Citrix Workspace app for Windows

データ収集と監視

Citrix Analytics

Citrix Workspaceアプリには、Citrix Analyticsにログをセキュアに送信するための機能があります。この機能が有効になっていると、ログは分析され、Citrix Analyticsサーバーに保存されます。Citrix Analyticsについて詳しくは、Citrix Analyticsドキュメントを参照してください。

Citrix Analytics Serviceの機能強化

このリリースのCitrix Workspaceアプリには、最新のネットワークホップのパブリックIPアドレスをCitrix Analytics Serviceにセキュアに送信するための機能があります。このデータは、セッションの起動ごとに収集されます。Citrix Analytics Serviceは、パフォーマンスの低下に関する問題が特定の地域に関連しているかどうかを分析するのに役立ちます。

デフォルトでは、IPアドレスログはCitrix Analytics Serviceに送信されます。ただし、レジストリエディターを使用してCitrix Workspaceアプリでこのオプションを無効にすることができます。

IPアドレスログの送信を無効にするには、次のレジストリパスに移動し、SendPublicIPAddressキーをOffに設定します。

  • 64ビットWindowsマシンの場合、次のパスです:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Citrix\Dazzle
  • 32ビットWindowsマシンの場合、次のパスです:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\Dazzle

注:

  • IPアドレスの送信はベストエフォートで行われます。Citrix Workspaceアプリは起動に使用されるすべてのIPアドレスを送信しますが、一部のアドレスは正確でない可能性があります。
  • エンドポイントがイントラネット内で動作している閉じられた顧客環境では、URLhttps://locus.analytics.cloud.com/api/locateipがエンドポイントのホワイトリストに登録されていることを確認してください。

Citrix Workspaceアプリには、ブラウザーから起動したICAセッションからCitrix Analytics Serviceにデータをセキュアに転送するための機能があります。

パフォーマンス分析がこの情報を使用する方法については、「Self-Service Search for Performance」(パフォーマンスのセルフサービス検索)を参照してください。

カスタマーエクスペリエンス向上プログラム(CEIP)

収集データ 説明 データの利用目的
構成および使用状況データ Citrixカスタマーエクスペリエンス向上プログラム(CEIP)では、Windows向けCitrix Workspaceアプリの構成および使用に関するデータが収集され、そのデータがCitrixとGoogle Analyticsに自動的に送信されます。 このデータは、CitrixがCitrix Workspaceアプリの品質、機能、およびパフォーマンスを向上させ、製品開発目的でリソースを適切に割り当て、サービス レベルを維持し、人員配置とインフラストラクチャへの投資を管理するのに役立ちます。

収集データ

上記のとおり、このデータは、CitrixがCitrix Workspaceアプリの品質、機能、およびパフォーマンスを向上させ、製品開発目的でリソースを適切に割り当て、サービス レベルを維持し、人員配置とインフラストラクチャへの投資を管理するのに役立ちます。データは集計された形式でのみ使用および分析されます。CEIPデータに基づいてユーザーまたはそのマシンが特定されることはなく、特定のエンドユーザーに対する分析も実行されません。

Google AnalyticsおよびCitrix Analyticsが収集する特定のCEIPデータ要素は次のとおりです:

       
オペレーティングシステムバージョン* Citrix Workspaceアプリのバージョン* 認証構成 Citrix Workspaceアプリの言語
セッションの起動方法 接続エラー 接続プロトコル VDA情報
インストーラー構成 インストーラーの状態 クライアントのキーボードレイアウト ストア構成
自動更新の設定 コネクションセンターの使用状況 App Protection構成 オフラインバナーの理由
デバイスモデル/プロパティ Citrix Virtual Apps and Desktopsのセッション起動状態 仮想アプリ/デスクトップ名 自動更新の状態
接続リースの詳細 StoreFrontからWorkspaceへのURLの移行機能の使用状況 Citrix Enterprise Browserの使用状況 チャネルの自動更新
未入力によるタイムアウトの詳細 Citrix Enterprise Browserのバージョン    

注:

バージョン2206以降、Citrix Workspaceアプリは、欧州連合(EU)、欧州経済領域(EEA)、スイス、および英国(UK)にいるユーザーからはCEIPデータを収集しません。この機能を利用したい場合は、Citrix Workspaceアプリを更新してください。

データ収集設定

バージョン2205以降、ユーザーと管理者の両方が、以下の手順に従ってCEIPデータの送信を停止できます(以下の注で指定されている、ブロックできる2つのデータ要素を除く)。

  1. システムトレイのCitrix Workspaceアプリアイコンを右クリックします。
  2. [高度な設定]を選択します。 [高度な設定] ダイアログボックスが開きます。
  3. [データ収集]を選択します。
  4. [いいえ]を選択してCEIPを無効にするか、参加を見送ります。
  5. [保存] をクリックします。

また、管理者として次のレジストリエントリに移動し、推奨されている値を設定することもできます:

パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\ SOFTWARE\Citrix\ICA Client\CEIP

キー: Enable_CEIP

値: False

注:

[同意しません]を選択するか、Enable_CEIPキーをFalseに設定した後、最後の2つのCEIPデータ要素(オペレーティングシステムとCitrix Workspaceアプリのバージョン)の送信を停止する場合は、次のレジストリエントリに移動し、記載のように値を設定することもできます:

パスHKEY_LOCAL_MACHINE\ SOFTWARE\Citrix\ICA Client\CEIP

キーDisableHeartbeat

True

追加情報

Citrixは、お客様のデータをCitrixとの契約条件に従って処理し、Citrix Services Security Exhibitで指定されているとおりに保護します。Citrix Services Security Exhibitは、Citrix Trust Centerで入手できます。

データ収集と監視