Citrix Workspace app for Windows

アプリケーションの配信

Citrix Virtual Apps and DesktopsおよびCitrix DaaSを使用してアプリケーションを配信する場合は、次のオプションを検討してユーザーエクスペリエンスを強化してください:

  • Webアクセスモード - いずれの構成も行わない場合、Citrix Workspaceアプリではアプリケーションおよびデスクトップへのブラウザーベースのアクセスが提供されます。Web向けWorkspaceをWebブラウザーで開き、使用するアプリケーションを選択して実行できます。このモードでは、ユーザーのデスクトップにショートカットは置かれません。
  • セルフサービスモード - StoreFrontアカウントをCitrix Workspaceアプリに追加するか、StoreFront WebサイトをポイントするようにCitrix Workspaceアプリを構成することで、セルフサービスモードを構成できます。セルフサービスモードでは、Citrix Workspaceアプリのユーザーインターフェイスからアプリケーションをサブスクライブできます。この拡張ユーザーエクスペリエンスはモバイルアプリストアのものと同様です。セルフサービスモードでは、必要に応じて必須設定、自動プロビジョニング設定、お勧めのアプリキーワード設定を構成できます。

注:

Citrix Workspaceアプリのデフォルトでは、[スタート]メニューに表示するアプリケーションを選択できます。

  • アプリショートカットのみのモード - 管理者は、Citrix Workspaceアプリを構成してアプリケーションおよびデスクトップショートカットを[スタート]メニュー内に直接またはデスクトップ上に自動的に配置できます。この配置は、Citrix WorkspaceアプリEnterpriseと同様です。新しい 「ショートカットのみ」 のモードにより、アプリの検索で使い慣れたWindowsのナビゲーションスキーマ内で公開アプリを見つけることができます。

詳しくは、Citrix Virtual Apps and Desktopsドキュメントの「デリバリーグループの作成」セクションを参照してください。

セルフサービスモードの構成

StoreFrontアカウントをCitrix Workspaceアプリに追加するか、StoreFrontサイトをポイントするようにCitrix Workspaceアプリを構成することで、セルフサービスモードを構成できます。この構成により、ユーザーがCitrix Workspaceのユーザーインターフェイスからアプリケーションをサブスクライブできます。この拡張ユーザーエクスペリエンスはモバイルアプリストアのものと同様です。

注:

Citrix Workspaceアプリのデフォルトでは、ユーザーは[スタート]メニューに表示するアプリケーションを選択できます。

セルフサービスモードでは、必要に応じて必須設定、自動プロビジョニング設定、お勧めのアプリキーワード設定を構成できます。

デリバリーグループアプリケーションの説明に、適切なキーワードを追加します:

  • 個々のアプリを必須にしてCitrix Workspaceアプリから削除できないようにするには、アプリケーションの説明に「KEYWORDS: Mandatory」という文字列を追加します。ユーザーが必須アプリをサブスクリプション解除するための削除オプションはありません。
  • アプリケーションがストアのユーザー全員に自動的にサブスクライブされるようにするには、説明に「KEYWORDS: Auto」という文字列を追加します。ユーザーがストアにログオンすると、そのアプリケーションを手動でサブスクライブしなくても自動的にプロビジョニングされます。
  • 説明に「KEYWORDS: Featured」という文字列を追加すると、そのアプリケーションがCitrix Workspaceの[おすすめ]一覧に表示され、ユーザーがそのアプリケーションを見つけやすくなります。

グループポリシーオブジェクトテンプレートを使用したアプリショートカットの場所のカスタマイズ

  1. gpedit.mscを実行して、Citrix Workspaceアプリグループポリシーオブジェクト管理用テンプレートを開きます。
  2. [コンピューターの構成] ノードで、[管理用テンプレート]>[Citrixコンポーネント]>[Citrix Workspace]>[Self Service] の順に移動します。
  3. [SelfServiceModeを管理します]ポリシーを選択します。
    1. Self Serviceユーザーインターフェイスを表示するには、[有効]を選択します。
    2. アプリを手動でサブスクライブするには、[無効]を選択します。このオプションは、Self Serviceユーザーインターフェイスを非表示にします。
  4. [アプリのショートカットを管理します]ポリシーを選択します。
  5. 必要に応じてオプションを選択します。
  6. [適用][OK] の順にクリックします。
  7. Citrix Workspaceアプリのセッションを再起動して、この変更を適用します。

アプリショートカットをカスタマイズするためのStoreFrontアカウント設定の使用

[スタート]メニュー内およびデスクトップ上のショートカットをStoreFrontサイトからセットアップできます。C:\inetpub\wwwroot\Citrix\Roamingにあるweb.configファイルの<annotatedServices>セクションに次の設定を追加できます:

  • デスクトップ上にショートカットを置くには、PutShortcutsOnDesktopを使用します。設定:”true”または”false”(デフォルトはfalse)。
  • [スタート]メニュー内にショートカットを置くには、PutShortcutsInStartMenuを使用します。設定:”true”または”false”(デフォルトはtrue)。
  • [スタート]メニュー内のカテゴリパスを使用するには、UseCategoryAsStartMenuPathを使用します。設定:”true”または”false”(デフォルトはtrue)。

注:

Windows 8、Windows 8.1、Windows 10では、[スタート]メニュー内には階層分けされたフォルダーを作成できません。代わりに、アプリケーションを個別に、またはルートフォルダー配下に表示します。アプリケーションは、Citrix Virtual Apps and DesktopsおよびCitrix DaaSで定義されたカテゴリサブフォルダー内にはありません。

  • [スタート]メニュー内のすべてのショートカットを単一のフォルダー内に置くには、StartMenuDirを使用します。設定:文字列値、ショートカットが書き込まれるフォルダーの名前になります。
  • 管理者により変更されたアプリが再インストールされるようにする(変更アプリの自動再インストール機能)には、AutoReinstallModifiedAppsを使用します。設定:”true”または”false”(デフォルトはtrue)。
  • デスクトップ上のすべてのショートカットを単一のフォルダー内に置くには、DesktopDirを使用します。設定:文字列値、ショートカットが書き込まれるフォルダーの名前になります。
  • クライアントの’add/remove programs’でエントリを作成しないようにするには、DontCreateAddRemoveEntryを使用します。設定:”true”または”false”(デフォルトはfalse)。
  • 以前はストアから実行できたが今は実行できなくなったアプリケーションのショートカットやCitrix Workspaceアイコンを削除するには、SilentlyUninstallRemovedResourcesを使用します。設定:”true”または”false”(デフォルトはfalse)。

web.configファイルで、アカウントのXMLセクションに変更を追加します。次の開始タグを検索し、このセクションに移動します。

<account id=... name="Store"

このセクションは、</account>タグで終わります。

このタグ内にある、次のような最初のプロパティセクションに移動します。

<properties> <clear> <properties>

このセクションの<clear />タグの後ろにプロパティを追加できます。1行ごとに名前と値を記述します。例:

<property name="PutShortcutsOnDesktop" value="True"/>

注:

<clear />タグの前に追加されたプロパティの要素により、それが無効になることがあります。プロパティ名と値の追加が任意の場合は、<clear />タグを削除します。

プロパティの追加例:

<properties <property name="PutShortcutsOnDesktop" value="True" <property name="DesktopDir" value="Citrix Applications">

重要

複数サーバーによる展開環境では、複数のサーバー上で同時にサーバーグループの構成を変更しないでください。展開内のほかのサーバー上でCitrix StoreFront管理コンソールを同時に実行していないことを確認してください。変更が完了したら、構成の変更をサーバーグループに反映させて、展開内のほかのサーバーを更新します。詳しくは、StoreFrontのドキュメントを参照してください。

Citrix Virtual Apps and Desktops 7.xのアプリごとの設定を使ったアプリショートカットの場所のカスタマイズ

アプリケーションおよびデスクトップショートカットを[スタート]メニュー内に直接またはデスクトップ上に自動的に配置するよう、Citrix Workspaceアプリを構成できます。ただし、この構成は、以前のWindows向けWorkspaceのバージョンと同様です。ただし、リリース4.2.100ではCitrix Virtual Appsを使ってアプリ設定ごとにアプリショートカットの配置を制御できる機能が導入されています。この機能は、終始一貫した場所に表示する必要がある一部のアプリケーションが存在する環境で有用です。

XenApp 7.6のアプリごとの設定を使った、アプリショートカットの場所のカスタマイズ

XenApp 7.6でアプリごとの公開ショートカットを構成するには

  1. Citrix Studioで、[アプリケーション設定] 画面を開きます。
  2. [アプリケーション設定] 画面で [配信]を選択します。この画面を使って、アプリケーションがユーザーにどのように配信されるかを指定できます。
  3. アプリケーションの適切なアイコンを選択します。[変更]をクリックして、必要なアイコンの場所を参照します。
  4. [アプリケーションカテゴリ]に、アプリケーションが表示されるCitrix Workspaceアプリのカテゴリを指定します。たとえば、ショートカットをMicrosoft Officeアプリケーションに追加している場合は、「Microsoft Office」と入力します。
  5. [ユーザーのデスクトップにショートカットを追加する]チェックボックスをオンにします。
  6. [OK]をクリックします。

    alt_text

列挙遅延またはアプリケーションスタブデジタル署名の削減

Citrix Workspaceアプリは、次の場合に、ネットワーク共有から.EXEスタブをコピーする機能を提供します:

  • サインインするたびにアプリの列挙に遅れがある、または
  • アプリケーションスタブにデジタル署名する必要がある。

この機能を実行するには、次の複数の手順を実行します:

  1. クライアントマシンにアプリケーションスタブを作成します。
  2. アプリケーションスタブをネットワーク共有からアクセスできる場所にコピーします。
  3. 必要な場合は、許可リストを作成します(または、エンタープライズ証明書でスタブに署名します)。
  4. レジストリキーを追加し、ネットワーク共有からスタブをコピーしてWindows向けWorkspaceがスタブを作成できるようにします。

RemoveappsOnLogoffおよびRemoveAppsonExitが有効で、ユーザーのログオン時にアプリ列挙に遅延が生じる場合、次の解決策により遅延を削減させます。

  1. Regeditを使って、HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\Dazzle /v ReuseStubs /t REG_SZ /d “true”を追加します。
  2. Regeditを使って、HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\Dazzle /v ReuseStubs /t REG_SZ /d “true”を追加します。HKEY_CURRENT_USERは、HKEY_LOCAL_MACHINEよりも優先されます。

注意

レジストリエディターの使用を誤ると、深刻な問題が発生する可能性があり、オペレーティングシステムの再インストールが必要になる場合もあります。レジストリエディターの誤用による障害に対して、Citrixでは一切責任を負いません。レジストリエディターは、お客様の責任と判断の範囲でご使用ください。また、レジストリファイルのバックアップを作成してから、レジストリを編集してください。

ネットワーク共有に格納されている事前作成のスタブ実行可能ファイルをマシンが使用できるようにします:

  1. クライアントマシン上で、すべてのアプリに対するスタブ実行可能ファイルを作成します。スタブ実行可能ファイルの作成を実行するには、Citrix Workspaceアプリを使ってすべてのアプリケーションをマシンに追加します。Citrix Workspaceアプリは実行可能ファイルを生成します。
  2. %APPDATA%\Citrix\SelfServiceからスタブ実行可能ファイルを取得します。必要なのは.exeファイルだけです。
  3. 実行可能ファイルをネットワーク共有にコピーします。
  4. ロックダウンされる各クライアントマシンに対して次のレジストリキーを設定します。
    1. Reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\Dazzle /v CommonStubDirectory /t REG_SZ /d “\\ShareOne\WorkspaceStubs”
    2. Reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\Dazzle /v
    3. CopyStubsFromCommonStubDirectory /t REG_SZ /d “true”。また、必要な場合はHKEY_CURRENT_USERでこれらの設定を構成することもできます。HKEY_CURRENT_USERは、HKEY_LOCAL_MACHINEよりも優先されます。
    4. Citrix Workspaceアプリのセッションを終了後再起動して、この変更を適用します。

ユースケースの例:

このトピックでは、アプリショートカットのユースケースについて紹介します。

[スタート]メニューに何を置くか、ユーザーが選べるようにする(Self-servic)

数十、または数百のアプリがある場合は、ユーザーがアプリケーションを選択して、[お気に入り][スタート] メニューに追加できるようします:

   
[スタート]メニューに置くアプリケーションをユーザーが選べるようにするには、 Citrix Workspaceアプリをセルフサービスモードに構成します。このモードでは、「自動プロビジョニング」 設定および 「必須」 アプリキーワード設定も構成できます。
ユーザーが[スタート]メニューに置くアプリケーションを選べるようにして、また特定のアプリショートカットをデスクトップに置くには、 Citrix Workspaceアプリをオプション設定なしで構成して、デスクトップに置くアプリについてアプリごとの設定を使用します。必要に応じて、「自動プロビジョニング」 および 「必須」 アプリを使用します。

[スタート]メニュー内にアプリショートカットなし

コンピューターを家族で共有して使用していて、アプリショートカットを一切置きたくないとします。このような場合、最も簡単なのはブラウザーアクセスです。いずれの構成も行わずにCitrix Workspaceアプリをインストールし、Web向けWorkspaceにアクセスします。また、ショートカットをどこにも配置しないでセルフサービスアクセス用にCitrix Workspaceアプリを構成することもできます。

   
Citrix Workspaceアプリが[スタート]メニューに自動的にアプリショートカットを配置しないようにするには Citrix WorkspaceアプリでPutShortcutsInStartMenu=Falseと構成します。アプリごとの設定を使ってショートカットを置かない限り、セルフサービスモードであっても、Citrix Workspaceアプリは[スタート]メニュー内にアプリを配置しません。

[スタート]メニュー内、またはデスクトップ上にすべてにアプリショートカットを置く

ユーザーが所有するアプリが少ない場合は、そのすべてを[スタート]メニュー内やデスクトップ上に、あるいはデスクトップ上のフォルダー内に配置します。

   
Citrix Workspaceアプリによって[スタート]メニューにすべてのアプリケーションショートカットを自動的に配置するには、 Citrix WorkspaceアプリでSelfServiceMode =Falseと構成します。使用可能なすべてのアプリが[スタート]メニュー内に表示されます。
すべてのアプリケーションショートカットをデスクトップ上に置く場合は、 Citrix WorkspaceアプリでPutShortcutsOnDesktop = trueと構成します。使用可能なすべてのアプリがデスクトップに表示されます。
すべてのショートカットをデスクトップ上のフォルダー内に置く場合は、 Citrix WorkspaceアプリでDesktopDir=Nameアプリケーションショートカットを置くデスクトップフォルダーの名前と構成します。

XenApp 6.5または7.xでのアプリごとの設定

ショートカットの場所を指定して、すべてのユーザーが同じ場所でそれにアクセスできるようにするには、XenAppのアプリごとの設定を使用します:

   
セルフサービスモードか、または[スタート]メニューモードかには関係なく、アプリごとの設定によりアプリケーションを配置する場所を決定する場合は、 Citrix WorkspaceアプリでPutShortcutsInStartMenu=falseと構成して、アプリごとの設定を有効にします。

カテゴリフォルダーまたは特定のフォルダーのアプリ

特定のフォルダー内にアプリケーションを表示する場合は、次のオプションを使用します。

   
Citrix Workspaceアプリにより[スタート]メニューに置かれたアプリケーションショートカットを関連カテゴリ(フォルダー)内に表示するには、 Citrix WorkspaceアプリでUseCategoryAsStartMenuPath=Trueと構成します。
Citrix Workspaceアプリにより[スタート]メニューに置かれたアプリケーションを特定のフォルダー内に配置するには Citrix WorkspaceアプリでStartMenuDir=[スタート]メニューフォルダーの名前と構成します。

ログオフまたは終了時にアプリを削除

エンドポイントをほかのユーザーと共有していて、自分のアプリがそのユーザーには表示されないようにしたい場合は、ログオフまた終了時にアプリを削除できます。

   
ログオフ時にCitrix Workspaceアプリによりすべてのアプリが削除されるようにするには、 Citrix WorkspaceアプリでRemoveAppsOnLogoff=Trueと構成します。
終了時にCitrix Workspaceアプリによりアプリが削除されるようにするには、 Citrix WorkspaceアプリでRemoveAppsOnExit=Trueと構成します。

ローカルアプリアクセスのアプリケーションの構成

ローカルアプリアクセスのアプリケーションを構成する場合は次のようにします。

  • 説明に「KEYWORDS:prefer=”<pattern>”」という文字列を追加すると、Citrix Workspaceアプリでアクセスされるアプリケーションの代わりにローカルのアプリケーションが使用されるようになります。この機能は、「ローカルアプリアクセス」と呼ばれます。

    Citrix Workspaceアプリは、ユーザーのコンピューターにアプリケーションをインストールする前にpatternで指定されたパターンを検索し、そのアプリケーションがローカルにインストールされているかどうかをチェックします。アプリケーションがローカルにインストールされている場合、Citrix Workspaceアプリはそのアプリケーションをサブスクライブして、ショートカットは作成しません。ユーザーがCitrix Workspaceアプリからそのアプリケーションを起動すると、ローカルにインストールされたアプリケーション(ここでは「優先アプリケーション」と呼びます)が起動します。

    ユーザーがCitrix Workspaceアプリを使用せずに優先アプリケーションをアンインストールすると、Citrix Workspaceアプリの次回更新時にそのアプリケーションのサブスクリプションが解除されます。ユーザーがCitrix Workspaceアプリを使用して優先アプリケーションをアンインストールすると、Citrix Workspaceアプリはそのアプリケーションのサブスクリプションを解除しますが、アンインストールはしません。

注:

Citrix Workspaceアプリでアプリケーションをサブスクライブすると、キーワードpreferが適用されます。アプリケーションをサブスクライブした後でこの文字列を追加しても、そのアプリケーションには適用されません。

同じアプリケーションに対して複数回preferキーワードを指定できます。この場合、指定したパターンの1つが一致すると、そのアプリケーションに設定が適用されます。以下のパターンを任意に組み合わせて指定できます:

  • 説明に「KEYWORDS:prefer=”<pattern>”」という文字列を追加すると、Citrix Workspaceアプリでアクセスされるアプリケーションの代わりにローカルのアプリケーションが使用されるようになります。この機能は、「ローカルアプリアクセス」と呼ばれます。

    Citrix Workspaceアプリは、ユーザーのコンピューターにアプリケーションをインストールする前にpatternで指定されたパターンを検索し、そのアプリケーションがローカルにインストールされているかどうかをチェックします。アプリケーションがローカルにインストールされている場合、Citrix Workspaceアプリはそのアプリケーションをサブスクライブして、ショートカットは作成しません。ユーザーがCitrix Workspaceアプリからそのアプリケーションを起動すると、ローカルにインストールされたアプリケーション(ここでは「優先アプリケーション」と呼びます)が起動します。

    ユーザーがCitrix Workspaceアプリを使用せずに優先アプリケーションをアンインストールすると、Citrix Workspaceアプリの次回更新時にそのアプリケーションのサブスクリプションが解除されます。ユーザーがCitrix Workspaceアプリを使用して優先アプリケーションをアンインストールすると、Citrix Workspaceアプリはそのアプリケーションのサブスクリプションを解除しますが、アンインストールはしません。

注:

Citrix Workspaceアプリでアプリケーションをサブスクライブすると、キーワードpreferが適用されます。アプリケーションをサブスクライブした後でこの文字列を追加しても、そのアプリケーションには適用されません。

同じアプリケーションに対して複数回preferキーワードを指定できます。この場合、指定したパターンの1つが一致すると、そのアプリケーションに設定が適用されます。以下のパターンを任意に組み合わせて指定できます:

  • prefer=”<ApplicationName>”

    ショートカットファイルに指定されているアプリケーション名にマッチします。単語または語句を指定できますが、語句の場合は引用句を使用する必要があります。単語やファイルパスの一部がマッチしても無視され、大文字/小文字も区別されません。アプリケーション名によるマッチは、管理者が手作業で設定する場合に便利です。

KEYWORDS:prefer= Programs配下のショートカット マッチする?
Word \Microsoft Office\Microsoft Word 2010 はい
Microsoft Word \Microsoft Office\Microsoft Word 2010 はい
コンソール McAfee\VirusScan Console はい
Virus McAfee\VirusScan Console いいえ
コンソール McAfee\VirusScan Console はい
  • prefer=”\\Folder1\Folder2\…\ApplicationName”

    [スタート]メニューのショートカットファイルの絶対パスおよびアプリケーション名にマッチします。Programsフォルダーは、[スタート]メニューディレクトリのサブフォルダーであるため、フォルダーのアプリケーションを対象にするには絶対パスにProgramsフォルダーを含む必要があります。パスにスペースが含まれている場合は、引用符を使用する必要があります。また、大文字と小文字は区別されます。絶対パスによるマッチは、Citrix Virtual Apps and DesktopsおよびCitrix DaaSでプログラム的に優先アプリケーションを設定する場合に便利です。

KEYWORDS:prefer= Programs配下のショートカット マッチする?
\Programs\Microsoft Office\Microsoft Word 2010 \Programs\Microsoft Office\Microsoft Word 2010 はい
\Microsoft Office \Programs\Microsoft Office\Microsoft Word 2010 いいえ
\Microsoft Word 2010 \Programs\Microsoft Office\Microsoft Word 2010 いいえ
\Programs\Microsoft Word 2010 \Programs\Microsoft Word 2010 はい
  • prefer=”\Folder1\Folder2\…\ApplicationName”

    [スタート]メニューのショートカットファイルの相対パスにマッチします。相対パスにはアプリケーション名を含める必要があり、そのショートカットの親フォルダー名を含めることもできます。ショートカットのファイルパスの末尾が、指定したパターンに一致すると、そのアプリケーションに設定が適用されます。パスにスペースが含まれている場合は、引用符を使用する必要があります。また、大文字と小文字は区別されます。相対パスによるマッチは、プログラム的に優先アプリケーションを設定する場合に便利です。

KEYWORDS:prefer= Programs配下のショートカット マッチする?
\Microsoft Office\Microsoft Word 2010 \Microsoft Office\Microsoft Word 2010 はい
\Microsoft Office \Microsoft Office\Microsoft Word 2010 いいえ
\Microsoft Word 2010 \Microsoft Office\Microsoft Word 2010 はい
\Microsoft Word \Microsoft Word 2010 いいえ

ほかのキーワードについては、StoreFrontのドキュメントの「ユーザーエクスペリエンスの最適化」セクションを参照してください。

vPrefer起動

以前のリリースでは、Citrix StudioのKEYWORDS:prefer=”application”属性を設定することで、VDAにインストールされたアプリケーションのインスタンス(このドキュメントではローカルインスタンスと呼びます)を公開アプリケーションよりも優先して起動するよう指定できます。

バージョン4.11より、ダブルホップシナリオ(セッションをホストするVDAでCitrix Workspaceアプリが実行されている場合)で、Citrix Workspaceアプリを起動するかどうかを制御できるようになりました:

  • VDAにインストールされているアプリケーションのローカルインスタンス(ローカルアプリとして利用可能な場合)、または
  • アプリケーションのホストされたインスタンス。

vPreferは、StoreFrontバージョン3.14およびCitrix Virtual Desktops 7.17以降で使用できます。

アプリケーションを起動すると、Citrix WorkspaceアプリはStoreFrontサーバー上のリソースデータを読み取り、列挙時にvpreferフラグに基づいてこの設定を適用します。Citrix Workspaceアプリは、VDAのWindowsレジストリでアプリケーションのインストールパスを検索します。存在する場合は、アプリケーションのローカルインスタンスを起動します。それ以外の場合は、アプリケーションのホストされたインスタンスを起動します。 VDAにないアプリケーションを起動すると、Citrix Workspaceアプリはホストされているアプリケーションを起動します。StoreFrontでローカル起動を処理する方法について詳しくは、Citrix Virtual Apps and Desktopsドキュメントの「公開デスクトップ上のアプリケーションのローカル起動を制御する」を参照してください。

アプリケーションのローカルインスタンスをVDAで起動しない場合は、Delivery ControllerでPowerShellを使用してLocalLaunchDisabledTrueに設定します。詳しくは、Citrix Virtual Apps and Desktopsのドキュメントを参照してください。

この機能によって、アプリケーションをよりすばやく起動できるため、より良いユーザーエクスペリエンスを実現できます。この機能は、グループポリシーオブジェクト(GPO)管理用テンプレートで構成できます。デフォルトでは、vPreferはダブルホップシナリオでのみ有効です。

注:

Citrix Workspaceアプリを初めてアップグレードまたはインストールする場合、最新のテンプレートファイルをローカルGPOに追加します。テンプレートファイルをローカルGPOに追加する方法について詳しくは、「グループポリシーオブジェクト管理用テンプレート」を参照してください。アップグレードの場合、最新のファイルをインポートするときに既存の設定が保持されます。

  1. gpedit.mscを実行して、Citrix WorkspaceアプリのGPO管理用テンプレートを開きます。
  2. [コンピューターの構成]ノードで、[管理用テンプレート]>[Citrixコンポーネント]>[Citrix Workspace]>[SelfService]の順に移動します。
  3. vPreferポリシーを選択します。
  4. [有効] をクリックします。
  5. [アプリを許可] ドロップダウンリストから、次のオプションのいずれか1つを選択します:
    • [すべてのアプリを許可]:このオプションは、VDA上のすべてのアプリのローカルインスタンスを起動します。Citrix Workspaceアプリは、インストールされているアプリケーション(メモ帳、電卓、ワードパッド、コマンドプロンプトなどのネイティブWindowsアプリを含む)を検索します。その後、ホストされているアプリではなく、VDAでアプリケーションを起動します。
    • インストール済みアプリを許可:このオプションは、VDA上のインストール済みアプリのローカルインスタンスを起動します。アプリがVDAにインストールされていない場合は、ホストされているアプリを起動します。vPreferポリシーが [有効]に設定されている場合、デフォルトで [インストール済みアプリを許可]が選択されます。このオプションは、メモ帳、電卓などのネイティブWindowsオペレーティングシステムアプリケーションを除外します。
    • ネットワークアプリを許可:このオプションは、共有ネットワークに公開されているアプリのインスタンスを起動します。
  6. [適用][OK] の順にクリックします。
  7. 変更を保存するには、セッションを再起動します。

制限事項:

  • Web向けWorkspaceはこの機能をサポートしていません。
アプリケーションの配信