Citrix Directorの失敗の原因とトラブルシューティング

次の表に、さまざまな失敗のカテゴリ、理由、および問題を解決するために必要なアクションを示します。詳しくは、「列挙型、エラーコード、および説明」を参照してください。

接続失敗エラー

カテゴリ 理由 問題 操作(アクション)
- [0] Unknown。このエラーコードはマッピングされていません。 Monitoring Serviceは、Broker Serviceによって共有された情報からは、報告された起動または接続エラーの理由を判別できません。 コントローラーでCDFログを収集し、シトリックスサポートに連絡してください。
[0] なし [1] なし なし -
[2] MachineFailure [2] SessionPreparation Delivery ControllerからVDAへのセッション準備要求が失敗しました。考えられる原因:Delivery ControllerとVDA間の通信の問題、準備要求の作成中にBroker Serviceで発生した問題、またはVDAが要求を受け入れない結果となるネットワークの問題。 Delivery ControllerとVDA間の通信の問題を引き起こす一般的な問題については、Knowledge Centerの記事「Citrix Virtual Apps and DesktopsでのDelivery Controllerを使用したVDA登録のトラブルシューティング」に記載されているトラブルシューティング手順を参照してください。
[2] MachineFailure [3] RegistrationTimeout VDAの電源は入っていますが、Delivery Controllerを使用した登録を試行中にタイムアウトしました。 Citrix Broker ServiceがDelivery Controller上で実行されており、Desktop ServiceがVDA上で実行されていることを確認します。停止している場合は、起動してください。
[1] ClientConnectionFailure [4] ConnectionTimeout VDAがセッションの起動のために準備された後、クライアントがそのVDAに接続しませんでした。セッションは正常に仲介されましたが、クライアントがVDAに接続するのを待っている間にタイムアウトが発生しました。考えられる原因:ファイアウォール設定、ネットワークの中断、またはリモート接続を妨げる設定。 Directorコンソールをチェックして、クライアントに現在アクティブな接続があるかどうかを確認します。これは、ユーザーに影響がないことを確認するためです。セッションが存在しない場合は、クライアントとVDAのイベントログでエラーを確認します。クライアントとVDA間のネットワーク接続の問題を解決します。
[4] NoLicensesAvailable [5] ライセンス ライセンス要求に失敗しました。考えられる原因:ライセンスの数が不足しているか、ライセンスサーバーが30日以上ダウンしています。 ライセンスサーバーがオンラインかつ到達可能な状態であることを確認します。ライセンスサーバーへのネットワーク接続の問題を解決するか、ライセンスサーバーが誤動作していると思われる場合はライセンスサーバーを再起動します。環境に必要な数のライセンスがあることを確認し、必要があれば追加でライセンスを割り当てます。
[1] ClientConnectionFailure [6] Ticketing チケット作成中にエラーが発生しました。VDAへのクライアント接続が、仲介された要求と一致しません。起動要求チケットはBrokerによって準備され、ICAファイルで配信されます。ユーザーがセッションを起動しようとすると、VDAがBrokerを使用してICAファイル内の起動チケットを検証します。考えられる原因:ICAファイルが破損しているか、ユーザーが不正な接続を試みています。 デリバリーグループで定義されたユーザーグループに基づいて、ユーザーがアプリケーションまたはデスクトップにアクセスできることを確認します。これが1回限りの問題であるかどうかを判断するために、アプリケーションまたはデスクトップを再起動するようにユーザーに指示します。問題が再度発生する場合は、クライアントデバイスのイベントログでエラーを確認します。ユーザーが接続しようとしているVDAが登録済みであることを確認します。登録されていない場合は、VDAのイベントログを確認し、登録の問題を解決します。
[1] ClientConnectionFailure [7] そのほか クライアントが最初にVDAに接続を試行してから接続シーケンスが完了する前に、VDAでセッションが終了したことが報告されました。 起動前にユーザーがセッションを終了していないことを確認します。セッションを再起動してください。問題が解決しない場合は、CDFログを収集してシトリックスサポートに連絡してください。
[1] ClientConnectionFailure [8] GeneralFail セッションを起動できませんでした。考えられる原因:ブローカーの起動中または初期化中に、仲介される起動が要求されたか、起動の仲介フェーズ中に内部エラーが発生しました。 Citrix Broker Serviceが実行されていることを確認して、セッションの起動を再試行します。
[5] 構成 [9] MaintenanceMode VDA、またはVDAが属するデリバリーグループが、メンテナンスモードに設定されています。 メンテナンスモードが必要かどうかを判断します。必要がなければ、対象のデリバリーグループまたはマシンでメンテナンスモードを無効にして、再接続するようユーザーに指示します。
[5] 構成 [10] ApplicationDisabled アプリケーションが管理者によって無効にされているため、エンドユーザーがアプリケーションにアクセスできません。 アプリケーションが実稼働環境で使用されるためのものである場合は、アプリケーションを有効にして再接続するようユーザーに指示します。
[4] NoLicensesAvailable [11] LicenseFeature Refused 使用中の機能が既存のライセンスでカバーされていません。 シトリックスの営業担当者に連絡して、Citrix Virtual Apps and Desktopsの既存のライセンスエディションおよびライセンス種類でカバーされている機能を確認してください。
[3] NoCapacityAvailable [13] SessionLimitReached すべてのVDAが使用中であるため、追加のセッションをホストする容量はありません。考えられる原因:すべてのVDAが使用中である(単一セッションOS VDAの場合)、またはすべてのVDAが設定した最大同時セッション数に達しています(マルチセッションOS VDAの場合)。 メンテナンスモードのVDAがあるかどうかを確認します。さらに容量を解放する必要がない場合は、メンテナンスモードを無効にします。Citrixポリシー設定で [セッションの上限数] の値を増やすと、サーバーのVDAごとにさらにセッションを追加できます。マルチセッションOS VDAを追加できます。単一セッションOS VDAを追加できます。
[5] 構成 [14] DisallowedProtocol ICAおよびRDPプロトコルは許可されていません。 Delivery ControllerでPowerShellコマンドの「Get-BrokerAccessPolicyRule」を実行し、[AllowedProtocols]の値にすべての必要なプロトコルがあることを確認します。この問題は、構成に誤りがある場合にのみ発生します。
[5] 構成 [15] ResourceUnavailable ユーザーが接続しようとしているアプリケーションまたはデスクトップが利用できません。このアプリケーションまたはデスクトップが存在しないか、実行できるVDAがない可能性があります。考えられる原因:アプリケーションまたはデスクトップが公開されていないか、アプリケーションまたはデスクトップをホストしているVDAが負荷上限に達しているか、アプリケーションまたはデスクトップがメンテナンスモードに設定されています。 アプリケーションまたはデスクトップが公開されていることと、VDAがメンテナンスモードになっていないことを確認します。マルチセッションOS VDAが負荷限界に達しているかどうかを確認します。達している場合は、追加でマルチセッションOS VDAをプロビジョニングします。接続に使用できる単一セッションOS VDAがあることを確認します。必要に応じて、追加で単一セッションOS VDAをプロビジョニングします。
[5] 構成 [16] ActiveSessionReconnectDisabled ICAセッションがアクティブであり、別のエンドポイントに接続されています。ただし、[アクティブセッションの再接続]が無効になっているため、クライアントがアクティブセッションに接続できません。 Delivery Controllerで、[アクティブセッションの再接続]が有効になっていることを確認します。HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\Desktop\Serverで、レジストリのDisableActiveSessionReconnectの値が0に設定されていることを確認します。
[2] MachineFailure [17] NoSessionToReconnect クライアントが特定のセッションに再接続しようとしましたが、セッションが終了しています。 ワークスペースコントロールの再接続を再試行します。
[2] MachineFailure [18] SpinUpFailed セッション起動のためにVDAの電源をオンにしようとしてもオンにならない。これはハイパーバイザーで報告された問題です。 まだマシンの電源がオフになっている場合は、Citrix Studioからマシンを起動してみます。起動に失敗した場合は、ハイパーバイザーの接続とアクセス権限を確認してください。VDAがPVSでプロビジョニングされたマシンである場合は、PVSコンソールでマシンが実行されていることを確認します。そうでない場合は、マシンにPersonal vDiskが割り当てられていることを確認し、ハイパーバイザーにログインしてVMをリセットします。
[2] MachineFailure [19] Refused Delivery Controllerがエンドユーザーからの接続を準備するための要求をVDAに送信しますが、VDAはアクティブにこの要求を拒否します。 pingを使用して、Delivery ControllerとVDAが正常に通信できることを確認します。正常に通信できていない場合は、ファイアウォールまたはネットワークルーティングの問題を解決します。
[2] MachineFailure [20] ConfigurationSet Failure Delivery Controllerが、セッション起動中のVDAにポリシー設定やセッション情報などの必要な構成データを送信しませんでした。考えられる原因:Delivery ControllerとVDA間の通信の問題とVDA間の通信の問題、構成セット要求の作成中にBroker Serviceで発生した問題、またはVDAが要求を受け入れない結果となるネットワークの問題。 -
[3] NoCapacityAvailable [21] MaxTotalInstancesExceeded アプリケーションのインスタンス数上限に達しました。アプリケーションの追加のインスタンスをVDAで開くことができません。この問題は、アプリケーションの上限機能に関連しています。 ライセンスで可能な限り、アプリケーション設定の [同時に実行されるインスタンスの上限数] をより高い値に設定できます。
[3] NoCapacityAvailable [22] MaxPerUserInstancesExceeded ユーザーがアプリケーションで複数のインスタンスを開こうとしていますが、アプリケーションがユーザーごとに1つのインスタンスのみを許可するよう構成されています。この問題は、アプリケーションの上限機能に関連しています。 デフォルトでは、アプリケーションのインスタンスはユーザーごとに1つだけ許可されます。ユーザーごとに複数のインスタンスが必要な場合は、アプリケーション設定の [ユーザーごとに1つのインスタンスに制限します] をオフにします。
[1] ClientConnectionFailure [23] Communication error Delivery Controllerが、接続を準備する要求などの情報をVDAに送信しようとしていますが、通信の試行中にエラーが発生しました。これは、ネットワークの中断によって発生した可能性があります。 すでに開始されている場合は、VDAでデスクトップサービスを再起動して登録プロセスを再開し、VDAが正常に登録されることを確認します。アプリケーションイベントログの詳細を確認し、VDA用に構成されたDelivery Controllerが正確であることを確認します。
[3] NoCapacityAvailable [100] NoMachineAvailable。Monitoring Serviceが[12] NoDesktopAvailableをこのエラーコードに変換します。 セッションの起動に割り当てられたVDAが、無効または使用できない状態になっています。考えられる原因:VDAの電源状態が不明または使用できない、最後のユーザーのセッション以降VDAが再起動しなかった、現在のセッションで有効にする必要があるセッション共有が無効になっている、またはVDAが配信グループまたはサイトから削除された。 VDAがデリバリーグループにあることを確認します。ない場合は、適切なデリバリーグループに追加します。十分な数のVDAがデリバリーグループに存在し、ユーザーの要求により公開済みの共有デスクトップまたはアプリケーションを起動する準備ができた状態であることを確認します。VDAをホストしているハイパーバイザーがメンテナンスモードになっていないことを確認します。
[2] MachineFailure [101] MachineNotFunctional。Monitoring Serviceが[12] NoDesktopAvailableをこのエラーコードに変換します。 VDAが動作していません。考えられる原因:VDAがデリバリーグループから削除された、VDAが登録されていない、VDAの電源の状態が使用不可になっている、またはVDAで内部の問題が発生しています。 VDAがデリバリーグループにあることを確認します。ない場合は、適切なデリバリーグループに追加します。Citrix StudioでVDAが電源オンとして表示されていることを確認します。複数のマシンの電源の状態が不明な場合は、ハイパーバイザーへの接続の問題またはホストの障害を解決します。VDAをホストしているハイパーバイザーがメンテナンスモードになっていないことを確認します。これらの問題が解決されたら、VDAを再起動します。

マシンエラーの種類

エラーコード エラーコードID 問題 操作(アクション)
不明 - - -
Unregistered 3 - -
MaxCapacity 4 ハイパーバイザーの読み込みインデックスは最大容量に達しています。 すべてのハイパーバイザーの電源がオンになっていることを確認します。ハイパーバイザーに容量を追加します。ハイパーバイザ―を追加します。
StuckOnBoot 2 VMの起動シーケンスが完了しませんでした。ハイパーバイザーと通信していません。 VMがハイパーバイザーで正常に起動したことを確認します。オペレーティングシステムの問題など、VM上の他のメッセージを確認します。ハイパーバイザーツールがVMにインストールされていることを確認します。VDAがVMにインストールされていることを確認します。
FailedToStart 1 ハイパーバイザーでVMの起動中に問題が発生しました。 ハイパーバイザーのログを確認します。
なし 0 - -

マシンの登録解除の理由(エラーの種類がUnregisteredまたはUnknownの場合に適用されます)

エラーコード エラーコードID 問題 操作(アクション)
AgentShutdown 0 VDAが正常にシャットダウンされました。 既存の電源管理ポリシーに基づいて、VDAのオフ状態を予期していない場合はVDAの電源をオンにします。イベントログでエラーを確認します。
AgentSuspended 1 VDAが休止状態またはスリープモードです。 VDAの休止状態モードを解除します。Citrix Virtual Apps and Desktops VDAの電源設定で、休止状態を無効にすることができます。
IncompatibleVersion 100 Citrixのプロトコルバージョンが一致しないため、VDAがDelivery Controllerと通信できません。 VDAとDelivery Controllerのバージョンを揃えます。
AgentAddressResolutionFailed 101 Delivery Controllerが、VDAのIPアドレスを解決できませんでした。 Active Directory(AD)にVDAマシンアカウントが存在することを確認します。存在しない場合は、作成します。DNSのVDAの名前とIPアドレスが正確であることを確認します。正確でない場合は、修正します。広範囲に及ぶ場合は、Delivery ControllerのDNS設定を検証します。nslookupコマンドを実行して、Delivery ControllerからDNS解決を確認します。
[Cloud]:AgentAddressResolutionFailed 101 Delivery Controllerが、VDAのIPアドレスを解決できませんでした。 Active Directory(AD)にVDAマシンアカウントが存在することを確認します。存在しない場合は、作成します。DNSのVDAの名前とIPアドレスが正確であることを確認します。正確でない場合は、修正します。
AgentNotContactable 102 Delivery ControllerとVDAの間で通信の問題が発生しました。 pingを使用して、Delivery ControllerとVDAが正常に通信できていることを確認します。通信できていない場合は、ファイアウォールまたはネットワークの問題を解決します。Delivery ControllerとVDA間の通信の問題を引き起こす一般的な問題については、Knowledge Centerの記事「Citrix Virtual Apps and DesktopsでのDelivery Controllerを使用したVDA登録のトラブルシューティング(CTX136668)」に記載されているトラブルシューティング手順を参照してください。
[Cloud]: AgentNotContactable 102 Delivery ControllerとVDAの間で通信の問題が発生しました。 Delivery ControllerとVDA間の通信の問題を引き起こす一般的な問題については、Knowledge Centerの記事「Citrix Virtual Apps and DesktopsでのDelivery Controllerを使用したVDA登録のトラブルシューティング(CTX136668)」に記載されているトラブルシューティング手順を参照してください。シトリックスサポートに連絡してください。
AgentWrongActiveDirectoryOU 103 Active Directory検出の構成ミスが発生しました。VDAレジストリで構成済みのサイト固有のOU(サイトコントローラー情報がADに格納されている場所)は、別のサイト用です。 Active Directoryの構成が正しいことを確認します。またはレジストリ設定を確認します。
EmptyRegistrationRequest 104 VDAからDelivery Controllerに送信された登録要求が空でした。これは、VDAソフトウェアのインストールが破損していることが原因である可能性があります。 VDAでデスクトップサービスを再起動して、登録プロセスを再起動し、アプリケーションのイベントログでVDAが正しく登録されていることを確認します。
MissingRegistrationCapabilities 105 このバージョンのVDAはDelivery Controllerと互換性がありません。 VDAをアップグレードするか、VDAを削除してから再インストールします。
MissingAgentVersion 106 このバージョンのVDAはDelivery Controllerと互換性がありません。 この問題がすべてのマシンに影響を与えている場合は、VDAソフトウェアを再インストールします。
InconsistentRegistrationCapabilities 107 VDAが、その機能をブローカーに伝達できません。これは、VDAのバージョンとDelivery Controllerのバージョンに互換性がないことが原因である可能性があります。登録機能が、バージョンごとに異なり、登録要求と一致しない形式になっています。 VDAとDelivery Controllerのバージョンを揃えます。
NotLicensedForFeature 108 使用を試みている機能のライセンスがありません。 Citrixライセンスのエディションを確認します。または、VDAを削除してから再インストールします。
[Cloud]: NotLicensedForFeature 108 使用を試みている機能のライセンスがありません。 シトリックスサポートに連絡してください。
UnsupportedCredentialSecurity version 109 VDAとDelivery Controllerが、同じ暗号化メカニズムを使用していません。 VDAとDelivery Controllerのバージョンを揃えます。
InvalidRegistrationRequest 110 VDAがブローカーに登録要求を行いましたが、登録要求の内容が破損しているか無効です。 Delivery ControllerとVDA間の通信の問題を引き起こす一般的な問題については、Knowledge Centerの記事「Citrix Virtual Apps and DesktopsでのDelivery Controllerを使用したVDA登録のトラブルシューティング(CTX136668)」に記載されているトラブルシューティング手順を参照してください。
SingleMultiSessionMismatch 111 VDAのオペレーティングシステムの種類が、マシンカタログまたはデリバリーグループと互換性がありません。 正しいマシンカタログの種類に、または同じオペレーティングシステムのマシンを含むデリバリーグループに、VDAを追加します。
FunctionalLevelTooLowForCatalog 112 マシンカタログが、インストールされているVDAのバージョンよりも高いVDAの機能レベルに設定されています。 VDAのマシンカタログの機能レベルが、VDAの機能レベルと一致していることを確認します。マシンカタログをアップグレードまたはダウングレードして、VDAの機能レベルと一致させます。
FunctionalLevelTooLowForDesktopGroup 113 デリバリーグループが、インストールされているVDAのバージョンよりも高いVDAの機能レベルに設定されています。 VDAのデリバリーグループの機能レベルが、VDAの機能レベルと一致していることを確認します。マシンカタログをアップグレードまたはダウングレードして、VDAの機能レベルと一致させます。
PowerOff 200 VDAが正常にシャットダウンされませんでした。 VDAの電源がオンになっているはずである場合は、Citrix StudioからVDAを起動して、起動と登録が正しく実行されることを確認してください。起動または登録の問題をトラブルシューティングします。シャットダウンの根本的な原因を特定するために、VDAのイベントログをバックアップしてから確認します。
AgentRejectedSettingsUpdate 203 Citrixポリシーなどの設定が変更または更新されましたが、VDAへの更新の送信中にエラーが発生しました。これは、更新がインストールされているVDAのバージョンと互換性がない場合に発生することがあります。 必要な場合は、VDAをアップグレードします。適用された更新が、現在のVDAのバージョンでサポートされているかどうかを確認します。
SessionPrepareFailure 206 ブローカーが、VDAで実行されているセッションの監査を完了しませんでした。 広範囲にわたる問題の場合は、Delivery ControllerのCitrix Broker Serviceを再起動します。
[Cloud]: SessionPrepareFailure 206 ブローカーが、VDAで実行されているセッションの監査を完了しませんでした。 シトリックスサポートに連絡してください。
ContactLost 207 Delivery ControllerとVDAとの接続が切断されました。これは、ネットワークの切断が原因である可能性があります。 Citrix Broker ServiceがDelivery Controller上で実行されており、Desktop ServiceがVDA上で実行されていることを確認します。停止している場合は、起動してください。すでに開始されている場合は、VDAでデスクトップサービスを再起動して登録プロセスを再開し、VDAが正常に登録されることを確認します。アプリケーションイベントログの詳細を確認し、VDA用に構成されたDelivery Controllerが正確であることを確認します。pingを使用して、Delivery ControllerとVDAが正常に通信できていることを確認します。通信できていない場合は、ファイアウォールまたはネットワークの問題を解決します。
[Cloud]: ContactLost 207 Delivery ControllerとVDAとの接続が切断されました。これは、ネットワークの切断が原因である可能性があります。 デスクトップサービスがVDAで実行されていることを確認します。停止していた場合は、開始します。
BrokerRegistrationLimitReached 301 Delivery Controllerが、構成済みの同時に登録できるVDA数の上限に達しました。デフォルトでは、Delivery Controllerは同時に10,000個のVDAの登録を許可します。 Delivery Controllerをサイトに追加するか、新しいサイトを作成することができます。HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\DesktopServer\MaxWorkersレジストリキーを使用して、Delivery Controllerに同時に登録できるVDAの数を増やすことができます。詳しくは、Knowledge Centerの記事「Citrix Virtual Apps and Desktopsによって使用されたレジストリキーエントリ(CTX117446)」を参照してください。この数を増やすと、Delivery Controller用により多くのCPUとメモリーリソースが必要になる場合があります。
SettingsCreationFailure 208 ブローカーが、VDAに送信するための一連の設定と構成を構築しませんでした。ブローカーがデータを収集できない場合、登録は失敗し、VDAは未登録になります。 Delivery Controllerのイベントログでエラーを確認してください。ログで特定の問題が明らかにならない場合は、Broker Serviceを再起動します。Broker Serviceを再起動したら、影響を受けるVDAでDesktop Serviceを再起動し、VDAが正常に登録されたことを確認します。
[Cloud]: SettingsCreationFailure 208 ブローカーが、VDAに送信するための一連の設定と構成を構築しませんでした。ブローカーがデータを収集できない場合、登録は失敗し、VDAは未登録になります。 影響を受けるVDAでDesktop Serviceを再起動し、VDAが正常に登録されたことを確認します。シトリックスサポートに連絡してください。
SendSettingsFailure 204 ブローカーが、設定と構成のデータをVDAに送信しませんでした。ブローカーでデータを収集できるが送信はできないという場合、登録が失敗します。 単一のVDAに限定される場合、VDAのDesktop Serviceを再起動して再登録を強制し、アプリケーションイベントログでVDAが正常に登録されたことを確認します。表示されたエラーのトラブルシューティングを行います。Delivery ControllerとVDA間の通信の問題を引き起こす一般的な問題については、Knowledge Centerの記事「Citrix Virtual Apps and DesktopsでのDelivery Controllerを使用したVDA登録のトラブルシューティング(CTX136668)」に記載されているトラブルシューティング手順を参照してください。
AgentRequested 2 不明なエラーが発生しました。 シトリックスサポートに連絡してください。
DesktopRestart 201 不明なエラーが発生しました。 シトリックスサポートに連絡してください。
DesktopRemoved 202 不明なエラーが発生しました。 シトリックスサポートに連絡してください。
SessionAuditFailure 205 不明なエラーが発生しました。 シトリックスサポートに連絡してください。
UnknownError 300 不明なエラーが発生しました。 シトリックスサポートに連絡してください。
RegistrationStateMismatch 302 不明なエラーが発生しました。 シトリックスサポートに連絡してください。
不明 - 不明なエラーが発生しました。 シトリックスサポートに連絡してください。
Citrix Directorの失敗の原因とトラブルシューティング