Citrix Workspace app for Windows

キーボード

キーボードショートカット

Citrix Workspaceアプリで特定の機能を実行するキーの組み合わせを構成できます。キーボードショートカットのポリシーが有効な場合、Citrixショートカットキーのマッピング、Windowsショートカットキーの動作、およびセッションでのキーボードの種類を指定できます。

  1. gpedit.mscを実行して、Citrix Workspaceアプリグループポリシーオブジェクト管理用テンプレートを開きます。
  2. [コンピューターの構成] ノードで、[管理用テンプレート] > [Citrixコンポーネント] > [Citrix Workspace] > [ユーザーエクスペリエンス] の順に移動します。
  3. キーボードショートカットポリシーを選択します。

  4. [有効] と必要なオプションを選択します。
  5. Citrix Workspaceアプリのセッションを再起動して、この変更を適用します。

Citrix Workspaceアプリの32ビットカラーアイコンのサポート:

Citrix Workspaceアプリでは、32ビットHigh Colorアイコンがサポートされます。シームレスアプリケーションを提供するために、次の色深度を自動的に選択します:

  • [コネクションセンター]ダイアログボックスに表示されるアプリケーション
  • スタートメニュー
  • タスクバー

注意

レジストリエディターの使用を誤ると、深刻な問題が発生する可能性があり、オペレーティングシステムの再インストールが必要になる場合もあります。レジストリエディターの誤用による障害に対して、Citrixは一切責任を負いません。レジストリエディターは、お客様の責任と判断の範囲でご使用ください。また、レジストリファイルのバックアップを作成してから、レジストリを編集してください。

優先する深さを設定するには、TWIDesiredIconColorという文字列レジストリキーをHKEY\_LOCAL\_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Citrix\ICA Client\Engine\Lockdown Profiles\All Regions\Preferencesに追加して、必要な値に設定します。定義できるアイコンの色数は、4、8、16、24、および32ビット/ピクセルです。ネットワーク接続が低速な場合は、ユーザーはより少ない色数を選択できます。

コマンドラインを使用したアプリケーションショートカットの場所のカスタマイズ

[スタート]メニュー統合およびデスクトップショートカットのみの機能により、公開アプリケーションのショートカットをWindowsの[スタート] メニューやデスクトップ上に配置できます。ユーザーがCitrix Workspaceのユーザーインターフェイスからアプリケーションをサブスクライブする必要はありません。[スタート]メニュー統合とデスクトップショートカット管理により、ユーザーのグループにシームレスなデスクトップエクスペリエンスが提供されます。頻繁に使用するアプリケーションに一貫した方法でアクセスする必要があるユーザーも同様です。

このフラグはSelfServiceModeと呼ばれ、デフォルトでTrueに設定されています。管理者がSelfServiceModeフラグをFalseに設定すると、セルフサービスのユーザーインターフェイスにアクセスできなくなります。その代わり、[スタート]メニューやデスクトップのショートカットから、サブスクライブ済みのアプリにアクセスできます。これを「ショートカットのみのモード」と呼びます。

ユーザーおよび管理者は、複数のレジストリ設定を使用してアプリケーションのショートカットをカスタマイズできます。

ショートカットの操作

  • ユーザーはアプリを削除できません。SelfServiceModeフラグをfalseに設定(ショートカットのみのモード)すると、すべてのアプリが必須アプリになります。デスクトップからショートカットアイコンを削除しても、システムトレイのCitrix Workspaceアプリアイコンで [更新]を選択すると、アイコンが再表示されます。
  • ユーザーはストアを1つだけ構成できます。[アカウント]と[環境設定]のオプションは、ユーザーが複数のストアを構成するのを防ぐために使用できないようになっています。管理者は、グループポリシーオブジェクトテンプレートを使用して複数のアカウントを追加できる特別な特権を、ユーザーに付与できます。管理者はまた、クライアントマシンでレジストリキー(HideEditStoresDialog)を手動で追加することで特別な権限を付与することもできます。管理者がユーザーにこの権限を付与すると、ユーザーのシステムトレイのReceiverアイコンに[基本設定]オプションが表示され、アカウントを追加および削除できるようになります。
  • ユーザーはWindowsのコントロールパネルを介してアプリを削除することはできません。
  • カスタマイズ可能なレジストリ設定を介してデスクトップショートカットを追加できます。デスクトップショートカットはデフォルトでは追加されていません。レジストリ設定を編集後、Citrix Workspaceアプリを再起動する必要があります。
  • ショートカットは、[スタート]メニューにデフォルトのカテゴリパスUseCategoryAsStartMenuPathで作成されます。

注:

Windows 10では、[スタート]メニュー内には階層分けされたフォルダーを作成できません。アプリケーションは個別に、またはルートフォルダー配下に表示されます。ただし、Citrix Virtual Appsで定義された[カテゴリ]のサブフォルダー内に表示されません。

  • インストール時にフラグ[/DESKTOPDIR=”Dir_name”]を指定すると、すべてのショートカットを単一のフォルダー内に配置できます。デスクトップショートカットのためCategoryPathがサポートされます。
  • 変更アプリの自動再インストール機能は、レジストリキーAutoReInstallModifiedAppsを使って有効にできます。AutoReInstallModifiedAppsが有効な場合、サーバー上の公開アプリおよび公開デスクトップの属性に対する変更はすべて、クライアントマシンに表示されます。AutoReInstallModifiedAppsが無効な場合、アプリとデスクトップの属性は更新されず、クライアント上で削除されたショートカットも更新時に復元されません。デフォルトで、AutoReInstallModifiedAppsは有効になっています。

レジストリエディターを使用したアプリケーションショートカットの場所のカスタマイズ

注:

  • デフォルトでは、レジストリキーは文字列形式を使用します。
  • ストアを構成する前に、レジストリキーを変更します。管理者またはユーザーがレジストリキーをカスタマイズするときは、いかなる場合でも、次の手順に従います:
  1. Citrix Workspaceアプリをリセットします。
  2. レジストリキーを構成します。
  3. ストアを再構成します。

ワークスペースコントロール再接続の管理

ワークスペースコントロール機能を有効にすると、ユーザーがセッションの途中でデバイスを切り替えても、新しいデバイス上でそのアプリケーションでの作業を継続できます。これにより、たとえば病院で臨床医がほかのワークステーションに移動しても、移動先のデバイスでアプリケーションを起動し直す必要がなくなります。Citrix Workspaceアプリの場合、クライアントデバイスのワークスペースコントロールの管理はレジストリを変更して行います。また、ワークスペースコントロールは、グループポリシーを使用するドメイン参加クライアントデバイスに対しても実行できます。

注意:

レジストリエディターの使用を誤ると、深刻な問題が発生する可能性があり、オペレーティングシステムの再インストールが必要になる場合もあります。レジストリエディターの誤用による障害に対して、Citrixは一切責任を負いません。レジストリエディターは、お客様の責任と判断の範囲でご使用ください。また、レジストリファイルのバックアップを作成してから、レジストリを編集してください。

WSCReconnectModeUserを作成し、既存のレジストリキーWSCReconnectModeをMaster Desktop ImageまたはCitrix Virtual Appsサーバーで変更します。公開デスクトップではCitrix Workspaceアプリの動作を変更できます。

Citrix WorkspaceアプリのWSCReconnectModeキー設定は次のとおりです:

  • 0 = いずれに既存のセッションにも再接続しない
  • 1 = アプリケーションの起動時に再接続する
  • 2 = アプリケーションの更新時に再接続する
  • 3 = アプリケーションの起動または更新時に再接続する
  • 4 = Citrix Workspaceインターフェイスを開いたときに再接続する
  • 8 = Windowsサインオン時に再接続する
  • 11 = 3と8の組み合わせ

ワークスペースコントロールを無効にする

ワークスペースコントロールを無効にするには、次のキーを作成します:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Citrix\Dazzle(64ビット)

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\\Dazzle (32ビット)

名前:WSCReconnectModeUser

種類:REG_SZ

値のデータ:0

次のキーをデフォルト値の3から0に変更

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Citrix\Dazzle(64ビット)

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\Dazzle(32ビット)

名前:WSCReconnectMode

種類:REG_SZ

値のデータ:0

注:

キーを作成しない代わりに、WSCReconnectAllキーをfalseに設定することもできます。

32ビットマシンのレジストリキー

レジストリキー:WSCSupported

True

キーのパス

-  HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\Dazzle
-  HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\Receiver\SR\Store" + primaryStoreID +\Properties
-  HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Citrix\Dazzle
-  HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\Dazzle

レジストリキー:WSCReconnectAll

True

キーのパス

- `HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\Dazzle`
- `HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\Receiver\SR\Store" + primaryStoreID + \Properties`
- `HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Citrix\Dazzle`
- `HKEY_LOCAL_MACHINe\Software\Citrix\Dazzle`

レジストリキー:WSCReconnectMode

3

キーのパス

-  HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\Dazzle
-  HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\Receiver\SR\Store" + primaryStoreID +\Properties
-  HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Citrix\Dazzle
-  HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\Dazzle

レジストリキー:WSCReconnectModeUser

:インストール中はレジストリが作成されません。

キーのパス

- HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\Dazzle
- HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\Receiver\SR\Store" + primaryStoreID+\Properties
- HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Citrix\Dazzle
- HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\Dazzle

64ビットマシンのレジストリキー:

レジストリキー:WSCSupported

True

キーのパス

- HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\Dazzle
- HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\Receiver\SR\Store" + primaryStoreID +\Properties
- HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Policies\Citrix\Dazzle
- HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Citrix\Dazzle

レジストリキー: WSCReconnectAll

True

キーのパス

-  HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\Dazzle
-  HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\Receiver\SR\Store" + primaryStoreID + \Properties
-  HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Policies\Citrix\Dazzle
-  HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Citrix\Dazzle

レジストリキー:WSCReconnectMode

3

キーのパス

-  HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\Dazzle
-  HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\Receiver\SR\Store" + primaryStoreID +\Properties
-  HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Policies\Citrix\Dazzle
-  HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Citrix\Dazzle

レジストリキー:WSCReconnectModeUser

:インストール中はレジストリが作成されません。

キーのパス

- HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\Dazzle
- HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\Receiver\SR\Store" + primaryStoreID+\Properties
- HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Policies\Citrix\Dazzle
- HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Citrix\Dazzle

キーボードレイアウトと言語バー

キーボードレイアウト

注:

システムトレイのCitrix Workspaceアプリアイコンから表示できる[高度な設定]シートの一部または全部を非表示にすることができます。詳しくは、「高度な設定シート」を参照してください。

キーボードレイアウトの同期によって、クライアントデバイスの優先キーボードレイアウトを切り替えることができます。この機能はデフォルトでは無効になっています。キーボードレイアウトの同期により、クライアントのキーボード レイアウトが仮想アプリおよび仮想デスクトップのセッションに自動的に同期されます。

GPO管理用テンプレートを使用してキーボードレイアウトの同期を構成:

注:

GPO構成は、StoreFrontおよびGUIの構成よりも優先されます。

  1. gpedit.mscを実行して、Citrix Workspaceアプリグループポリシーオブジェクト管理用テンプレートを開きます。
  2. [コンピューターの構成] または [ユーザー構成]ノードで、[管理用テンプレート]>[管理用テンプレート(ADM)]>[Citrixコンポーネント]>[Citrix Workspace]>[ユーザーエクスペリエンス]の順に移動します。
  3. キーボード設定ポリシーを選択します。 キーボード設定
  4. [有効]を選択し、次のいずれかのオプションを選択します:
    • 動的な同期を許可する - ドロップダウンメニューから[はい][いいえ]を選択します。このオプションは、クライアントのキーボードレイアウトを変更したときに、クライアントのキーボードレイアウトをサーバーに同期します。このオプションを選択すると、日本語、中国語、韓国語のクライアントIMEも有効になります。

      このオプションで [はい]を選択すると、次の2つのオプションが上書きされます。

    • セッション起動時の同期モード - ドロップダウンメニューから、次のいずれかのオプションを選択します:

      • セッション起動時に1回だけ同期する - セッション起動時にクライアントのキーボードレイアウトをサーバーに同期します。セッション中にクライアントのキーボードレイアウトに加えた変更は、すぐに有効になりません。変更を適用するには、ログオフしてから再度ログオンします。
      • 同期させない - クライアントがサーバーのキーボードレイアウトを使用することを示します。
  5. [適用][OK]を選択します

グラフィカルユーザーインターフェイスを使用してキーボードレイアウトの同期を構成するには:

  1. システムトレイのCitrix Workspaceアプリアイコンから [高度な設定]>[キーボードと言語バー]の順に選択します。

    キーボードと言語バーのダイアログが開きます。

    キーボードと言語バー

  2. 次のいずれかのオプションを選択します:

    • セッション起動時に1回だけ同期する - セッション起動時に1度のみキーボードレイアウトをVDAから同期させます。
    • 動的な同期を許可する - セッション内でクライアントキーボードが変更されると、キーボードレイアウトはVDAに動的に同期されます。
    • 同期させない - クライアントがサーバーのキーボードレイアウトを使用することを示します。
  3. [保存] をクリックします。

CLIを使用してキーボードレイアウトの同期を構成するには:

Windows向けCitrix Workspaceアプリのインストールフォルダーから次のコマンドを実行します。

通常、Citrix WorkspaceアプリのインストールフォルダーはC:\Program files (x86)\Citrix\ICA Clientにあります。

  • 有効にするには: wfica32:exe /localime:on
  • 無効にするには: wfica32:exe /localime:off

クライアントのキーボードレイアウトオプションで、クライアントIME(Input Method Editor)をアクティブにします。日本語、中国語、または韓国語を使用しているユーザーがサーバーIMEを使用する場合、[いいえ]を選択するか、wfica32:exe /localime:offを実行してローカルキーボードレイアウトオプションを無効にする必要があります。次のセッションに接続すると、セッションは、リモートサーバーで指定されたキーボードレイアウトに戻します。

クライアントのキーボードレイアウトの切り替えがアクティブなセッションで有効にならないことがあります。この問題を解決するには、いったんCitrix Workspaceアプリからログオフしてから、再度ログインしてください。

コマンドラインインターフェイスを使用してキーボードレイアウトの同期を構成

以前は、グラフィカルユーザーインターフェイスを使用するか構成ファイルを更新することによってのみ、キーボードレイアウトの同期を構成できました。Citrix Workspaceアプリ2309バージョンでは、コマンドラインインターフェイスを使用してキーボードレイアウトの同期を構成するため、次のコマンドが導入されました:

Commands 説明
wfica32.exe /kbdsyncmode:once キーボードの同期モードを「1回だけ同期する」に設定します。
wfica32.exe /kbdsyncmode:dynamic キーボードの同期モードを「動的な同期」に設定します。
wfica32.exe /kbdsyncmode:no キーボードの同期モードを「同期しない」に設定します。

Windows向けCitrix Workspaceアプリのインストールフォルダーから上記のコマンドを実行します。

通常、Citrix Workspaceアプリのインストールフォルダーは「C:\Program files (x86)\Citrix\ICA Client」にあります。

Windows VDAでのキーボード同期の構成

注:

次の手順は、Windows Server 2016以降にのみ適用されます。Windows Server 2012 R2以前では、キーボード同期機能はデフォルトで有効になっています。

  1. レジストリエディターを起動して、HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\IcaImeに移動します。
  2. DWORDエントリDisableKeyboardSyncを作成し、その値を0に設定します。 1はキーボードレイアウトの同期機能を無効にします。
  3. 変更を保存するには、セッションを再起動します。

VDAとCitrix Workspaceアプリの両方でキーボードレイアウトを有効にした後、キーボードレイアウトを切り替えると、次のウィンドウが表示されます。 キーボードレイアウトの切り替え

このウィンドウは、セッションのキーボードレイアウトがクライアントのキーボードレイアウトに切り替えられていることを示しています。

Linux VDAでのキーボード同期の構成

コマンドプロンプトを起動して、次のコマンドを実行します:

/opt/Citrix/VDA/bin/ctxreg update -k "HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Citrix\LanguageBar" -v "SyncKeyboardLayout" -d "0x00000001"

変更を保存するには、VDAを再起動します。

Linux VDAでのキーボードレイアウトの同期について詳しくは、「動的なキーボードレイアウトの同期」を参照してください。

キーボードレイアウトの切り替え通知ダイアログを非表示にする:

キーボードレイアウトの変更通知ダイアログでは、VDAセッションがキーボードレイアウトを切り替えるときに通知します。キーボードレイアウトの切り替えには、約2秒かかります。通知ダイアログを非表示にする場合、間違った文字入力を避けるために、しばらく待ってから入力を開始してください。

警告

レジストリエディターの使用を誤ると、深刻な問題が発生する可能性があり、オペレーティングシステムの再インストールが必要になる場合もあります。レジストリエディターの誤用による障害に対して、Citrixでは一切責任を負いません。レジストリエディターは、お客様の責任と判断の範囲でご使用ください。また、レジストリファイルのバックアップを作成してから、レジストリを編集してください。

レジストリエディターを使用してキーボードレイアウトの切り替え通知ダイアログを非表示にする:

  1. レジストリエディターを起動して、HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\IcaImeに移動します。
  2. HideNotificationWindowという名前で文字列値キーを作成します。
  3. DWORD値を1に設定します。
  4. [OK] をクリックします。
  5. 変更を保存するには、セッションを再起動します。

制限事項:

  • 管理者権限で実行しているリモートアプリケーション(例:アプリケーションアイコンを右クリックして、[管理者として実行])は、クライアントのキーボードレイアウトと同期することはできません。この問題を解決するには、サーバー側(VDA)で手動でキーボードレイアウトを変更するか、UACを無効にします。
  • ユーザーがクライアントのキーボードレイアウトをサーバーでサポートされていないレイアウトに変更すると、キーボードレイアウトの同期機能は、セキュリティ上の理由で無効になります。認識されないキーボードレイアウトは、潜在的なセキュリティの脅威として扱われます。キーボードレイアウト同期機能を復元するには、ログオフしてセッションに再ログインします。
  • RDPセッションでは、Alt+Shiftのショートカットキーでキーボードレイアウトを変更することはできません。この問題を回避するには、RDPセッションの言語バーを使用してキーボードレイアウトを切り替えます。

言語バー

言語バーには、セッションで優先される入力言語が表示されます。言語バーは、デフォルトでセッションに表示されます。

注:

この機能は、VDA 7.17以降で動作するセッションで使用できます。

GPO管理用テンプレートを使用した言語バーの構成:

言語バーには、アプリケーションセッションでの優先される入力言語が表示されます。

  1. gpedit.mscを実行して、Citrix Workspaceアプリグループポリシーオブジェクト管理用テンプレートを開きます。
  2. [コンピューターの構成] または [ユーザー構成]ノードで、[管理用テンプレート]>[管理用テンプレート(ADM)]>[Citrixコンポーネント]>[Citrix Workspace]>[ユーザーエクスペリエンス]の順に移動します。
  3. 言語バーポリシーを選択します。
  4. [有効]を選択し、次のいずれかのオプションを選択します:
    • はい - アプリケーションセッションで言語バーが表示されます。
    • いいえ。言語バーを非表示にします - アプリケーションセッションで言語バーが非表示になります。
  5. [適用][OK] の順にクリックします。

グラフィカルユーザーインターフェイスを使用した言語バーの構成:

  1. 通知領域でCitrix Workspaceアプリアイコンを右クリックし、[高度な設定]をクリックします。
  2. [キーボードと言語バー]を選択します。
  3. [言語バー]タブを選択します。
  4. 次のいずれかのオプションを選択します:
    1. はい - セッションで言語バーが表示されます。
    2. いいえ。言語バーを非表示にします - セッションで言語バーが非表示になります。
  5. [保存] をクリックします。

    設定の変更は直ちに有効になります。

    言語バー

注:

  • アクティブなセッションの設定を変更できます。
  • 入力言語が1つだけの場合、リモート言語バーはセッションに表示されません。

高度な設定シートで言語バータブを非表示にする:

レジストリを使用して、[高度な設定] シートから言語バータブを非表示にすることができます。

  1. レジストリエディターを起動します。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\ICA Client\Engine\Configuration\Advanced\Modules\LocalIMEにアクセスします。
  3. DWORD値キーToggleOffLanguageBarFeatureを作成し、1に設定すると、[高度な設定]シートで言語バーオプションが非表示になります。

汎用クライアント入力システム(IME)

注:

Windows 10バージョン2004オペレーティングシステムを使用している場合、セッションでIME機能を使用すると、特定の技術的な問題が発生する可能性があります。これらの問題は、サードパーティの制限事項によるものです。詳しくは、Microsoft社のサポート記事を参照してください。

コマンドラインインターフェイスを使用した汎用クライアントIMEの構成:

  • 汎用クライアントIMEを有効にするには、Citrix Workspaceアプリインストールフォルダー(C:\Program Files (x86)\Citrix\ICA Client)からwfica32.exe /localime:onコマンドを実行します。

    ローカライズされた画像

  • 汎用クライアントIMEを無効にするには、Citrix Workspaceアプリインストールフォルダー(C:\Program Files (x86)\Citrix\ICA Client)からwfica32.exe /localime:offコマンドを実行します。

    ローカライズされた画像

注:

コマンドラインスイッチwfica32.exe /localime:onを使用して、汎用クライアントIMEとキーボードレイアウトの同期の両方を有効にすることができます。

  • 汎用クライアントIMEを無効にするには、Citrix Workspaceアプリインストールフォルダー(C:\Program Files (x86)\Citrix\ICA Client)からwfica32.exe /localgenericime:offコマンドを実行します。このコマンドは、キーボードレイアウトの同期設定に影響を及ぼしません。

    ローカライズされた画像

コマンドラインインターフェイスを使用して汎用クライアントIMEを無効にした場合、wfica32.exe /localgenericime:onコマンドを実行することによって、再び機能を有効化できます。

ローカライズされた画像

トグル:

Citrix Workspaceアプリは、この機能に対するトグルスイッチ機能をサポートしています。wfica32.exe /localgenericime:onコマンドを実行して、機能を有効/無効にできます。ただし、キーボードレイアウトの同期設定は、トグルスイッチより優先されます。キーボードレイアウトの同期がオフに設定されている場合、トグルしても汎用クライアントIMEは有効になりません。

グラフィカルユーザーインターフェイスを使用した汎用クライアントIMEの構成:

汎用クライアントIMEにはVDA Version 7.13以降が必要です。

キーボードレイアウトの同期を有効化することにより、汎用クライアントIME機能を有効化できます。詳しくは、「キーボードレイアウトの同期」を参照してください。

Citrix Workspaceアプリを使用すると、汎用クライアントIMEを使用するためのさまざまなオプションを構成できます。要件および使用状況に基づいて、これらのオプションのいずれかから選択できます。

  1. システムトレイのCitrix Workspaceアプリアイコンを右クリックして、[コネクションセンター]を選択します。
  2. [基本設定][ローカルIME]を選択します。

    ローカルIME

さまざまなIMEモードをサポートするために以下のオプションを利用できます:

  1. サーバーIMEを有効にする - ローカルIMEを無効にするため、サーバーの言語セットのみが利用できます。
  2. ローカルIMEを高パフォーマンスモードに設定する - ローカルIMEを限られた帯域幅で使用できます。このオプションは、候補ウィンドウの機能を制限します。
  3. ローカルIMEを最適なエクスペリエンスモードに設定する - ローカルIMEを最適なユーザーエクスペリエンスで使用できます。このオプションは、高帯域を消費します。デフォルトで、汎用クライアントIMEが有効の場合、このオプションが選択されます。

変更は、現在のセッションにのみ適用されます。

レジストリエディターを使用したホットキー構成の有効化:

汎用クライアントIMEが有効の場合、異なるIMEモードを選択するには、Shift+F4ホットキーを使用できます。IMEモードのさまざまなオプションがセッションの右上隅に表示されます。

デフォルトで、汎用クライアントIMEのホットキーは無効です。

レジストリエディターで、HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Citrix\ICA Client\Engine\Lockdown Profiles\All Regions\Lockdown\Client Engine\Hot Keyに移動します。

AllowHotKeyを選択して、デフォルト値を1に変更します。

Shift+F4のホットキーを使用して、セッションで異なるIMEモードを選択できます。

これらのホットキーの組み合わせを使用して切り替える場合、IMEモードのさまざまなオプションがセッションの右上隅に表示されます。

ローカルIME

制限事項:

  • 汎用クライアントIMEは、Search UIなどのUWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)アプリや、Windows 10オペレーティングシステムのEdgeブラウザーをサポートしません。回避策として、代わりにサーバーIMEを使用します。
  • 汎用クライアントIMEは、保護モードのInternet Explorerバージョン11ではサポートされません。回避策として、インターネットオプションを使用して保護モードを無効にできます。無効にするには、[セキュリティ]をクリックして、[保護モードを有効にする]をオフにします。

セッション開始時に複数のキーボードを同期

以前は、セッションが全画面モードで開始された後、クライアント上のアクティブなキーボードのみがVDAと同期されました。このシナリオでは、Citrix Workspaceアプリで [セッション起動時に1回だけ同期する] を構成してから、別のキーボードに変更する必要がある場合は、リモートデスクトップにキーボードを手動でインストールする必要があります。同様に、Citrix Workspaceアプリで [動的な同期を許可する] を構成した場合は、ウィンドウモードに移行し、クライアントのキーボードを変更してから、全画面モードに戻る必要があります。

2311.1リリース以降、セッションが全画面モードで開始された後、クライアントで使用可能なすべてのキーボードがVDAと同期されます。セッションが全画面モードで開始された後、クライアントにインストールされているキーボードまたは使用可能なキーボードの一覧から必要なキーボードを選択できます。

前提条件:

Windows向けCitrix Workspaceアプリの場合:

[セッション起動時に1回だけ同期する] キーボードレイアウト設定を有効にします。詳しくは、キーボードレイアウトのドキュメントを参照してください。

VDAの場合:

Windows VDAでセッション起動時に複数のキーボードを構成します:

レジストリ設定を更新する:

  1. レジストリエディターを開き、HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\IcaImeに移動します。
  2. DWORDエントリDisableKbdLayoutListを作成し、その値を0に設定します。値を1に設定すると、セッション開始時に複数のキーボードを同期する機能が無効になります。
  3. 変更を保存するには、セッションを再起動します。

ポリシーを有効にする:

次のポリシーを有効にします:

この機能は仮想デスクトップにのみ適用されます。この機能はデフォルトでは無効になっています。この機能を有効にするには、次の手順を実行します:

  1. All_Regions.iniファイルの[Virtual Channels\Keyboard]セクションに移動します。
  2. ブーリアン型のレジストリキーSyncKbdLayoutListHKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Citrix\Ica Client\Engine\Lockdown Profiles\All Regions\Lockdown\Virtual Channels\Keyboardに追加します。
  3. 値を1に設定します。
キーボード