Citrix Virtual Apps and Desktops

1912 LTSR(初期リリース)

このリリースについて

Citrix Virtual Apps and Desktopsの長期サービスリリース(LTSR)プログラムは、Citrix Virtual Apps and Desktopsリリースに安定性と長期サポートを提供します。

LTSRは現在、Citrix Virtual Apps and Desktops 7 1912(このリリース)、およびXenAppおよびXenDesktopバージョン7.67.15で使用可能です。LTSRプログラムを初めて使用する場合は、Citrix Virtual Apps and Desktops 7 1912を最初からインストールできます。以前のLTSRのいずれかを使用している場合は、累積更新(CU)を含めて、そこからアップグレードできます。サポートされているアップグレードパスについて詳しくは、「アップグレードガイド」を参照してください。

また、Citrix Workspaceアプリおよびその他のコンポーネントは、指定のバージョンを使用することをお勧めします。LTSRに適合する上では必須ではありませんが、こうしたコンポーネントを推奨バージョンにアップグレードすることで、展開環境のメンテナンスが容易になり、最新の修正を利用できるようになります。

以前のリリース以降に追加されたCitrix Virtual Apps and Desktops 7 1912の機能の概要については、Citrix Virtual Apps and Desktopsの機能の概要比較表を参照してください。

このCitrix Virtual Apps and Desktopsリリースには、新しいバージョンのWindows Virtual Delivery Agent(VDA)といくつかのコアコンポーネントの新しいバージョンが含まれています。次の操作を実行できます:

  • サイトをインストールまたはアップグレードする

    このリリースのISOを使用して、コアコンポーネントとVDAをインストールまたはアップグレードします。最新のバージョンをインストールまたはアップグレードすることで、最新の機能を使用できます。

  • 既存のサイトでVDAをインストールまたはアップグレードする

    環境でコアコンポーネントをアップグレードする準備が整っていない場合でも、新しいVDAをインストール(またはアップグレード)することで、最新のHDX機能を使用できます。VDAのみをアップグレードすると、通常、強化された機能を実稼働環境以外の環境でテストするのに役立ちます。

    VDAをバージョン7.9以降からこのバージョンにアップグレードした後は、マシンカタログの機能レベルを更新する必要はありません。7.9(またはそれ以降) の値はデフォルトの機能レベルのままであり、このリリースでも有効です。詳しくは、「VDAバージョンと機能レベル」を参照してください。

手順については、以下を参照してください。

Citrix Virtual Apps and Desktops 7 1912 LTSR

VDAのアップグレードに関する重要な通知

Personal vDisk(PvD)コンポーネントをVDAにインストールしたことがある場合、そのVDAをバージョン1912 LTSR以降にアップグレードすることはできません。新しいVDAを使用するには、現在のVDAをアンインストールしてから新しくインストールする必要があります

この手順は、Personal vDiskをインストール済みで使用したことがない場合でも適用されます。

影響を受けているかを判断する

以前のバージョンで使用されたPvDのインストール方法:

  • VDAインストーラーのグラフィカルインターフェイスでは、PvDは [追加コンポーネント] ページのオプションです。7.15 LTSRおよびそれ以前の7.xリリースでは、デフォルトでこのオプションが有効になっています。そのため、デフォルトを変更しない場合(または任意のリリースでこのオプションを有効にすることを選択した場合)、PvDがインストールされました。
  • コマンドラインでは、/baseimageオプションによってPvDがインストールされます。このオプションを指定した場合、またはこのオプションを含むスクリプトを使用した場合、PvDがインストールされました。

VDAにPvDがインストールされているかどうかわからない場合は、マシンまたはイメージで新しいVDA(1912 LTSR以降)のインストーラーを実行します。

  • PvDがインストールされている場合、互換性のないコンポーネントがあることを示すメッセージが表示されます。
    • グラフィカルインターフェイスの場合、メッセージが表示されるページで [キャンセル] をクリックして、インストーラーを閉じます。
    • CLIでは、コマンドが失敗してメッセージが表示されます。
  • PvDがインストールされていない場合、アップグレードが続行されます。

必要なアクション

VDAにPvDがインストールされていない場合は、通常のアップグレード手順に従ってください。

VDAにPvDがインストールされている場合:

  1. 現在のVDAをアンインストールします。詳しくは、「コンポーネントの削除」を参照してください。
  2. 新しいVDAをインストールします。

Windows 7またはWindows 10(1607以前、更新なし)マシンでPvDを引き続き使用する場合、使用できる最新バージョンはVDA 7.15 LTSRです。

インストールとアップグレード:シングルセッションVDAでの新しいユーザー個人設定レイヤーコンポーネント

シングルセッションVDAをインストールまたはアップグレードする場合、ユーザー個人設定レイヤーコンポーネントを含めることができます。この機能は、永続的ではないマシン上でCitrix App Layeringによって提供され、セッション全体でユーザーのデータとローカルにインストールされたアプリケーションを保持します。

これは、廃止されたPersonal vDiskに代わる機能です。以前にPvDがインストールされていたVDAをアップグレードする場合は、「VDAのアップグレードに関する重要な通知」を参照してください。

新機能について詳しくは、「ユーザー個人設定レイヤー」を参照してください。VDAのインストール手順については、「VDAのインストール」を参照してください。

インストールとアップグレード:Microsoft Visual C++ Runtime 2017の前提条件

Delivery ControllerまたはWindows VDAをインストールすると、Microsoft Visual C++ Runtime 2017(または以降のサポート対象バージョン)がインストールされていない場合、自動的にインストールされます。これは、以前のCitrix Virtual Apps and Desktopsリリースのときよりも新しいVisual C++ Runtimeのバージョンです。

インストールとアップグレード:SQL Server Expressバージョン

最初のDelivery Controllerをインストールするとき、サイトデータベースとして使用するために、同じマシンにMicrosoft SQL Server ExpressをCitrixによりインストールさせることを選択できます。このリリースでは、新規インストールの場合、SQL Server Express 2017と累積更新プログラム16をインストールします。これは、以前のCitrix Virtual Apps and Desktopsリリースのときよりも新しいバージョンです。アップグレードの場合、既にインストールされているSQL Server Expressバージョンはアップグレードされません。

Controllerをインストールする場合、ローカルホストキャッシュ機能と連携して使用するために、自動でMicrosoft SQL Server Express LocalDBがインストールされます(このインストールは、サイトデータベースに使用されるSQL Server Expressとは別のものです)。新規インストールの場合、SQL Server Express LocalDB 2017と累積更新プログラム16がインストールされます。これは、以前のCitrix Virtual Apps and Desktopsリリースのときよりも新しいバージョンです。アップグレードの場合、既にインストールされているSQL Server Express LocalDBバージョンはアップグレードされません。

インストールとアップグレード:VDAでサポートされているWindows 10バージョン

このリリースはWindows 10 32ビット版(x86)および64ビット版(x64)OSをサポートします。Windows 10 32ビット版は、1912 LTSRの初期リリースから18か月間のみサポートされています。Windows 10 32ビット版は、Windows 10 Enterprise 2019 LTSCでのみサポートされています。Windows 10マシンの場合、Citrixでは64ビット版(x64)の使用をお勧めします。

インストールとアップグレード:保留中の再起動チェックの防止

コアコンポーネントのインストールまたはアップグレード時に、マシン上で以前のWindowsインストールで保留になっていた再起動が検出されるとインストーラーが停止します。コマンドラインインターフェイスを使用する場合、コマンドに/no_pending_reboot_checkオプションを含めて保留中の再起動のチェックを阻止できます。詳しくは、「任意のコンポーネントのインストール時」を参照してください。

VDAとマシンカタログ:オペレーティングシステム名の変更

VDAおよびマシンカタログのオペレーティングシステム名が変更されました。

  • マルチセッションOS(サーバーOSの新名称):マルチセッションOSのマシンカタログでは、ユーザーにサーバーの共有デスクトップを提供できます。標準化されたWindowsマルチセッションOSまたはLinux OSマシンの大規模展開に適しています。

  • シングルセッションOS(デスクトップOSの新名称):シングルセッションOSマシンカタログでは、ユーザーの種類に応じて最適なVDIデスクトップを提供できます。

コンポーネントのバージョン番号:オンプレミスの値に変更

製品およびコンポーネントのバージョン番号(YYMM.c.m.b)で、cの値はオンプレミスリリースの0です。たとえば、アプリと機能 では、このバージョンは1912.0.0.ビルド番号と表示されます。

以前のオンプレミスリリースとCitrix Cloudリリースでは、cの値は1です。

詳しくは、「製品およびコンポーネントのバージョン番号」を参照してください。

Citrix Studio

Amazon Web ServicesでのLinuxマシンのプロビジョニングのサポート

Citrix Studioは、Machine Creation Services(MCS)を使用したAmazon Web Services(AWS)でのLinuxマシンのプロビジョニングをサポートするようになりました。詳しくは、「MCSを使用したLinux仮想マシンの作成」を参照してください。

Virtual Delivery Agent(VDA)1912

マルチセッションOS対応VDAおよびシングルセッションOS対応VDAのバージョン1912には、(この記事で前述のVDAのインストールおよびアップグレードの項目に加えて)次の拡張機能が含まれています:

注:

VDAのバージョン番号には「Citrix Virtual Apps and Desktops 7 1912 LTSR」と表示されますが、VDAはLTSRおよびCR展開でサポートされています。

Local Security Authority(LSA)の保護に対応

標準認証、フェデレーション認証サービス(FAS)認証、スマートカード認証に対して、マルチセッションサーバーOSおよびシングルセッションデスクトップOSでLocal Security Authority(LSA)保護の使用がサポートされるようになりました。LSAの保護について詳しくは、Microsoft社の「追加のLSAの保護の構成」を参照してください。

アプリ保護

このリリースでは、Citrix Workspaceアプリの使用時にセキュリティを強化する機能を導入しています。新しいポリシーによってセッションでのキーロガー対策とスクリーンキャプチャ対策が提供されます。Windows向けCitrix Workspaceアプリ1912以降の新しいポリシーは、キーロガーやスクリーンスクレーパーからデータを保護するのに役立ちます。詳しくは、「アプリ保護」を参照してください。

Citrixライセンスサーバー11.16.3.0(ビルド29000)

Citrix Licensing 11.16.3.0(ビルド29000)には、新機能解決された問題、および既知の問題があります。

Citrixフェデレーション認証サービス1912

Citrixフェデレーション認証サービス(FAS)1912には、新機能が含まれています。

詳細情報

  • 新しいお知らせ内容や廃止バージョンのアップデートについては、随時「廃止」を参照してください。
  • 2018年に導入された製品名およびバージョン番号の変更について詳しくは、「新しい名前と番号」を参照してください。

ベースラインコンポーネント

1912 LTSRのベースラインコンポーネント バージョン メモ
シングルセッションVDA 1912.0  
マルチセッションVDA 1912.0  
Delivery Controller 1912.0.0  
Citrix Studio 7.24.0  
Citrix Director 7.24.0  
グループポリシー管理のエクスペリエンス 7.24.0  
StoreFront 19.12.0.0  
Provisioning Services 1912  
ユニバーサルプリントサーバー 7.24.0  
Session Recording 1912.0.0  
Linux VDA 1912.0.0 サポートされるプラットフォームについては、Linux VDAのドキュメントを参照してください。
Profile Management 1912.0.0  
フェデレーション認証サービス 7.24.0  
Webブラウザーコンテンツのリダイレクト 15.19.0  

互換コンポーネント

以下のコンポーネントは、記載されたバージョンでLTSR環境と互換性があります。これらは、LTSRの特典(ライフサイクルの延長と修正のみの累積更新プログラム)の対象にはなりません。1912 LTSR環境に含まれるこれらのコンポーネントを、より新しいバージョンにアップグレードするようCitrixでお願いする場合があります。

互換性のあるコンポーネントおよび機能 バージョン
App Layering 19.11.0
アプリ保護ポリシー 1912.0.0
HDX RealTime Optimization Pack 2.8
ライセンスサーバー 11.16.3.0ビルド29000
ユーザー個人設定レイヤー 19.11.0
Session Recording Web Player 1912.0.0
Teamsの最適化 1912.0.0
セルフサービスパスワードリセット 1.1
Windows 10 32ビット版  
Workspace Environment Management 1912.0.0
XenApp & XenDesktop 7.15 LTSR VDA(最新リリース)* 最新の累積更新プログラムのみ

注:

Windows 10 32ビット版は、1912 LTSRの初期リリースから18か月間のみサポートされています。Windows 10 32ビット版は、Windows 10 Enterprise 2019 LTSCでのみサポートされています。

* この場合のXenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSR VDAのサポート対象は、Windows 7およびWindows 2008 R2のみです。XenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSRのサポートは2022年8月に終了します。CitrixでのWindows 7およびWindows 2008 R2のサポートは、MicrosoftがこれらのOSのサポートを終了したとき、またはXenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSRのサポートが終了したときのいずれか早い方に終了します。詳しくは、「Citrix Product Matrix」を参照してください。

Citrix Workspaceアプリの互換バージョン

現在サポートされているすべてのバージョンのCitrix Workspaceアプリは、Citrix Virtual Apps and Desktops 1912 LTSRと互換性があります。Citrix Workspaceアプリのライフサイクルについては、「Citrix WorkspaceアプリとCitrix Receiverのライフサイクルマイルストーン」を参照してください。

Citrix Workspaceアプリの新バージョンが利用可能になったときに通知を受けることができるように、Citrix WorkspaceアプリのRSSフィードに登録することをお勧めします。

注意すべき除外対象

以下の機能、コンポーネント、プラットフォームは、1912 LTSRのライフサイクルマイルストーンと特典の対象外です。すなわち、累積更新プログラムとライフサイクル延長の特典は適用されません。除外対象の機能とコンポーネントの更新は、通常の最新リリースで入手可能です。

除外対象のコンポーネントおよび機能
AppDisk
AppDNA
Citrix SCOM Management Pack
Framehawk
Personal vDisk
StoreFront Citrix Onlineの統合
除外対象のWindowsプラットフォーム*
Windows 2008 32ビット(ユニバーサルプリントサーバー用)

* Citrixは、サードパーティベンダーのライフサイクルマイルストーンに基づいてプラットフォームサポートを更新する権利を有します。

インストールとアップグレード分析

全製品インストーラーを使用してXenAppまたはXenDesktopコンポーネントを展開またはアップグレードする場合、インストールプロセスに関する匿名の情報が、コンポーネントをインストール/アップグレードするマシンで収集および保存されます。このデータは、インストールに関するカスタマーエクスペリエンス向上のために使用されます。

XenApp 6.5からの移行

XenApp 6.5の移行プロセスでは、XenApp 6.5ファームを1912 LTSRのサイトにすばやく効率的に移行できます。この移行方法では、多数のアプリケーションとCitrixグループポリシーを含む環境で、アプリケーションとCitrixグループポリシーを新しいXenAppサイトに手動で移行する場合のエラーの発生リスクを軽減させることができます。

XenApp 1912 LTSRのコアコンポーネントをインストールしてサイトを作成したら、次の手順で移行プロセスを実行します。

  • 各XenApp 6.5ワーカー上で1912インストーラーを実行します。これにより、Virtual Delivery Agent for Server OSにアップグレードされます。
  • いずれかのXenApp 6.5 Controller上でPowerShellエクスポートコマンドレットを実行して、アプリケーション設定とCitrixポリシー設定をXMLファイルにエクスポートします。
  • 必要に応じてXMLファイルを編集して、新しいサイトにインポートしないデータや設定を削除します。XMLファイルをカスタマイズすることにより、ポリシー設定とアプリケーション設定を段階的に1912 LTSRサイトにインポートできます(一部を先にインポートしてから残りを後でインポートするなど)。
  • 新しい1912 Controller上でPowerShellインポートコマンドレットを実行して、XMLファイルから新しいXenAppサイトに設定をインポートします。

新しいサイトを必要に応じて再構成してテストします。

詳しくは、「XenApp 6.xからの移行」を参照してください。