Linux向けCitrix Workspaceアプリ

Linux向けCitrix Workspaceアプリを使用すると、さまざまな種類のLinuxデバイスからデスクトップ、アプリケーション、およびデータにすばやくセキュアにアクセスできます。

シトリックス製品によるITインフラストラクチャ環境でCitrix Workspaceアプリを使用すると、作業を行うユーザーの機動性、便宜性、および柔軟性が向上します。

Citrix Workspaceアプリについて

Citrix ReceiverはCitrix Workspaceアプリに名称変更されました。

Citrix Workspaceアプリでは、Citrix Receiverのユーザーエクスペリエンスがさらに進化しているため、より簡単に生産性を向上できます。Citrix WorkspaceアプリにはCitrix Receiverのすべての機能が組み込まれており、包括的なCitrix Workspaceに加えて、Citrix Virtual Apps and Desktopsの今後のリリースで提供される新機能の基礎を築きます。

Citrix Workspaceアプリではバージョン管理が簡素化され、YYMM(年月)形式を使用しています。Citrix Receiverのリリースごとのバージョン命名規則は、13.10.0.20の形式です。

Citrix Receiverの既存のユーザーやエンドポイントは、インプレースアップグレードを実行することで、Citrix Workspaceアプリの新しいバージョンにシームレスに移行できます。

Linux向けCitrix Workspaceアプリで使用できる機能について詳しくは、Citrix Workspaceアプリの機能マトリックスを参照してください。

Citrix Receiver for Linuxのドキュメントについては、「Citrix Receiver」を参照してください。

廃止

この記事の告知は、お客様が適宜ビジネス上の決定を下せるように、段階的に廃止されるプラットフォーム、シトリックス製品、機能について前もってお知らせするためのものです。シトリックスではお客様の使用状況とフィードバックをチェックして、各プラットフォーム、シトリックス製品、機能を撤廃するかどうかを判断しています。お知らせする内容は以降のリリースで変わることがあり、廃止される機能がすべて含まれるわけではありません。

廃止されたアイテムはすぐには削除されません。このリリースでは引き続きサポートされていますが、今後削除される予定です。

項目 対象バージョン 削除されたバージョン 代替
SuSE 11 SP3 Full Package(セルフサービスサポート)RPMパッケージ 1908 1908以降のリリース -

Linux向けCitrix Workspaceアプリ