App Layering

ユーザーレイヤーのデプロイ

ユーザーレイヤーは 、各ユーザーの永続化:

  • プロファイル設定
  • データ
  • 非永続的な VDI 環境にローカルにインストールされたアプリケーション

イメージテンプレートでユーザー Layer を有効にすると、作成されるレイヤー化されたイメージを使用してプロビジョニングされたシステムによって、すべてのユーザーにユーザー Layer が提供されます。

ユーザーがユーザー層対応のデスクトップにログオンすると、新しい検索インデックスデータベースが作成されます。インデックスには、ユーザーレイヤーおよびエラスティックレイヤーからの検索情報が組み込まれます。検索機能は、インデックス作成が完了した場合にのみ使用できます。

このトピックでは、イメージテンプレートと結果のレイヤイメージでユーザレイヤを有効にする方法について説明します。イメージを使用してプロビジョニングするシステムでは、すべてのユーザーにユーザーレイヤーが提供されます。

ユーザレイヤのタイプ

次のタイプのユーザーレイヤーを有効にできます。

  • フル -ユーザーのデータ、設定、ローカルにインストールされたアプリはすべて、ユーザーレイヤーに保存されます。
  • Office 365 -(デスクトップシステム) ユーザーの Outlook データと設定のみがユーザーレイヤーに保存されます。
  • セッション Office 365 -(セッションホスト) ユーザーの Outlook データと設定のみがユーザーレイヤーに保存されます。

フルユーザーレイヤー、Office 365 ユーザーレイヤー、またはセッション Office 365 ユーザーレイヤーを有効にできます。フルユーザーレイヤーには、Office 365/セッション Office 365 ユーザーレイヤーが保存するすべてのものが含まれ、他のアプリケーションの設定とデータとともに。

要件

ユーザーレイヤーを有効にする前に、次のタイプのユーザーレイヤーに適用される要件を満たしていることを確認してください。

  • すべてのタイプのユーザーレイヤー
  • 完全なユーザーレイヤー
  • Office 365 およびセッション Office 365 ユーザーレイヤー

すべてのユーザーレイヤー

ユーザーレイヤーを有効にするには、次のものが必要です。

  • 十分なネットワーク帯域幅。帯域幅とレイテンシーは、ユーザー層に大きな影響を与えます。すべての書き込みはネットワークを介して行きます。
  • ユーザーのデータ、構成設定、およびローカルにインストールされたアプリに割り当てられる十分なストレージ容量です。(アプライアンスは、レイヤーのパッケージ化、レイヤー画像の公開、Elastic レイヤーの配信にメイン格納場所を使用します)。

完全なユーザーレイヤー

  • Profile Managementをフルユーザーレイヤーで使用する場合は、ログオフ時にユーザー情報の削除をオフにする必要があります。設定の展開方法に応じて、次のいずれかを使用して削除をオフにすることができます。

    • グループポリシーオブジェクト。
    • Delivery Controller(DDC)のポリシー。

Office 365 およびセッション Office 365 ユーザーレイヤー

  • Citrixプロファイルマネージャーなどのプロファイルマネージャーを使用します。それ以外の場合、Outlook では、ログインするすべてのユーザーが新しいユーザーであると見なされ、それらの OS ファイルが作成されます。
  • Office レイヤーをイメージテンプレートに含め、レイヤー化されたイメージに展開する必要があります。ただし、他の Elastic レイヤーを Office 365 ユーザーレイヤーと共に使用することはできます。
  • Microsoft Office は、公開イメージでのみアプリレイヤーとしてサポートされ、エラスティックレイヤーとしてサポートされません。
  • 検索インデックスファイルの既定の場所への変更は、Office 365 レイヤーには保持されません
  • この機能は、ユーザーごとに一度に 1 台のデスクトップに対してテストされています (シングルサインオン)。

互換性

フルユーザー Layer は、次のプラットフォームでサポートされています。

  • オペレーティングシステム: ユーザーレイヤーを操作するには、すべてのオペレーティングシステムをシングルユーザーモードで構成する必要があります。マルチユーザーモードではサーバーを使用できません。セッションホスト上のユーザーレイヤーはサポートされていません。
    • Windows 7、64 ビット
    • Windows 10、64ビット
    • Windows サーバー 2016、シングルユーザーモードのみ
    • Windows Server 2019、シングルユーザーモードのみ
  • 公開プラットフォーム: ユーザーレイヤーは、次の公開プラットフォームでサポートされています。
    • Citrix Virtual Desktops
    • VMware Horizon View

ユーザーレイヤーでサポートされていないアプリケーション

以下のアプリケーションは、ユーザー層ではサポートされていません。これらのアプリケーションをローカルにインストールしないでください

  • エンタープライズアプリケーション:MS Office や Visual Studio などのエンタープライズアプリケーションは、アプリレイヤーにインストールする必要があります。ユーザーレイヤーは、エラスティックレイヤーと同じ技術に基づいています。エラスティックレイヤーと同様に、これらのエンタープライズアプリケーションにはユーザーレイヤーを使用しないでください。
  • ドライバーストアを使用するドライバーを備えたアプリケーション。例:プリンタードライバー。

    注:

    グループポリシーを使用して、プリンタを使用可能にすることができます。次のセクションの「GPO がインストールされたプリンタ」を参照してください。

  • ネットワークスタックまたはハードウェアを変更するアプリケーション。例:VPNクライアント。
  • ブートレベルのドライバーを備えたアプリケーション。例:ウイルススキャナー。
  • ローカルユーザーまたはグループを追加する必要があるアプリケーション。アプリケーションのインストールの一部として追加したローカルユーザーとグループは、OS レイヤーにのみ保持されます。基本イメージに含まれるレイヤーにアプリケーションをインストールし、必要なユーザーまたは管理者を OS レイヤーに追加することを検討してください。

Windows のアップデート

Windows の更新は、ユーザー層で無効にする必要があります。

Outlook ストアアドイン

Citrixプロファイル管理では、ストアアドインが無効になります。

Outlook を初めて起動すると、リボンの [ ストア/アドイン ] アイコンに、アドインの一覧が長いウィンドウに表示されます。最初のログイン時に、アドインをインストールすると、アドインが後続のログイン時にリボンに表示されます。アドインをインストールしない場合、 ストア/アドインのアイコンに空白のウィンドウが表示されます

GPO がインストールされたプリンタ

Windows 10 を実行している非永続デスクトップのユーザーの場合、グループポリシーを使用してプリンタをインストールできます。ポリシーが設定されている場合、プリンターは、ユーザーのデバイスとプリンター、アプリケーションプリンター設定、およびデバイスマネージャーに一覧表示されます。

GPO がインストールされたプリンタを設定するには、次の手順に従います。

  1. 画像テンプレートでユーザーレイヤーを有効にします。
  2. デスクトップがドメインに参加していることを確認します(プラットフォームレイヤー上)。
  3. 各ネットワークプリンタを展開するグループポリシーを作成し、マシンに割り当てます。
  4. ドメインユーザーとしてログインしたら、プリンタが [デバイスとプリンタ]、[メモ帳]、[デバイスマネージャ] に表示されていることを確認します。

VMware Horizon View

Horizon View は非永続デスクトップ用に構成し、デスクトップを [ ログオフ時に更新]**に設定する必要があります。ログオフ時にマシンを削除または更新します。例:

ローカライズされた画像

View を [ すぐに更新] に設定してログオフすると、デスクトップはメンテナンスモードになります。プール内にマシンが 1 台しかない場合は、そのマシンが更新を完了するまでプールを使用できません。

  • ユーザーがデスクトップに初めてログオンすると、アプライアンスはユーザーレイヤーを作成します。
  • 弾性的に割り当てられたレイヤーが読み込まれない場合でも、ユーザーはユーザーレイヤーを受け取ります。
  • AD でユーザーの名前を変更すると、新しい名前に対して新しいディレクトリとユーザーレイヤーが作成されます。次の場所でユーザーの名前を変更します。
    • ファイル共有のディレクトリ。
    • Hypervisor 上の VHD ファイル。

レイヤー化された画像でユーザーレイヤーを有効にする

ユーザーレイヤーを展開するには、イメージテンプレートの設定を使用してレイヤーを有効にします。詳細な手順については、を参照してください イメージテンプレートの作成またはクローン作成。この記事の残りの部分では、ユーザーレイヤーのサイジング、格納、セキュリティの構成、移動、修復について詳しく説明します。また、エンドユーザー向けの通知をカスタマイズする手順についても説明します。

ユーザー層の場所

イメージテンプレートでユーザーレイヤーが有効になっている場合、公開するイメージは、ユーザーのデータ、設定、およびローカルにインストールされたアプリを保持します。

ユーザレイヤが有効な場合は、レイヤの格納場所を追加する必要があります。

重要:

ユーザーレイヤーをアプライアンスのメインファイル共有に保存しないでください 。そうしないと、次の場合にスペースが枯渇する可能性があります。

  • ソフトウェアをアップグレードします。
  • エラスティックレイヤーをユーザーに提供します。
  • サポートされているコネクタがないHypervisor に移動するファイルを保存する。

アプライアンスに追加された最初の格納場所が、他の格納場所に関連付けられていないユーザーレイヤーのデフォルトの場所になります。さらにストレージの場所を追加すると、優先順位順にリストされます。

追加する各格納場所に、ユーザーのグループを割り当てることができます。

ユーザーが複数のグループに属しているときにユーザーレイヤーが格納される場所

ユーザーが複数のグループに属していて、それらのグループが異なる格納場所に割り当てられている場合、そのユーザーのユーザーレイヤーは、最も優先順位の高い格納場所に保存されます。

ユーザーのユーザーレイヤーが優先度の高い場所に保存された後にユーザーが割り当てられるストレージロケーションの優先順位を変更した場合 、その時点まで保存されたデータは元の場所に残ります。ユーザーのユーザーレイヤーを保持するには、 そのユーザーのユーザーレイヤーを新しい優先度の高い場所にコピーする必要があります

特定の画像でユーザーレイヤーのファイル共有の場所を指定する方法

2 つの別々のイメージに同時にアクセスする必要があるユーザーをサポートできます。この場合、両方のイメージは以下のとおりです。

  • ユーザーレイヤーの永続性が必要です。
  • 同じOSレイヤーを使用して作成されました。

ユーザー Layer ファイル共有の割り当てを構成するには、次の手順を実行します。

  1. ユーザーがログインする前に 、1 つまたは複数の公開イメージに次のレジストリキーを追加します。

    [HKLM\ ソフトウェア\ Unidesk\ uLayer] 「userLayerSharePath」

上記のキーは、プラットフォームレイヤー、アプリレイヤー、またはマシングループポリシーとして追加できます。

ユーザーがログインする前に UserLayerSharePath キーをイメージに追加した場合、アプライアンスはユーザーレイヤー共有の割り当てを無視します。代わりに、マシン上のすべてのユーザーは、ユーザーレイヤー VHD 用に指定された共有を使用します。\Users このキーにサブツリーが追加され、実際のレイヤが特定されます。

カスタムユーザーレイヤーパスを指定する方法

REG_SZCustomUserLayerPathHKLM\Software\Unidesk\Ulayer キーにという値を作成することで、カスタムパスを設定できます。HKLM\Software\Unidesk\Ulayer キーには、環境変数を含めることができます。

CustomUserLayerPath 値では、すべてのシステム変数を展開できますが、 %USERNAME% 展開できるユーザー変数はとのみです %USERDOMAIN%。完全なパスは次のようになります。

<CustomUserLayerPath>\<OSID_OSNAME>

GPO を使用してカスタムユーザーレイヤーパスを設定する場合は、 %<USERNAME>% %<USERDOMAIN>% およびを使用して、GPO がパスを拡張できないようにします。

  • CustomUserLayerPath が定義されている場合は、他のパスの代わりに使用されます。
  • CustomUserLayerPath が未定義の場合は UserLayerSharePath、同じキー内にある、が使用されます。
  • UserLayerSharePath が未定義の場合は、App Layering アプライアンスの JSON StorageLocation にリストされているが使用されます。は、管理コンソールの UserLayerSharePath [ システム] > [ユーザレイヤの格納場所 ] 設定で編集できます。
  • App Layering アプライアンスの JSON StorageLocation にリストされていない場合は、 RepositoryPath が使用されます。は、 RepositoryPathCustomUserLayerPath およびと同じレジストリの場所で編集できます UserLayerSharePath
  • CustomUserLayerPath が定義されている場合、ユーザレイヤが作成されるパスは拡張パスにプラスされます \<OSID_OSNAME>。他のすべてのパスは共有パスであり、それらが追加されます \Users\<Domain_UserName>\<OSID_OSNAME>

アプライアンス上でユーザーレイヤーが作成される場所

アプライアンスのネットワークファイル共有では、ユーザーレイヤーが Users フォルダーに作成されます。例:

\MyServer\\*MyShare*\Users
<!--NeedCopy-->

各ユーザーは、Users ディレクトリ内に独自のディレクトリを持っています。ユーザーのディレクトリの名前は、次のとおりです。

Users\\*DomainName_username*\\*OS-Layer-ID-in-hex*_\*OS-Layer-name\*\\*username*.vhd
<!--NeedCopy-->

例:

  • ユーザーのログイン名: jdoe
  • ユーザーのドメイン: testdomain1
  • OS レイヤー:MyosLayer (ID は 16 進数形式: 123456)
  • ユーザーレイヤーは、次の場合に作成されます。
\MyServer\MyShare\Users\testdomain1_jdoe\123456_MyOSLayer\jdoe.vhd
<!--NeedCopy-->

ユーザーがユーザーレイヤーにアクセスできる場所

フルユーザーレイヤーが作成されると、ユーザーは C:\ 全体にアクセスできます (Windows の権限とディレクトリの会社のセキュリティに従います)。

Office 365 レイヤーが作成されると、ユーザーレイヤーディレクトリは Office 365 レイヤーにリダイレクトされます。

C:\user\\<username>\Appdata\local\Microsoft\Outlook
<!--NeedCopy-->

保管場所を追加する

イメージのユーザレイヤの格納場所を追加するには、次の操作を行います。

  1. 管理コンソールにログインします。

  2. [ システム] > [ユーザー層の格納場所] を選択します。アプライアンスのメインファイル共有を除き、ファイル共有のリストが表示されます。

  3. [ ストレージの場所の追加] を選択し、新しい場所の名前とネットワークパスを入力します。

  4. ユーザーレイヤーの [割り当て ] タブで、ディレクトリツリーを展開します。

  5. 1 つ以上のグループのチェックボックスをクリックして、新しい保存場所を追加します。

  6. アプライアンスのメインファイル共有を除き、ファイル共有のリストが表示されます。

  7. [ 確認と完了 ] タブで、[ ストレージの場所の追加] を選択します。

格納場所を追加したら、ユーザー層フォルダーにセキュリティを設定する必要があります。

ユーザー層フォルダーのセキュリティ設定の構成

ユーザレイヤには、複数の格納場所を指定できます。格納場所 (既定の場所を含む) ごとに、 \Users サブフォルダを作成し、その場所をセキュリティで保護する必要があります。

ドメイン管理者は、各ユーザー層フォルダのセキュリティを次の値に設定する必要があります。

設定名 適用先
作成所有者 サブフォルダとファイルの変更/削除* サブフォルダーおよびファイルのみ
所有者の権利 変更 サブフォルダーおよびファイルのみ
ユーザーまたはグループ: フォルダーの作成/データの追加 ; フォルダーのスキャン/ファイルの実行 ; フォルダーの一覧化/データの読み取り ; 属性の読み取り 選択したフォルダーのみ
システム フルコントロール 選択したフォルダー、サブフォルダーおよびファイル
ドメイン管理者、および選択した管理者グループ フルコントロール 選択したフォルダー、サブフォルダーおよびファイル

*一部のサーバーでは、 Creator Ownerにサブフォルダーとファイルの削除 (高度なアクセス許可) が必要です。これにより、ユーザーレイヤーの修復後にApp Layering がクリーンアップされます。

ユーザー層フォルダのセキュリティを構成するには、次の手順に従います。

  1. 管理コンソールにログインします。

  2. [ システム] > [ユーザー層の格納場所] をクリックします。表示されるファイル共有は、ユーザレイヤ用に定義された格納場所です。たとえば、グループ 1 と Group2 のストレージを組織内の他のユーザーとは別に管理できるように、3 つの格納場所を定義したとします。 `
    • Default location - \ myDefaultShare\ UserLayerFolder\
    • グループ 1 - \\MyGroup1\Share\UserLayerFolder\
    • グループ 2 - \\MyGroup2\Share\UserLayerFolder\

    注: OS、アプリ、プラットフォームレイヤーの格納に使用されるアプライアンスのメインファイル共有は、ユーザーレイヤーの保存場所として表示されません。App Layering ファイル共有の詳細については、[ファイル共有の設定] (https://docs.citrix.com/ja-jp/citrix-app-layering/4/configure/set-up-file-share.html) を参照してください。

  3. \Users 各ファイル共有の下にサブディレクトリを作成します。
    \MyDefaultShare\UserLayerFolder\Users\

    \MyGroup1Share\UserLayerFolder\Users\

    \MyGroup2Share\UserLayerFolder\Users\
<!--NeedCopy-->
  1. \ Usersの下にある各サブディレクトリに、上記のセキュリティ設定の一覧を適用します。

ユーザーパーソナライズレイヤー Studio ポリシーをユーザーレイヤーに適用する

レイヤー化されたイメージでユーザーレイヤーを有効にすると、対応するCitrix Studioポリシーを構成することで、ユーザーレイヤーのデフォルトのリポジトリパスとレイヤーサイズを上書きできます。

  • ユーザーレイヤーリポジトリパス: ネットワーク上のユーザーレイヤーにアクセスする場所を定義します。
  • ユーザーレイヤーサイズ GB: ユーザー層ディスクの拡張を許可するサイズを定義します。

公開イメージでサポートされるバージョンのVDAが実行されており、これらのポリシーが定義されている場合、ポリシーで定義されているパスとサイズが最も優先されます。

割り当てられたユーザー層サイズの増加は、ユーザーが次回ログインしたときに有効になります。割り当てられたユーザーレイヤーサイズを小さくしても、既存のユーザーレイヤーには影響しません。

画像のユーザーレイヤーの Studio ポリシーを定義する

レイヤー化イメージのユーザーレイヤーに対してCitrix Studioポリシーを構成するには、次の手順に従います。

  1. Citrix Studio で、ナビゲーションペインで[ ポリシー ]を選択します。

    Studioでポリシーを選択する

  2. [操作]ペインの[ ポリシーの作成 ]を選択します。[ポリシーの作成] ウィンドウが開きます。

  3. 検索フィールドに「ユーザーレイヤー」と入力します。次の2つのポリシーが利用可能なポリシーの一覧に表示されます:
    • ユーザーレイヤーリポジトリパス
    • ユーザーレイヤーサイズGB

      注:

      割り当てられたユーザー層サイズの増加は、ユーザーが次回ログインしたときに有効になります。割り当てられたユーザーレイヤーサイズを小さくしても、既存のユーザーレイヤーには影響しません。

  4. [ ユーザー層リポジトリパス ] の横にある [ 選択] をクリックします。[設定の編集]ウィンドウが開きます。

    ユーザーレイヤーリポジトリパス

  5. \\server name or address\folder name フィールドに形式でパスを入力し、 「OK」をクリックします。

    リポジトリパスの入力

  6. オプション:ユーザーレイヤーサイズ(GB)の横の [選択] をクリックします:

    ユーザーレイヤーリポジトリパス

  7. [ 設定の編集] ウィンドウが表示されます。

  8. オプション:デフォルト値の 「0」 を、 ユーザーレイヤーを拡張できる最大サイズ (GB) に変更します。[OK] をクリックします。

    注:

    デフォルト値を保持する場合、最大ユーザーレイヤーサイズは10GBです。

  9. [次へ] をクリックして、ユーザーとマシンを構成します。この画像で強調表示されている[ デリバリーグループの割り当て ]リンクをクリックします。

    ユーザーレイヤーリポジトリパス

  10. [デリバリーグループ]メニューで、前のセクションで作成したデリバリーグループを選択します。[OK] をクリックします。

    デリバリー グループの選択

  11. ポリシーの名前を入力します。チェックボックスをクリックしてポリシーを有効にし、[完了] をクリックします。

    ユーザーレイヤーポリシー名

既存のユーザーレイヤーを新しい格納場所に移動する

各ユーザーレイヤーの格納場所を新しい場所にコピーします。

  1. ユーザーレイヤーが使用されていないことを確認します。

    ユーザーレイヤーを移動する前にユーザーがログインすると、新しいユーザーレイヤーが作成されます。データは失われませんが、発生した場合は、次のことを必ず行ってください。

    • 新しく作成したユーザーレイヤーを新しいディレクトリに移動します。
    • ユーザーの ACL を保持します。
  2. ユーザレイヤ VHD ファイルを含むディレクトリを参照します。

  3. 次のコマンドを使用して、各ユーザレイヤ VHD ファイルを前の場所から新しい場所にコピーします。

    xcopy Domain1\User1 Domain1_User1\ /O /X /E /H /K
<!--NeedCopy-->
  1. 次のディレクトリおよびディレクトリ内のファイルに対するすべての権限が正しいことを確認します。
    \\\Root\Engineering\Users

    \\\Root\Engineering\Users\Domain1_User1\\...

    \\\Root\Engineering\Users\Domain2_User2\\...
<!--NeedCopy-->

ユーザーがユーザーレイヤーを作成できるようにする場合

ユーザーがユーザーレイヤーを作成できるようにする場合は、共有から元のディレクトリとファイルを手動でクリーンアップする必要があります。

ユーザーレイヤーサイズ

デフォルトでは、イメージのユーザーレイヤーに許可されるディスク容量は、レイヤーあたり 10 GB です。

デフォルトのユーザレイヤサイズは、次の方法によって変更できます。

  • ユーザー層共有のクォータの定義
  • レジストリの上書きを設定する

Office 365 ユーザーレイヤーを使用する場合、Outlook レイヤーは既定で 10 GB になりますが、Outlook は空きディスク領域の量に基づいてボリュームサイズを設定します。Outlook は、階層化されたイメージで利用可能な内容に基づいて、多かれ少なかれ領域を使用します。レポートされるサイズは、レイヤー化されたイメージに基づきます。

優先順位の順序

ユーザーレイヤーを展開する場合、アプライアンスは次の優先順位を使用してユーザーレイヤーのサイズを決定します。

  • ユーザーレイヤーサイズのディスククォータは、次のいずれかを使用して設定します。
    • Microsoft ファイルサーバーリソースマネージャー (FSRM)
    • Microsoftクォータマネージャ
  • ユーザー層ディスクのレジストリの上書き: (HKLM\ ソフトウェア\ Unidesk\ uLayer\ defaultUserLayersizeingB
  • デフォルトのユーザー層サイズ(10 GB)

ユーザーレイヤーのサイズを変更する

割り当てられたユーザー層のサイズの増加は、ユーザーが次回ログインしたときに有効になります。割り当てられたユーザーレイヤーのサイズに減少しても、既存のユーザーレイヤーには影響しません。

ユーザー層ディスクのディスククォータの定義

マイクロソフトのクォータツールのいずれかを使用して、 ユーザー層のディスクサイズにハードクォータを設定できます

  • ファイルサーバーリソースマネージャー(FSRM)
  • クォータマネージャー

クォータは、 Usersという名前のユーザレイヤディレクトリに設定する必要があります。

注:

クォータの変更(増加または減少)は、新しいユーザーレイヤーにのみ影響します。既存のユーザーレイヤーの最大サイズは以前に設定されており、クォータが更新されても変更されません。

レジストリの上書きの最大サイズを設定する

管理対象マシンのレジストリを使用して、デフォルトのユーザー層の最大サイズを上書きすることができます。次のレジストリキーはオプションです。通常の動作では、これらのキーを設定する必要はありません。これらのキーのいずれかが必要な場合は、レイヤーまたは GPO/GPP を使用して手動で追加します。

Registry Root: HKLM\Software\Unidesk\Ulayer

キー 種類 デフォルト値 説明
UsequotaifAvailable 文字列 真; 偽 クォータの検出と使用を有効にするには、True を指定します。False を指定すると、無効になります。
既定のユーザー画層サイズ設定B DWORD ユーザー定義 ユーザーレイヤーのサイズ(GB単位)(例:5、10、23、…)指定しない場合、デフォルトは 10 です。
QuotaQuerySleepms DWORD ユーザー定義 ユーザーレイヤーのディレクトリを作成してから、クォータがあるかどうかを確認するまでの待機時間(ミリ秒)。クォータシステムでは、FSRM など、新しいディレクトリにクォータを適用するのに時間がかかります。デフォルトのクォータは 1000 です。

ユーザー層通知メッセージのカスタマイズ

ユーザーがユーザーレイヤーにアクセスできない場合、通知メッセージが表示されます。

ユーザーレイヤーメッセージ

ユーザー層通知メッセージには、次のものがあります。次の手順を使用して、最初の 2 つのメッセージをカスタマイズできます。

  • ユーザーレイヤーは使用中 (カスタマイズ可能なメッセージ)

    ユーザーレイヤーは使用中のため、添付できませんでした。アプリケーションの設定やデータに加えた変更は保存されません。作業内容は必ず共有ネットワークの場所に保存してください。

  • ユーザーレイヤーを使用できません (カスタマイズ可能なメッセージ)

    ユーザーレイヤーを添付できませんでした。アプリケーションの設定やデータに加えた変更は保存されません。作業内容は必ず共有ネットワークの場所に保存してください。

  • ユーザーのサインアウト後にリセットされないシステム

    このシステムは適切にシャットダウンされませんでした。すぐにログオフし、システム管理者に問い合わせてください。

  • ユーザーレイヤーの修復を実行できませんでした

    ユーザレイヤを修復できませんでした。システム管理者に連絡してください。

  • 手動ドライバの読み込みに失敗しました

    このシステム用に検出されたアプリケーションレイヤドライバの読み込みに失敗しました。これは、正しく署名されていないドライバーや不適切なドライバーが共有に配置されているために発生する可能性があります。この問題に対処するには、管理者に問い合わせてください。

メッセージをカスタマイズする方法

通知メッセージは次のようにカスタマイズできます。入力するメッセージはどの言語でもかまいません。

  1. 管理コンソールに管理者としてログインします。
  2. 新しい場所を作成する場合は、[ 保存場所の追加] をクリックします。
  3. 既存の場所のメッセージをカスタマイズする場合は、[ 保存場所の編集] をクリックします。
  4. [格納場所の追加/編集] ウィザードで、ユーザーレイヤーの [メッセージ] タブと [ オーバーライド ] チェックボックスをオンにします。
  5. 表示したいとおりにメッセージを入力します。
  6. [ 確認して完了 ] タブを使用して変更を保存します。

ユーザーレイヤーの修復

ユーザーレイヤーの修復機能を使用すると、ユーザーのユーザーレイヤーからアプリとそのファイルを削除できます。この機能は、ユーザー Layer にローカルにアプリをインストールしたユーザーにアプリを配信した後で使用できます。修復機能では、新しいアプリレイヤーをベースイメージの一部として配信するか、エラスティックレイヤーとして配信するかに関係なく、競合するファイルが削除されます。

  • 例 1: ファイル you.txt を含むアプリレイヤーを作成し、アプリレイヤーをユーザーに弾力的に提供します。ユーザーがファイルを変更すると、その変更はユーザーレイヤーに保存されます。変更によってアプリが破損したり、ファイルが破損したりした場合は、ユーザーレイヤーの修復機能を使用して、問題のあるファイルをユーザーレイヤーから削除してクリーンアップできます。ユーザーは、アプリレイヤーの一部として弾力的に提供されるファイルを参照します。

  • 例 2: ユーザーが弾力的に割り当てられたアプリを削除した場合。ユーザーレイヤーが優先されるため、アプリのユーザーのローカルコピーが削除されると、そのバージョンのアプリはユーザーに表示されなくなります。ユーザーには、Elastic レイヤーとして割り当てられたアプリレイヤーが表示されます。

  • 例 3: ユーザーがアプリケーションをローカルにインストールし、後で管理者が同じアプリケーションのアプリケーションレイヤーを作成します。ユーザーレイヤーの修復機能は、アプリによってインストールされた競合するファイルをユーザーレイヤーから削除します。これにより、ユーザーはアプリレイヤーで提供されているバージョンが表示されます。

ユーザー層の修復の仕組み

アプライアンスは、ユーザーレイヤーをクリーンアップまたは復元するために使用できるユーザーレイヤー修復 JSON ファイルを生成します。修復が必要なユーザー Layer に JSON ファイルを手動でコピーします。

修復アップロードフォルダがネットワーク共有に存在しない場合、自動的に作成されます。アプライアンスは、修復JSONファイルをファイル共有の次のディレクトリに書き込みます。

<StorageLocationShare>\Unidesk\Layers\App\Repair\
<StorageLocationShare>\Unidesk\Layers\App\PackageAppRules
<!--NeedCopy-->

修復ディレクトリには 、アプライアンスが認識している各レイヤーの各バージョンの JSON ファイルが含まれます。新しいアプリレイヤーまたはそのバージョンをファイナライズすると、アプライアンスは修復ファイルを生成してアップロードします。

各レイヤーの修復ファイルには、次のものがあります。

UserLayerRepair_LayerIdInDecimal_RevisionIdInDecimal.json
UserLayerRepair_<layer id>_<layer version>.json
<!--NeedCopy-->

コンソールでレイヤ ID を表示するには、[ レイヤ ] タブをクリックし、レイヤを選択して [i] アイコンをクリックします。レイヤー ID は、他のレイヤーの詳細とともに表示されます。

PackageAppRules ディレクトリには、ユーザーレイヤーの各バージョンのパッケージアプリルールが含まれています。

レイヤーを修復するのにどれくらいの時間がかかりますか

修復処理時間は、画層の大きさと、削除する必要があるオブジェクトの数によって異なります。

マウントする必要があるが、実際に実行する操作がないレイヤを修復すると、ログインプロセスに約 5 秒が追加されます。アプリレイヤーが画像に含まれている場合、ログイン時間は 2 秒に短縮されます。

操作によって時間は異なります。一般的なアプリレイヤーの場合、10 秒未満なので、合計で 12 ~ 15 秒です。

ユーザーレイヤーの修復

ユーザーのユーザー層を修復するには、次の手順に従います。

  1. 修復する必要があるアプリ Layer のバージョンを特定します。

    • ∂∂.
  2. 事前に生成された UserLayerRepair ファイルを探します。ファイルが生成されていない場合は、App Layering Supportにお問い合わせください。サポートエンジニアは、修復ファイルを手動で生成できます。

  3. ユーザー層修復ファイルをユーザーの VHD の場所に直接コピーします。次回ユーザーがログオンすると、修復操作が発生します。

    ユーザーレイヤーの修復タスクが完了すると、UserLayerRepair.json ファイルが削除されます。

    注:

    JSON Rules ファイルが共有に存在し、ユーザーによって変更された場合、そのファイルは上書きされません。これにより、ユーザーは必要に応じてこれらのファイルを変更することができます。

ユーザー層修復用のログファイル

ログファイル ulayersvc.log には、ユーザーレイヤー修復実行可能ファイルの出力が含まれています。

C:\ProgramData\Unidesk\Logs\ulayersvc.log
<!--NeedCopy-->

クリーンアップ中に行われた変更は、サービスによってログに記録されるその他の変更とともにログに記録されます。

修復に失敗した場合はどうなりますか

障害が発生した場合、ユーザーは修復が失敗し、管理者に連絡する必要があるというメッセージを受信します。メッセージは、他の保存場所のメッセージと同じ場所に構成できます。

修復の失敗は、次の場合に発生する可能性があります。

  • UserLayerRepair.jsonフォーマットが不正です(JSONファイルが生成されるため、可能性は低い)。
  • 指定されたアプリレイヤーの.vHD またはイメージ内のパッケージ_app_rules ファイルが見つかりません。
  • アプリレイヤーの VHD ファイルを添付できませんでした。
  • 予期しない (ランダム) 例外により、修復プロセスが中断されます。

これらの問題が発生した場合、UserLayerRepair.json ファイルは削除されず、残りの JSON ファイルの処理が停止します。

失敗の正確な原因を特定するには、ユーザーの ulayersvc.log ファイルを確認します。その後、その後のログオンで修復を再度実行することを許可できます。障害の原因が解決されると仮定すると、修復は最終的に成功し、UserLayerRepair.json ファイルは削除されます。