アプリケーションプロービング

アプリケーションプロービングでは、サイトに公開されているCitrix Virtual Apps and Desktopsアプリケーションの状態チェックプロセスが自動化されます。アプリケーションプロービングの結果はDirectorで使用できます。

以下の前提条件を確認してください。

  • Delivery Controllerはバージョン7.18以降で動作します。
  • プローブエージェントが実行されるエンドポイントマシンは、Citrix Receiver for Windowsバージョン4.8以降またはWindows向けCitrix Workspaceアプリ(旧称Citrix Receiver for Windows)バージョン1808以降がインストールされたマシンのみです。Universal Windowsプラットフォーム(UWP)向けのWorkspaceアプリはサポートされていません。
  • Directorはデフォルトのフォームベース認証をサポートしています。
  • StoreFrontはHTTP基本認証を有効にしています。

Application Probingを実行するために必要なユーザーアカウント/権限:

  • 各エンドポイントマシンで調査するための固有のStoreFrontユーザー。StoreFrontユーザーは管理者である必要はありません。プローブは非管理コンテキストで実行できます。
  • エンドポイントマシンにCitrix Probe Agentをインストールおよび設定するためのWindows管理者権限を持つユーザーアカウント
  • 次の権限を持つ完全な管理者ユーザーアカウントまたはカスタムロール。アプリケーションプロービングに既存のユーザーアカウントを再利用すると、ユーザーのアクティブなセッションがログオフされる可能性があります。
    • デリバリーグループの権限:
      • Read-only
    • Directorの権限:
      • アラートメールサーバー構成の作成\編集\削除 - メールサーバーがまだ構成されていない場合
      • プローブ構成の作成\編集\削除
      • 構成ページの表示
      • 傾向ページの表示

アプリケーションプロービングの構成

アプリケーションプローブは、複数の地域にわたってオフピーク時に実行するようにスケジュールできます。包括的なプローブの結果は、アプリケーション、ホストマシン、または接続に関連する問題を、ユーザーが経験する前にトラブルシューティングするのに役立ちます。

手順1:Citrix Probe Agentをインストールして構成する

Citrix Probe Agentは、StoreFrontを介したユーザーの実際のアプリケーション起動をシミュレートするWindows実行可能ファイルです。Directorで構成したアプリケーション起動をテストし、結果をDirectorに報告します。

  1. アプリケーションプロービングを実行するエンドポイントマシンを特定します。

  2. 管理者権限を持つユーザーは、Citrix Probe Agentをエンドポイントマシンにインストールして設定することができます。次の場所にあるCitrix Probe Agent実行可能ファイルをダウンロードします: https://www.citrix.com/downloads/citrix-virtual-apps-and-desktops/components/app-probe-agent.html

  3. エージェントを起動し、StoreFront Receiver for Webの認証情報を構成します。各エンドポイントマシンで固有のStoreFrontユーザーを構成します。資格情報は暗号化され、安全に保管されます。[プローブ結果の表示構成] タブで、Directorの資格情報を入力します。

プローブエージェント

手順2:Directorでアプリケーションプロービングを設定する

  1. [構成]>[アプリケーションプローブの構成] を選択します。

  2. プローブを作成し、以下を選択します。

    • プローブされるアプリケーション、
    • プローブを実行する必要があるエンドポイントマシン、
    • プローブのエラー結果が送信されるメールアドレス([アラート]->[メールサーバーの構成] でメールサーバーを構成する)、
    • プローブを実行する必要がある時刻(エンドポイントマシンのローカルタイムゾーンに従う)。

    Directorでの構成後、エージェントがプロービングを開始する準備を整えるまでに10分かかります。その後、次の1時間に開始する構成済みのプローブを実行します。

    Directorの構成

手順3:プローブの実行

エージェントは、Directorから定期的にフェッチするプローブ構成に従ってアプリケーションプロービングを実行します。StoreFrontを使用して、選択したアプリケーションを連続して起動します。エージェントは、監視データベースを介してDirectorに結果を報告します。エラーは、以下の5つの特定の段階で報告されます:

  • StoreFrontの到達可能性 - 構成済みのStoreFront URLに到達できません。
  • StoreFrontの認証 - 構成されたStoreFront資格情報が無効です。
  • StoreFrontの列挙 - StoreFrontで列挙されるアプリケーションの一覧には、調査対象のアプリケーションが含まれていません。
  • ICAのダウンロード - ICAファイルは使用できません。
  • アプリケーションの起動 - アプリケーションを起動できませんでした。

手順4:プローブの結果を表示する

最新のプローブ結果は、[アプリケーション] ページで確認できます。

Directorのアプリケーション分析ページ

さらにトラブルシューティングするには、プローブの結果のリンクをクリックして、[傾向]>[アプリケーションプローブの結果] ページで詳細を表示します。

Directorのアプリケーションプローブの結果

統合されたプローブの結果データは、このページの過去24時間または過去7日間の期間に使用できます。プローブが失敗した段階がわかります。特定のアプリケーション、プローブ障害段階、またはエンドポイントマシンの表をフィルタリングできます。

アプリケーションプロービング