StoreFront

パスワードの有効期限切れ通知期間の構成

重要:

複数サーバーによる展開環境では、複数のサーバー上で同時にサーバーグループの構成を変更しないでください。展開内のほかのサーバー上でCitrix StoreFront管理コンソールを同時に実行していないことを確認してください。変更が完了したら、構成の変更をサーバーグループに反映させて、展開内のほかのサーバーを更新します。

Citrix Receiver for Webサイトのユーザーがいつでもパスワードを変更できるように設定してある場合(「認証方法の管理」を参照)は、パスワードの有効期限切れが近いローカルユーザーがログオンしたときに通知するかどうかを構成できます。デフォルトでは、ユーザーに対する通知期間は、適用されるWindowsポリシーの設定によって決まります。

すべてのユーザーに対するカスタムの通知期間を設定するには、認証サービスのweb.configファイルを編集します。

  • デフォルトストアの場合は、次のファイルを編集します: C:\inetpub\wwwroot\Citrix\Authentication\web.config
  • カスタムストアの場合は、次のファイルを編集します: C:\inetpub\wwwroot\Citrix\customAuth\web.config
  1. 次のExplicit構成を検索します:

    <explicitBL authenticator="defaultDelegatedAuthenticator" requireAccountSIDs="true"
      hideDomainField="true" allowUserPasswordChange="Never" showPasswordExpiryWarning="Windows"
      passwordExpiryWarningPeriod="10" explicitJsonEnabled="true"
      allowZeroLengthPassword="false">
      <domainSelection default="">
        <clear />
      </domainSelection>
      <accountPolicy allowUnlockAccount="false" allowResetPassword="false" />
    </explicitBL>
    <!--NeedCopy-->
    
  2. パスワードの有効期限通知を無効にするには、showPasswordExpiryWarning="Never"を使用します。
  3. カスタムの通知期間(例:パスワードの有効期限の10日前)を設定するには、showPasswordExpiryWarning="Custom"passwordExpiryWarningPeriod="10"を使用します。

注:

StoreFrontでは、Active Directoryの細かい設定が可能なパスワードポリシーはサポートされません。

パスワードの有効期限切れ通知期間の構成