Citrix Workspace

Citrix Workspaceは、組織内の個人の役割に関連する情報、アプリ、およびその他のコンテンツへの安全なアクセスを提供する完全なデジタルワークスペースソリューションです。ユーザーは、利用可能なサービスをサブスクライブし、場所とデバイスを選ばずにアクセスできます。Citrix Workspaceにより、ユーザーはコラボレーション、意思決定の改善、作業への集中に必要とする最も重要な詳細を整理および自動化できます。

Citrix Workspaceの各エディションおよびその機能に関する説明については、「Citrix Workspaceの機能マトリックス」を参照してください。

導入

Citrix Workspaceには、ワークスペースをすばやく提供するための手順ごとのチュートリアルが含まれています。各手順では、Citrix Cloudコンソールを使用して、IDプロバイダーの構成、ワークスペース認証の選択、Workspaceのその他のサービスの有効化などのタスクに関する指示を記載しています。このチュートリアルでは、展開チームを編成してインフラストラクチャとリソースを構成するのに必要となる技術情報にすばやくアクセスできるようになっています。タスクの概要と、展開を進めるときに必要となる情報については、「Citrix Workspaceの利用を開始する」を参照してください。

マイクロアプリ

マイクロアプリは、関連する実用的な通知をアプリケーションからユーザーのワークスペースに直接配信するために使用できます。ユーザーは、組織内の主要なビジネスシステムを操作するためにアプリケーション間で切り替えをする必要がないとき、時間を節約でき、主要な作業に集中できます。アプリケーションデータソースからの統合を構築して、アクションをWorkspaceにプルします。マイクロアプリはソースシステムに書き戻すので、ユーザーはワークスペースを離れることなくこれらのアクションに対処できます。

詳しくは、マイクロアプリサービスのドキュメントを参照してください。

Citrix Virtual Apps Essentialsサービス

Citrix Virtual Apps Essentialsは仮想Windowsアプリへの安全なアクセスを提供します。このサービスには、デフォルトで有効になっているワークスペースURLが含まれています。通常は次の形式です:https://yourcompanyname.cloud.com。手順に従ってCitrix Virtual Apps Essentialsをセットアップし、利用者がアプリにアクセスできるように、ワークスペースのURLリンクをテストして利用者と共有します。

Citrix Virtual Desktops Essentialsサービス

Citrix Virtual Desktops EssentialsはWindows 10仮想デスクトップへの安全なアクセスを提供します。このサービスには、デフォルトで有効になっているワークスペースURLが含まれています。通常は次の形式です:https://yourcompanyname.cloud.com。手順に従ってCitrix Virtual Desktops Essentialsをセットアップし、利用者がデスクトップにアクセスできるように、ワークスペースのURLリンクをテストして利用者と共有します。

Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス

Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスは、仮想アプリおよびデスクトップへの安全なアクセスを提供します。このサービスには、デフォルトで有効になっているワークスペースURLが含まれています。通常は次の形式です:https://yourcompanyname.cloud.com。手順に従ってCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスをセットアップし、利用者がアプリとデスクトップにアクセスできるように、ワークスペースのURLリンクをテストして利用者と共有します。利用者は、特に構成する必要なくワークスペースURLにアクセスできます。

Citrix Endpoint Management

ワークスペース環境が有効になっているEndpoint Managementのお客様の場合、ユーザーがSecure Hubを開いて [アプリの追加] をクリックすると、ユーザーはSecure HubストアではなくWorkspaceアプリストアに移動します。この機能は新規のお客様にのみ提供されます。既存のお客様はご利用いただけません。この機能を使用するには、次のタスクを実行します:

  • Workspace環境を新しいデバイスに展開するには、それらをWorkspaceデリバリーグループに追加します。詳しくは、「Citrix Endpoint ManagementとCitrix Workspaceとの統合」を参照してください。
  • パスワードのキャッシュポリシーおよびパスワード認証ポリシーを有効にします。これらのポリシーの構成について詳しくは、「MDXポリシーの概要」を参照してください。
  • Active Directory認証をADまたはAD+Certとして構成します。この2つのモードがサポートされています。認証の構成について詳しくは、「ドメインまたはドメイン+セキュリティトークン認証」を参照してください。
  • Endpoint Managementのワークスペース統合を有効にします。ワークスペース統合について詳しくは、「ワークスペース構成」を参照してください。

    重要:

    この機能を有効にすると、ShareFile SSOはEndpoint Management経由ではなく、Workspaceを通じて実行されます。ワークスペースの統合を有効にする前に、Endpoint ManagementコンソールでShareFilesの統合を無効にすることをお勧めします。

Citrix Gateway

Citrix Gateway(以前のNetScaler Gateway Service)は、Identity and Access Management(IdAM)機能を備えた安全なリモートアクセスを提供します。Citrix Gatewayは、SaaS(Software as a Service)アプリ、および仮想アプリとデスクトップに、統合されたエクスペリエンスを提供します。手順に従ってCitrix Gatewayサービスをセットアップし、ワークスペースURLをテストして利用者と共有し、利用者のリモートアクセスを可能にします。Citrix GatewayサービスでSaaSアプリを構成する方法について詳しくは、「Support for Software as a Service Apps」を参照してください。

Citrix Content Collaboration

Citrix Content Collaboration(旧称:ShareFile)により、あらゆるデバイスから安全にデータアクセス、同期、ファイル共有ができるようになります。ビジネスクラスのファイル共有、合理化されたワークフロー、リアルタイムコラボレーションを1つの場所にまとめて、ユーザーが思いどおりに作業できるようにします。

  1. Content Collaborationの使用権があることを確認します。
  2. Citrix WorkspaceをContent Collaborationアカウントにリンクします。詳しくは、「Content Collaboration(ShareFile)アカウントの作成またはCitrix Cloudへのリンク」の記事に記載されている「Content Collaborationについて」を参照してください。
  3. Citrix WorkspaceでContent Collaborationを有効にします。Citrix Content Collaborationドキュメントセットの「Citrix WorkspaceにCitrix Content Collaborationを展開して有効にする」を参照してください。このプロセスを設定している場合は、Citrix Workspace UIの左側ナビゲーションに [ファイル] タブが表示されます。

電子署名

Citrixは、Citrix RightSignatureを使用して電子署名機能を提供します。電子署名は、電子であることを除いては紙の文書に書き込む手書きの署名と同じであり、文書の条件に同意する意図を示すために電子契約書や電子文書に付けられるマークです。RightSignatureについて詳しくは、「RightSignatureのよくある質問」を参照してください。

ユーザーは、Citrix RightSignatureとCitrix Content Collaborationを統合して、Citrix Workspaceから直接署名を送信できます。ShareFile RightSignature統合を参照して、次の手順を実行します:

  1. Content CollaborationとRightSignatureの使用権があることを確認します。
  2. Citrix WorkspaceをContent Collaborationアカウントにリンクし、Citrix WorkspaceでContent Collaborationを有効にします。詳しくは、「Content Collaboration(ShareFile)アカウントの作成またはCitrix Cloudへのリンク」の記事に記載されている「Content Collaborationについて」およびCitrix Content Collaborationドキュメントの「Citrix WorkspaceにCitrix Content Collaborationを展開して有効にする」を参照してください。このプロセスを設定している場合は、Citrix Workspace UIの左側ナビゲーションに [ファイル] タブが表示されます。
  3. エンドユーザーに対してRightSignatureを有効にします。「RightSignatureにユーザーを追加する」のサポート記事を参照してください。このプロセスを設定している場合は、Citrix Workspace UIの [ファイル] から開いたすべてのファイルで [署名の送信] タイルを確認できます。

Citrix RightSignatureは、スタンドアロンソリューションとしても利用できます。はじめに、「RightSignature」を参照してください。Content Collaborationの電子署名については、「Citrix Content Collaboration - 電子署名」を参照してください。

Secure Browserサービス

Secure Browserサービスは、Web閲覧アクティビティを分離することにより、Webブラウザーベースの攻撃から企業ネットワークを保護します。利用者が管理者から提供されたURLに移動すると、他のCitrix Cloudサービスで構成されているアプリやデスクトップとともに、公開Webブラウザーが表示されます。手順に従ってSecure Browserサービスをセットアップし、ワークスペースURLをテストして利用者と共有し、利用者がセキュリティで保護されたブラウザーにアクセスできるようにします。

ユースケースの例

所属する組織は現在、Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスを介して複数のMicrosoft Officeアプリを管理し、Citrix GatewayでWorkdayなどのSaaSアプリを管理しています。

また、オンプレミスVirtual Apps and Desktops環境にはレガシーアプリもあります。これらすべてのアプリを1つの統合されたユーザーエクスペリエンスに配信できるようになりました。

ユーザーは、必要なすべてのアプリが利用できる自分のワークスペースにブラウザーまたはアプリ(Citrix Workspaceアプリ)からアクセスできます。Citrix Cloudのシンプルなコンソール( [ワークスペース構成] )でエクスペリエンスをカスタマイズし、ユーザーの認証方法を選択できます。

このユースケースでは、まず、個々のサービスのセットアップを完了します。[ワークスペース構成] に切り替えて、Workspaceのユーザーエクスペリエンス全体の動作をさらにカスタマイズして構成します。[ワークスペース構成]([サイト] タブ内)で、オンプレミスVirtual Apps and Desktops環境をWorkspaceユーザーエクスペリエンスに接続します(「サイトアグリゲーション」と呼ばれます)。クライアントレスアクセス用のワークスペースURLをユーザーと共有し、最適なエクスペリエンスを得るためにCitrix Workspaceアプリをインストールするようにユーザーに指示します。