展開の計画と構築

Citrix Cloud Japanに登録した後、以下の手順でCitrix Cloud Japanへの接続をセットアップします。事前にプロセスの全体像を確認しておくことで、行う操作を把握できます。

リソースの場所を設定する

リソースの場所には、インフラストラクチャサーバー(Active DirectoryドメインやCloud Connectorなど)と、ユーザーにアプリケーションやデスクトップを提供するマシンが含まれています。Citrix DaaS(Virtual Apps and Desktopsサービスの新名称)を使用するには、リソースの場所を設定する必要があります。

手順については、「リソースの場所の作成」を参照してください。

Cloud Connectorのインストールに関するビデオ:

リソースの場所の作成方法に関する動画

IDプロバイダーを接続する

IDプロバイダーは、Citrix Cloud Japan管理者およびワークスペース利用者を認証し、利用者にライブラリオファリングを割り当てるためのユーザー一覧へのアクセスを提供するために使用されます。

サポートされるIDプロバイダーについて詳しくは、「IDおよびアクセス管理」を参照してください。

Citrix DaaSをセットアップする

Citrix DaaSの使用を開始するには、次のタスクを完了します:

  1. サブスクリプションをお持ちでない場合は、サービストライアルをリクエストします。サービストライアルは60日間有効で、製品版サービスとすべて同じ機能を備えています。
  2. Citrix DaaS環境の顧客管理コンポーネントのシステム要件を確認し、それに応じてマシンを準備します。
  3. Citrix DaaSドキュメントの「展開の計画と構築」にある一連のタスクを確認し、各タスクの手順に従います。

Citrix Workspaceをセットアップする

エンドユーザー用のワークスペースの設定には、次のタスクが含まれます:

  1. ワークスペース構成でVirtual Apps and Desktopsサービス統合を有効にします。
  2. ワークスペース認証方法として、先ほど接続したIDプロバイダーを選択します。
  3. エンドユーザーに提供するワークスペース機能を構成します。

Citrix Cloud JapanのCitrix Workspaceアプリで使用できる機能について詳しくは、「ワークスペースのセットアップ」を参照してください。

展開の計画と構築