Citrix Analytics for Security

よくあるご質問

この文書では、Citrix Analytics に関するよくある質問について説明します。

データソース

データソースとは

データソースは、Citrix Analyticsにデータを送信するCitrixサービスおよび製品です。

詳細の表示: データソース

データソースを追加する方法

Citrix Analytics にログオンした後、[ようこそ]画面で[はじめに]を選択し、Citrix Analyticsにデータソースを追加します。または、 [設定] > [データソース] に移動して、データソースを追加することもできます。

Citrix ADM エージェント

オンプレミスのHypervisor にエージェントをインストールするための最小リソース要件は何ですか?

8 GB RAM、4 仮想 CPU、120 GB ストレージ、1 仮想ネットワークインターフェイス、1 Gbps スループット

Provisioning 中にCitrix ADMエージェントに追加のディスクを割り当てる必要がありますか?

いいえ、ディスクを追加する必要はありません。エージェントは、Citrix Analytics とエンタープライズデータセンター内のインスタンスの間の仲介者としてのみ使用されます。追加のディスクを必要とするインベントリまたは分析データは格納されません。

エージェントにログオンするためのデフォルトの認証情報は何ですか?

エージェントにログオンするためのデフォルトの認証情報は、nsrecover/nsrootです。これにより、エージェントのシェルプロンプトにログオンします。

間違った値を入力した場合、エージェントのネットワーク設定を変更するにはどうすればよいですか?

Hypervisor エージェントコンソールにログオンし、資格情報nsrecover/nsroot を使用してシェルプロンプトにアクセスし、コマンドnetworkconfigを実行します。

サービスURLとアクティベーションコードが必要なのはなぜですか?

エージェントはサービス URL を使用してサービスを検索し、アクティベーションコードを使用してエージェントをサービスに登録します。

エージェントコンソールでサービス URL を間違って入力した場合、どのように再入力できますか?

資格情報nsrecover/nsroot を使用してエージェントのシェルプロンプトにログオンし、「deployment_type.py」と入力します。このスクリプトを使用すると、サービス URL とアクティベーションコードを再入力できます。

新しいアクティベーションコードを取得するにはどうすればよいですか?

Citrix ADMサービスから新しいアクティベーションコードを取得できます。Citrix ADMサービスにログオンし、 「ネットワーク」>「エージェント」の順に選択します。[ エージェント ] ページの [ アクションの選択 ] リストから、[ アクティベーションコードの生成 ] を選択します。

アクティベーションコードを複数のエージェントで再利用できますか?

いいえ、あなたはできません。

いくつのCitrix ADMエージェントをインストールする必要がありますか?

エージェントの数は、データセンター内の管理対象インスタンスの数と総スループットによって異なります。各データセンターに少なくとも1つのエージェントをインストールすることをお勧めします。

複数のCitrix ADMエージェントをインストールするにはどうすればよいですか?

[データソース]ページで、Citrix Gateway の横のプラス記号(+)をクリックし、指示に従って別のエージェントをインストールします。

または、Citrix ADM GUIにアクセスし、「ネットワーク」>「エージェント」の順に選択し、「エージェントの設定」をクリックして複数のエージェントをインストールすることもできます。

高可用性セットアップで 2 つのエージェントをインストールできますか?

いいえ、あなたはできません。

エージェントの登録に失敗した場合の対処方法

  • エージェントがインターネットにアクセスできることを確認します(DNSの設定)。

  • アクティベーションコードを正しくコピーしたことを確認します。

  • サービス URL が正しく入力されていることを確認してください。

  • 必要なポートが開いていることを確認します。

登録は成功しますが、エージェントが正常に動作しているかどうかはどうすればわかりますか?

エージェントが正常に動作しているかどうかを確認するには、次の操作を行います。

  • エージェントが正常に登録されたら、Citrix ADMにアクセスし、[ ネットワーク]>[エージェント]の順に選択します。このページでは、検出されたエージェントを表示できます。エージェントが正常に動作している場合、ステータスは緑色のアイコンで示されます。実行中でない場合、状態は赤いアイコンで示されます。

  • エージェントのシェルプロンプトにログオンし、次のコマンドを実行します:ps -ax | grep masおよびps -ax | grep ulfd。次のプロセスが実行されていることを確認します。

    登録の問題

  • いずれかのプロセスが実行されていない場合は、 masd restartコマンドを実行します。この処理には、すべてのデーモンの起動に時間がかかる場合があります (1 分程度)。

  • エージェントの登録に成功したら、/mpsconfigagent.confが作成されていることを確認します。

Citrix Gateway インスタンスのオンボーディング

Citrix Gateway インスタンスはCitrix Analytics に追加されますが、エージェントでAnalyticsが有効になっているかどうかはどのように確認できますか?

エージェントのシェルプロンプトを使用して、エージェントで分析が有効になっているかどうかを確認できます。エージェントで分析が正常に有効化されると、/mpsconfig/telemetry_cloud.confファイル でturnOnEventパラメータがYに設定されます。

エージェントのシェルプロンプトにログオンし、cat/mpsconfig/telemetry_cloud.confコマンドを実行し、turnOnEventパラメーターの値を検証します。

エージェントが有効であることの確認

Citrix Gateway のオンボーディングウィザードを誤って閉じてしまいました。設定を最初から開始する必要がありますか?

いいえ。 Citrix Analytics では進行状況が保存され、[データソース] > [設定] ページに不完全な構成がタイルとして表示されます。[ セットアップの続行 ] をクリックして、設定を完了します。

Virtual Apps and Desktopsサイトのオンボーディング

Citrix Analytics 用のDelivery Controllerにエージェントを追加できますか?

はい!エージェントを追加すると、サイトの高可用性が保証され、Citrix Analytics では、いずれかのDelivery Controllerが使用できなくなった場合でも、ユーザーの行動を分析し続けることができます。

エージェントを追加するには、次の手順に従います。

  1. サイトカードをクリックし、[ サイトの詳細の表示] をクリックします。Citrix Analytics では、サイトで使用可能なDelivery Controllerのリストが表示されます。

  2. 追加するデリバリーコントローラの[ エージェントのインストール] をクリックします。インストールが完了すると、エージェントの状態が「オンライン」に変わります。

データ処理をオフにするにはどうすればよいですか?

サイトからCitrix Analytics へのデータ処理を一時的に無効にするには、[サイト]カードをクリックし、[ データ処理をオフにする]をクリックします。

自分のサイトをWorkspaceに追加して「STAのテスト」をクリックすると、テストは失敗します。どうしたらいいですか?

Citrix Gateway とクラウドコネクタ間の接続に問題がある可能性があります。トラブルシューティングを行うには、Citrix サポートナレッジセンターの「CTX232517」を参照してください。

Citrix Analytics に関するヘルプはどこで入手できますか?

Citrix Analytics yticsディスカッションフォーラム(https://discussions.citrix.com/forum/1710-citrix-analytics/)で質問したり、Citrix Analyticsエキスパートと交流することができます。

フォーラムに参加するには、Citrix IDでサインインする必要があります。