StoreFront

新機能

1912 LTSRの新機能

StoreFrontのバージョン1912には、次の新機能と強化された機能があります。

StoreFrontプロトコルハンドラーが、Android向けWorkspaceアプリを搭載したChromeデバイスをサポートするようになりました

ChromeデバイスでユーザーがCitrix Receiver for Webサイトを開くと、Android向けCitrix Workspaceアプリ1912以降がインストールされている場合、起動時にブラウザーがAndroid向けCitrix Workspaceアプリを使用して自動的にICAファイルを開きます。

Android向けCitrix Workspaceアプリがインストールされているかを判断するLinuxのクライアント検出ワークフローは、ChromeブラウザーがChromeデバイスで使用されている場合、Windows向けCitrix WorkspaceアプリおよびMac向けCitrix Workspaceアプリの場合と同一の形式になりました。以前のリリースでは、ChromeデバイスのユーザーはダウンロードしたICAファイルを最初に手動で開く必要がありました。

アプリ保護ポリシーのサポート

StoreFront 1912は、Citrix WorkspaceアプリやCitrix Virtual Apps and Desktops Delivery Controllerなどの他のCitrixコンポーネントもアプリ保護機能をサポートしている場合、セキュリティを強化するアプリ保護ポリシーをサポートします。アプリ保護ポリシーはデリバリーグループレベルで設定され、Citrix Virtual Apps and Desktopsがアプリ保護ポリシーを使用するかどうかを決定します。StoreFront内でアプリ保護機能を手動で有効にする必要があります。StoreFrontがアプリ保護ポリシーをサポートするCitrix WorkspaceアプリからHTTPヘッダー「X-Citrix-AppProtection-Capable」を含む要求を受信すると、StoreFrontはアプリ保護ポリシーをサポートすることを示すスマートアクセスタグをCitrix Virtual Apps and Desktopsに自動的に送信します。アプリ保護ポリシーを使用したデリバリーグループの構成について詳しくは、「アプリ保護」を参照してください。

StoreFrontサーバーでアプリ保護を有効にするには、StoreFrontサーバーで次のPowerShellコマンドを実行します:Add-STFFeatureState -Name "Citrix.StoreFront.AppProtectionPolicy.Control" -IsEnabled $True。(複数サーバーのStoreFront展開環境では、手動でサーバーグループ内のほかのサーバーに変更を反映する必要があります。「サーバーグループへのローカルの変更の反映」を参照してください。)

この機能がStoreFrontサーバー上で有効になっていることを確認するには 、次のPowerShellコマンドを使用します: Get-STFFeatureState -Name "Citrix.StoreFront.AppProtectionPolicy.Control

デスクトップアプライアンスサイトのサポート終了

ユーザーがデスクトップアプライアンスサイトのデスクトップにアクセスするためのStoreFrontサポートは、Citrix Virtual Apps and Desktops 7 1811での廃止が発表されました。このリリースでは、デスクトップアプライアンスサイトはサポートされなくなりました。ドメイン不参加のユースケースではCitrix WorkspaceアプリのDesktop Lockの使用をお勧めします。

警告:

StoreFront 1912にアップグレードすると、展開内のデスクトップアプライアンスサイトは自動的に削除されます。「StoreFrontのアップグレード」を参照してください。

StoreFront PowerShell SDK

StoreFront PowerShell SDKは、バージョン1912として再公開されました。PowerShellを使用してデスクトップアプライアンスサイトを作成または管理することはできなくなりました。

新機能