導入

セットアップ

HTML5向けCitrix Workspaceアプリは、Citrix Workspace for Webサイトに統合されます。HTML5向けCitrix Workspaceアプリで仮想デスクトップやホストされているアプリケーションにアクセスするには、サポートされるオペレーティングシステム上で動作する互換性があるWebブラウザーでCitrix Workspace for Webサイトを開きます。

HTML5向けCitrix Workspaceアプリでのユーザーエクスペリエンスは以下のとおりです:

  • 管理者がHTML5向けCitrix Workspaceアプリの常時使用を構成していないサイトでは、WindowsおよびMac OS Xデバイス上にCitrix Workspaceがインストールされているかどうかが判別されます。Citrix Workspaceが検出されない場合は、対応するプラットフォームのCitrix Workspaceをダウンロードしてインストールするように促すメッセージが表示されます。Citrix Workspaceをインストールできないユーザーについては、Citrix Workspace for Webサイトにログオンするたびにこれが実行されます。Citrix Workspaceがローカルにインストール済みのユーザーは、それを使用してサイトのリソースにアクセスします。HTML5向けCitrix Workspaceアプリを使用するオプションはありません。管理者がHTML5向けCitrix Workspaceアプリの常時使用を構成したサイトでは、Citrix Workspaceがローカルにインストール済みかどうかに関係なく、ユーザーはHTML5向けCitrix Workspaceアプリを使用してサイトのリソースにアクセスする必要があります。

  • HTML5向けCitrix Workspaceアプリでデスクトップやアプリケーションにアクセスすると、ユーザーのWebブラウザー設定に応じて新しいタブまたはウィンドウが開き、そこでそのリソースが起動します。Citrix Workspace for Webサイトと同じタブでリソースが常に起動するようにHTML5向けCitrix Workspaceアプリを構成することもできます。

  • ユーザーが追加のアプリケーションを起動すると、新しいセッションを作成する前に既存のセッション内でアプリケーションを開始できるかどうかがHTML5向けCitrix Workspaceアプリによりチェックされます。これにより、ユーザーは単一の接続で複数のアプリケーションにアクセスできるようになり、利用可能なリソースをより効率的に使用できます。

  • HTML5向けCitrix Workspaceアプリは、かっこで挟まれたアプリケーションおよびデスクトップタイトルの表示(VDA(1)やVDA(2)など)をサポートしています。この機能を有効にするには、[Receiver for Webと同じタブでアプリケーションを起動する] を選択します。詳しくは、「構成」を参照してください。