Linux Virtual Delivery Agent

リモートPCアクセス

概要

リモートPCアクセスは、Citrix Virtual Apps andDesktopsの拡張機能です。これにより、組織は従業員が物理的なオフィスPCに安全な方法でリモートアクセスできるようにします。ユーザーが社内PCにアクセスできる場合、作業に必要なすべてのアプリケーション、データ、リソースにアクセスできます。

リモートPCアクセスでは、仮想デスクトップとアプリケーションを配信するのと同じCitrix Virtual Apps and Desktopsコンポーネントが使用されます。リモートPCアクセスの展開と構成の要件およびプロセスは、仮想リソース配信のためのCitrix Virtual Apps and Desktopsの展開に必要な要件およびプロセスと同じです。この統一性により、一貫性のある統一された管理エクスペリエンスが実現されます。ユーザーは、Citrix HDXを使用してリモートオフィスPCセッションを提供することで、最高のユーザーエクスペリエンスを実現できます。

詳しくは、Citrix Virtual Apps and Desktopsドキュメントの「リモートPCアクセス」を参照してください。

構成

Linux PCセッションを配信するには、対象のPCにLinux VDAをインストールし、リモートPCアクセスタイプのマシンカタログを作成し、配信グループを作成して、アクセスを要求するユーザーがマシンカタログ内のPCを利用できるようにします。次のセクションでは、手順について詳しく説明します:

手順1 - 対象のPCにLinux VDAをインストールする

簡単インストールを使用してLinux VDAをインストールすることをお勧めします。インストール中、CTX_XDL_VDI_MODE変数の値をYに設定します。

手順2 - リモートPCアクセスタイプのマシンカタログを作成する

  1. Citrix Studioで [マシンカタログ] を右クリックし、ショートカットメニューから [マシンカタログの作成] を選択します。

    [マシンカタログの作成]を選択した画像

  2. [はじめに] ページで [次へ] をクリックします。

    [はじめに]ページの画像

  3. [オペレーティングシステム] ページで [リモートPCアクセス] を選択します。

    [リモートPCアクセス]を選択した画像

  4. [OUの追加] をクリックして対象のPCを含むOUを選択するか、[マシンアカウントの追加] をクリックして個別のマシンをマシンカタログに追加します。

    OUまたはマシンアカウントを追加する画像

  5. マシンカタログに名前を付けます。

    マシンカタログの命名画像

  6. (オプション)マシンカタログを右クリックして、必要な操作を実行します。

    マシンカタログの操作の画像

手順3 - デリバリーグループを作成してアクセスを要求したユーザーがマシンカタログでPCを利用できるようにする

  1. Citrix Studioで [デリバリーグループ] を右クリックし、ショートカットメニューで [デリバリーグループの作成] を選択します。

    [デリバリーグループの作成]を選択した画像

  2. [デリバリーグループの作成]ページで [次へ] をクリックします。

    [デリバリーグループ]ページのはじめにの画像

  3. 手順2で作成したマシンカタログを選択して、デリバリーグループに関連付けます。

    マシンカタログをデリバリーグループに関連付ける画像

  4. PCにアクセスできるユーザーをマシンカタログに追加します。追加したユーザーは、クライアントデバイス上のCitrix Workspaceアプリを使用して、PCにリモートでアクセスできます。

    マシンカタログにPCにアクセスできるユーザーを追加する画像

注意事項

次の考慮事項は、Linux VDAに固有のものです:

  • Linux VDAは、非3Dモードの物理マシンでのみ使用します。NVIDIAのドライバーの制限により、HDX 3Dモードが有効になっている場合、PCのローカル画面はブラックアウトせず、画面にはセッションのアクティビティが表示されます。この画面の表示は、セキュリティ上のリスクです。

  • 物理Linuxマシンには、単一セッションOSタイプのマシンカタログを使用します。

  • 統合されたWake on LAN機能は、Linuxマシンでは使用できません。

  • Linuxマシンでは、自動ユーザー割り当ては使用できません。自動ユーザー割り当てを使用すると、ユーザーはPCにローカルでログオンしたときに、自分のマシンに自動的に割り当てられます。このログオンには、管理者による介在は必要ありません。クライアントデバイス上で動作するCitrix Workspaceアプリにより、リモートPCアクセスセッションで社内のPC上のアプリケーションやデータにアクセスできます。

  • ユーザーがすでにローカルでPCにログオンしている場合、StoreFrontからPCを起動しようとすると失敗します。

  • Linuxマシンでは、省電力オプションは使用できません。

その他のリソース

リモートPCアクセスのその他のリソースは次のとおりです:

リモートPCアクセス