Citrix Virtual Apps and Desktops

デバイス

HDXは、どんな場所にあるどんなデバイスでも高品位なユーザーエクスペリエンスを提供します。「デバイス」セクションの記事では、以下のデバイスについて説明します。

最適化されたUSBデバイスと一般的なUSBデバイス

最適化されたUSBデバイスとは、Citrix Workspaceアプリが特定のサポートを提供しているデバイスです。たとえば、HDXマルチメディア仮想チャネルを使用してWebカメラをリダイレクトする機能などのサポートです。一般的なデバイスとは、Citrix Workspaceアプリで特定のサポートがないUSBデバイスのことです。

一般的なUSBのリダイレクト機能では、一般モードに設定されていなければ、最適化された仮想チャネルをサポートするUSBデバイスをデフォルトではリダイレクトできません。

一般的に、USBデバイスは一般モードよりも最適化モードで優れたパフォーマンスを発揮します。ただし、USBデバイスが最適化モードでの機能を完全に備えていない場合があります。そのデバイスの機能を完全に利用するには、一般モードに切り替える必要がある場合もあります。

USB大容量記憶装置デバイスでは、Citrixポリシーによって制御されるクライアントドライブマッピングまたは一般的なUSBのリダイレクト機能のどちらか、またはその両方を使用できます。主な違いは次のとおりです。

一般的なUSBのリダイレクト機能とクライアントドライブマッピングのポリシーの両方が有効な場合、セッション開始前または後に挿入された大容量記憶装置デバイスがクライアント側ドライブのマッピングによりリダイレクトされます。

これらの条件が満たされると、大容量記憶装置は一般的なUSBのリダイレクト機能を使用してリダイレクトされます。

  • 一般的なUSBのリダイレクト機能とクライアントドライブマッピングのポリシーの両方が有効になっています。
  • デバイスが自動リダイレクトに構成されています。
  • 大容量記憶装置がセッションの開始前または後に挿入されます。

詳しくは、「http://support.citrix.com/article/CTX123015」を参照してください。

機能 クライアント側ドライブのマッピング 汎用USBリダイレクト
デフォルトで有効。 はい いいえ
読み取り専用アクセスの構成が可能 はい いいえ
デバイスアクセスが暗号化される はい(仮想セッションでデバイスにアクセスする前に暗号化のロックを解除した場合)。 Citrix Virtual Desktopsのみ

複数のモニターによるDPIの混在

Citrix Virtual Apps and Desktops環境では、モニター間で異なるDPIを使用することはサポートされていません。Windowsコントロールパネルの[ディスプレイ]オプションで、DPI(%スケール)を確認できます。Windows 8.1またはWindows 10クライアントデバイスを使用している場合は、Windowsコントロールパネルの[ディスプレイ]オプションで [すべてのディスプレイで同じ拡大率を使用する] オプションを有効にすると、モニターが適切に構成されます。詳しくは、Knowledge Centerの記事CTX201696を参照してください。

マップされたクライアントドライブ

セキュリティ対策として、ユーザーがCitrix Virtual Apps and Desktopsにログオンすると、サーバーはデフォルトでユーザーの実行権限なしでクライアントドライブをマップします。ユーザーがマップされたクライアントドライブにある実行可能ファイルを実行できるようにするには、サーバーのレジストリを編集してこのデフォルト設定を上書きします。

重要:

レジストリエディターの使用を誤ると、深刻な問題が発生する可能性があり、オペレーティングシステムの再インストールが必要になる場合もあります。レジストリエディターの誤用による障害に対して、シトリックスでは一切責任を負いません。レジストリエディターは、お客様の責任と判断の範囲でご使用ください。また、レジストリファイルのバックアップを作成してから、レジストリを編集してください。

アクセスを許可するには、次のレジストリキーを編集します(CDMSettingsが存在しない場合は作成します):

HKEY_LOCAL_MACHINE\ SOFTWARE\Policies\Citrix\CDMSettings\

名前:ExecuteFromMappedDrive

種類:DWORD

値:1はアクセスを許可し、0はマップされたドライブのアクセスを拒否します。

この変更は、レジストリの編集後に接続されたセッションに対して有効になります。

Citrix Virtual Apps and Desktops 7 2006は、このレジストリの場所を含む最初のバージョンです。以前のバージョンのCitrix Virtual Apps and Desktopsでは、別のレジストリの場所が使用されていました。