リリースノート

Citrix Gatewayサービスリリースからクラウドへのリリースノートでは、サービスリリースで利用可能な新機能、既存機能の強化、修正された問題、既知の問題について説明します。リリースノートには、次のセクションの 1 つまたは複数が含まれます。

新機能: 最新リリースで利用可能な新機能および機能強化。

解決された問題:最新リリースで解決された問題。

既知の問題: 最新リリースで存在する問題とその回避策(存在する場合)。

バージョン12.1(2021年10月11日)

新機能

  • Citrix GatewayサービスタイルをCitrix Cloudの単一のSecure Workspace Accessにマージ

    Citrix GatewayサービスタイルとSecure Workspace AccessサービスタイルがSecure Workspace Accessサービスタイルにマージされ、Citrix GatewayのランディングページがSecure Workspace Accessサービスのページへと変更されます。そのため、Virtual Apps and Desktops[Web/SaaSアプリケーションの追加] のショートカットは表示されません。ただし、Citrix Virtual Apps and Desktopsのお客様は、[ワークスペース構成]>[アクセス]>[外部接続] からCitrix Gatewayサービスを有効にできます。それ以外で、機能に変更はありません。

    次のCitrix Gatewayサービス機能は、Secure Workspace Accessサービスに移動されました。

    • SaaSおよびエンタープライズWebアプリの構成
    • 強化されたセキュリティ制御の有効化
    • コンテキストベースのポリシーの構成

    Citrix Workspace EssentialsやCitrix Workspace Standardを含むすべてのSecure Workspace Accessのお客様は、Webフィルタリングポリシーに加えて、SaaSおよびエンタープライズWebアプリ、強化されたセキュリティ制御、コンテキストベースのポリシーを構成するために、単一のSecure Workspace Accessタイルを使用できるようになりました。

    [ACS-645]

リリースノート