloud_connectors

    WEM環境を含むリソースの場所にあるCitrix Cloud Connectorsのコンマ区切りのリストです。

  • /wem_server

    WEMインフラストラクチャサーバーのFQDNまたはIPアドレスです。

  • /xendesktopcloud

    VDAがCitrix DaaS(Citrix Cloud)展開にインストールされていることを示します。

VDAのインストールの例

フル製品インストーラーを使用してVDAをインストールします:

次のコマンドを実行すると、仮想マシン上のデフォルトの場所にシングルセッションOS対応VDAおよびCitrix Workspaceアプリがインストールされます。このVDAはイメージとなり、MCSを使用してVMをプロビジョニングします。VDAはmydomainドメインの「Contr-Main」という名前のControllerに登録されます。VDAは、ユーザー個人設定レイヤーおよびWindowsリモートアシスタンスを使用します。

\x64\XenDesktop Setup\XenDesktopVdaSetup.exe /quiet /components vda,plugins /controllers "Contr-Main.mydomain.local" /enable_hdx_ports /includeadditional "user personalization layer" /mastermcsimage /enable_remote_assistance

VDAWorkstationCoreSetupスタンドアロンインストーラーでシングルセッションOS VDAをインストールする:

次のコマンドは、リモートPCアクセスまたはVDI展開で使用するためにシングルセッションOSにCore Services VDAをインストールします。Citrix Workspaceアプリとその他の非コアサービスはインストールされません。Controllerのアドレスが指定され、Windowsファイアウォールサービスのポートが自動的に開放されます。管理者が再起動を処理します。

VDAWorkstationCoreSetup .exe /quiet /controllers "Contr-East.domain.com" /enable_hdx_ports /noreboot

VDAのカスタマイズ

VDAをインストールした後で、いくつかの設定をカスタマイズできます。製品メディアの\x64\XenDesktop Setupフォルダーから、以下のオプションを指定してXenDesktopVdaSetup.exeを実行します(各オプションについては「VDAのインストールに使用されるコマンドラインオプション」を参照してください)。

  • /reconfigure(VDAをカスタマイズする場合は必須のオプションです)
  • /h または /help
  • /quiet
  • /noreboot
  • /controllers
  • /portnumber port
  • /enable_hdx_ports

VDAのトラブルシューティング

  • デリバリーグループのStudio表示では、[詳細] ペインの [インストール済みVDAのバージョン] エントリがマシンにインストールされているバージョンではないことがあります。マシンのWindowsの[プログラムと機能]には、VDAの実際のバージョンが表示されます。

  • インストール後、VDAはDelivery Controllerに登録されるまでユーザーにアプリやデスクトップを配信することはできません。

    VDAの登録方法および登録の問題のトラブルシューティングについては、「VDA登録」を参照してください。

ユニバーサルプリントサーバーをインストールするためのコマンドラインオプション

次のオプションはXenDesktopPrintServerSetup.exeコマンドで有効です。

  • /enable_upsserver_port
ソフトウェア フォルダー ファイル名
Microsoft Visual C++ 2017 Runtime(32および64ビット) サポート > VcRedist_2017 vcredist_x64.exeおよびvcredist_x86.exe
Citrix Diagnostic Facility x64 > Virtual Desktop Components cdf_x64.msi
ユニバーサルプリントサーバーコンポーネント x64 > Universal Print Server UpsServer_x64.msi

このオプションが指定されていない場合、インストーラーはグラフィカルインターフェイスからファイアウォールページを表示します。Automaticallyを選択すると、インストーラーは自動的にWindowsファイアウォール規則を追加し、Manuallyを選択すると管理者が手動でファイアウォールを構成できるようにします。

プリントサーバーにこのソフトウェアをインストールした後で、「プリンターのプロビジョニング」の説明に従って構成します。

追加情報

Citrixがコンポーネントのインストールの結果を報告する方法については、「Citrixインストールリターンコード」を参照してください。