Profile Management

OneDriveコンテナを有効にする(プレビュー)

OneDriveコンテナを使用すると、OneDriveフォルダーをユーザーと一緒にローミングできます。これにより、ユーザーは任意のコンピューター上の同じOneDriveフォルダーにアクセスできます。

OneDriveコンテナは、VHDXベースのフォルダー移動ソリューションです。Profile Managementは、ファイル共有上のユーザーごとにVHDXファイルを作成し、ユーザーのOneDriveフォルダーをVHDXファイルに保存します。VHDXファイルは、ユーザーがログオンすると接続され、ユーザーがログオフすると解除されます。

OneDriveコンテナは、どちらのCitrixプロファイルソリューションでも使用できます:

  • ネットワークコピーベースのソリューション。ユーザープロファイルは、ログオン時にリモートユーザーストアからローカルコンピューターにコピーされ、ログオフ時にはコピーして戻されます。
  • VHDXベースのソリューション。ユーザープロファイルは、VHDXファイル(プロファイルコンテナと呼ばれます)に保存されます。これらのVHDXファイルは、ユーザーのログオン時に動的に接続されます。

OneDriveコンテナを展開するための一般的なワークフローは次のとおりです:

  1. (オプション)VHDXファイルの格納先のパスを指定する
  2. OneDriveコンテナを有効にして構成する

注:

Citrix Profile Management 2206以降では、プロファイルコンテナを使用してプロファイル全体を保存する場合、OneDriveフォルダーはデフォルトでユーザーと一緒に移動します。ただし、別のコンテナを使用してOneDriveフォルダーを移動したい場合は、OneDriveコンテナを有効にすることもできます。

(オプション)VHDXファイルの格納先のパスを指定する

デフォルトでは、OneDriveコンテナのVHDXファイルは、ユーザーストアと同じストレージサーバーに保存されます。

たとえば、ユーザーストアのパスを次のように構成します:

\\myprofileserver\profiles$\%username%.%domain%\!ctx_osname!.!ctx_osbitness!

その後、OneDriveコンテナのVHDXファイルは次の場所に保存されます:

\\myprofileserver\profiles$\%username%.%domain%\!ctx_osname!.!ctx_osbitness!\OneDrive

必要に応じて、別のファイル共有を指定してOneDriveフォルダー用のVHDXディスクを保存することもできます。詳しくは、「VHDXファイルの格納先のパスを指定する」を参照してください。

OneDriveコンテナを有効にして構成する

OneDriveコンテナポリシーを有効にし、VHDXファイルに保存するOneDriveフォルダーを指定します。詳細な手順は次のとおりです:

  1. グループポリシー管理エディターを開きます。
  2. [ポリシー]>[管理用テンプレート:ポリシー定義(ADMXファイル)]>[Citrixコンポーネント]>[Profile Management]>[詳細設定]に移動して、[OneDriveコンテナを有効にする] をダブルクリックします。
  3. [Enabled] をクリックします。
  4. [OneDriveフォルダーの一覧] フィールドで、[表示]をクリックします。
  5. ユーザープロファイルへの相対パスの形式でOneDriveフォルダーを入力し、[OK]をクリックします。

    たとえば、OneDriveフォルダーの絶対パスが%userprofile%\OneDrive - Citrixの場合、リストにOneDrive - Citrixを追加します。

    注:

    相対パスには、!CTX_OSNAME!!CTX_OSBITNESS!などの変数を含めることはできません。

  6. [OK] をクリックします。
OneDriveコンテナを有効にする(プレビュー)