トラブルシューティングのためのデータのフィルター処理

[ダッシュボード]で数値をクリックしたり[フィルター]メニューから事前定義のフィルターを選択すると、[フィルター]ビューが開きます。ここには、選択したマシンまたはエラーの種類に関するデータが表示されます。

事前定義のフィルターはそのままでは編集できませんが、それをカスタムフィルターとして保存してから編集することができます。さらに、すべてのデリバリーグループでのマシン、接続、セッション、アプリケーションインスタンスのカスタムフィルタービューを作成できます。

  1. 以下のビューを選択します。

    • マシン[デスクトップOSマシン]タブまたは[サーバーOSマシン]タブを選択します。これらのタブには構成されたマシンの数が表示されます。また、[サーバーOSマシン]タブには負荷評価基準インデックスが表示され、その測定値上にマウスポインターを置くと各パフォーマンスカウンターの測定値やセッション数がツールチップとして表示されます。
    • セッション[セッション]ビューでセッション数を表示することもできます。アイドル時間の測定値から、しきい値時間を超えてアイドル状態にあるセッションを特定できます。
    • 接続過去60分、過去24時間、過去7日間などの各期間における接続が表示されます。[](/ja-jp/citrix-virtual-apps-desktops/director/troubleshoot-deployments/applications.html)
    • アプリケーションインスタンスこのビューは、サーバーおよびデスクトップOSのVDA上のすべてのアプリケーションインスタンスのプロパティを表示します。セッションのアイドル時間測定機能は、Server OSのVDAのアプリケーションインスタンスに利用できます。
  2. [フィルター基準] で、フィルター条件を選択します。
  3. 必要に応じて、各ビューで追加のタブを使用してフィルターを実行します。
  4. 必要に応じて追加の列を選択して、より詳細な情報を表示します。
  5. フィルターに名前を付けて保存します。
  6. 複数のDirectorサーバーからフィルターにアクセスするには、これらのサーバーからアクセス可能な共有フォルダーにフィルターを保存します。
    • 共有フォルダーには、Directorサーバーのアカウントを変更する権限が必要です。
    • Directorサーバーは、共有フォルダーにアクセスするよう構成されている必要があります。これを行うには、IISマネージャーを実行します。[サイト]>[既定のWebサイト]>[Director]>[アプリケーションの設定]の順に移動し、Service.UserSettingsPathの設定が共有フォルダーのUNCパスを反映するように変更します。
  7. 後でフィルターを開くには、[フィルター] メニューでフィルターの種類(マシン、セッション、接続、またはアプリケーションインスタンス)を選択し、保存したフィルターを選択します。
  8. データをCSV形式のファイルにエクスポートするには、[エクスポート]をクリックします。最大100,000レコードのデータをエクスポートできます。
  9. [マシン] ビューまたは [接続] ビューでは、必要に応じ一覧でマシンを選択して電源制御操作を実行できます。[セッション] ビューでは、セッション制御を実行したりメッセージを送信したりできます。
  10. [マシン] ビューおよび [接続] ビューで障害が発生したマシンまたは接続の [エラーの理由] をクリックすると、障害の詳細な説明と、障害をトラブルシューティングするために推奨される操作が表示されます。マシンおよび接続でエラーが発生した場合のエラーの理由と推奨される解決手順は、『Citrix Director 7.12 Failure Reasons Troubleshooting Guide』に記載されています。
  11. [マシン] ビューでマシン名のリンクをクリックすると、対応する [マシンの詳細] ページが開きます。マシンの詳細を表示するこのページでは、電源制御が提供され、CPU、メモリ、ディスクの監視、およびGPUの監視グラフが表示されます。また、[履歴使用率の表示] をクリックすると、マシンのリソース使用傾向が表示されます。詳しくは、「マシンのトラブルシューティング」を参照してください。
  12. [アプリケーションインスタンス] ビューでは、しきい値時間を超えた [アイドル時間] に基づいてソートまたはフィルターできます。終了させるアイドル状態のアプリケーションインスタンスを選択します。ログオフまたはアプリケーションインスタンスを切断すると同一セッション内のすべてのアクティブなアプリケーションインスタンスが終了します。詳しくは、「アプリケーションのトラブルシューティング」を参照してください。アプリケーションインスタンスのフィルターページと、セッションのフィルターページにあるアイドル時間の測定値は、Citrix Director、Delivery Controller、およびVDAの各バージョンが7.13以降である場合に使用可能です。

注: Citrix Studioでは、さまざまなユーザーまたはユーザーグループの複数のデスクトップ割り当て規則(DAR)を、デリバリーグループ内の1つのVDAに割り当てることができます。StoreFrontでは、ログインしているユーザーのDARに従って、割り当て済みのデスクトップが、対応する表示名とともに表示されます。ただし、DirectorではDARはサポートされておらず、ログインしているユーザーに関係なく、デリバリーグループ名を使用して割り当て済みのデスクトップが表示されます。このため、Directorで特定のデスクトップをマシンにマッピングすることはできません。 StoreFrontに表示されている割り当て済みデスクトップをDirectorに表示されているデリバリーグループ名にマッピングするには、次のPowerShellコマンドを使用します:

Get-BrokerDesktopGroup | Where-Object { $\_.Uid -eq (Get-BrokerAssignmentPolicyRule | Where-Object { $\_.PublishedName -eq "<Name on StoreFront>" }).DesktopGroupUid } | Select-Object -Property Name, Uid

トラブルシューティングのためのデータのフィルター処理

In this article