このリリースについて

2203.2の新機能

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

2203.2で解決された問題

  • バージョン2203にアップグレードした後、セッション内でキーボードを使用しようとすると失敗します。Ctrl、Alt、Shift、スペースバー、およびCaps Lockなどの一部のキーおよびキーの組み合わせが、正常に機能しない場合があります。[CVADHELP-19766]

2203.2の既知の問題

  • 管理者がグローバルアプリ構成サービス(Global App Configuration Service:GACS)を使用して設定をロールアウトした場合に、Citrix Workspaceアプリがそれらの設定を適用しないことがあります。[RFHTMCRM-7198]

以前のリリース

このセクションでは、Citrix Workspaceアプリのライフサイクルマイルストーンに従ってサポートされている以前のリリースの新機能と解決された問題に関する情報を提供します。

2203.1

新機能

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

解決された問題

  • バージョン2203にアップグレードした後、セッション内でキーボードを使用しようとすると失敗します。Ctrl、Alt、Shift、スペースバー、およびCaps Lockなどの一部のキーが、正常に機能しない場合があります。[CVADHELP-19766]

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

2203

新機能

汎用クライアントIMEのユーザーエクスペリエンスの強化

このリリースでは、汎用クライアントIME機能は、中国語、日本語、および韓国語(CJK)の文字の入力および表示エクスペリエンスを強化します。セッション中にこの機能を使用すると、カーソル位置にCJK文字を入力できます。この機能は、Windows VDAおよびLinux VDA環境で使用できます。

前提条件:

  • Linux VDAの場合、クライアントキーボードレイアウトの同期とIMEの改善ポリシーを有効にします。
  • Windows VDAの場合、Unicodeキーボードレイアウトのマッピングポリシー、クライアントキーボードレイアウトの同期ポリシー、およびIMEの改善ポリシーを有効にします。
  • Citrix Linux VDAバージョン2012以降を使用します。Citrix Windows VDAの場合は、現在利用可能なすべてのWindows VDAバージョンが、汎用クライアントIME機能をサポートしています。
  • ブラウザーの言語は、日本語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、または韓国語である必要があります。
  • Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、またはApple Safari 13以降を使用します。

IMEは通常、候補ウィンドウ、テキスト作成ウィンドウなどのユーザーインターフェイス(UI)コンポーネントを備えています。テキスト作成ウィンドウには、作成に使用する文字とテキスト作成UI要素が含まれます。テキスト作成UI要素には、下線、背景色などがあります。候補ウィンドウには、候補リストが表示されます。

作成と候補ウィンドウの画像

テキスト作成ウィンドウでは、確定済みの文字と作成中の文字を区別できます。作成ウィンドウと候補ウィンドウは、入力カーソルに沿って移動します。その結果、作成ウィンドウのカーソル位置での文字入力機能が拡張され、作成ウィンドウと候補ウィンドウの表示も強化されます。

機能の制限事項:

  • Microsoft Excelのセル内での文字入力が失敗します。この問題は、マウスクリックを使用してセルを選択した場合に発生します。[RFHTMCRM-6086]

この機能の既知の問題:

  • Citrix IMEがVDI VDAデスクトップセッションに追加されていない場合、IME文字を入力できない場合があります。この問題は、VDAバージョン2202以前で断続的に発生します。[HDX-36748]

セッション画面の保持の強化

この機能は、ローミング時に切断されるネットワーク接続を減らすことで、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。セッションは数秒で再接続されます。

CitrixおよびGoogle AnalyticsへのCEIPデータの送信

このリリース以降、エンドユーザーは次のことができます:

  • 利用状況データをCitrixおよびGoogle Analyticsに送信するかどうかを決定する
  • GUIを使用してCEIPをブロックする

詳しくは、概要についてはCEIPに関するセクションを、このトピックについてはCEIPのブロックに関するセクションを参照してください。

注:

  • HTTPベースのストアを使用している場合は、セキュアなコンテキストのために、HTTPSベースのストアに移行することをお勧めします。詳しくは、HTTPSのセクションを参照してください。

解決された問題

  • Microsoft Edgeやその他の英語以外のGoogle ChromeブラウザーでCtrl + 句読点キー のキーボードショートカットを試すと、ショートカットキーが正常に機能しません。この問題は、Ctrl + 句読点キーの組み合わせが、VDAに到達する前に別の組み合わせに変更されることで発生します。したがって、VDAは誤った入力を受け取ります。[CVADHELP-19445]

  • 地域設定をオランダにしてMicrosoft Outlook会議を設定し、[夏時間に合わせて自動的に調整する] オプションを有効にすると、リモートカレンダーの会議出席依頼が1時間早く表示されます。[CVADHELP-17992]

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

2022

新機能

Microsoft Teamsの最適化(Technical Preview)

Microsoft Teamsは、Google Chromeブラウザーでのみ音声通話、ビデオ通話、および画面共有機能をサポートしています。Google Chromeはバージョンm97以降が必要です。この機能は、オリジントライアルを有効にした後、オンプレミスアカウントでのみ使用できます。

詳しくは、「Microsoft Teamsの最適化」を参照してください。

動的緊急通報(Dynamic e911)のサポート[Tech preview]

Citrix Workspaceアプリは、動的緊急通報をサポートしています。Microsoft Calling Plans、Operator Connect、およびDirect Routingで使用すると、次の機能が提供されます:

  • 緊急通報の構成とルーティング
  • セキュリティ担当者に通知する

詳しくは、「動的緊急通報(Dynamic e911)のサポート」を参照してください。

2202で解決された問題

  • Microsoft Teamsの最適化を有効にすると、着信オーディオが利用できなくなります。[CVADHELP-19456]

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

2201

新機能

Microsoft Teamsの最適化(Technical Preview)

Microsoft Teamsは、単一モニターでの音声通話、ビデオ通話、および画面共有機能をサポートしています(Google Chromeブラウザーのみ)。Google Chromeはバージョンm97以降が必要です。この機能は、オリジントライアルを有効にした後、オンプレミスアカウントでのみ使用できます。

詳しくは、「Microsoft Teamsの最適化」を参照してください。

機能の制限事項:

  • Microsoft Teamsの最適化を使用して画面を共有すると、画面共有を示す赤い境界線が表示されません。[RFHTMCRM-6360]

解決された問題

  • Microsoft Edgeブラウザーで公開アプリケーションセッションを起動しようとすると、画面の上部に白いバーが表示されます。[RFHTMCRM-6372]
  • セッションで、日本語の入力システム(IME)を使用して単語を入力すると、入力した単語が2回表示されます。

    この問題は次の場合に発生します:

    • マウスをクリックして確定する
    • HTML5向けCitrix Workspaceアプリで汎用クライアントIME機能が構成されている
    • WindowsクライアントでGoogle ChromeまたはMicrosoft Edge Chromiumブラウザーを使用している [RFHTMCRM-5187]

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

2112

新機能

モバイルデバイスのトラブルシューティングの機能強化

このリリースでは、[ログを取得する] オプションをタップすることで、セッションログファイルにすばやくアクセスできます。ログ作成オプションは、[ログ] から [ログを取得する] に変更されました。セカンダリメニューから [ログを取得する] を選択すると、ログファイルがブラウザーの新しいタブにではなくデバイスにダウンロードされます。

注:

進行中のセッションと最大5つ前までのセッションのログを収集できます。

Global App Configuration Serviceの機能強化

このリリースでは、管理者はオンプレミス展開のユーザー設定をカスタマイズできます。 以前は、この機能はWorkspace(クラウド)でのみ使用可能でした。

前提条件については、Global App Configuration Serviceドキュメントの「Getting Started」セクションを参照してください。

メモ:

  • この機能は、HTTPSベースのストアでのみ使用できます。
  • Global App Configuration Serviceが機能するためには、ユーザーがURL「discovery.cem.cloud.us」にアクセスできることを確認してください。

解決された問題

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

2111.1

新機能

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

解決された問題

  • セッションでローカルデバイスのクリップボードから関連するアプリに画像をコピーして貼り付けようとすると、失敗する可能性があります。[RFHTMCRM-6218]

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

2111

新機能

トラブルシューティングの機能強化

このリリースのCitrix Workspaceアプリは、進行中の仮想デスクトップおよび仮想アプリのセッションのログ収集をサポートします。以前は、進行中のセッションで [ログの開始] を選択した後に起動されたセッションのログのみを収集できました。これによって、[ログの停止] を選択するまで、進行中および後続のセッションのログが収集されます。

Global App Configuration Service

このリリースでは、Global App Configuration Serviceを使用してCitrix Workspaceアプリで起動されたセッションのユーザー設定をカスタマイズできます。以前は、管理者はこの目的でのみconfiguration.jsを使用でき、それをStoreFrontユーザーにのみ適用可能でした。

構成

Citrix Workspace向けのGlobal App Configuration Serviceを使用すると、Citrix管理者は、一元管理されたサービスによってWorkspaceサービスのURLとWorkspaceアプリの設定を配信できます。

詳しくは、「Global App Configuration Service」のドキュメントを参照してください。

メモ:

  • この機能は、ワークスペースおよびHTTPSベースのストアでのみ使用できます。
  • Global App Configuration Serviceが機能するためには、ユーザーがURL「discovery.cem.cloud.us」にアクセスできることを確認してください。

Webカメラリダイレクトでのサポートの強化

以前は、WebカメラリダイレクトはGoogle ChromeおよびMicrosoft Edge(Chromium)ブラウザーでのみサポートされていました。このリリースでは、WebカメラリダイレクトのサポートがMozilla FirefoxおよびApple Safariブラウザーに拡張されています。構成情報については、「Webカメラリダイレクト」を参照してください。

注(HTTPS)

HTTPベースのストアを使用している場合は、セキュアなコンテキストのために、HTTPSベースのストアに移行することをお勧めします。詳しくは、HTTPSのセクションを参照してください。

解決された問題

  • 日本語用の入力システム(IME)を使用して単語を入力すると、2番目の単語が最初の単語と重なります。この問題は、HTML5向けCitrix Workspaceアプリで汎用クライアントIME機能が構成されている場合に発生します。[RFHTMCRM-5186]
  • 一般的に、HTML5セッションを起動すると、WindowsロゴキーとWindowsキーの組み合わせ(Windows + RWindows + Eなど)はGoogle ChromeおよびMicrosoft Edge Chromiumブラウザーの全画面モードでのみ、HTTPSサイトで機能します。全画面モードは、ツールバーからのみ有効にしてください。 Chrome OSデバイスでは、HTML5セッションを起動すると、WindowsロゴキーとWindowsキーの組み合わせ(Windows + RWindows + Eなど)が全画面モードおよびウィンドウモードの両方で機能します。[RFHTMCRM-5905]

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

2110

新機能

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

注:

  • HTTPベースのストアを使用している場合は、セキュアなコンテキストのために、HTTPSベースのストアに移行することをお勧めします。詳しくは、HTTPSのセクションを参照してください。

解決された問題

  • HTML5向けCitrix Workspaceアプリをアップグレードした後、セッションの起動時に白い画面が表示されることがあります。この問題は、StoreFrontのIIS(インターネットインフォメーションサービス)マネージャーを介して動的圧縮が有効になっている場合に発生します。[RFHTMCRM-5524]
  • イントラネットアクセスのみが許可されているデバイスでは、セッションが起動しないか、遅延が発生する可能性があります。[RFHTMCRM-5440]
  • CJK(日本語、中国語、韓国語)言語を使用しているときに、「oooooooooooooooooo」などの不定の文字列が表示されます。この問題は、Linux VDAで実行されているセッションでCtrl+O、Ctrl+J、Ctrl+K、Ctrl+Lなどのショートカットの文字キーを押してすぐに離さないと発生します。[RFHTMCRM-5512]
  • ツールバーの [切断] をクリックするか、HDX SDK for HTML5切断APIを使用すると、デスクトップとアプリのセッションウィンドウが閉じないことがあります。この問題は、シームレス仮想チャネルを無効にした後に発生します。[RFHTMCRM-6000]
  • HTML5向けCitrix Workspaceアプリ2108および2109でセッションが切断されることがあります。この問題は、VDAバージョン7.15で発生します。[RFHTMCRM-5959]

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

2109

新機能

画像クリップのコピーのサポート

標準のキーボードショートカットを使用して、ローカルデバイスと仮想デスクトップおよびアプリセッションの間で画像クリップをコピーして貼り付けることができるようになりました。Microsoft Word、Microsoft Paint、Adobe Photoshopなどのアプリを使用しながら、コピーと貼り付けに標準のキーボードショートカットを使用できます。以前は、この機能は、Google ChromeブラウザーとMicrosoft Edge(Chromium)ブラウザーのHTTPSストアで、テキストでのみ使用できました。新たに、Google ChromeブラウザーとMicrosoft Edge(Chromium)ブラウザーのHTTPSストアで、テキストと画像の両方で使用できるようになりました。

  サポートされているクリップボード操作
Google ChromeブラウザーとMicrosoft Edge(Chromium)ブラウザー、HTTPSストア 画像クリップのコピーと貼り付けのサポート。テキストのコピーと貼り付けのサポート
Mozilla Firefox、Internet Explorer、HTTPストア テキストのコピーと貼り付けのサポート

メモ:

  • 通常は、セキュリティ上の理由から、HTTPSベースのストアのみを使用することをお勧めします。
  • ネットワーク帯域幅の制約により、2MBを超える画像クリップをコピーして貼り付けようとすると、セッションが応答しなくなる場合があります。
  • コピーして貼り付けるには、対象を選択してCtrl + Cを押してからCtrl + Vキーを押すか(Microsoft Windows OS、Chrome OS)、Command + Cキーを押してからCommand + Vキーを押します(Apple Macs)。右クリック機能は、仮想デスクトップおよびアプリセッションからローカルデバイスにコピーして貼り付ける場合にのみ機能します。ローカルデバイスから仮想デスクトップおよびアプリセッションにコピーして貼り付ける場合は機能しません。
  • この機能は、BMP、PNG、JPEG、およびGIF形式でテスト済みです。

バッテリー状態インジケーター

デバイスのバッテリー状態が、仮想デスクトップセッションのシステムトレイに表示されるようになりました。以前は、セッションでバッテリー状態インジケーターが表示されなかったため、バッテリー残量がなくなった後にノートブックがシャットダウンし、生産性が低下することがありました。

新しく利用可能になったバッテリー状態インジケーター機能は、Google ChromeおよびMicrosoft Edge(Chromium)ブラウザーでサポートされます。VDAバージョン7.18以降でのみサポートされます。

注:

Microsoft Windows 10 VDAでは、バッテリー状態インジケーターが表示されるまでに約1〜2分かかる場合があります。

Microsoft Windowsロゴキーと追加のショートカットキーのサポート

このリリースでは、Microsoft Windowsで実行されているセッションでMicrosoft Windowsロゴキーと次のキーの組み合わせのサポートが追加されています。

  • Windows + R
  • Windows + D
  • Windows + E
  • Windows + M
  • Windows + S
  • Windows + CTRL + S
  • Windows + T
  • Windows + U
  • Windows +数字
  • Windows + X
  • Windows + K

Microsoft Windowsで実行されているセッションで、次の追加のキーボードショートカットもサポートされるようになりました。

  • Alt + Tab
  • Escキー
  • Ctrl + N
  • Ctrl + T
  • Ctrl + W

macOSで実行されているセッションで、次の追加のキーボードショートカットもサポートされるようになりました:

  • Escキー
  • Command + N
  • Command + T
  • Command + W
  • Ctrl + N
  • Ctrl + T
  • Ctrl + W

macOSで実行されているセッションでは、Alt + TabキーおよびMicrosoft Windowsロゴキーのショートカットはサポートされていません。

注:

ショートカットキーは、ツールバーで選択した全画面モードでのみ機能します。詳しくは、「キーボードショートカット」を参照してください。

注(HTTPS)

HTTPベースのストアを使用している場合は、セキュアなコンテキストのために、HTTPSベースのストアに移行することをお勧めします。詳しくは、HTTPSのセクションを参照してください。

解決された問題

  • マルチモニターセッションでは、拡張モニターでCtrl + Vショートカットキーを使用して貼り付けることができない場合があります。この問題は、プライマリモニターを最小化すると発生します。[RFHTMCRM-5789]
  • 10MBを超えるテキストをローカルデバイスから仮想デスクトップおよびアプリのセッションにコピーしようとすると、失敗する可能性があります。[RFHTMCRM-5831]

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

2108.2

新機能

双方向オーディオ

Citrix Workspaceアプリのセッション内で通話を発信したり受信したりできるようになりました。以前は、オーディオのリダイレクトはオーディオ出力に制限されており、セッション内で再生されているオーディオを聞くことしかできませんでした。

新しく利用可能になったマイク(オーディオ入力)機能は、Google Chrome、Mozilla Firefox、およびMicrosoft Edge(Chromium)ブラウザーでサポートされます。

推奨事項
  • 最適なオーディオ品質にするために、ヘッドセットを使用してください。
  • 制約のあるネットワークでは、オーディオ品質が低下することがあります。制約のあるネットワークを使用する場合は、Citrix Studioでオーディオ品質を [中] または [低] に設定することをお勧めします。

メモ:

  • 初めてセッションを開始するとき、Webブラウザーはマイクの使用許可を求め、以降の特定のストアの個人設定を記憶します。
  • 「マイクを開けませんでした」というエラーメッセージが表示されることがあります。マイクをリダイレクトするには、セッションを切断してから再接続します。
  • ネットワークが中断した後にセッションが自動再接続すると、Microsoft Teamsアプリケーションでマイクをしばらく使用できないことがあります。回避策として、しばらく待つか、終了して会議に再接続します。
  • オーディオ機能にはセキュアなコンテキストが必要です。オーディオ機能は「https」を使用したストアでサポートされます。また、ストアでは基本的に「https」を使用することをお勧めします。
  • VDAバージョン2008以前では、Google ChromeまたはMicrosoft Edge(Chromium)ブラウザーでオーディオが機能しないことがあります。2008より新しいVDAバージョンに移行することをお勧めします。詳しくは、「オーディオ」を参照してください。
  • 双方向オーディオは、Workspaceアプリ内のMicrosoft Teamsなどのビデオ会議アプリで使用できます。

Webカメラのサポート

HTML5仮想デスクトップおよび仮想アプリのセッション向けのCitrix Workspaceアプリで、内蔵Webカメラと外付けWebカメラの両方を使用できるようになりました。

Webカメラは、Google ChromeおよびMicrosoft Edge(Chromium)ブラウザーでサポートされます。

メモ:

  • (ストアから)初めてセッションを開始するときに、カメラの使用許可を求めるプロンプトが表示されます。
  • カメラ機能にはセキュアなコンテキストが必要です。カメラ機能は「https」を使用したストアでサポートされます。また、ストアでは基本的に「https」を使用することをお勧めします。
  • Webカメラは、Workspaceアプリ内のMicrosoft Teamsなどのビデオ会議アプリでサポートされます。

強化されたグラフィック機能

この機能強化により、より高いフレーム数が提供されます。その結果、インタラクティブなグラフィックやビデオの再生がよりスムーズになります。現在、この機能強化はMozilla Firefoxブラウザーに限定されています。

推奨

[従来のグラフィック モード][無効] に設定することをお勧めします。

解決された問題

  • Citrix PDFプリンターを使用してドキュメントを印刷しようとすると、失敗することがあります。詳しくは、「PDF印刷」を参照してください。[RFHTMCRM-5157, CVADHELP-17340]
  • Chromebookの仮想デスクトップおよび仮想アプリ内で起動されたアプリケーションで、視覚的なアーティファクトが表示されることがあります。[CVADHELP-17805]
  • MacBookのMozilla Firefoxで起動されたHTML5向けCitrix Workspaceアプリのセッションのメモ帳に文字を入力することができません。[RFHTMCRM-5406]
  • iOSデバイス上で、Linux VDAを介してApple Safariブラウザーを使用して開いたセッションでは、入力できる文字は英語のみです。CJK(中国語、日本語、韓国語)、ロシア語などのサポートされている言語の文字、およびスペイン語やフランス語などのアクセント付き文字を入力しようとしても機能しません。[RFHTMCRM-5195]
  • Microsoft Excelなどの特定のアプリを使用しているときに、画面全体に長方形のブロックが表示される場合があります。この問題は、以前のVDAバージョンで実行されているセッションで発生する可能性があります。[RFHTMCRM-5482]
  • CJK(中国語、日本語、韓国語)言語を使用しているときに、Ctrl+A、Ctrl+C、Ctrl+V、またはCtrl+Xキーを押すと、「aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa」などの不定の文字列が表示されます。この問題は、Linux VDAで実行中のセッションで発生します。[RFHTMCRM-5114]
  • [従来のグラフィック]ポリシーを有効にすると、Microsoft Windowsで実行中のセッションに視覚的なアーティファクトが表示されることがあります。この問題は、VDAバージョン7.6~7.15で発生します。[RFHTMCRM-5521]

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

2106

新機能

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

解決された問題

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

2105.6

新機能

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

解決された問題

  • iOS 14バージョンを実行しているデバイスで、Chromeブラウザーを開いてツールバーのキーボードアイコンをタップしても、キーボードが表示されません。HTML5向けCitrix Workspaceアプリをバージョン21.5.6に、iOSをバージョン14.4以降にアップグレードすることをお勧めします。[RFHTMCRM-5279]

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

2105.5

新機能

強化された東アジア言語の入力および表示機能

日本語、中国語、韓国語の文字の入力と表示機能が向上しました。現在、この機能強化はLinux VDAでホストされているセッションに限定されています。

IME(Input Method Editor)は、中国語、日本語、韓国語(CJK)言語のユーザーにとって重要な機能です。この機能の汎用バージョンは、Citrix WorkspaceアプリとVDAで利用できます。汎用クライアントIMEユーザーインターフェイス(作成ウィンドウと候補ウィンドウを含む)は、これまで画面の左上隅に配置されていました。カーソルに従わず、カーソル位置から遠く離れた場所に配置されることが頻繁にありました。このリリースから機能が強化され、以下に示すように、HTML5向けCitrix Workspaceアプリセッション内の最新のカーソル位置でCJK文字を作成できるようになります。

作成と候補ウィンドウの画像

制限事項:

  • この機能は現在、Linux VDA 2012以降で実行されているHTML5向けCitrix Workspaceアプリのセッションでサポートされています。
  • この機能は、Internet ExplorerやApple Safari 12以前ではサポートされていません。

詳しくは、「構成 - 汎用クライアントIME」を参照してください。

解決された問題

  • クライアントセッションでPrint Screenキーを使用して印刷できる公開アプリを使用すると、ページが2回印刷されます。[RFHTMCRM-5085, CVADHELP-17119]
  • クラウド環境でCEIP(カスタマーエクスペリエンス向上プログラム)を完全に無効にしようとすると失敗します。[CVADHELP-1741]

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

2103

新機能

ブラウザーサポート

HTML5向けCitrix Workspaceアプリでは、次のブラウザーでのみ新機能がサポートされるようになりました:

  • Mozilla Firefox
  • Google Chrome
  • Apple Safari
  • Microsoft Edge Chromium
Webブラウザー 新機能のサポート メンテナンスとセキュリティ修正のサポート
Mozilla Firefox はい はい
Google Chrome はい はい
Apple Safari はい はい
Microsoft Edge Chromium はい はい
Internet Explorer* いいえ はい
Microsoft Edgeレガシ* いいえ はい

*Internet ExplorerとMicrosoft Edgeレガシでのサポートがまもなく終了するMicrosoftアプリとサービス。製品ライフサイクルについて詳しくは、Microsoft社のドキュメントを参照してください。

注:

セッションを起動するには、最新バージョンのCitrix HDX SDK for HTML5を使用していることを確認してください。詳しくは、「Citrix Workspace app for HTML5 HDX SDK」を参照してください。最新バージョン以外の場合、セッションの起動が失敗する可能性があります。

解決された問題

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

2101.5

新機能

ソフトキーボードのパフォーマンスの向上

以前は、ソフトキーボードを使用すると、セッションで次の問題が発生していました:

  • ソフトキーボードが断続的に表示されました。
  • タブレットモードと通常モードを切り替えると、フォーカスの問題が発生していました。
  • フォーカスの問題により、クリップボード機能が動作しませんでした。

このリリースではこれらの問題に対応しているため、ソフトキーボード機能のパフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

強化されたオーディオパフォーマンス

HTML5向けCitrix Workspaceアプリを使用すると、Webカメラの使用時に通話でスムーズなオーディオ品質を体験できるようになりました。オーディオとビデオの間に大きな遅れは見られなくなります。また、以前はVDAを介してパルス符号変調(PCM)オーディオを設定すると、オーディオを聞くことができませんでした。このリリースではこれらの問題に対応しているため、オーディオのパフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

オーディオの推奨事項

最適なパフォーマンスを得るためには、セッション内でUSBヘッドセットを使用して、話したり聞いたりします。

解決された問題

  • リモートセッションからPDFを印刷しようとすると、ファイルが同じタブではなく新しいタブで開く場合があります。この問題は、Chromium Edgeブラウザーで発生します。この修正により、PDF印刷エクスペリエンスが向上します。[RFHTMCRM-4749]

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

2101

新機能

強化されたアプリスイッチャーのサポート

このリリース以降、公開アプリケーションのセッションを全画面モードまたはキオスクモードで起動した場合にセッションがデスクトップタスクバーと重なって表示されません。アプリスイッチャーがセッションを非表示にしなくなりました。この機能強化は、単一モニターモードでのみサポートされます。

解決された問題

  • VDAがNVIDIA GPUで構成され、ハードウェアエンコーディングが有効になっているシナリオでは、セッションを全画面モードで実行すると、黒い画面が表示される場合があります。また、[領域をアクティブに変更] ポリシーで選択的H.264グラフィックモードが有効になっていると、ビデオがレンダリングされない場合があります。[RFHTMCRM-4589]

  • HTML5向けCitrix Workspaceアプリを使用して起動されたアプリケーションまたはデスクトップセッションでジェスチャガイドを開くと、ユーザーインターフェイスの詳細が公開される場合があります。[RFHTMCRM-4597]

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

2011

新機能

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

解決された問題

  • Linux VDAからHTML5向けCitrix Workspaceアプリを使用してセッションを起動すると、セッション内でマウスカーソルが正しくレンダリングされない場合があります。この修正を使用するには、Linux VDA 2012以降からセッションを起動する必要があります。詳しくは、Linux VDAのバグID LNXVDA-9074を参照してください。[RFHTMCRM-4437]

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

2010.6

新機能

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

解決された問題

  • Linux VDAからアプリケーションを起動すると、アプリケーションがApp Switcherタスクバーと重なることがあります。その結果、コントロールオプションは、App Switcherタスクバーの背後に隠れるため、使用できません。[RFHTMCRM-4439]

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

2010.5

新機能

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

解決された問題

  • ChromeまたはEdgeブラウザーで、HDX SDK for HTML5を使用してセッションを起動しようとすると、イベントリスナーが正しく呼び出されないことがあります。この問題は、 Grammarlyなどの拡張機能がブラウザーにインストールされている場合に発生します。[RFHTMCRM-3848]

  • この修正により、以下がサポートされます:
    • 高DPIのオンボーディングダイアログを無効にする。
    • アプリセッションの高DPIスケーリングが有効になっている場合に、正しい作業領域を送信する。 [RFHTMCRM-3938]
  • HTML5向けCitrix Workspaceアプリを使用して起動されたアプリセッションに接続すると、「画面の解像度を調整しています」 というメッセージが回転する円とともに表示されます。[RFHTMCRM-3948]

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

2010

新機能

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

解決された問題

  • Linux VDAからアプリケーションを起動すると、アプリケーションがApp Switcherタスクバーと重なることがあります。[RFHTMCRM-3816]

  • HTML5向けCitrix Workspaceアプリを使用してセッションを起動すると、デバイスで帯域幅の問題が生じることがあります。[RFHTMCRM-3821]

  • クラウドでHTML5向けCitrix Workspaceアプリを使用してセッションを起動できないことがあります。この問題は、ストアがICAファイルを取得するのに30秒以上かかり、そのためにタイムアウトになった場合に発生します。この修正により、セッションは3分後にタイムアウトします。[RFHTMCRM-3845]

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

2009

新機能

macOS Big Sur Day 0のサポート

HTML5向けCitrix Workspaceアプリで、macOS Big Surで導入されたSafariブラウザーのサポートが追加されました。

マルチモニターシナリオでのセッションパフォーマンスの向上

HTML5向けCitrix Workspaceアプリでは、マルチモニター環境でのセッションの全体的なパフォーマンスと安定性が改善されました。以前のバージョンでは、複数のモニターでセッションが実行されていると、パフォーマンスが低下しました。

オーディオパフォーマンスの向上

以前のリリースでは、オーディオを聞くときにパチパチという音が聞こえることがありました。HTML5向けCitrix Workspaceアプリでは、スムーズなオーディオを提供することにより、ユーザーエクスペリエンスを強化しました。

解決された問題

  • セッションでオーディオ再生が予期せず動作しなくなる場合があります。この問題を解決するには、セッションを再接続します。[CVADHELP-15186]

  • アプリケーションを起動できないことがあります。この問題は、HTML5向けCitrix Workspaceアプリを使用して、Citrix Secure Private Accessが有効なクラウドストアに接続すると発生します。[RFHTMCRM-3530]

  • SafariブラウザーでHTML5向けCitrix Workspaceアプリを使用してセッションを起動できないことがあります。この問題は、macOS Big Sur更新プログラムを実行しているデバイスで発生します。[RFHTMCRM-3825]

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

2007

新機能

このリリースは、さまざまな問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

2007で解決された問題

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

注:

製品の既存の問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

既知の問題

  • 管理者がグローバルアプリ構成サービス(Global App Configuration Service:GACS)を使用して設定をロールアウトした場合に、Citrix Workspaceアプリがそれらの設定を適用しないことがあります。[RFHTMCRM-7198]

2203の既知の問題

  • セッションで、Microsoft Teams最適化を使用すると、Microsoft Teamsの着信に応答したり、Microsoft Teams会議に参加したりできない場合があります。この問題は、仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)のshimバージョンが1.8.0.12の場合に断続的に発生します。[CVADHELP-19567]

  • 一部のCitrix Virtual Apps and DesktopsまたはXenDesktopでは、Webカメラのリダイレクトが機能しない場合があります。[HDX-39396]

2202の既知の問題

  • Microsoft Teamsの最適化を使用して画面を共有すると、画面共有を示す赤い境界線が表示されません。[RFHTMCRM-6360]

  • 地域設定をオランダにしてMicrosoft Outlook会議を設定し、[夏時間に合わせて自動的に調整する] オプションを有効にすると、リモートカレンダーの会議出席依頼が1時間早く表示されます。この問題は、夏時間の会議が冬に予定されているときに発生します。[CVADHELP-17992]

2201の既知の問題

  • Microsoft Teamsの最適化は、マルチモニターモードではサポートされていません。[RFHTMCRM-6413]
  • Microsoft Teamsの最適化は、Google Chromeブラウザーでのみサポートされています。[RFHTMCRM-6194] [RFHTMCRM-4724]
  • Microsoft Teamsの最適化を使用する場合、画面共有機能はデフォルトで無効になっています。有効にすると、ローカルデバイスのコンテンツを共有できます。[RFHTMCRM-6156]
  • Microsoft Teamsの最適化を使用する場合、画面共有機能はデフォルトで無効になっています。有効にすると、ローカルデバイスのコンテンツも共有できます。[RFHTMCRM-6156]

2111の既知の問題

セッションでローカルデバイスのクリップボードから関連するアプリに画像をコピーして貼り付けようとすると、失敗する可能性があります。[RFHTMCRM-6218]

2108.2の既知の問題

Citrix Studioで、[圧縮にビデオコーデックを使用する][画面全体に使用] に設定していると、マルチモニターセッションが正しくレンダリングされないことがあります。この設定を、マルチモニターセッションで [可能であれば使用] に変更することをお勧めします。[RFHTMCRM-5523]

2106の既知の問題

仮想デスクトップ内で起動されたアプリケーションで、視覚的なアーティファクトが表示されることがあります。[CVADHELP-17805]

2105.5の既知の問題

  • 最初の文字の入力で、ワークスペースセッションのカーソル位置に正確に表示されないことがあります。[RFHTMCRM-4909]
  • CJKの汎用クライアントIMEユーザーがMicrosoft Excelのセルを入力のためにシングルクリックすると、候補ウィンドウおよび作成ウィンドウUIがフォーカス位置に表示されない場合があります。この問題を回避するには、セルをダブルクリックします。[RFHTMCRM-5185]

2010の既知の問題

アプリケーションセッションに再接続すると、アプリケーションの下部が部分的に切断されたり、App Switcherタスクバーの背後に隠れたりする場合があります。セッションのサイズを変更すると、アプリケーションが正しく表示されます。[RFHTMCRM-3892]

2009の既知の問題

  • マルチモニターモードでは、断続的に画面が乱れることがあります。この問題は、アプリケーションをドラッグしたときに発生します。この問題は、Windows 2012 R2を実行しているXenDesktop 7.6 VDAで発生します。[RFHTMCRM-3550]

  • マルチモニターモードでレガシーグラフィックモード(XenApp 6.5など)を有効にすると、画面表示が乱れることがあります。[RFHTMCRM-3586]

制限事項

  • セッションからの切断:タブを閉じるか、またはWebブラウザーを閉じてセッションを切断したときに、セッションが切断されたことがサーバーに通知されないことがあります。その結果、サーバー上のセッションは、デフォルトの180秒間、または構成されたセッション画面の保持のタイムアウト時間の間、アクティブのままになります。

    推奨事項:ツールバーオプションを使用して、セッションを切断することをお勧めします。

  • Citrix Studioで [Use Hardware Encoding for Video Codec][Enabled] に設定されている場合、Intel vGPU VDAを使用したセッション中に画面が緑色で表示されることがあります。[RFHTMCRM-5521]

  • サーバーは、Graphics-Thinwire YUV444設定が構成されている場合でも、YUV420にフォールバックします。グラフィックが豊富なアプリケーションは、YUV420の範囲によって制限を受けます。[RFHTMCRM-5520]

  • セッションで、Command+Rキーを送信しようとすると、セッションへのリモート接続ではなくセッションの切断を求められます。この問題は、Safariブラウザーアプリケーションを使用している場合に発生します。[RFHTMCRM-6415]

  • Microsoft Teamsの最適化を使用して画面を共有すると、画面共有を示す赤い境界線が表示されません。[RFHTMCRM-6360]

  • AndroidまたはiOSオペレーティングシステム上のあらゆるブラウザーで、HTML5向けCitrix Workspaceアプリは、外付けのマウスとキーボードの使用をサポートしません。[RFHTMCRM-6623]

  • ブラウザーまたはブラウザーのタブを閉じてセッションを切断すると、サーバー(Delivery Controller)でセッションの状態がしばらくアクティブのままになる場合があります。この問題は断続的に発生します。

    この問題を回避するには、セッションツールバーのセカンダリメニューから [切断] オプションを使用します。[RFHTMCRM-5457]

このリリースについて