サイト全体の履歴傾向の監視

[傾向]ビューでは、各サイトのセッション、接続エラー、マシン障害、ログオンパフォーマンス、負荷評価、能力管理、マシン使用量、ソース使用、ネットワーク分析についての履歴傾向情報が表示されます。この情報を表示するには、[傾向] メニューをクリックします。

ズームインドリルダウン機能により、(グラフ内のデータポイントをクリックして)ある期間について着目し、その傾向に関連する詳細情報を表示させて、傾向チャートを参照できます。これにより、表示中の傾向により誰が、または何が影響を受けているかについてより詳細に把握できます。

各グラフのデフォルトの表示範囲を変更するには、[期間]フィルターを変更して適用します。

履歴傾向情報を必要とする期間を選択します。その期間を参照できるかは、Director環境により異なります。次を参照してください:

  • Platinum Editionユーザーは、昨年(365日)までの傾向レポートを利用できます。
  • Enterprise Editionユーザーは、先月(31日)までの傾向レポートを利用できます。
  • Platinum Edition以外やEnterprise Edition以外のユーザーは、過去7日間の傾向レポート。

注:

  • すべてのDirector展開環境で、セッション、障害、ログオンパフォーマンスの傾向情報をグラフやテーブルとして表示できるのは、期間を [先月(現時点まで)] 以下に設定した場合です。期間に、終了日が設定可能な[先月]、または[昨年]を選択すると、傾向情報はグラフとして表示できますが、テーブルとしては表示できません。
  • Monitor Serviceの保持値をグルーミングすることで、傾向データの可用性を制御できます。デフォルト値は、「Data granularity and retention」に記載されています。Platinum Editionでは、クリーンアップが開始されるまでの日数をカスタマイズできます。
  • IISマネージャーの次のパラメータは、カスタマイズでき、選択可能なカスタム終了日の範囲を制御します。ただし、選択した日付のデータ可用性は、測定されている特定のメトリックのグルーミング保持設定によって異なります。
パラメーター デフォルト値
UI.TrendsLast2HoursRange 3
UI.TrendsLast24HoursRange 32
UI.TrendsLast7DaysRange 32
UI.TrendsLastMonthRange 365

利用できる傾向

セッションの傾向の表示: [セッション]タブから、同時接続セッション数に関するより詳細な情報を表示するデリバリーグループと期間を選択します。

接続エラーの傾向の表示: [エラー]タブで、接続エラー情報を表示する接続、マシンの種類、エラーの種類、デリバリーグループ、および期間を選択します。

マシン障害の傾向の表示: [失敗したデスクトップOSマシン]タブまたは[失敗したサーバーOSマシン]タブで、障害情報を表示するエラーの種類、デリバリーグループ、および期間を選択します。

ログオンパフォーマンスの傾向の表示:[ログオンパフォーマンス]タブで、デリバリーグループと期間を選択して、サイトのログオン処理時間に関するグラフを表示し、ログオンパフォーマンスに対するログオン数の影響を確認します。このビューには、仲介処理時間や仮想マシンの起動時間などのログオンフェーズにおける平均時間も表示されます。 このデータはユーザーのログオンに関するものであり、切断セッションへの再接続は含まれません。 グラフの下のテーブルに、ユーザーセッションごとのログオン時間が表示されます。表示する列を選択し、いずれかの列を基準にレポートを並べ替えることができます。 詳しくは、「ユーザーログオンの問題の診断」を参照してください。

負荷評価の傾向の表示: [負荷評価基準インデックス]タブで、サーバーOSマシン間で分散された負荷に関する情報を表示します。このグラフでは、対象のデリバリーグループ、サーバーOSマシン、および期間を指定できます。

ホストされたアプリケーションの使用量の表示: この機能は、組織のライセンスによっては使用できない場合があります。 [ホストされたアプリケーションの使用量]タブでデリバリーグループと期間を選択すると、最大同時使用量を示すグラフと、アプリケーションごとの使用量を示す表が表示されます。[アプリケーションごとの使用量]の表では、特定のアプリケーションについての詳細や、そのアプリケーションを使用しているユーザー、および使用していたユーザーの情報を表示できます。

デスクトップOSおよびサーバーOSの使用状況の表示: [傾向]ビューでは、サイト別およびデリバリーグループ別のデスクトップOSの使用状況が表示されます。サイトを選択すると、デリバリーグループごとの使用状況が表示されます。デリバリーグループを選択すると、ユーザーごとの使用状況が表示されます。 [傾向]ビューでは、サイト別、デリバリーグループ別、およびマシン別のサーバーOSの使用状況も表示されます。サイトを選択すると、デリバリーグループごとの使用状況が表示されます。デリバリーグループを選択すると、マシンごとおよびユーザーごとの使用状況が表示されます。マシンを選択すると、ユーザーごとの使用状況が表示されます。

仮想マシン使用量の確認:[マシン使用量]タブで[デスクトップOSマシン]または[サーバーOSマシン]を選択して、仮想マシンの使用状況をリアルタイムで表示させ、サイトのキャパシティニーズに素早く対処することができます。 デスクトップOSの可用性 - デスクトップOSマシン(VDI)の現在の状態をサイト全体または特定のデリバリーグループについて可用性に基づいて表示します。 サーバーOSの可用性 - サーバーOSマシンの現在の状態をサイト全体または特定のデリバリーグループについて可用性に基づいて表示します。

リソース使用の表示:[リソース使用]タブで[デスクトップOSマシン]または[サーバーOSマシン]を選択して、各VDIマシンのCPUとメモリ使用量、およびIOPSとディスク遅延に関する履歴傾向を取得し、容量の計画に役立てることができます。 この機能の使用には、Delivery ControllerおよびVDAの バージョン7.11 以降が必要です。 平均CPU、平均メモリ、平均IOPS、ディスク遅延、および最大同時セッション数を表示するグラフです。マシンにドリルダウンして、CPUを消費している上位10のプロセスに関するデータとチャートを表示できます。デリバリーグループ別および期間別でフィルターできます。過去2時間、24時間、7日間、月、年のCPU、メモリ使用量、最大同時セッション数のグラフを入手できます。平均IOPSとディスク遅延は、過去24時間、月、年のグラフが入手可能です。

注:

  • 監視ポリシーの [プロセスの監視を有効にします] 設定を[許可]に設定しないと、データを収集して[マシン使用率の履歴]ページの[上位10位のプロセス]テーブルに表示できません。このポリシーはデフォルトでは禁止されています。デフォルトではすべてのリソース使用データが収集されます。これは、 ポリシーの [リソースの監視を有効にします] 設定で無効にできます。グラフの下のテーブルは、マシンごとのリソース使用状況データを示しています。

  • 平均IOPSは、1日の平均値を示します。最大IOPSは、選択した期間のIOPSの平均において最も高いIOPSが算出されます。(IOPSの平均は、選択した期間にVDAで収集されたIOPSの1時間当たりの平均です)。

ネットワーク分析データの表示: この機能は、組織のライセンスおよび管理者権限によっては使用できない場合があります。この機能には、Delivery Controller バージョン7.11 以降が必要です。

[ネットワーク]タブで、ネットワークのユーザー、アプリケーション、およびデスクトップコンテキストビューを表示してネットワーク分析を行います。この機能により、DirectorがNetScaler MASでHDX Insightレポートを使用してICAトラフィックを詳細に分析できます。詳しくは、「ネットワーク分析機能の構成」を参照してください。

アプリケーション障害の表示: [アプリケーション障害]タブで、 VDA上の公開アプリケーションに関連した障害が表示されます。

この機能の使用には、Delivery ControllerおよびVDAの バージョン7.15 以降が必要です。Windows Vista以降が動作するデスクトップOSのVDA、およびWindows Server 2008以降が動作するサーバーOSのVDAがサポートされます。 詳しくは、「アプリケーション障害履歴の監視」を参照してください。

デフォルトでは、サーバーOSのVDAからのアプリケーション障害のみが表示されます。監視ポリシーを使って、アプリケーション障害の監視の設定ができます。詳しくは、「監視のポリシー設定」を参照してください。

アプリケーションプローブの結果を表示する: [アプリケーション プローブの結果]タブには、[構成]ページでプロービングが設定されているアプリケーションのプローブの結果が表示されます。そこには、アプリケーションの起動に失敗した起動の段階が記録されています。

この機能の使用には、Delivery ControllerおよびVDAの バージョン7.18 以降が必要です。詳しくは、「アプリケーションプロービング」を参照してください。

カスタム レポートの作成: [カスタムレポート]タブには、監視データベースのリアルタイムデータおよび履歴データを含むカスタムレポートを表形式で生成するためのユーザーインターフェイスがあります。

この機能には、Delivery Controller バージョン7.12 以降が必要です。

以前に保存されたカスタムレポートクエリの一覧で、[実行] をクリックするとそのレポートをCSV形式でエクスポートでき、[OData のコピー] をクリックすると該当するODataクエリをコピーして共有でき、[編集] をクリックするとクエリを編集できます。 マシン、接続、セッション、またはアプリケーションインスタンスに基づいて、新しいカスタムレポートクエリを作成できます。フィールド(たとえばマシン、デリバリーグループ、または期間)に基づいてフィルター条件を指定します。カスタムレポートに必要な追加の列を指定します。プレビューには、レポートデータのサンプルが表示されます。カスタムレポートクエリを保存すると、保存済みクエリのリストに追加されます。

コピーしたODataクエリに基づいて、新しいカスタムレポートクエリを作成できます。それには、OData Queryオプションを選択し、コピーしたODataクエリを貼り付けます。結果として得られたクエリを、後で実行するために保存できます。

注: ODataクエリを使用して生成したレポートのプレビューとエクスポートでは、列名はローカライズされず、英語で表示されます。

また、重要なイベントやアクションの発生は、フラグアイコンで示されます。フラグをクリックすると、発生したイベントまたはアクションが表示されます。

注:

  • バージョン7より前のVDAに対しては、HDX接続のログオンデータは収集されません。以前のバージョンのVDAについては、チャートデータが0として表示されます。
  • Citrix Studioで削除されたデリバリーグループは、関連データがクリーンアップされるまでDirectorの[傾向]フィルターで選択できます。削除されたデリバリーグループを選択すると、保存まで使用可能なデータのグラフが表示されます。ただし、テーブルにはデータは表示されません。
  • デリバリーグループ間でアクティブなセッションがあるマシンを移動すると、移動後のデリバリーグループの [リソース使用率]および[負荷評価基準インデックス] テーブルで両方のデリバリーグループの統合された測定値が表示されます。

サイト全体の履歴傾向の監視

In this article