インストール、アンインストール、更新

Citrix Webサイトの [ダウンロード] からファイルをダウンロードすることで、Citrix Workspaceアプリをインストールできます。

手動インストール

Citrixのダウンロードページから次のパッケージをダウンロードします。

Debianパッケージ

使用マシンのOSアーキテクチャに応じて、Icaclientパッケージをインストールします。

汎用USBリダイレクトを使用するには、使用マシンのOSアーキテクチャに適したいずれかのctxusbパッケージをインストールします。

パッケージ名 コンテンツ
Debianパッケージ(Ubuntu、Debian、Linux Mintなど)  
icaclient_22.7.0.20_amd64.deb セルフサービスサポート、64ビットx86_64
icaclient_22.7.0.20_i386.deb セルフサービスサポート、32ビットx86
icaclient_22.7.0.20_armhf.deb セルフサービスサポート、ARM HF
ctxusb_22.7.0.20_amd64.deb USBパッケージ、64ビットx86_64
ctxusb_22.7.0.20_i386.deb USBパッケージ、32ビットx86
ctxusb_22.7.0.20_armhf.deb USBパッケージ、ARM HF

Debianパッケージを使用したインストール

Ubuntu上にCitrix WorkspaceアプリをDebianパッケージでインストールする場合は、Ubuntuソフトウェアセンターでパッケージを開きます。

以下の手順で、 packagenameにインストールするパッケージの名前を指定します。

このプロシージャではコマンドラインとUbuntu、Debian、またはMint用のネイティブパッケージマネージャーを使用します。また、ファイルブラウザーでダウンロードした.debパッケージをダブルクリックしてパッケージをインストールすることもできます。通常、これによりパッケージマネージャーが起動して、必要なソフトウェアが自動的にダウンロードされます。パッケージマネージャーを使用できない場合は、コマンドラインツールgdebiを使用することをCitrixではお勧めします。

前提条件:

icaclientパッケージをインストールします。

コマンドラインを使ってパッケージをインストールするには:

  1. スーパーユーザー(root)としてログオンします。
  2. ターミナルウィンドウを開きます。
  3. gdebi packagename.deb」と入力して、次の3つのパッケージのインストールを実行します。例:

    • gdebi icaclient\_19.0.6.6\_amd64.deb
    • gdebi ctxusb\_2.7.6\_amd64.deb

    上記の例でdpkgを使用するには、「gdebi」を「dpkg -i」に変更します。

    dpkgを使用する場合、「sudo apt-get -f install.」と入力して、必要な従属ソフトウェアをインストールします。

    メモ:

    • 必要に応じて、ctxusbパッケージで汎用USBリダイレクト機能をサポートします。
    • バージョン2101以降、アプリ保護をインストールするように求めるインタラクティブなプロンプトが表示されます。
  4. エンドユーザーライセンス契約に同意します。

Debianパッケージへのアプリ保護コンポーネントのインストール

バージョン2102以降、Citrix WorkspaceアプリのDebianバージョンでアプリ保護がサポートされています。

アプリ保護コンポーネントをサイレントインストールするには、Citrix Workspaceアプリをインストールする前に、端末から次のコマンドを実行します:


`export DEBIAN_FRONTEND="noninteractive"`

`sudo debconf-set-selections <<< "icaclient app_protection/install_app_protection select yes"`

`sudo debconf-show icaclient`

`sudo apt install -f ./icaclient_<version>._amd64.deb`

<!--NeedCopy-->

Debianパッケージへのサービス継続性のインストール

バージョン2106以降、Citrix WorkspaceアプリのDebianバージョンにサービス継続性をインストールできます。

Citrix Workspaceアプリをインストールする前に、ターミナルから次のコマンドを実行します:

sudo apt-get update

sudo apt-get install libwebkit2gtk-4.0-37 gnome-keyring libsecret-1-0

Red Hatパッケージ

使用マシンのOSアーキテクチャに応じて、ICAClientパッケージをインストールします。

汎用USBリダイレクトを使用するには、使用マシンのOSアーキテクチャに適したいずれかのctxusbパッケージをインストールします。

パッケージ名 コンテンツ
Redhatパッケージ(Redhat、SUSE、Fedoraなど)  
ICAClient-rhel-22.7.0.20-0.x86_64.rpm セルフサービスサポート、Red Hat(Linux VDAを含む)ベース、64ビットx86_64
ICAClient-rhel-22.7.0.20-0.i386.rpm セルフサービスサポート、Red Hatベース、32ビットx86
ICAClient-suse-22.7.0.20-0.x86_64.rpm セルフサービスサポート、SUSEベース、64ビットx86_64
ICAClient-suse-22.7.0.20-0.i386.rpm セルフサービスサポート、SUSEベース、32ビットx86
ctxusb-22.7.0.20-1.x86_64.rpm USBパッケージ、64ビットx86_64
ctxusb-22.7.0.20-1.i386.rpm USBパッケージ、32ビットx86

注:

_SuSE 11 SP3 Full Package (Self-Service Support)_ RPMパッケージは廃止されました。

RPMパッケージを使用したインストール

Citrix WorkspaceアプリをSUSEのRPMパッケージからインストールしている場合は、YaSTまたはZypperユーティリティを使用します。RPMユーティリティは、.rpmパッケージをインストールします。必要な従属ソフトウェアが見つからない場合、エラーが発生します。

Red HatでEPELリポジトリをセットアップするには

Fedora/Red Hatページから適切なソースRPMパッケージをダウンロードします。

使用方法については、https://docs.fedoraproject.org/en-US/epel/#how_can_i_use_these_extra_packagesを参照してください。

たとえば、Red Hat Enterprise 7.xで次のコマンドを使用してEPELリポジトリをインストールできます:

`yum localinstall epel-release-latest-7.noarch.rpm`

ヒント:

RPM Package Managerでは、必要なソフトウェアが自動的にはダウンロードされません。必要なソフトウェアをダウンロードしてインストールするには、コマンドラインでzypper install <file name>(OpenSUSE)またはyum localinstall <filename>(Fedora/Red Hat)を使用することをお勧めします。

RPMパッケージからインストールするには

前提条件:

icaclientパッケージをインストールします。

  1. EPELリポジトリを設定します。
  2. スーパーユーザー(root)としてログオンします。
  3. にZypperと入力して、次の3つのパッケージのインストールを実行します。 > **メモ:** > > - `ctxusb`パッケージはオプションです。汎用USBリダイレクト機能をサポートするには、このパッケージをインストールしてください。 > - `ctxappprotection`パッケージはオプションです。アプリ保護コンポーネントをインストールする場合にのみ、このパッケージをインストールしてください。
  4. ターミナルウィンドウを開きます。

    SUSEのインストールの場合:

    • zypper in ICAClient-suse-19.12.0.19-0.x86_64.rpm

    • zypper in ICAClient-suse-19.12.0.19-0.i386.rpm

    • zypper in ctxusb-2.7.19-1.x86\_64.rpm
    • zypper in ctxappprotection-21.4.0.2-0.x86_64.rpm

    Red Hatのインストールの場合:

    • yum localinstall ICAClient-rhel-19.12.0.19-0.i386.rpm

    • yum localinstall ctxusb-2.7.19-1.i386.rpm

    • yum localinstall ctxappprotection-21.4.0.2-0.x86_64.rpm

  5. エンドユーザーライセンス契約に同意します。

不足しているパッケージをインストールするには

Red Hatベースのディストリビューション(RHEL、CentOS、Fedora など)で、次のエラーメッセージが表示される場合:

“… requires libwebkitgtk-1.0.so.0”

EPELリポジトリを追加します(詳しくは、https://docs.fedoraproject.org/en-US/epel/を参照してください)。

Tarballパッケージ

使用マシンのOSアーキテクチャに応じて、次のいずれかのパッケージをインストールします。

パッケージ名 コンテンツ
Tarball(任意のディストリビューション用のスクリプトインストール)  
linuxx64-22.7.0.20.tar.gz 64ビットIntel
linuxx86-22.7.0.20.tar.gz 32ビットIntel
linuxarmhf-22.7.0.20.tar.gz ARM HF
  • DebianパッケージかRPMパッケージを使用してCitrix Workspaceアプリをインストールします。これらのファイルは、必要なすべてのパッケージが自動的にインストールされるため、取り扱いがより簡単です。
  • Citrix Workspaceアプリをインストールするディレクトリをカスタマイズする場合は、Tarballパッケージを使用します。

注:

同じマシンで2種類のインストール方法を使用しないでください。使用した場合、エラーメッセージが表示され問題が発生する可能性があります。

Tarballパッケージを使用したインストール

注:

Tarballパッケージは依存関係のチェックまたは依存関係のインストールを実行しません。すべてのシステムの依存関係は、別個に解決される必要があります。

  1. ターミナルウィンドウを開きます。
  2. .tar.gzファイルの内容を抽出して、その内容を空のディレクトリに保存します。たとえば、次のように入力します:tar xvfz packagename.tar.gz
  3. ./setupwfc」と入力してEnterキーを押し、セットアッププログラムを実行します。
  4. デフォルトの1(Citrix Workspaceアプリのインストール)を選択してEnterキーを押します。
  5. 必要なインストールディレクトリのパスおよび名前を入力してEnterキーを押します。または、Enterキーを押してCitrix Workspaceアプリをデフォルトの場所にインストールします。

    スーパーユーザー(root)のデフォルトのインストールディレクトリは、/opt/Citrix/ICAClientです。

    非スーパーユーザーのデフォルトのインストールディレクトリは、$HOME/ICAClient/platformです。platformは、システムにより生成されるオペレーティングシステムIDで、たとえばLinux/x86の場合は$HOME/ICAClient/linuxx86のようになります。

    注:

    デフォルトのインストール先以外のディレクトリにインストールする場合は、$HOME/.profileまたは$HOME/.bash\_profileの$ICAROOTにそのディレクトリを設定します。

  6. インストールを続行するには、「y」を入力し、Enterキーを押します。
  7. Citrix Workspaceアプリをデスクトップ環境に統合するかどうかを選択できます。これにより、Citrix Workspaceアプリを起動するためのメニューオプションがデスクトップ環境に作成されます。「y」と入力すると、デスクトップ統合が有効になります。
  8. GStreamerがインストール済みの場合は、GStreamerをCitrix Workspaceアプリに統合するかどうかを選択でき、HDX MediaStreamマルチメディアアクセラレーションをサポートできます。Citrix WorkspaceアプリをGStreamerに統合する場合は、「y」と入力します。

    注:

    一部のプラットフォームでは、tarballパッケージからクライアントをインストールすると、KDEおよびGNOMEへの統合を求めるプロンプトが表示された後でシステムが応答しなくなることがあります。この問題は、gstreamer-0.10を初めて初期化する場合に発生します。この問題が発生した場合、(Ctrl+Cを用いて)インストール処理を中断し、コマンドgst-inspect-0.10 -- gst-disable-registry-fork --versionを実行します。コマンドの実行後、問題が発生することなくtarballパッケージを再実行できます。

  9. スーパーユーザー(root)としてログオンしている場合、Citrix Virtual Apps and DesktopsまたはCitrix DaaS(Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスの新名称)の公開VDIアプリケーションでUSBサポートのインストールを選択できます。「y」と入力すると、USBサポートがインストールされます。

    注:

    スーパーユーザー(root)としてログオンしていない場合、次の警告が表示されます:

    「USB support cannot be installed by non-root users. Run the installer as root to access this install option.(root以外のユーザーはUSBサポートをインストールできません。この機能を使用する場合は、スーパーユーザーとしてインストーラーを実行してください。)」

  10. インストールが完了すると、メインのインストールメニューに戻ります。セットアッププログラムを終了するには、「3」を入力してEnterキーを押します。

アンインストール

以下の手順は、Tarballパッケージでテストされています。RPMおよびDebianパッケージの場合は、オペレーティングシステム側の標準的なツールを使用してアンインストールしてください。

環境変数ICAROOTはクライアントのインストールディレクトリに設定する必要があります。非スーパーユーザーのデフォルトのインストールディレクトリは、$HOME/ICAClient/platformです。platformは、システムにより生成されるオペレーティングシステムIDで、たとえばLinux/x86の場合は$HOME/ICAClient/linuxx86のようになります。権限を持つユーザーのインストールでは、デフォルトが/opt/Citrix/ICAClientです。

メモ:

  • Citrix Workspaceアプリをアンインストールするには、インストール時と同じユーザーアカウントでシステムにログオンする必要があります。
  • Citrix Workspaceアプリをアンインストールすると、$HOME/.local/share/webkitgtkにある古いキャッシュファイルが自動的に削除されない場合があります。回避策としては、キャッシュファイルを手動で削除します。

TarballパッケージでCitrix Workspaceアプリをアンインストールするには

  1. $ICAROOT/setupwfcと入力してEnterキーを押し、セットアップを実行します。
  2. クライアントを削除するには、2と入力してEnterキーを押します。

Debian/UbuntuオペレーティングシステムでCitrix Workspaceアプリをアンインストールするには

Citrix Workspaceアプリのインストールフォルダーから次のコマンドを実行します:

apt remove icaclient apt autoremove

または

apt remove icaclient apt purge icaclient

Fedora/RHEL/CentOSオペレーティングシステムでCitrix Workspaceアプリをアンインストールするには

Citrix Workspaceアプリのインストールフォルダーから次のコマンドを実行します:

yum remove icaclient

アップデート

Citrix ReceiverからCitrix Workspaceアプリに更新するには、Citrixダウンロードページから最新のCitrix Workspaceアプリをダウンロードしてインストールします。

アプリの更新時、アンインストールおよび再インストール時にCitrix Workspaceの画面オーバーレイがアプリを最初に起動すると表示されます。[OK] をクリックしてCitrix Workspaceアプリを引き続き使用するか、[詳細情報を表示する] をクリックして詳細を表示します。

インストール、アンインストール、更新