展開

次のいずれかの方法でCitrix Workspaceアプリを展開できます:

  • Active Directoryおよびサンプルスタートアップスクリプトを使用してWindows向けCitrix Workspaceアプリを展開します。Active Directoryについては詳しくは、「Active Directoryとサンプルスクリプトの使用」を参照してください。
  • Workspace for Webを使用すると、ブラウザーからアプリケーションを起動する前に、Windows向けCitrix Workspaceアプリを確実にインストールできます。詳しくは、「Workspace for Webの使用」を参照してください。
  • Microsoft System Center Configuration Manager 2012 R2などの電子ソフトウェア配信(ESD)ツールを使用します。詳しくは、「Microsoft System Center 2012 R2 Configuration Managerの使用」を参照してください。

Active Directoryとサンプルスクリプトの使用

Active Directoryのグループポリシースクリプトを使用して、Active Directoryの組織構造に基づいてシステムにWindows向けCitrix Workspaceアプリを展開することができます。.msiファイルの展開ではなくスクリプトの使用をお勧めします。スタートアップスクリプトの概要については、Microsoft社のドキュメントを参照してください。

Active Directoryでスクリプトを使用するには:

  1. 各スクリプトの組織単位を作成します。
  2. 新しく作成した組織単位のグループポリシーオブジェクトを作成します。

スクリプトの編集

各ファイルのヘッダーセクションにあるスクリプトの次のパラメーターを編集します:

  • CURRENT VERSION OF PACKAGE(パッケージの現在のバージョン)- ここに指定するバージョン番号が検証され、そのバージョンが存在しない場合は展開(インストール)が開始されます。たとえば、DesiredVersion= 3.3.0.XXXXに、展開するバージョンの番号を指定します。バージョンの一部(たとえば3.3.0)を指定すると、その接頭辞を持つすべてのバージョン(3.3.0.1111、3.3.0.7777など)に一致します。
  • PACKAGE LOCATION/DEPLOYMENT DIRECTORY(パッケージの場所/展開ディレクトリ)- パッケージを格納するネットワーク共有を指定します。この共有にアクセスするための認証はスクリプトで実行しません。共有フォルダーで読み取りアクセス許可をEVERYONEに設定する必要があります。
  • SCRIPT LOGGING DIRECTORY(スクリプトのログディレクトリ)- インストールログをコピーするネットワーク共有を指定します。この共有にアクセスするための認証はスクリプトで実行しません。共有フォルダーにEveryoneの読み取り/書き込みアクセス許可を設定する必要があります。
  • PACKAGE INSTALLER COMMAND LINE OPTIONS(パッケージインストーラーのコマンドラインオプション)- インストーラーに渡すコマンドラインオプションを指定します。コマンドライン構文については、「コマンドラインパラメーターの使用」を参照してください。

スクリプト

Citrix Workspaceアプリインストーラーには、Citrix Workspaceアプリのインストールおよびアンインストール用のコンピューター単位およびユーザー単位でのサンプルスクリプトが含まれています。スクリプトは、Windows向けCitrix Workspaceアプリのダウンロードページからダウンロードできます。

展開の種類 展開する 削除する
コンピューター単位 CheckAndDeployWorkspacePerMachineStartupScript.bat CheckAndRemoveWorkspacePerMachineStartupScript.bat
ユーザー単位 CheckAndDeployWorkspacePerUserLogonScript.bat CheckAndRemoveWorkspacePerUserLogonScript.bat

スタートアップスクリプトを追加するには:

  1. グループポリシー管理コンソールを開きます。
  2. [コンピューターの構成] または [ユーザーの構成]>[ポリシー]>[Windowsの設定]>[スクリプト] の順に選択します。
  3. グループポリシー管理コンソールの右ペインで [ログオン] を選択します。
  4. [ファイルの表示] を選択して適切なスクリプトを表示されたフォルダーにコピーします。
  5. ダイアログを閉じます。
  6. [スタートアップのプロパティ] ダイアログボックスで [追加] をクリックし、[参照] をクリックして新しく作成したスクリプトを検索し追加します。

Windows向けCitrix Workspaceアプリを展開するには:

  1. 作成した組織単位に展開対象のユーザーデバイスを移動します。
  2. ユーザーデバイスを再起動してログオンします。
  3. 新しくインストールしたパッケージが [プログラムと機能] に表示されることを確認します。

Windows向けCitrix Workspaceアプリを削除するには:

  1. 作成した組織単位に削除対象のユーザーデバイスを移動します。
  2. ユーザーデバイスを再起動してログオンします。
  3. 新しくインストールしたパッケージが[プログラムと機能]に表示されないことを確認します。

Workspace for Webの使用

Windows向けCitrix WorkspaceアプリをWorkspace for Webから展開すると、ブラウザーからアプリケーションに接続する前に、Windows向けCitrix Workspaceアプリのインストールが済んでいることが保証されます。Workspace for Webのサイトを使用すると、ユーザーはWebページを経由してStoreFrontストアにアクセスできます。Workspace for Webのサイトで適切なバージョンのWindows向けCitrix Workspaceアプリがインストールされていないことが検出されると、Windows向けCitrix Workspaceアプリをダウンロードしてインストールするためのページが表示されます。

Workspace for Webを使用して展開されたWindows向けCitrix Workspaceアプリでは、メールアドレスによるアカウント検出機能はサポートされていませんメールアドレスによるアカウント検出機能が構成された環境では、初めて使用するユーザーがWindows向けCitrix WorkspaceアプリをCitrix.comからインストールすると、メールアドレスまたはサーバーアドレスの入力が求められます。ここでユーザーがメールアドレスを入力すると、メールアドレスを使ってアカウントを追加できないという内容のエラーメッセージが表示されます。

ユーザーの混乱を避けるため、サーバーアドレスの入力のみが求められるようにします。

  1. CitrixWorkspaceApp.exeをローカルコンピューターにダウンロードします。
  2. CitrixWorkspaceApp.exeCitrixWorkspaceAppWeb.exeという名前に変更します。
  3. 名前を変更した実行可能ファイルを通常の方法で展開します。StoreFrontを使用する場合は、StoreFrontのドキュメントの「構成ファイルを使ったWorkspace for Webのサイトの構成」を参照してください。

Microsoft System Center 2012 R2 Configuration Managerの使用

Microsoft System Center Configuration Manager(SCCM)を使用して、Citrix Workspaceアプリを展開できます。

注:

Citrix Receiver for Windowsバージョン4.5以降のみがSCCM展開環境をサポートします。

SCCMを使用してWindows向けCitrix Workspaceアプリを展開する方法は4段階に分けられます:

  1. Citrix WorkspaceアプリをSCCM展開環境に追加する
  2. 配布ポイントを追加する
  3. Citrix Workspaceアプリをソフトウェアセンターに展開する
  4. デバイスコレクションを作成する

Citrix WorkspaceアプリをSCCM展開環境に追加する

  1. ダウンロードしたCitrix WorkspaceアプリのインストールフォルダーをConfiguration Managerサーバー上のフォルダーにコピーして、Configuration Managerコンソールを起動します。

  2. [ソフトウェアライブラリ][アプリケーション管理] の順に選択します。[アプリケーション] を右クリックして、[アプリケーションの作成] を選択します。 アプリケーションの作成ウィザードが開きます。

  3. [全般] ページで [アプリケーションの情報を手動で指定する] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  4. [一般情報] ペインで、アプリケーションの情報(名前、製造元、ソフトウェアバージョンなど)を指定します。

  5. アプリケーションカタログウィザードで、追加の情報(言語、アプリケーション名、ユーザーカテゴリなど)を指定して、[次へ] をクリックします。

    注:

    ユーザーはここで指定した情報を表示できます。

  6. [展開の種類] ペインで、[追加] を選択してWindows向けCitrix Workspaceアプリのセットアップで展開の種類を構成します。

    展開の種類の作成ウィザードが開きます。

  7. [全般] ペイン:展開の種類をWindowsインストーラー(*.msiファイル)に設定し、[展開の種類の情報を手動で指定する] を選択して、[次へ] をクリックします。
  8. [一般情報] ペイン:展開の種類の詳細(例:Workspaceの展開)を指定して、[次へ] をクリックします。
  9. [コンテンツ] ペイン:

    1. Citrix Workspaceアプリセットアップファイルのある場所へのパスを指定します。例:SCCMサーバー上のツール。
    2. [インストールプログラム] に次のいずれかを指定します:
      • CitrixWorkspaceApp.exe /silentを指定して、サイレントインストールする。
      • CitrixWorkspaceApp.exe /silent /includeSSONを指定して、ドメインパススルーを有効にする。
      • CitrixWorkspaceApp.exe /silent SELFSERVICEMODE=falseを指定して、セルフサービスモード以外でCitrix Workspaceアプリをインストールします。
    3. [アンインストールプログラム]CitrixWorkspaceApp.exe /uninstallを指定します(SCCMでのアンインストールを有効にする)。
  10. [検出方法] ペイン:[この展開の種類のプレゼンスを検出する規則を構成する] を選択して [句の追加] をクリックします。 [検出方法]ダイアログボックスが開きます。

    • [設定の種類] をファイルシステムに設定します。
    • [このアプリケーションを検出するためのファイルまたはフォルダーを指定してください] で、次のように設定します:
      • 種類 - ドロップダウンリストから、[ファイル]を選択します。
      • パス - %ProgramFiles (x86)%\Citrix\ICA Client\Receiver\
      • ファイル名またはフォルダー名 - receiver.exe
      • プロパティ - ドロップダウンリストから [バージョン] を選択します
      • 演算子 - ドロップダウンリストから [次の値より大きいか等しい] を選択します
      • 値 - 4.3.0.65534を入力します

    注:

    この規則の組み合わせは、Windows向けCitrix Workspaceアプリのアップグレードにも適用されます。

  11. [ユーザー側の表示と操作] ペインで、次の値を設定します:

    • [インストールの動作] - [システム用にインストールする]
    • [必要なログオン状態] - [ユーザーのログオン状態に関係なし]
    • [インストールプログラムの表示] - [通常] [次へ]をクリックします。

    注:

    この展開の種類には、要件や依存関係を指定しないでください。

  12. [概要]ペインで、この展開の種類の設定を確認します。[次へ] をクリックします。

    成功メッセージが表示されます。

  13. [完了]ペイン の[展開の種類]一覧に新しい展開の種類(Workspaceの展開)が表示されます。

  14. [次へ] をクリックして、[閉じる] をクリックします。

配布ポイントを追加する

  1. Configuration ManagerコンソールでCitrix Workspaceアプリを右クリックして、[コンテンツの配布] を選択します。

    コンテンツの配布ウィザードが開きます。

  2. [コンテンツの配布]ペインで、[追加]>[配布ポイント] を選択します。

    [配布ポイントの追加]ダイアログボックスが開きます。

  3. コンテンツが利用可能なSCCMサーバーに移動して、[OK] をクリックします。

    [完了]ペインで、成功メッセージが表示されます。

  4. [閉じる] をクリックします。

Citrix Workspaceアプリをソフトウェアセンターに展開する

  1. Configuration ManagerコンソールでCitrix Workspaceアプリを右クリックして、[展開] を選択します。

    ソフトウェアの展開ウィザードが開きます。

  2. アプリケーションを展開するコレクション(デバイスコレクションまたはユーザーコレクション)を検索して、[次へ] をクリックします。

  3. [展開設定] ペインで [アクション] を[インストール]に [目的] を[必須]に設定します(無人インストールを有効にする)。[次へ] をクリックします。

  4. [スケジュール] ペインで、対象のデバイスでソフトウェアを展開するスケジュールを指定します。

  5. [ユーザー側の表示と操作] ペインで、[ユーザーへの通知] 動作を設定します。[メンテナンスの期限または期間中の変更を確定する(再起動が必要)] を選択し、[次へ] をクリックしてソフトウェアの展開ウィザードを終了します。

[完了]ペインで、成功メッセージが表示されます。

対象のエンドポイントデバイスを再起動します(すぐにインストールを開始する場合のみ必要)。

エンドポイントデバイスのCitrix Workspaceアプリは、利用可能なソフトウェアのソフトウェアセンターに表示されます。構成したスケジュールに基づいて、自動的にインストールが開始します。また、オンデマンドでスケジュール設定したり、インストールしたりできます。インストールの状態は、インストールの開始後、ソフトウェアセンターに表示されます。

デバイスコレクションを作成する

  1. Configuration Managerコンソールを起動して、[資産とコンプライアンス][概要][デバイス] の順に選択します。

  2. [デバイスコレクション] を右クリックして、[デバイスコレクションの作成] を選択します。

    デバイスコレクションの作成ウィザードが開きます。

  3. [全般]ペインでデバイスの [名前] を入力して、[参照] をクリックして[限定コレクション]を検索します。

    これによって、デバイスの対象が決定されます。SCCMで作成されるデフォルトのデバイスコレクションの場合もあります。 [次へ] をクリックします。

  4. [メンバーシップの規則]ペインで、[規則の追加] を選択してデバイスを絞り込みます。

    ダイレクトメンバーシップの規則の作成ウィザードが開きます。

    • [リソースの検索]ペインで、絞り込みたいデバイスに基づいて [属性名] を選択し、属性名を入力して、デバイスを選択します。
  5. [次へ] をクリックします。[リソースの選択]ペインで、デバイスコレクションの一部にする必要があるデバイスを選択します。

    [完了]ペインで、成功メッセージが表示されます。

  6. [閉じる] をクリックします。

  7. [メンバーシップの規則]ペインで、新しい規則の一覧が[次へ]をクリックの下に表示されます。

  8. [完了]ペインで、成功メッセージが表示されます。[閉じる] をクリックして、デバイスコレクションの作成ウィザードを完了します。

    [デバイスコレクション] の一覧に新しいデバイスコレクションが表示されます。新しいデバイスコレクションは、ソフトウェアの展開ウィザードの参照中のデバイスコレクションの一部です。

注:

MSIRESTARTMANAGERCONTROL属性をFalseに設定すると、SCCMを使用したWindows向けCitrix Workspaceアプリの展開が失敗することがあります。 分析によると、Windows向けCitrix Workspaceアプリはこのエラーの原因ではありません。再試行で展開が成功することがあります。