ユーザーのシャドウ

Directorのユーザーのシャドウ機能を使用すると、ユーザーの仮想マシンまたはセッションを直接表示したり操作したりできます。WindowsとLinux VDAの両方をシャドウできます。この機能を使用するには、そのマシンにユーザーが接続している必要があります。ユーザーが接続している場合、ユーザーのタイトルバーにそのマシン名が表示されます。

Directorは新しいタブでシャドウを開始し、Director URLからのポップアップを許可するようにWebブラウザーの設定を更新します。

[ユーザーの詳細] ビューからシャドウ機能にアクセスします。ユーザーセッションを選択し、[アクティビティマネージャー]ビューまたは[セッション詳細]パネルで [シャドウ] をクリックします。

Linux VDAのシャドウ

シャドウは、RHEL7.3またはUbuntuバージョン16.04 Linuxディストリビューションを実行するLinux VDAバージョン7.16以降で使用できます。

注:

  • シャドウが機能するには、Director UIからVDAにアクセスできる必要があります。したがって、シャドウはDirectorクライアントと同じイントラネット内のLinux VDAに対してのみ実行できます。
  • Directorは完全修飾ドメイン名を使用してターゲットのLinux VDAに接続します。DirectorクライアントがLinux VDAの完全修飾ドメイン名を解決できるようにしてください。
  • VDAには、python-websockifyパッケージとx11vncパッケージがインストールされている必要があります。
  • VDAへのnoVNC接続は、WebSocketプロトコルを使用します。デフォルトでは、ws:// WebSocketプロトコルが使用されます。セキュリティ上の理由からセキュリティ保護された wss:// プロトコルを使用することをお勧めします。各DirectorクライアントおよびLinux VDAにSSL証明書をインストールします。

VDAをシャドウ用に設定するには、「セッションのシャドウ」の手順に従います。

  1. [シャドウ] をクリックすると、シャドウ接続が初期化され、確認プロンプトがユーザーデバイスに表示されます。
  2. ユーザーが [はい] をクリックすると、マシンまたはセッションの共有が開始されます。
  3. 管理者は、シャドウセッションのみを表示できます。

Windows VDAのシャドウ

Windows VDAセッションは、Windowsリモートアシスタンスを使用してシャドウされます。VDAのインストール中にユーザーのWindowsリモートアシスタンス機能を有効にします。詳しくは、「VDAのインストール」の 「機能を有効または無効にする」セクションを参照してください。

  1. [シャドウ] をクリックするとシャドウ接続が初期化されます。これにより、.msrcインシデントファイルを開くか保存するかを確認するダイアログボックスが開きます。
  2. デフォルトで選択されていない場合は、Remote Assistance Viewerでファイルを開きます。ユーザーデバイス側には、確認のメッセージが表示されます。
  3. ユーザーが [はい] をクリックすると、マシンまたはセッションの共有が開始されます。
  4. ユーザーがマウスやキーボードの制御を許可すると、管理者がシャドウセッションを制御できるようになります。

シャドウのためのMicrosoft Internet Explorerブラウザーの構成

Microsoft Internet ExplorerブラウザーでダウンロードしたMicrosoftリモートアシスタンスファイル(.msra)がリモートアシスタンスクライアントで自動的に開くように構成します。

これを行うには、グループポリシーエディターで[ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示]を有効にする必要があります。

[コンピューターの構成]>[管理用テンプレート]>[Windowsコンポーネント]>[Internet Explorer]>[インターネットコントロールパネル]>[セキュリティページ]>[インターネットゾーン]>[ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示]

デフォルトでは、ローカルイントラネットゾーンのサイトに対してこのオプションが有効になっています。Directorサイトがローカルイントラネットゾーンにない場合は、ローカルイントラネットゾーンに追加することを検討してください。

ユーザーのシャドウ