イメージ作成ウィザードによるvDiskの作成

イメージ作成ウィザードを使用して、マスターターゲットデバイスから基本vDiskイメージを自動的に作成します。

前提条件

Windows NT 6.x:

Citrix Provisioningイメージ作成ウィザードにより、ボリュームシャドウコピーサービス(VSS)と連動するブロックベースの複製ソリューションが提供されます。

  • 各ローカルディスクパーティションは、個別にvDiskに複製されます。ローカルディスクに個別の「システム予約」パーティションがある場合は、ソースパーティションとしてそれを含める必要があります。
  • ソースパーティションの空き容量にかかわらず、各複製先パーティションはソースパーティションよりも大きい必要があります。
    • より大きな複製先パーティションが必要な場合は、イメージ作成が完了した後でWindowsの[ディスクの管理]の[ボリュームの拡張]を使用します。
    • より小さな複製先パーティションが必要な場合は、イメージを作成する前にWindowsの[ディスクの管理]の[ボリュームの縮小]を使用することで、ソースパーティションのサイズを変更することができます。

ヒント:

イメージ作成処理が完了する前にWindowsの再起動要求メッセージが表示された場合は、イメージ作成が正常に完了するまで要求を無視してください。

イメージ作成

イメージ作成ウィザードにより、ファームに接続するための情報、およびこの特定のvDiskに適用する、適切な資格、Active Directory、およびライセンスの情報の入力が求められます。

  1. マスターターゲットデバイスでWindowsの[スタート] ボタンをクリックし、[Citrix]>[Citrix Provisioning]>[イメージ作成ウィザード] の順に選択します。ウィザードの [ようこそ] ページが開きます。
  2. [次へ] をクリックします。[ファームへの接続] ページが開きます。
  3. ファーム内の接続先Citrix Provisioningサーバーの名前またはIPアドレスと、接続に使用するポートを入力します。
  4. Windows資格情報を使用するか(デフォルト)、別の資格情報を入力して [次へ] をクリックします。Active Directoryを使用する場合は適切なパスワード情報を入力します。
  5. [Microsoftボリュームライセンス] ページでターゲットデバイスに使用するボリュームライセンスオプションを選択します。ボリュームライセンスを使用しない場合は [なし] をクリックします。Microsoftボリュームライセンスのオプションは次のとおりです。
  6. vDiskを作成するか(デフォルト)、vDisk名を入力することで既存のvDiskを使用することを選択して [次へ] をクリックします。
  7. 新しいvDiskを作成する場合は、[新規vDisk] ダイアログボックスが開きます。
    1. vDiskの名前を入力します。
    2. vDiskを配置するストアを選択します。
    3. 適切なボックスの一覧からvDiskの形式を選択します。[VHDX形式]が [動的] である場合は、[VHDXブロックサイズ] ボックスの一覧から [2MB] または [16MB] を選択します。
    4. [次へ] をクリックして、[イメージボリュームの構成] ページでボリュームのサイズを定義します。
  8. [次へ] をクリックします。[ターゲットデバイスの追加] ページが開きます。
  9. ターゲットデバイス名、マスターターゲットデバイスにターゲットデバイスソフトウェアをインストールしたときに選択したNICに関連付けられているMACアドレス、およびこのデバイスを追加するコレクションを選択します。[次へ] をクリックします。ターゲットデバイスが既にファームに属している場合は [既存のターゲットデバイス] ページが開きます。
  10. [次へ] をクリックします。[ファームの変更の概要] ページが開きます。
  11. オプションで(仮想マシンの起動にvDiskが使用されない場合)、Citrix Provisioningで使用するためにvDiskを最適化することを選択します。
  12. すべての変更を確認して [完了] をクリックします。確認メッセージが表示されます。
  13. 確認メッセージに対して [はい] をクリックしてイメージ作成処理を開始します。
バージョン

イメージ作成ウィザードによるvDiskの作成

この記事の概要