iOS向けCitrix Workspaceアプリの新機能

1905の新機能

ワークスペースハブの機能強化

Citrix Workspaceアプリに、iOSデバイス上の信頼できるデバイス一覧に対してワークスペースハブを追加または削除する新しい手順が統合されました。詳しくは、「Security Connection」を参照してください。

ホストからクライアントへのリダイレクト

コンテンツのリダイレクト機能では、ユーザーが特定の種類のコンテンツにアクセスするときに、公開アプリケーションを使うのか、ユーザーデバイス上のアプリケーションを使うのかを制御できます。

ホストからクライアントへのリダイレクトは、コンテンツリダイレクト機能の一種です。この機能は、サーバーOSのVDAでのみサポートされ、デスクトップOSのVDAではサポートされません。

ホストからクライアントへのリダイレクト機能を有効にすると、URLはサーバーVDAでインターセプトされてからユーザーデバイスに送信されます。これらのURLは、ユーザーデバイス上のWebブラウザーまたはマルチメディアプレーヤーで開かれます。 ホストからクライアントへのリダイレクト機能を有効にしても、ユーザーデバイスからURLに接続できない場合は、そのURLがサーバーVDAに戻されます。 ホストからクライアントへのリダイレクト機能が無効な場合、URLはサーバーVDA上のWebブラウザーまたはマルチメディアプレーヤーで開きます。 ホストからクライアントへのリダイレクト機能が有効な場合、ユーザーがこの機能を無効にすることはできません。

ホストからクライアントへのリダイレクト機能は、サーバーからクライアントへのリダイレクト機能の新名称です。

詳しくは、「一般コンテンツリダイレクト」を参照してください。

1904.5の新機能

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

1904.2の新機能

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

1904の新機能

  • 最近使用したSaaSおよびWebアプリの一覧を[最近使用]に表示できるようになりました。

  • セキュリティ上の理由から、Citrix Readyワークスペースハブでは、モバイルデバイスとハブ間のSSL(Secure Sockets Layer)接続がサポートされます。各デバイスを一意に特定するため、完全修飾ドメイン名(FQDN)を設定する必要があります。詳しくは、Citrix Readyワークスペースハブのドキュメントの「セキュリティ接続」を参照してください。

1903の新機能

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

1902の新機能

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

1901の新機能

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

1812の新機能

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

1811の新機能

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

1810.2の新機能

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

注:

Citrix Readyワークスペースハブの内部ビーコンの構成について詳しくは、Knowledge CenterのCTX218708を参照してください。

1810.1の新機能

Citrix Readyワークスペースハブのサポート

Citrix Readyワークスペースハブは、デジタル環境と物理環境を組み合わせて、セキュアなスマートスペース内にアプリやデータを配信します。このシステム全体が、モバイルアプリやセンサーなどのデバイス(またはモノ)を接続して、インテリジェントで応答性の高い環境を作ります。

Citrix ReadyワークスペースハブはRaspberry Pi 3プラットフォーム上に構築されます。Citrix Workspaceアプリを実行しているデバイスはCitrix Readyワークスペースハブに接続し、デスクトップまたはアプリをより大きなディスプレイにキャストします。

iOS向けCitrix WorkspaceアプリのCitrix Readyワークスペースハブについて詳しくは、「Citrix Readyワークスペースハブの構成」を参照してください。

Citrix Readyワークスペースハブについて詳しくは、Citrix Readyワークスペースハブのドキュメントを参照してください。

1810の新機能

Purebredによる派生資格情報のサポート

このリリースでは、iOS向けCitrix WorkspaceアプリでPurebredによる派生資格情報がサポートされるようになりました。派生資格情報を使用できるストアに接続するときに、ユーザーは仮想スマートカードを使用してiOS向けCitrix Workspaceアプリにログオンできます。この機能は、オンプレミス展開のみでサポートされます。

注:

この機能を使用するには、Citrix Virtual Apps and Desktops 7 1808以降が必要です。

派生資格情報の構成について詳しくは、「派生資格情報の構成」を参照してください。

1809の新機能

iOS 12のサポート

iOS用Citrix Workspaceアプリは、iOS 12を完全にサポートします。

1808の新機能

エンドユーザーヘルプの更新

iOS向けのCitrix Workspaceアプリでの変更事項をすべて反映するように、アプリに組み込まれたエンドユーザー向けヘルプが新しく書き直されています。