Citrix Cloud

Citrix Cloudへのサインアップ

ここでは、Citrix Cloudに登録し、アカウントの登録に必要なタスクを確実に実行するプロセスについて説明します。

ヒント:

Citrix Cloudの基礎」コースの「Citrix Cloudの利用を開始する」教育モジュールには、この記事で説明しているタスクについて説明した短い動画があります。また、このコースをすべて履修すると、Citrix Cloud、組織にとってのメリット、およびCitrix Cloudサービスで対処できる重要なユースケースの理解のために必要なしっかりとした基礎を身につけることができます。

Citrixアカウントとは何ですか?

Citrixアカウント(Citrix.comアカウントまたはMy Citrixアカウント)では、購入したライセンスへのアクセスを管理できます。Citrixアカウントでは、組織ID(OrgID)が一意の識別子として使用されます。Citrixアカウントにアクセスするには、ユーザー名(Webログイン)またはアカウントにリンクされているメールアドレスでhttps://www.citrix.comにログインします。

重要:

ユーザー名は単一で一意のCitrixアカウントに割り当てられますが、メールアドレスは複数のCitrixアカウントに割り当てることができます。

OrgIDとは何ですか?

OrgIDは、Citrixアカウントに割り当てられた一意の識別子です。OrgIDは物理的なサイトアドレス(通常は所属する会社のビジネスアドレス)に関連付けられています。そのため企業には通常、1つのOrgIDがあります。ただし、ブランチオフィスが異なる場合や、部門ごとに資産を個別に管理する場合などは、単一の会社が複数のOrgIDを所有できます。

特定のOrgIDは定期的にクリーンアップされ、必要な場合、重複分がマージされます。有効かつアクティブなOrgIDとマージするOrgIDがある場合は、マージするOrgIDをシトリックスカスタマーサポートに連絡することができます。

注:

企業は資産の管理方法に基づいてOrgIDを既に設定しているため、使用するOrgIDや所有するOrgIDの数が不明の場合は、お客様の会社のIT部門またはシトリックス管理者にお問い合わせください。必要な場合は、シトリックスカスタマーサポートがOrgIDの検索をお手伝いします。シトリックスカスタマーサポート(https://www.citrix.com/contact/support.html)にお問い合わせください。

Citrix Cloudアカウントとは何ですか?

Citrix Cloudアカウントで1つまたは複数のCitrix Cloudサービスを使用して、アプリケーションとデータを安全に配信できます。Citrix Cloudアカウントは、Citrixアカウントと同様にOrgIDによって一意に識別されます。組織がOrgIDをセットアップした方法に基づいて、適切なCitrix Cloudアカウントを選択し、同じOrgIDを使用して購入と管理者のアクセスも実行できるようにすることが重要です。たとえば、OrgID 1234を使用している会社の設計部門がVirtual Apps and Desktopsをオンプレミスで使用している場合、Citrix Cloudを試用するには、OrgID 1234の管理者がOrgIDに関連付けられたWebログインまたはメールアドレスを使用する必要があります。したがって、Virtual Apps and Desktopsのサブスクリプションの購入を決定した場合、OrgID 1234に発注でき、スムーズに製品版に移行できます。

重要:

特定のCitrixアカウントにアクセスできるユーザーが、そのCitrixアカウントのOrgIDに関連付けられているCitrix Cloudアカウントに自動的にアクセスできるようになるわけではありません。ユーザーがCitrix Cloudにアクセスできるようになると、サービスに影響を及ぼす可能性があるため、Citrix Cloudアカウントにアクセスするユーザーを管理することが重要です。

Citrix CloudのOrgIDフロー

多要素認証の要件

Citrix Cloudアカウントを安全に保つために、Citrix Cloudではすべてのお客様が多要素認証に登録する必要があります。登録に必要なものは、Citrix SSOなどの認証アプリがインストールされた、コンピューターやモバイルデバイスなどのデバイスのみです。

シトリックスの既存のお客様の場合、サインアップページにアクセスし、Citrix.comアカウントに関連付けられている資格情報を入力すると、Citrix Cloudで登録を求めるプロンプトが表示されます。シトリックスを初めて使用する場合は、サインアッププロセス中にCitrixアカウントを作成した後、Citrix Cloudで登録を求めるプロンプトが表示されます。

多要素認証登録のプロンプト

手順1:登録ページにアクセスする

Webブラウザーを使用して、https://onboarding.cloud.comにアクセスします。

シトリックスの既存のお客様であるか、Citrix.comまたはMy Citrixアカウントをお持ちの場合

  1. [Citrix.comまたはMy Citrixアカウントを使用] を選択します。

    Citrix.comアカウントボタンを使用した登録ページ

  2. ユーザー名とパスワードを入力するか(Webログイン)、Citrix.comアカウントに関連付けられているメールアドレスとパスワードを入力します。
  3. 多要素認証に登録するよう求められたら、[今すぐ登録] を選択します。
  4. この記事の「手順5:多要素認証に登録する」で説明されているように、登録処理を完了します。

CitrixおよびCitrix Cloudを初めて使用する場合

フォームフィールドに入力し、[続行]を選択します。

空白のフォームの登録ページ

会社のメールアドレスと会社の住所を使用するようにしてください。個人のメールアドレスまたは住所を使用すると、トライアルのリクエスト処理に時間がかかることがあります。

アカウントが既に使用中の場合

アカウント使用中の警告メッセージ

このメッセージが表示された場合、使用したCitrixアカウントの別の管理者が、既にCitrix Cloudアカウントを作成しています。

Citrix Cloudアカウントでは、管理者はサービスをより詳細に管理できるため、Citrix Cloudアカウントを作成する最初の管理者は、別の管理者が既にCitrixアカウントのメンバーであっても明示的にアクセス権を付与する必要があります。

[承認のリクエスト] を選択することで、そのアカウントのすべての既存管理者にリクエストの通知が送信されます。既存の管理者が組織を離れた場合は、シトリックスサポートにお問い合わせください。

手順2:Citrix Cloud地域を選択する

Citrix Cloud地域の選択画面

Citrix Cloud地域は、Citrix Cloudサービスを提供するためのサービスとデータを操作、保存、複製できる地理的境界です。サービスの提供には、地域内の1つまたは複数の国(州や地方を含む)にある複数のパブリッククラウドまたはプライベートクラウドが使用されることがあります。Citrix Cloud地域について詳しくは、「地理的な考慮事項」を参照してください。

重要:

地域を選択した後、選択を元に戻したり変更したりすることはできません。

手順3:メールアドレスを確認する

メールアドレスを確認していない場合は、確認するよう求められることがあります。

Citrix Cloudメール確認ダイアログ

次に、Citrix Cloudから確認メールが送信されます。以下のようなメールを受信します:

Citrix Cloud確認メール

受信した確認メールでメールアドレスを確認した後、Citrix Cloudアカウントが有効になります。

手順4:パスワードを選択する

注:

Citrix Cloudでは、Citrixアカウントを初めて作成する場合にのみ、パスワードを選択するように求められます。

Citrix Cloudのパスワードを入力して確認し、アカウントの作成を完了します。

[パスワードの作成]ページ

選択したパスワードは大文字と小文字が区別され、以下がすべて含まれている必要があります:

  • 長さが8文字以上
  • 1つ以上の大文字
  • 1つ以上の数字
  • 1つの記号: ! @ # $ % ^ * ? + = -

有効なパスワードに辞書の単語を含めることはできません。パスワードを選択した後、そのパスワードが十分に複雑ではない、または既知の侵害されたパスワードのデータベースにあると判断した場合、Citrix Cloudは次回サインインするときにパスワードの変更を要求する場合があります。詳しくは、「パスワードを変更する」を参照してください。

アカウントの作成後、Citrix Cloudにサインインできます。

登録完了ページ

手順5:多要素認証に登録する

管理者アカウントの安全を確保するため、Citrix Cloudではサインイン時に多要素認証を使用するよう要求されます。多要素認証に登録することで、管理者アカウントへの不正アクセスを防止でき、必要なのはCitrix SSOなどの時間ベースのワンタイムパスワード標準に準拠した認証アプリがインストールされたコンピューターやモバイルデバイスなどのデバイスのみになります。

多要素認証に登録していない場合、サインイン時に登録するようCitrix Cloudから求められます。

登録時に、Citrix CloudはQRコードとキーを提示します。認証アプリに応じて、QRコードをスキャンするか、キーを入力してデバイスを登録できます。スムーズな登録処理のために、Citrixではこのアプリを事前にデバイスにダウンロードしてインストールすることをお勧めします。Citrix Cloudは、デバイスを紛失した場合や認証アプリを使用できない場合にアカウントにアクセスするために1回のみ使用できるバックアップコードも生成します。

注:

  • Citrix Cloudにサインインするときは、Citrix Cloudのサインインページがhttps://accounts.cloud.comに表示されていることを確認してください。別のURL(https://accounts-internal.cloud.comなど)を使用してCitrix Cloudにサインインすると、多要素認証の登録が失敗します。
  • Citrix Cloud経由で多要素認証に登録できるのは、Citrix IDプロバイダーの管理者のみです。Azure ADを使用してCitrix Cloud管理者を管理する場合、Azureポータルを使用して多要素認証を構成できます。詳しくは、Microsoft社のサイトでAzure Multi-Factor Authenticationの設定を構成するを参照してください。
  • 登録後、Citrix Cloud管理者が所属するすべての顧客組織に多要素認証が適用されます。登録プロセスの完了後に多要素認証を無効にすることはできません。
  • 登録できるデバイスは1つだけです。あとから別のデバイスを登録すると、Citrix Cloudは現在のデバイス登録を削除し、新しいデバイスに置き換えます。詳しくは、「多要素認証用のデバイスを変更する」を参照してください。

デバイスを多要素認証に登録するには

  1. https://citrix.cloud.comにアクセスして、URLがhttps://accounts.cloud.comにリダイレクトされるかを検証します。Citrix Cloudの資格情報でサインインします。
  2. 多要素認証に登録するよう求められたら、[今すぐ登録] を選択します。 多要素認証登録のプロンプト

    Citrix Cloudから、確認コードが記載されたメールが送信されます。 確認コード付きのデバイス登録メール

  3. メールの受信後、6桁の確認コードとCitrix Cloudパスワードを入力し、[確認] を選択します。 確認コードとパスワードの入力が表示されたアカウント確認ページ
  4. 認証アプリでQRコードをスキャンするか、キーを手動で入力します。認証アプリがCitrix Cloudのエントリを表示し、6桁のコードを生成します。 QRコードとキーが強調表示された認証アプリのダウンロード画面
  5. [認証アプリを確認する] で認証アプリのコードを入力して [コードを確認する] を選択します。
  6. デバイスを紛失した場合、または認証アプリを使用できない場合のために、以下のアカウントの復旧方法を構成します:
    • 復旧用の電話番号(必須):[復旧用の電話番号を追加する] を選択して、Citrixサポートがユーザーの本人確認のために連絡できる電話番号を入力します。Citrixサポートは、サインインのサポートに必要な場合にのみこの電話番号を使用します。固定電話の電話番号を使用することをお勧めします。
    • バックアップコード(必須):認証アプリを使用できない場合のサインインに役立つ1回のみ使用できるバックアップコードのセットを作成するには、[バックアップコードを生成する] を選択します。メッセージが表示されたら、[コードをダウンロードする] を選択して、バックアップコードをテキストファイルとしてダウンロードします。次に、[バックアップコードを保存しました。][閉じる] を選択します。 バックアップボタンと確認ボックスが強調表示されたバックアップコードのダウンロード画面
  7. [完了] を選択して登録を完了します。

次にCitrix Cloud管理者の資格情報でサインインすると、Citrix Cloudは認証アプリから確認コードの入力を要求します。

確認コード入力ページ

デバイスの登録を管理する

あとで別のデバイスを登録したり、バックアップコードを追加で生成したり、リカバリ用の電話番号を更新したりする必要がある場合は、[マイプロファイル]ページからこれらのタスクを実行できます。手順については、以下の記事を参照してください。

手順6:OrgIDを確認して管理者を招待する

Citrix Cloudアカウントをセットアップできました。Citrix Cloudを使用する前に、OrgIDを確認し、Citrix Cloudアカウントをともに管理する他の管理者を招待してください。

アカウントのOrgIDを確認する

アカウントのOrgIDが注文に使用するOrgIDと一致していることを確認してください。Citrix Cloudのメリットの1つは、サービス(Virtual Apps and Desktopsサービスなど)を試用してから購入する場合、同じアカウントを使用できるため、トライアルで作成したすべての設定が購入後も保持されることです。つまり、正しいOrgIDでトライアルを開始することは、購入時の手間を省くことになります。

OrgIDは、管理コンソールの右上隅にあるアカウント名の下に表示されます。

アカウント名とOrgIDの表示

他の管理者を招待する

他の管理者がCitrix.comのCitrixアカウントにアクセスできる場合でも、Citrix Cloudアカウントへの招待が必要であることに注意してください。このためには、Citrix Cloud管理コンソールでメニューボタンをクリックし、[IDおよびアクセス管理] を選択します。詳しくは、「Citrix Cloudアカウントに管理者を追加する」を参照してください。

Citrix Cloudの[IDおよびアクセス管理]メニュー

手順7:Citrix Cloudサービスのトライアルをリクエストする

トライアルは、必要なオンプレミスのインフラストラクチャまたはパブリッククラウド、アプリケーション、Microsoft Active Directoryでのテスト用に設計されています。サービス、ワークスペース、リソースの場所をセットアップおよび構成できます。

トライアル期間中、サブスクリプションパッケージの購入を決定した場合は、いつでも購入することができます。作成した設定はすべて保存され、継続して使用できます。

トライアルをリクエストするには、試したいサービスで[トライアルのリクエスト]をクリックします。詳しくは、「Citrix Cloudサービスのトライアル」を参照してください。