Cloud Connectorのインストール

Cloud Connectorソフトウェアは、インタラクティブにインストールすることも、コマンドラインを使用してインストールすることもできます。

Cloud Connectorのインストール時、インストールを実行するユーザーを認証し、インストーラーの権限を検証し、Cloud Connectorが提供するサービスをダウンロードして構成するために、クラウドにアクセスする必要があります。インストールは、インストールを開始するユーザーの権限で行われます。

インストール前に確認する情報

インストールの考慮事項とガイダンス

  • Active Directoryドメインコントローラーや、リソースの場所のインフラストラクチャにとって重要なマシンにCloud Connectorをインストールしないでください。Cloud Connectorの定期的な保守では、これらの追加リソースの停止を引き起こすマシン操作を実行します。
  • Cloud Connectorをホストしているマシンに他のシトリックス製品をダウンロードしたりインストールしたりしないでください。
  • 他のシトリックス製品展開の一部であるマシン(たとえば、Citrix Virtual Apps and Desktops展開のDelivery Controller)にCloud Connectorをダウンロードまたはインストールしないでください。
  • 以前にインストールしたCloud Connectorを新しいバージョンにアップグレードしないでください。古いCloud Connectorをアンインストールしてから、新しいバージョンをインストールしてください。
  • Cloud Connectorのインストーラーは、Citrix Cloudからダウンロードします。そのため、ブラウザーが実行可能ファイルをダウンロードできるようにする必要があります。
  • インストール後、Cloud Connectorをホストしているマシンを別のドメインに移動しないでください。マシンを別のドメインに参加させる必要がある場合は、Cloud Connectorをアンインストールしてから、マシンを別のドメインに参加させた後に再インストールしてください。
  • インストールしたらすべてのCloud Connectorの電源を常にオンにして、Citrix Cloudへの常時接続を確保します。

クローンマシンに関する考慮事項

Cloud Connectorをホストする各マシンには、一意のSIDとコネクタIDが必要です。これにより、Citrix Cloudがリソースの場所内のマシンと確実に通信できるようになります。リソースの場所の複数のマシンでCloud Connectorをホストし、クローンマシンを使用する場合は、次の手順を実行します:

  1. 使用環境に合わせてマシンテンプレートを準備します。
  2. Cloud Connectorとして使用する数のマシンをプロビジョニングします。
  3. 手動またはサイレントインストールモードを使用して、各マシンにCloud Connectorをインストールします。

(複製前に)Cloud Connectorをマシンテンプレートにインストールすることはサポートされていません。Cloud Connectorをインストールしたマシンを複製すると、Cloud Connectorサービスは実行されず、マシンはCitrix Cloudに接続できなくなります。

インタラクティブインストール

Cloud Connectorインストールガイドの[リソースの場所]ページ

最初のリソースの場所を作成するには

  1. マシンに管理者としてログオンして、Cloud Connectorをインストールします。Windows Server 2012 R2またはWindows Server 2016がインストールされ、ドメインに参加し、送信インターネットアクセスがあるマシンが必要です。
  2. https://citrix.cloud.comにアクセスし、Citrix Cloudのメールで受け取った資格情報でサインインします。Citrix Cloud管理コンソールが開きます。
  3. 左上隅のメニューボタンで、[リソースの場所] を選択します。
  4. [リソースの場所]ページで、[ダウンロード] をクリックしてCloud Connectorソフトウェアをダウンロードします。
  5. Cloud Connectorインストーラーを起動します。インストーラーは、最初の接続性チェックを実行して、Citrix Cloudに接続できることを確認します。
  6. メッセージが表示されたらCitrix Cloudにサインインします。
  7. ウィザードに従って、Cloud Connectorをインストールして構成します。インストールが完了すると、インストーラーは最終的な接続性チェックを実行して、ConnectorからCloudへの通信を検証します。
  8. Cloud Connectorとして使用する他のマシンで、これらの手順を繰り返します。

インストール後、Citrix Cloudの [IDおよびアクセス管理] に管理者のドメインが登録されます。詳しくは、IDおよびアクセス管理を参照してください。

複数の顧客および既存のリソースの場所でのインストール

複数の顧客アカウントの管理者である場合、Citrix Cloudは、Cloud Connectorに関連付ける顧客アカウントを選択するよう要求します。

顧客アカウントに複数のリソースの場所が既に存在する場合、Citrix Cloudに関連付けるリソースの場所を選択するように求められます。

コマンドラインインストール

サイレントまたは自動インストールがサポートされています。ただし、一定期間にわたって同じインストーラーで繰り返しインストールしないでください。Citrix Cloudコンソールの[リソースの場所]ページから新しいCloud Connectorをダウンロードします。

エラーが発生した場合に可能性のあるエラーコードを調べられるよう、 Start /Wait CWCConnector.exe /parameter:valueを使用します。エラーコードの調査は、インストール完了後に echo %ErrorLevel% を実行する標準的なメカニズムで行うことができます。

サポートされているパラメーター

CWCConnector /? を実行すると、サポートされているパラメーターの一覧を取得できます。

  • /Customer: 必須。[IDおよびアクセス管理]のCitrix Cloudコンソールの[APIアクセス]ページに表示される顧客ID。
  • /ClientId: 必須。管理者が作成できるセキュアクライアントIDで、[APIアクセス]ページにあります。
  • /ClientSecret: 必須。セキュアクライアントが作成された後にダウンロードできるセキュアクライアントシークレット。[APIアクセス]ページにあります。
  • /ResourceLocationId: 必須。既存のリソースの場所の一意の識別子。IDを取得するには、Citrix Cloudコンソールの[リソースの場所]ページでリソースの場所のIDボタンをクリックします。値を指定しない場合、Citrix Cloudはアカウント内の最初のリソースの場所のIDを使用します。
  • /AcceptTermsOfService: 必須。デフォルト値はYesです。

必要なすべてのパラメーターを含むサンプルコマンドライン:

CWCConnector.exe /q /Customer:\*Customer\*  /ClientId:\*ClientId\*  /ClientSecret:\*ClientSecret\*  /ResourceLocationId:\*ResourceLocationId\*  /AcceptTermsOfService:\*true\*

終了コード

  • 1603 - 予期しないエラーの発生。
  • 2 - 事前確認が失敗しました。
  • 0 - インストールが正常に完了しました。

インストールログ

インストールログは %LOCALAPPDATA%\Temp\CitrixLogs\CloudServicesSetupにあります。

また、インストール後は %ProgramData%\Citrix\WorkspaceCloud\InstallLogsにもログが追加されます。