PoC ガイド:Citrix サービスとしてのデスクトップ (DaaS) 入門

概要

Citrix Desktops-as-a-Service(DaaS)を使用すると、セットアップ、アップグレード、監視のほとんどをCitrixに任せながら、どのデバイスからでも従業員に完全なワークスペースを提供できます。IT部門は、バックエンドの仮想マシン、アプリケーション、ポリシーの管理と制御を継続しますが、Citrix環境を維持するために必要なすべての主要なインフラストラクチャ、インストール、セットアップ、アップグレードは、Citrixが管理します。これにより、管理上の過負荷が軽減され、最新の機能をすべて利用できます。

概念アーキテクチャ

Citrix DaaS アーキテクチャ

コンポーネント

Citrix がホストする:

  • ワークスペース:アプリケーション、デスクトップ、ファイル、およびマイクロアプリをエンドユーザーに安全に配信できる完全なデジタルワークスペース
  • ゲートウェイサービス:アプリケーションとデータへの安全でコンテキストに応じたリモートアクセスを可能にします
  • DaaS: IT部門がエンドユーザーに仮想アプリケーションとデスクトップを提供できるようにする

お客様が主催する:

  • Cloud Connector:Citrix Cloud とリソースの場所との間の通信チャネルとして機能します。これはお客様のリソースの場所内でホストされますが、Citrixによって管理され、常緑に保たれます。Citrix Cloudとの通信が失われることがないように、リソースの場所ごとに少なくとも2つのCloud Connectorを使用することをお勧めします。
  • Virtual Delivery Agent:VDAはCloud Connectorへの登録に使用されるため、エンドユーザーのデバイスと仮想マシンの間で接続を仲介できます。

スコープ

この概念実証ガイドでは、次の内容について説明します。

  1. Citrix Cloudアカウントを作成する
  2. Citrix DaaS トライアルをリクエストする
  3. リソースの場所の作成とCitrix Cloud Connectorのインストール
  4. 仮想マシンへのCitrix Virtual Delivery Agentのインストール
  5. Citrix DaaSでのマシンカタログの作成
  6. デリバリーグループの作成
  7. Citrix Workspace からセッションを起動する

前提条件

仮想マシンの要件

この POC を開始する前に、イメージを作成し、エンドユーザーに配信するアプリケーションをインストールする必要があります。

Virtual Delivery Agent(VDA)は、アプリケーションとデスクトップを配信する物理マシンまたは仮想マシンごとに必要です。これらはCloud Connectorに登録されます。VDAは、シングルセッションOSまたはマルチセッションOSにインストールできます。次のオペレーティングシステムがサポートされています:

Cloud Connector 要件

Cloud Connectorは、Citrix Cloudでホストされているコンポーネントとリソースの場所でホストされているコンポーネント間の通信チャネルとして機能します。Cloud Connectorは、Citrix CloudのDelivery Controllerのプロキシとして機能します。 環境にCitrix Cloud Connectorをインストールするには、Windows Server 2012 R2以降のサーバーマシン/仮想マシンを2つ以上必要とします。これら 2 台のマシンには静的 IP が必要です。これらのマシンのWindowsインストールとドメイン参加は、事前に行われている必要があります。 Cloud Connectorのシステム要件はこちらですクラウドコネクタのインストールに関するガイダンスをここで確認してください。 Citrix Cloud Connectorが実行されるマシンには、Citrix Workspace経由でインターネット上で使用可能にするすべての仮想マシンへのネットワークアクセスが必要です。

Citrix Cloud Connectorのインストール(インストーラーがこれらのチェックを実行する)いくつかの要件は次のとおりです。

Citrix Cloud Connectorマシンには、ポート443、 および*.digicert.comへのポート80への送信インターネットアクセスが必要です。ポート 80 の要件は、X.509 証明書の検証です。 詳細はこちら

Microsoft .NET Framework 4.7.2 以降がマシンにプレインストールされている必要があります

マシンの時刻は UTC と同期する必要があります

Cloud Connector接続チェックユーティリティツールを使用して 、Citrix Cloud とその関連サービスの到達可能性をテストできます。

展開手順

Citrix Cloud アカウントの作成

既存のCitrix Cloud をご利用の場合は、次のセクション「 Citrix DaaSトライアルのリクエスト」に進んでください。アクティブなCitrix Cloudアカウントがあることを確認します。アカウントの有効期限が切れている場合は、アカウントマネージャーに連絡して有効にしてください。

新しいCitrix Cloud アカウントにサインアップする必要がある場合は、こちらのステップバイステップの手順に従ってください。 Citrix Cloud へのサインアップ

Citrix DaaS トライアルをリクエストする

  1. Citrix Cloud アカウントにサインインします
  2. 管理コンソールで、 試用するサービス(この場合はCitrix DaaS)の[試用版をリクエスト]を選択します。

注: 一部のサービスでは、サービスを試す前にCitrix 営業担当者にデモを依頼する必要があります。デモをリクエストすると、組織のクラウドサービスのニーズについてCitrix 営業担当者と話し合うことができます。また、Citrixの営業担当者は、お客様が正常にサービスを使用するために必要なすべての情報を提供します。

トライアルが承認され、使用できる状態になると、Citrix から電子メール通知が送信されます。

リソースの場所を作成する

リソースの場所には、アプリケーションとデスクトップをユーザーに配信するために必要なリソースが含まれます。リソースの場所には、アクティブな配信ドメインコントローラー、ハイパーバイザーまたはクラウドサービス (ホスト)、セッションホスト、Cloud Connectorが含まれます。

  1. Cloud ConnectorからCitrix Cloudコンソールにログインします (これはRDP経由で実行できます)
  2. [リソースの場所 ] で [編集] または [新規追加

Citrix Virtual Apps and Desktopsリソースの場所の追加または編集

  1. [ リソースの場所の追加] をクリックします。

Citrix Virtual Apps and Desktopsリソースの場所の追加

  1. 新しいリソースの場所の右上にある省略記号をクリックします 。[ リソースの場所を管理] をクリックします。

Citrix Virtual Apps and Desktops がリソースの場所を管理

  1. 新しいリソースの場所の新しい名前を入力します 。[ 確認] をクリックします

Citrix Virtual Apps and Desktopsの名前リソースロケーション

  1. 新しく作成したリソースの場所の下にある [ + Cloud Connector] をクリックします。

Citrix Virtual Apps and Desktopsクラウドコネクタ

  1. [Download] をクリックします。ダウンロードが完了したら、[ 実行 ] をクリックします

Citrix Virtual Apps and Desktopsの実行

  1. Citrix Cloud接続テストに成功したことを示すメッセージが表示されます。[閉じる] をクリックします。 テストが失敗した場合は、 次のリンクを確認して問題を解決してください 。また、 Cloud Connector 接続性チェックユーティリティツールを使用して 、すべてのアドレスが到達可能であることを確認することもできます。

Citrix Virtual Apps and Desktopsの接続テスト

  1. [ サインインしてインストール] をクリックします

Citrix Virtual Apps and Desktopsサインインコネクタ

  1. 以前に設定したユーザー名とパスワードの組み合わせを使用して、Citrix Cloud アカウントにサインインします。

Citrix Cloud ログイン

  1. ドロップダウンメニューから、適切な [ 顧客] と [リソースの場所 ] を選択します (リソースの場所が 1 つしかない場合は、[リソースの場所] ドロップダウンメニューは表示されません)。[ インストール] をクリックします

Citrix Virtual Apps and Desktopsの地域を選択

  1. インストールが完了すると、サービス接続テストが実行されます。それを完了させれば、成功した結果が表示されます。[閉じる] をクリックします。

Citrix Virtual Apps and Desktopsの接続テスト Citrix Virtual Apps and Desktopsの接続テストの完了

  1. Citrix Cloudの[リソースの場所]ページを更新します。

Citrix Virtual Apps and Desktops の更新

  1. [ Cloud Connector] をクリックします。

Citrix Virtual Apps and DesktopsCloud Connector

  1. 新しく追加されたCloud Connector が一覧表示されます。この手順を繰り返して、準備した 2 台目の Windows サーバーマシンの [リソースの場所] に別のCloud Connector をインストールします。

Citrix Virtual Apps and Desktops Cloud Connector の警告

CitrixVirtual Delivery Agentのインストール

Virtual Delivery Agentは、アプリケーションやデスクトップの配信に使用されるすべての物理マシンまたは仮想マシンにインストールする必要があります。この POC では、仮想マシンにインストールします。組織のニーズに応じて、シングルセッション OS またはマルチセッション OS を使用できます。

  1. ドメイン管理者として仮想マシンに接続します(この POC では、RDP 経由で接続しています) これはマスターイメージとして機能します。 Citrix Virtual Apps and Desktops RDP
  2. ブラウザで Citrix.com を開きます。[サインイン] にカーソルを合わせて、[ マイアカウント ] Citrix Virtual Apps and Desktops](/en-us/tech-zone/learn/media/poc-guides_cvads_vda2.png)]
  3. ユーザー名とパスワードでサインインしますCitrix Virtual Apps and Desktops のサインイン
  4. トップメニューの [ ダウンロード ] をクリックします。[製品の選択]ドロップダウンメニューから、[Citrix Virtual Apps and Desktops ]>[ Citrix Virtual Apps and Desktops ]
  5. 開いたページで、 Citrix Virtual Apps and Desktopsの最新バージョンを選択します。7 Citrix Virtual Apps およびDesktops製品のダウンロード
  6. 下へスクロールして、 製品ISOにあるが別途パッケージされているコンポーネントまでスクロールします山形をクリックして 、断面を展開します。適切なISO(シングルセッションOSにインストールするかマルチセッションOSにインストールするかに応じて) Citrix Virtual Apps and Desktops製品ISOでファイルのダウンロード]をクリックします
  7. 同意する場合は 、「上記の輸出管理法を読み、遵守していることを証明します」 のチェックボックスをオンにします。[ 受け入れ] をクリックします。ダウンロードが開始されます。 Citrix Virtual Apps and Desktops 製品の利用規約
  8. ファイルを保存します 。ダウンロードが完了したら、[ フォルダーを開く ][Citrix Virtual Apps and Desktops製品フォルダーを開く]をクリックします
  9. Citrix Virtual Apps and Desktops 製品の実行]をクリックします

  10. マスターMCSイメージを作成する ]を選択し、[ 次へ ][Citrix Virtual Apps and Desktops MCSイメージ]をクリックします
  11. 次へ ]をクリックします。Citrix Virtual Apps and Desktops のコアコンポーネント
  12. 必要な追加コンポーネントを選択し、[ 次へ ]をクリックします。Citrix Virtual Apps and Desktopsの追加コンポーネント
  13. Cloud Connectorの名前を入力します。[ 接続のテスト ]をクリックし、[Citrix Virtual Apps and Desktops **の追加**
]をクリックします Delivery Controller
  14. 2 番目のCloud Connectorを追加し、[ 次へ] を選択します。
  15. 適切な機能を選択し、[ 次へ ]をクリックします。Citrix Virtual Apps and Desktops の機能
  16. ファイアウォールをクリックし、[ 次へ ][Citrix Virtual Apps and Desktops ファイアウォール]を選択します
  17. コンポーネントを確認し、[Citrix Virtual Apps and Desktops **のインストール**
]をクリックします。
  18. 診断情報を収集する場合は[ 接続]をクリックし、それ以外の場合はクリアして[次へ]Citrix Virtual Apps and Desktops Diagnosticをクリックします
  19. Citrix Cloud の資格情報を入力し 、[ OK][Citrix Virtual Apps and Desktops インサイトサービス をクリックします
  20. [ 次へ ] [![Citrix Virtual Apps and Desktops 診断] をクリックします。](/en-us/tech-zone/learn/media/poc-guides_cvads_vda20.png)
  21. インストールが完了したら、[ 完了 ]をクリックします(マシンの再起動が必要になる場合があります)。 Citrix Virtual Apps and Desktops終了作成するすべてのマスターイメージに対してこの手順を繰り返します 。マルチセッション OS でも、同じプロセスが適用されます。ただし、マルチセッション OS ISO をダウンロードする場合を除きます。

Citrix Cloudへのホスティング接続の作成

サポートされている特定のハイパーバイザーは、 こちらにあります

  1. トライアルが承認されたら、 ローカルマシンからCitrix Cloudにログインします 。[ マイサービス] までスクロールして [ DaaS サービス] タイルを探し、[ 管理] をクリックします

Citrix DaaS 管理

  1. [完全構成] ページが表示されます。

Citrix DaaS ワークスペース URL

  1. 左側のナビゲーションメニューで、[ ゾーン ] をクリックし、設定した [ リソースの場所 ] と [ Cloud Connector ] が表示されていることを確認します。

Citrix DaaS ゾーン

  1. 左側のナビゲーションメニューで、[ ホスティング ] をクリックし、[ 接続とリソースの追加] をクリックします

Citrix DaaS ホスティング

  1. 接続タイプを選択し、必要な情報を入力します。

Citrix DaaS 接続

  1. 共有ストレージとローカルストレージのどちらを使用するかを決定し、[ 次へ] をクリックします。

Citrix DaaS ストレージ

  1. 各ストレージタイプを保存する場所を選択し、[ 次へ] をクリックします。

Citrix DaaS 管理

  1. リソースの名前に加えて仮想マシンで使用するネットワークを選択し、[ 次へ] をクリックします。

Citrix DaaS ネットワーク

  1. 概要を確認し、すべてが正確であれば、[ 完了] をクリックします

Citrix DaaS 終了

Citrix DaaSでマシンカタログを作成する

Citrix DaaS を使用して、仮想マシンのカタログを作成します。VDAエージェントをインストールしたマシンのコピーを作成します。

  1. Citrix Studio の下の左側のメニューで。[ マシンカタログ ][Citrix Virtual Apps and Desktops]をクリック
  2. [アクション] メニュー (右側)。[ マシンカタログの作成 ][Citrix Virtual Apps and Desktops]をクリック
  3. [マシンカタログのセットアップ]ダイアログボックスで、[ 次へ ][Citrix Virtual Apps and Desktops の紹介]をクリックします
  4. マシンカタログに適したオペレーティングシステムを選択します。これは、VDA Citrix Virtual Apps and Desktopsオペレーティングシステムをインストールした仮想マシンのオペレーティングシステムと一致している必要があります
  5. マシンの展開方法を選択します。このPOCガイドでは、 Citrix Machine CreationServicesを通じて管理および展開されるマシンを稼働させる予定です**。[ **次へ ]をクリックします。Citrix Virtual Apps and Desktops のマシン管理
  6. ユーザーの接続方法を選択します。[ 次へ ]をクリックします。Citrix Virtual Apps and Desktops -デスクトップエクスペリエンス
  7. VDAをインストールした仮想マシンを選択し、[ 完了 ]をクリックします。Citrix Virtual Apps and Desktops マスターイメージ Citrix Virtual Apps and Desktopsマスターイメージ
  8. 作成するマシンの数を指定し、[ 次へ]をクリックします。

Citrix Virtual Apps and Desktops VM

  1. 新しい仮想マシンの Active Directory アカウントは、事前に作成することも、自動的に作成することもできます。これらの新しい仮想マシンをどのOUに含めるかを指定します。これらの新しいマシンで使用する命名規則を決定し、[ 次へ] をクリックします。

Citrix Virtual Apps and Desktopsコンピューターアカウント Citrix Virtual Apps and Desktopsコンピューターアカウント

  1. ActiveDirectoryにマシンアカウントを作成するのに十分な権限を持つ資格情報を入力し[OK]をクリックします。

Citrix Virtual Apps and Desktopsの資格情報

  1. マシンカタログ名を入力します。確認-[ 完了] をクリックします。

Citrix Virtual Apps and Desktopsの概要

  1. [Workspace Environment Management] の選択をデフォルトのままにして、[ 次へ] をクリックします

Citrix Virtual Apps and Desktopsマシンカタログの作成

  1. これで、マスターイメージのコピーが作成され、マシンカタログが作成されます。

Citrix Virtual Apps and Desktopsマシンカタログの作成

  1. 完了すると、Citrix Cloudコンソールにマシンカタログが表示されます。

Citrix Virtual Apps and Desktopsの確認

デリバリー グループの作成

  1. 左側のメニューで[ デリバリーグループ]をクリックして、デリバリーグループの作成を開始します

Citrix Virtual Apps and Desktops デリバリーグループ

  1. デリバリーグループの作成をクリックします

Citrix Virtual Apps and Desktops デリバリーグループの作成

  1. 表示される[デリバリーグループの作成]ダイアログボックスで、前に作成したカタログを選択し、このデリバリーグループに割り当てるマシンの数をマシンカタログから選択します。[ 次へ] をクリックします

Citrix Virtual Apps and Desktopsマシン

  1. この段階でユーザーを割り当てるか、ユーザー管理をCitrix Cloudに任せてCitrix Cloudライブラリを使用してユーザーを割り当てることができます。[ 次へ] をクリックします

Citrix Virtual Apps and Desktopsユーザー

  1. ワークスペースの下にエンドユーザーに表示されるアプリケーションを指定するか、デスクトップのみを配信する場合は、この空白のままにして [ 次へ] をクリックします。

Citrix Virtual Apps and Desktopsアプリケーション

  1. [スコープ] 画面で [ 次へ ] を選択します

Citrix Virtual Apps and Desktopsアプリケーション

  1. [ライセンス割り当て] でデフォルトを選択したままにし、[ 次へ] をクリックします

Citrix Virtual Apps and Desktopsアプリケーション

  1. デリバリーグループの名前とユーザーに表示する表示名を選択し 、[ 完了]をクリックします。

Citrix Virtual Apps and Desktopsの終了

ユーザーの追加

  1. Citrix Cloudのメインメニューに戻り、[ ライブラリの表示]をクリックします。

Citrix Virtual Apps and Desktopsライブラリオファリング

  1. これで、利用可能なオファリングが表示されます。省略記号をクリックし、[ 加入者の管理] をクリックします。

Citrix Virtual Apps and Desktopsサブスクライバーの管理

  1. これらのリソースに割り当てるユーザーまたはグループを選択します。

Citrix Virtual Apps and Desktopsのリソース

Citrix Workspace からセッションを起動する

  1. Citrix Cloudから)以前に保存したワークスペースURLを開き 、Citrix Workspaceへのアクセス権を取得します。前のセクション「 Citrix Virtual Apps and
**Desktopsログイン」でリソースを割り当てたドメインユーザーとしてログインします**
  2. ブラウザからセッションを初めて起動する場合は、次のポップアップが表示されることがあります。Citrix Workspace アプリがインストールされていることを確認し 、[ ワークスペースの検出 ]をクリックします。Citrix Virtual Apps and Desktops](/en-us/tech-zone/learn/media/poc-guides_cvads_launch2.png)
  3. [ すべてのデスクトップを表示] をクリックします。前のセクション「 Citrix Virtual Apps and Desktops 」の「開始セッション」で割り当てたデスクトップが表示されます
  4. セッションが起動すると、ユーザーは仮想デスクトップにアクセスできるようになります。

追加情報

Citrix Cloudリソースセンターでは、機能の詳細を知り、問題を解決するための検索に役立ちます。

  1. Citrix Cloud ページの下部にある青いコンパスの矢印をクリックします

Citrix Virtual Apps and Desktopsのヘルプ

  1. [ 記事を検索] をクリックします。これにより、製品ドキュメントとナレッジセンターの記事の一覧を検索できます。

Citrix Virtual Apps and Desktopsの検索

  1. 検索クエリを入力してください。

Citrix Virtual Apps and Desktops操作方法

Citrix Cloudから離れることなく、一般的なタスクに関する製品ドキュメントとナレッジセンターの記事の一覧にアクセスできます。